ナイロビの蜂の画像・ジャケット写真

ナイロビの蜂 / レイフ・ファインズ

全体の平均評価点: (5点満点)

156

ナイロビの蜂 /フェルナンド・メイレレス

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ナイロビの蜂」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名ベストセラーを、「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督で映画化した感動のミステリー・サスペンス。アフリカの地を舞台に、政治に無関心なガーデニング好きの英国外交官が、慈善活動に熱心だった妻の死をきっかけに、初めて彼女の活動に目を向け、やがては危険を顧みず陰謀渦巻く事件の真相に迫っていくさまをスリリングに描く。主演は「イングリッシュ・ペイシェント」のレイフ・ファインズ。また、共演のレイチェル・ワイズは本作の演技でアカデミー助演女優賞を獲得した。

「ナイロビの蜂」 の作品情報

作品情報

製作年:

2005年

製作国:

イギリス

原題:

THE CONSTANT GARDENER

受賞記録:

2005年 アカデミー賞 助演女優賞
2005年 ゴールデン・グローブ 助演女優賞

「ナイロビの蜂」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ステート・オブ・プレイ 〜陰謀の構図〜

ラスト・オブ・モヒカン

ラブ・ダイアリーズ

ラッキー・ブレイク

魅せられて

ユーザーレビュー:156件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全156件

うーん ネタバレ

投稿日:2007/08/06 レビュアー:ケセラセラ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

かなり評価は高いが私にはちょっと・・・
ただ正義感を振りかざして、まっすぐに突き進んで行き、あげくに殺された妻
外交官としてアフリカの地に暮らし、のほほ〜んとガーデニングをしていた夫が
妻の死から突然、慈善家へ変身。国を揺るがすほどの組織に戦いを挑むおぼっちゃま
いままでアフリカの実態を知りながら、行動を起こしもしなかった夫
これはきっと私たちの事なんだろう、安全な場所にいて見てみないふりをする
自分の身に降り掛からなければ、行動を起こさない
実際に同じような事が何処かで起きているのかもしれないが
しょせん映画やテレビの中の事、と思っている私たちに向けられているのかもしれない

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

この映画は「ナイロビの蜂」ではありません! ネタバレ

投稿日:2007/03/02 レビュアー:カープ好き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ル・カレの小説はいざ知らず、この映画の主題は、夫婦の物語であり、夫が死んだ妻にシンパシー、同化する軌跡を描いています。
この映画の原題は、「THE CONSTANT GARDENER」つまり「変わらぬ庭師」です。主人公である外交官の趣味・生きがいは、庭いじりです。美しく調和のとれた庭、自分の思い通りに作られた庭、それはナイロビに移っても変わりません。イギリスであろうとアフリカであろうと外界の状況と遮断された自分だけの箱庭にしか関心がありません。このことは、彼の家庭生活においても同様なのでしょう。自分の思い通りになる妻、美しく調和できる妻が理想だったのでしょう。周りと衝突し、自分の仕事にも影響を与える妻は、思い通りには伸びない枝葉と同じで、刈り込みたい存在だったのでしょう。だから、妊娠中の妻を裏切る背信行為もしてしまったのです。
そんな妻の死で、夫にも罪悪感と喪失感、そしてかすかな不信感が芽生えます。そこから、妻の死の謎、すなわち死に至る過程の謎を巡る夫の困惑、彷徨の旅が始まるわけです。少々くどい、長い描写もありますが、夫の混乱した心象風景として納得できます。そして、いくつく果てが妻の行動へのシンパシーであり、感情の共有なのです。

いい映画でした。
鑑賞中は。


鑑賞後は?

終わった途端に、不満がムクムクと湧き上がる映画は初めてでした。
夫婦の物語の背景として描かれていたアフリカの現実は、私たちの心をとらえて離さないのです。
貧困、HIV,衛生、医療、食糧、警察の腐敗、部族間抗争と提起された問題の数々は、物語の背景というだけでは済みません。観客の私たちはその問題に関する回答も要求するようになっているのです。
それに対する回答がないことに、観客はフラストレーションが溜まります。

観客は、邦題の「ナイロビの蜂」というアフリカの現実を解き明かす映画を観たくなっているのです。

新薬の製造に関する「ナイロビの蜂」とは、アフリカの「蜜」を収奪する製薬企業のことでした。「軍産複合体」「鉄のトライアングル」という言葉がありますが、軍事費よりも社会保障費が巨額化している今日においては、「“薬”産複合体」ともいうべき「政府−製薬企業−医療機関の構造癒着」が生じています。莫大な利益を生む薬品をめぐり、政府は規制を緩和し、製薬企業は開発を急ぎ、医療機関は無批判に大量に消費する。
それが、一枚の手紙で崩れるなどという「お伽話」を観客は信じません。この結末は、かえって物語の浅さを感じさせてしまいます。
この映画に不満を覚える人の大半は、この点で中途半端な映画との感想を抱くのではないでしょうか。
そもそも、広く人道支援活動をしていた彼女が、なぜ新薬の実験にだけ入れ込むようになったのか?まさか、先進国の人々にも直接影響が生じる事柄だからではありませんよね?



このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱり、暗黒大陸なんですね ネタバレ

投稿日:2007/02/11 レビュアー:ビーバ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

情熱家で行動的、ときには敵対視するものに対し攻撃的な言動をも厭わない妻。アフリカを食い物にする企業や官僚を敵に回し過激なその行動のために死亡してしまう。イギリス上流階級の夫人の慈善活動の延長でやってんかなあと少々違和感はありましたが、生命を賭けてのその行動には、頭が下がります。
温厚な性格の外交官の夫。庭いじりが趣味のご様子で決して無茶なことはしない人。対照的な性格だけど仲の良い夫婦だった。
妻を失った外交官の夫は、彼女の死の真相を追求するために、危険を冒して各関係者を訪ねて探る。
ベストセラーの映画化ということなのでストーリーをはしょっているのか、登場人物の説明不足の点が目立つような気もしましたが、なかなかラストまで見応えのある映画でした。
個人的には、亡き妻に死を覚悟した夫が語りかけるラストのシーン大好きです。
HIVや様々な疫病の蔓延、飢えなどアフリカの救われない厳しい現状をつきつけられたことも印象にのこりました。


このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

星:4点 ネタバレ

投稿日:2007/02/03 レビュアー:Miching Mallecho

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いい映画です。完成度の高い社会派サスペンス。
観終わった後、胸がすーっと静かになります。

ネタバレになってしまうので
どう紹介したらいいか迷います。
とりあえず、観てる最中「あの映画に似てるな」と
感じた作品を列挙してみます。

「アイリス」、「ことの終わり」、「ホテル・ルワンダ」、
「ボーン・アイデンティティ」、「ボーン・スプレマシー」、
「グラディエーター」。

「社会悪を暴く」という大きなテーマがありますが、
基本構造は復讐劇・仇討ものです。
奥さん(レイチェル・ワイズ)が殺されちゃうんです。
夫(レイフ・ファインズ)にとっては謎だらけのまま。
そこからお話がスタートします。

ただの復讐劇ではありません。
復讐の道のりがアイデンティティ探しの旅になってるんです。
でもそれは自分(夫)のアイデンティティではなく、
亡くなった妻のアイデンティティ探しです。
妻とidentifyできた時=復讐が完結する時。

レイフ・ファインズ演じる夫は
温和で控え目なガーデニングが趣味の外交官。
レイチェル・ワイズ演じる妻は危険を顧みない活動家。
物語の視点・中心はレイフ・ファインズです。
夫からみた妻は自分から遠く離れた感じのする人間。
何をしてるのか、何を考えてるのか、
ほんとに自分のことを愛してくれてるのか、
よくわからない人。
この辺の関係は「アイリス」のそれにそっくりです。

で、その妻が突然死んじゃうんです
「ことの終わり」で、愛人に理由がわからないまま
捨てられてしまったレイフ・ファインズ状態です。
もちろん、わからないままではいられません。
自分がわかっていなかったことを探す旅が始まります。
その旅はスパイ映画的な旅でもあります。

2時間ちょっとでまとめるには、かなり複雑なお話です。
脚本家がすばらしいのではないかと思います。
緊張感がずっと続く作品なので、
リラックスしてお菓子食べながらとか、
半分寝ながらとか、途中でトイレにいったりとか、
そういう感じでは観ない方がいいと思います。

結論。
オススメ映画です。
特に、日頃よく映画を観てる人には。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

2006年のベスト映画。

投稿日:2006/11/26 レビュアー:ハル

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全156件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:156件

うーん

投稿日

2007/08/06

レビュアー

ケセラセラ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

かなり評価は高いが私にはちょっと・・・
ただ正義感を振りかざして、まっすぐに突き進んで行き、あげくに殺された妻
外交官としてアフリカの地に暮らし、のほほ〜んとガーデニングをしていた夫が
妻の死から突然、慈善家へ変身。国を揺るがすほどの組織に戦いを挑むおぼっちゃま
いままでアフリカの実態を知りながら、行動を起こしもしなかった夫
これはきっと私たちの事なんだろう、安全な場所にいて見てみないふりをする
自分の身に降り掛からなければ、行動を起こさない
実際に同じような事が何処かで起きているのかもしれないが
しょせん映画やテレビの中の事、と思っている私たちに向けられているのかもしれない

この映画は「ナイロビの蜂」ではありません!

投稿日

2007/03/02

レビュアー

カープ好き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ル・カレの小説はいざ知らず、この映画の主題は、夫婦の物語であり、夫が死んだ妻にシンパシー、同化する軌跡を描いています。
この映画の原題は、「THE CONSTANT GARDENER」つまり「変わらぬ庭師」です。主人公である外交官の趣味・生きがいは、庭いじりです。美しく調和のとれた庭、自分の思い通りに作られた庭、それはナイロビに移っても変わりません。イギリスであろうとアフリカであろうと外界の状況と遮断された自分だけの箱庭にしか関心がありません。このことは、彼の家庭生活においても同様なのでしょう。自分の思い通りになる妻、美しく調和できる妻が理想だったのでしょう。周りと衝突し、自分の仕事にも影響を与える妻は、思い通りには伸びない枝葉と同じで、刈り込みたい存在だったのでしょう。だから、妊娠中の妻を裏切る背信行為もしてしまったのです。
そんな妻の死で、夫にも罪悪感と喪失感、そしてかすかな不信感が芽生えます。そこから、妻の死の謎、すなわち死に至る過程の謎を巡る夫の困惑、彷徨の旅が始まるわけです。少々くどい、長い描写もありますが、夫の混乱した心象風景として納得できます。そして、いくつく果てが妻の行動へのシンパシーであり、感情の共有なのです。

いい映画でした。
鑑賞中は。


鑑賞後は?

終わった途端に、不満がムクムクと湧き上がる映画は初めてでした。
夫婦の物語の背景として描かれていたアフリカの現実は、私たちの心をとらえて離さないのです。
貧困、HIV,衛生、医療、食糧、警察の腐敗、部族間抗争と提起された問題の数々は、物語の背景というだけでは済みません。観客の私たちはその問題に関する回答も要求するようになっているのです。
それに対する回答がないことに、観客はフラストレーションが溜まります。

観客は、邦題の「ナイロビの蜂」というアフリカの現実を解き明かす映画を観たくなっているのです。

新薬の製造に関する「ナイロビの蜂」とは、アフリカの「蜜」を収奪する製薬企業のことでした。「軍産複合体」「鉄のトライアングル」という言葉がありますが、軍事費よりも社会保障費が巨額化している今日においては、「“薬”産複合体」ともいうべき「政府−製薬企業−医療機関の構造癒着」が生じています。莫大な利益を生む薬品をめぐり、政府は規制を緩和し、製薬企業は開発を急ぎ、医療機関は無批判に大量に消費する。
それが、一枚の手紙で崩れるなどという「お伽話」を観客は信じません。この結末は、かえって物語の浅さを感じさせてしまいます。
この映画に不満を覚える人の大半は、この点で中途半端な映画との感想を抱くのではないでしょうか。
そもそも、広く人道支援活動をしていた彼女が、なぜ新薬の実験にだけ入れ込むようになったのか?まさか、先進国の人々にも直接影響が生じる事柄だからではありませんよね?



やっぱり、暗黒大陸なんですね

投稿日

2007/02/11

レビュアー

ビーバ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

情熱家で行動的、ときには敵対視するものに対し攻撃的な言動をも厭わない妻。アフリカを食い物にする企業や官僚を敵に回し過激なその行動のために死亡してしまう。イギリス上流階級の夫人の慈善活動の延長でやってんかなあと少々違和感はありましたが、生命を賭けてのその行動には、頭が下がります。
温厚な性格の外交官の夫。庭いじりが趣味のご様子で決して無茶なことはしない人。対照的な性格だけど仲の良い夫婦だった。
妻を失った外交官の夫は、彼女の死の真相を追求するために、危険を冒して各関係者を訪ねて探る。
ベストセラーの映画化ということなのでストーリーをはしょっているのか、登場人物の説明不足の点が目立つような気もしましたが、なかなかラストまで見応えのある映画でした。
個人的には、亡き妻に死を覚悟した夫が語りかけるラストのシーン大好きです。
HIVや様々な疫病の蔓延、飢えなどアフリカの救われない厳しい現状をつきつけられたことも印象にのこりました。


星:4点

投稿日

2007/02/03

レビュアー

Miching Mallecho

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いい映画です。完成度の高い社会派サスペンス。
観終わった後、胸がすーっと静かになります。

ネタバレになってしまうので
どう紹介したらいいか迷います。
とりあえず、観てる最中「あの映画に似てるな」と
感じた作品を列挙してみます。

「アイリス」、「ことの終わり」、「ホテル・ルワンダ」、
「ボーン・アイデンティティ」、「ボーン・スプレマシー」、
「グラディエーター」。

「社会悪を暴く」という大きなテーマがありますが、
基本構造は復讐劇・仇討ものです。
奥さん(レイチェル・ワイズ)が殺されちゃうんです。
夫(レイフ・ファインズ)にとっては謎だらけのまま。
そこからお話がスタートします。

ただの復讐劇ではありません。
復讐の道のりがアイデンティティ探しの旅になってるんです。
でもそれは自分(夫)のアイデンティティではなく、
亡くなった妻のアイデンティティ探しです。
妻とidentifyできた時=復讐が完結する時。

レイフ・ファインズ演じる夫は
温和で控え目なガーデニングが趣味の外交官。
レイチェル・ワイズ演じる妻は危険を顧みない活動家。
物語の視点・中心はレイフ・ファインズです。
夫からみた妻は自分から遠く離れた感じのする人間。
何をしてるのか、何を考えてるのか、
ほんとに自分のことを愛してくれてるのか、
よくわからない人。
この辺の関係は「アイリス」のそれにそっくりです。

で、その妻が突然死んじゃうんです
「ことの終わり」で、愛人に理由がわからないまま
捨てられてしまったレイフ・ファインズ状態です。
もちろん、わからないままではいられません。
自分がわかっていなかったことを探す旅が始まります。
その旅はスパイ映画的な旅でもあります。

2時間ちょっとでまとめるには、かなり複雑なお話です。
脚本家がすばらしいのではないかと思います。
緊張感がずっと続く作品なので、
リラックスしてお菓子食べながらとか、
半分寝ながらとか、途中でトイレにいったりとか、
そういう感じでは観ない方がいいと思います。

結論。
オススメ映画です。
特に、日頃よく映画を観てる人には。

2006年のベスト映画。

投稿日

2006/11/26

レビュアー

ハル

26〜 30件 / 全156件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ナイロビの蜂