博士の愛した数式

博士の愛した数式の画像・ジャケット写真
博士の愛した数式 / 寺尾聰
全体の平均評価点:
(5点満点)

272

  • DVD
ジャンル:

「博士の愛した数式」 の解説・あらすじ・ストーリー

 第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを寺尾聰、深津絵里主演で映画化。監督は「雨あがる」の小泉堯史。80分しか記憶が続かない初老の天才数学者と一組の母子の心温まる交流を優しい眼差しで描く。家政婦をするシングルマザーの杏子は、80分しか記憶が持たない天才数学博士のもとに派遣される。そんな博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。一方で、博士の語る数式の神秘的な美しさに魅了されていく杏子。やがて杏子の10歳の息子も博士の家に来るようになると、博士は彼を√(ルート)と呼び、かわいがるようになる。

「博士の愛した数式」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「博士の愛した数式」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

博士の愛した数式の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル//日本語
2:ドルビーデジタル//日(視覚障害者用)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ACBR10377 2006年07月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
82枚 3人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:272件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全272件

寺尾聰が好きだ

投稿日:2007/06/04 レビュアー:小太郎


映画を先に観たので、とても良い話だったように思えた。
でも、原作ファンな人々は
だいぶ無視していて、ちっともよくないらしい。
そうかなー?

最近、また活字病が復活してきたことだし、
原作も読んで、涙を流してみようかな。と思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映画も数式なのかもと、ごにょごにょ

投稿日:2006/07/21 レビュアー:ケチケチ

一見無関係のものが結びついて、シンプルなものが生まれる。映画もまた博士の愛した数式と同じように、見る者に何かを伝えるんですよね。その数式が美しいと感じれば感動もするし共感もする。至極簡単な数式と感じられると感動も薄いし、こっちの数式の方が美しいじゃないかと別の数式を思い浮かべもする。また理解できないほど複雑な数式だと、美しいなんて感じられない。その感じ方も、当然人それぞれ。
なぁ〜んてことを、久しぶりにこの映画を見て考えたりしました。

さてこの映画、すごく映像にしにくい題材。そこに興味を持って劇場にも足を運びました。
博士の愛した数式「eのπi乗+1=0」と同じように、結びつきにくいものを結んだ数式(映画)だと思うんだけど、数式(映画)として今ひとつ美しいとは感じられないんですよね。
「+1」して「=0」になるほどの美しさを求めはしないけど、美しさが不足という感じ。
同監督の数式の美しさとしては、「阿弥陀堂だより」>「雨あがる」>「博士の愛した数式」というのが私の感想。ゆえにこの映画の5段階評価は3。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

オイラーの等式ネタバレ

投稿日:2011/04/14 レビュアー:はち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

数学が哲学のように感じられる内容ながら、
80分の記憶と人間性などを前面に出してきて
美しくまとめた分かるような、分からないような
不思議な映画。
高校数学で勉強しながらもすっかり忘れた数学、
そして分かったふりして実は分かっていなかったのでは?
なんて冷や汗かきながら見てしまった。
そんなことをさっぴいて見ても、きれいな映画だ。

結局のところ、80分しかもたない記憶が障害になる
ことはストーリー上あまりないし、阪神タイガースを
愛し、子どもを一人の人間として大切に尊重する博士に
惜しみない尊敬の念を抱く親子の物語。
なのに、とっても美しくきれいにまとまっているのが良い。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

原作を読んでいないと解らない?ネタバレ

投稿日:2008/04/04 レビュアー:SAKURA

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

お手伝いさんが、どうしてそこまで生活の中に入り込むのか、全く持って理解不能な作品でした。一緒に観た人はとても感動していましたが、自分としてはひっかかりが多すぎて、全く持って楽しめませんでした。
どう考えても、お手伝いさんの子どもが、毎日の学校帰りに介護に行っている(いわば母親の職場)所にやってきて、ご飯を食べて帰るとか、あり得ないでしょ。立場を上手く利用して、たかっているようにしか観られなかった自分の心の狭さにも否はありますが、おそらく素晴らしかったのだろうと思われる原作を、ストーリーも含めて上手く映像化できなかった監督の否は大きいでしょうね。駄作とは言いませんが、お手伝いさんが自分の子どもも含めて博士の所に行き来するようになったのか、なるほどと思わせる説明の部分が欲しかった。残念。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

博士の子供に対する愛情ネタバレ

投稿日:2008/02/03 レビュアー:おっさん受験生

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 博士は数学と野球をこよなく愛した。そして意外にも、それと同様に子供を愛した。子供の我がままな振る舞いや、幼稚な質問に答える事は、仕事や研究の邪魔になろうにも関わらずである。その理由は、博士が「愛するN」に送った手紙の中で、自分の心境を表した数式「eπi=−1」に隠されている。

 「愛するN」とは義理の姉、すなわち博士の兄の妻の事である。彼女と博士はお互いに恋愛感情を抱いていたが、義理の姉と弟という関係から倫理に反し、永遠に結ばれる事のない無理な交際であった。その状況を表しているのが、無理数「e」である。そしてベースとなる「e」の上に存在するのが「π」と「i」である。「π」は円周率を表し、「e」と同様に割り切る事ができない、永遠に続く数である。「i」は虚数の事で、「現実には姿形が存在しない、想像上の数」と表現される。その意味と、アルファベットの発音から、「愛」に通じるものがある。以上の事をまとめると「eπi」は、「倫理に反する事と理解していながら抑える事ができない、博士の義姉に対する恋愛感情」を意味する。

 二人が愛し合った結果、義姉は妊娠したが、産む事はできなかった。それは身内や世間からの厳しい批判や、好奇の目に耐える事ができなかったからであろう。博士はその子に対して申し訳ないという気持ちと、自分の犯した罪は永久に許されるべきではないという思いを、数式の「−1」で表したのではないだろうか。

 博士の子供に対する愛情は、産まれてこなかった自分の子への愛情であり、罪滅ぼしである。そして、ある一人の家政婦とその息子に会うまでは、ずっと「−1」であった。彼女たちと数学や野球を通して親交を深める事で、博士は子供に対して不自然な愛情ではなく、自然な愛情を注げるようになった。その心境の変化が、数式「eπi+1=0」で表されている。「+1」は自然数である。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全272件

博士の愛した数式

月額課金で借りる

都度課金で借りる