unknown/アンノウン

unknown/アンノウンの画像・ジャケット写真
unknown/アンノウン / ジム・カヴィーゼル
全体の平均評価点:
(5点満点)

86

  • DVD
ジャンル:

「unknown/アンノウン」 の解説・あらすじ・ストーリー

 閉ざされた廃棄工場の中で意識を取り戻した5人の男たち。彼らは全員記憶を失っていた。やがて、わずかな手がかりから彼らのうちの2人が誘拐された人質で、残る3人が誘拐犯であることが明らかとなる。しかし依然として誰が人質で誰が誘拐犯かはわからないまま。誰もが混乱する中、突如鳴り響く電話のベル。それは誘拐犯のボスからで、日没までにはここへやって来るというものだった…。過酷なシチュエーションで生き残りをかけた戦いを繰り広げる5人の男たちをスリリングに描く心理スリラー。監督は長編デビューとなるサイモン・ブランド。

「unknown/アンノウン」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: UNKNOWN

「unknown/アンノウン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

unknown/アンノウンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
85分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBP71540 2007年07月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:86件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全86件

尺の短さは魅力ですが、同時に物足りなさも大いに感じちゃったなネタバレ

投稿日:2007/10/21 レビュアー:Tsugu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一連の『SAW』症候群的な作品を彷彿させる設定に一抹の不安を感じるも、出演陣が曲者揃いで「この面子なら地雷は無いだろう」って借りてみました。まあ、予想通り状況設定は『SAW』に酷似してるものの、工場内と外界で進行する物語がシンクロしながら少しづつ結びついて行くストーリーは堅実で正統派のサスペンス調、なかなか期待できる導入部。

ところが工場内での5人の腹の内探りに時間を掛けた割にはそれぞれの相関が希薄で盛り上がらないお話に物足りなさを感じちゃう。これは、売りのどんでん返しにしても同様で、何気に気をもませた挙句の話としては少々薄いんじゃないでしょうか。特に高揚感も無く、なるほどネって程度のエンディング、とっても微妙感漂う結末なんですね。

多少の暴力シーンは有りますが、いわゆるエグさは見られません。同時にキリキリと胃が痛くなるような緊迫感もゾクゾクするスリラーテイストも期待出来ませんが、時間潰しには十分なコンパクトサスペンスってところでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

孤立無援ネタバレ

投稿日:2007/09/21 レビュアー:いつも眠たい馬

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

すでに書かれているように『ソウ』を思わせる始まりです。
全員が程よく記憶喪失というのは何なんだですが、そうじゃないとお話し始まんないし、十分に許容範囲でしょう。まあ死人かゾンビ状態の人間の一人くらいはいてもよかったかなとは思います。
頼るは己のみというのはよくありますが、己すらも頼れないアイデンティティーを失なった複数の人間というのがなかなか面白いです。
途中で6人の役割、特にあの人についてはほぼ読めますが、これは悪いことではなく無理に捻っていないということで評価します。
ラストは読めるはずもありませんが、さて、あのラストはどうでしょうか。見ているときはやり過ぎだと思っていましたが、後になるとあれでいいような気もします。迷いますが、最近やたらにひねくり回したのが多く些かうんざりしているので、素直に終わらせてくれたほうが良かったということにしておきます。65点。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

二本立てでゼヒ!

投稿日:2007/08/11 レビュアー:ひろぼう

密室モノなのですが、全員が記憶喪失ってのが、人基軸。だってアータ、他人が信じられないのは当たり前として、自分も信じられないんだから。

あそこは廃棄工場だったんですね。後でイントロ読んで分かった。何なのこのガスって思ったが、そこらへんが説明不足か。心理戦、カケヒキ、自分が誰なのか?という葛藤のシーンをあと少し長くして、ドラム缶のシーン以降はぐだぐだやらずに、一気にたたみ掛けるアクションでラストのどんでん返しに持ってった方が良かったかと、個人的には思いますね。

その、どんでん返しが結構凝ってて、“ふくみ”を持たせるような終わらせ方になってるのは良い感じ。時間も手頃で週末の夜のお供にはピッタリ。
でも、もう一本別の映画を観たくなっちゃうかも(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

バラバラに ばらしていくのが 面白い

投稿日:2007/08/01 レビュアー:Yの3乗

イントロを読んでもなかなか飲み込みにくいストーリー。
この際、全く情報なしで鑑賞するのが良いかもしれません。
妻も全く情報なしで鑑賞して面白かったと申しております。

とにかくいきなりの出だしが謎。
閉じ込められた5人が全て記憶をなくしており、どうしてこういう状態になったのか不明というところから謎解きが始まる。
断片的に記憶が蘇っていくのがミソ、よく出来ていました。
最後の最後まで楽しめてラストは???!
期待以上の作品、得した気分です。
時間的にも手頃。
お勧めします。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

蘇らない記憶が意味するもの

投稿日:2007/07/06 レビュアー:ゆみゆみ

ずっと待ってた作品。やっとお目にかかれて嬉しい限り。
密室系、記憶喪失系、両方楽しめるタイムリミットスリラーですよ。

閉ざされた工場の中で目覚める5人の男たち。
自分が誰なのか、何故そこにいるのか、全ての記憶を失った状態の中で、
誘拐犯3人と人質2人という関係性が互いを疑心暗鬼にさせながら、
密室からの脱出と生き残りを掛けて、繰り広げられる心理戦という設定。
このシチュエーションは、『CUBE』や『SAW』に匹敵するくらい、特異だと思う。
そして次第に蘇ってくるかすかな記憶の欠片たち。それの意味するものとは。
果たしてそれは真実なのか・・・

記憶が戻らない限り、誰も信じられないし、自分さえも信じることのできない彼ら。
日暮れには自分の命はないかもしれないという危機的状況が、圧倒的に不利な彼らに
生き残りの連帯感を持たせ、口笛でそれを表現するところが、いい演出ねぇ。
断片的な記憶と現状、不信感と連帯感の間で、激しく揺れ動く5人の心理描写、
高まる緊張と加速するストーリーに目が離せなくなること間違いなし。

観ているわたしたちの期待を裏切らず、いい意味で裏切ってくれ、
2転3転する展開はまずまずといったところ。
蘇らなかった記憶の底にあるこの事件の真相。
無駄なく85分にまとめられ、よく出来てます。面白いですよっ!
個性的で演技派の5人の俳優もいい味出してるし。
配役がいいよねぇ〜ジム・カヴィーゼルは文句なく適役。
かなりアクの強いバリー・ペッパーを選ぶとこがまた上手い。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全86件

unknown/アンノウン

月額課金で借りる

都度課金で借りる