親切なクムジャさん

親切なクムジャさんの画像・ジャケット写真
親切なクムジャさん / イ・ヨンエ
全体の平均評価点:
(5点満点)

218

  • DVD
ジャンル:

「親切なクムジャさん」 の解説・あらすじ・ストーリー

「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐三部作”完結編。「JSA」「宮廷女官 チャングムの誓い」のイ・ヨンエを主演に迎え、無実の罪で服役した一人の女性の壮絶な復讐の物語が描かれていく。共演は「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシク。 天使のような美貌の持ち主クムジャは、ひょんなことからペク先生に幼い娘を人質に取られ、彼が犯した幼児誘拐殺人の罪を背負わされて投獄される。刑務所では誰に対しても優しい笑顔を絶やさず、“親切なクムジャさん”と慕われていた。しかし、彼女の目的はただ一つ、ペク先生に復讐を果たすこと。そして13年の服役の末、ようやく出所した彼女は、かつて恩を売った囚人仲間のもとを訪ね、ペク先生への復讐へ向けて周到な準備を進めていく…。

「親切なクムジャさん」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本
原題: SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE

「親切なクムジャさん」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

親切なクムジャさん デラックス版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
114分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 D*GNBR7420 2006年03月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:218件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全218件

解りずらい映画だなぁ。

投稿日:2006/04/02 レビュアー:ラストシアター

映画の価値は、予備知識無しで、2時間の上映の間に観る者にいかに感動を与えられるかどうかで決まると思う。
しかし、この映画は、単純なストーリーを観客に解りずらくするようにしてあるので、観ててよく解らないから内容を理解するだけに集中してしまって、やけに疲れた、後半になってやっと解ってきた。
だいたい、1回で解りずらくて、2回観ないと解らない映画は、最低であって、感動をもう1度味わいたいから2回観るのだぞ。
復讐3部作らしいが、「オールドボーイ」と同じ監督とは、思えないなぁ、「オールドボーイ」が本当に面白かったから、期待したのだが、全く裏切られてしまったなぁ。
ミスキャストだな、絶対に人殺しなんか出来そうもない美人のイ・ヨンエが残虐な復讐者役で、いい人の代表のチェ・ミンシクが子供殺しの犯人かよ、しかも、イ・ヨンエが役になりきってないね、ミンシクも「オールドボーイ」とかぶるな。
あんまり観るものはなかったなぁ。

★★★ <最高5★>



このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いままでで一番

投稿日:2009/01/09 レビュアー:まんまるいこ

私はスプラッタみたいに、血がどばあーって出る話が大嫌いで、ほとんど観た事無いのですが、この作品はそうとは知らずに、チャングム役をやっていたイ・ヨンエが出ているというだけで、借りて観てみました。

いままで観た映画の中で、もしかして一番面白かったかも。

という域でした…。賛否両論というか、どちらかというとあんまり面白くなかったかんじのレビューが多い中、なぜこんなに「面白い!!」と思ってしまったのか、自分でも一生懸命言語化しようとするのですが、なんだかうまくいかない。

とにかく、脚本が「古典的に」巧い、と感じたことと、クムジャさんのキャラが異常に「立っている」ことと、イ・ヨンエの、複雑な人間の内面を表現する演技力が凄まじい、と思いました。

人間の感情は常に一色ではなく、複雑に入り乱れて自分でも愛してるのか憎んでいるのか、悲しいのか嬉しいのか、殺したいのか殺したくないのか、わけがわからない。人間なんか「わけがわからないよ」とそのまま画面から手渡されたかんじがします。それは、そこいらじゅうにあふれている「わけがわかる」物語よりもずっと、ずっと価値があるような気がしました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あり得ませんネタバレ

投稿日:2006/11/02 レビュアー:カーサン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

法律で裁けないなら自分で・・・。
復讐すると言うことがどんなに愚かで虚しいものなのか、
どんなに自分の人間性を破壊するのか?
 それをすることによって死んだ人間が喜ばないし生き返っても来ない。

それを表現した反面教師的作品と思えば納得できなくもないけれど・・・。

二度と見る気になれない映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

パク・チャヌク監督の復讐三部作完結編

投稿日:2006/09/20 レビュアー:もっち

「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐三部作”完結編。
オールドボーイの理不尽な展開は味があって良かったのだけれど、今回もあの肌触りの作風にこだわっている感じがした。
そこは、ストーリーだけを追う映画であってもツマラナイし、素直な作りでないところは作家性を感じるので良いのかもしれないけれど好きかどうかは意見がわかれるところだと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やられた

投稿日:2006/05/12 レビュアー:icchy1

復讐劇をこうもってきたか。
このあらすじ・予告を見てしまうと、ラストのオチを楽しみにして見るタイプの映画になってしまいます。
この結末は「やられたな」って感じ。

クムジャって名前は、日本で言ったら“ウメ”みたいなもんで、ほとんどお年寄りにしかいない昔の名前だそう。
そんな名前と、常軌を逸した行動の対比を考えると・・・んー、やっぱり「やられたな」。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全218件

親切なクムジャさん

月額課金で借りる

都度課金で借りる