21グラムの画像・ジャケット写真

21グラム / ショーン・ペン

全体の平均評価点: (5点満点)

173

21グラム /アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:75~99%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「21グラム」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

人が死んだ時の“魂の重さ”をモチーフに、ひとつの心臓を巡って交錯する3人の男女の運命を描いた、ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロ共演作。ある交通事故を機に出会った3人の男女が、予想もしなかった結末へと導かれていく。<BR><BR><BR>余命一ヶ月と宣告され、心臓移植を待ちわびる大学教授のポール。それを知った妻は、彼が死ぬ前に子供が欲しいと申し出てくる。昔はヤクザな生活をしていた前科者のジャック。今は改心し信仰に篤く、クジで当たったトラックも神からの授かり物と信じ、貧しくも懸命に働きながら妻と2人の娘を養っている。かつてドラッグに溺れていたクリスティーナ。今ではその依存も絶ち、優しい夫と2人の娘と共に幸せに暮らしていた。そんな出会うはずのない3人の運命が、ある事故をきっかけに交わり、思いもよらぬ結末へと導かれていくのだった…。

「21グラム」 の作品情報

作品情報

製作年:

2003年

製作国:

アメリカ

原題:

21 GRAMS

受賞記録:

2003年 ヴェネチア国際映画祭 男優賞
2003年 LA批評家協会賞 女優賞

「21グラム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

僕と彼女とオーソン・ウェルズ

ステイ

チャンプ

恋愛睡眠のすすめ

セプテンバー11

ユーザーレビュー:173件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全173件

せめて時系列に沿って描いていたら… ネタバレ

投稿日:2005/07/16 レビュアー:iuiu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

<<ラストシーンのネタバレがありますのでご注意下さい>>

アメリカでは昔、時系列を入れ替えて映画を作るのは禁じられていたそうな。
それが今じゃネコも杓子も時系列。
「メメント」を見たときはその脚本の妙に感激したものだが、こっちは時系列を入れ替える必要はなかったな。これだけ重いテーマを扱っているのだから、真正面から挑めばよかったのだ。粉々にして切り貼りしたために、テーマに対して正対する勇気が出なかったのではと変な勘ぐりもしたくなる。

ナオミ・ワッツとベニチオ・デル・トロの苦悩は(粉々の切り貼りにときおり邪魔されながらも)それでもストレートに迫ってくる。
しかし、ショーン・ペン演じる大学教授の行動がどうも見苦しい。
夫(と娘たち)を悲劇的に亡くした女性にあんな近づき方をしておいて、突然事情を明かしたりする。
「僕たちは出会う運命だったんだ」とかナントカ。なんと独善的で身勝手なんだろうと呆れた。
かと思えばクライマックスのシーン、無音のあと銃声が響いて、ショーン・ペンが左胸から血を流している。おいおいそこにあるのはだれの心臓だと思っているんだ、それをよくもナオミ・ワッツの目の前で!(しかし映画はそこんとこ不問でエンディングに突入。)

21gとかなんとかもういいよ、なトホホな気分になってしまった。
時系列に従って物語を描く道を選んでいたならば、重いテーマに真正面から挑んでいたならば、評価ももっと違ったのだが。
以前聞いた話では人が死んだ瞬間に減る体重は約100〜300gってことだったんですが、だれでもどの人もどーしても21gなんでしょうかね? ほんとかなあ。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

魂の重さって エクトプラズムのことか?

投稿日:2004/12/22 レビュアー:レビュアー名未設定

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

・・・・

投稿日:2010/12/03 レビュアー:エロエロ大魔神

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

それぞれの重さ ネタバレ

投稿日:2008/03/10 レビュアー:tyler

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

普通の映画と違い、視点をばらばらにするだけではなく、時系列までもごちゃごちゃになって進行する今作の完成度には驚いた。監督の名前を初めて聞いたときくらいびっくりした。ストレートに作っても決して簡単なストーリーではなく、深遠なるテーマを内包するだろう今作を更なる工夫を施し完成させた監督に映画に対しての親愛を感じた。

キャストもまた主演のみならず共に出演者全員が素晴らしかったように感じた。特筆すべきは二コール・キッドマンの親友であるナオミ・ワッツの躍進であろうか。「マルホランド・ドライブ」を見たときに名前を覚えた彼女がここまでメジャーな存在になろうとは。

音響においても臨機応変に場面場面にあったものを使っていて言うことなしだ。

この映画の構成をみて思い出したのは、かの有名なロシア映画の巨匠セルゲイ・エイゼンシュタインの「フィルム・フォーム」で述べられた、モンタージュ理論である。今作では3種類のものが使われているよう感じた。つまり、リズミック・モンタージュ、トナル・モンタージュ、インテレクチュアル・モンタージュである。この映画における画期的なアイデアを完璧なまでに使い込んでいる監督は数少ないのではないかと思った。残念ながら、監督の前作をみてないのでそちらの作品はどういう構成か知らないが見てみる価値は十分にありそうだと感じた。

最後に題名の21グラムについて。人が絶対に失う重さとされているもの。誰もが1度は考えるものであろう世界と時間。永遠を準拠として不可逆的に世界を考え、時間を考えてしまう人間にとって自分の存在極限において矮小にみえ、虚しくならざるを得ないものである。それでも人は存在している、それだからには喪失もつき物だ。だが同じ費えてしまうものでもその価値は、他人の命と知っているものの命では全く違うと考えてしまう

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ひきこまれました

投稿日:2007/03/04 レビュアー:woody

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全173件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:173件

せめて時系列に沿って描いていたら…

投稿日

2005/07/16

レビュアー

iuiu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

<<ラストシーンのネタバレがありますのでご注意下さい>>

アメリカでは昔、時系列を入れ替えて映画を作るのは禁じられていたそうな。
それが今じゃネコも杓子も時系列。
「メメント」を見たときはその脚本の妙に感激したものだが、こっちは時系列を入れ替える必要はなかったな。これだけ重いテーマを扱っているのだから、真正面から挑めばよかったのだ。粉々にして切り貼りしたために、テーマに対して正対する勇気が出なかったのではと変な勘ぐりもしたくなる。

ナオミ・ワッツとベニチオ・デル・トロの苦悩は(粉々の切り貼りにときおり邪魔されながらも)それでもストレートに迫ってくる。
しかし、ショーン・ペン演じる大学教授の行動がどうも見苦しい。
夫(と娘たち)を悲劇的に亡くした女性にあんな近づき方をしておいて、突然事情を明かしたりする。
「僕たちは出会う運命だったんだ」とかナントカ。なんと独善的で身勝手なんだろうと呆れた。
かと思えばクライマックスのシーン、無音のあと銃声が響いて、ショーン・ペンが左胸から血を流している。おいおいそこにあるのはだれの心臓だと思っているんだ、それをよくもナオミ・ワッツの目の前で!(しかし映画はそこんとこ不問でエンディングに突入。)

21gとかなんとかもういいよ、なトホホな気分になってしまった。
時系列に従って物語を描く道を選んでいたならば、重いテーマに真正面から挑んでいたならば、評価ももっと違ったのだが。
以前聞いた話では人が死んだ瞬間に減る体重は約100〜300gってことだったんですが、だれでもどの人もどーしても21gなんでしょうかね? ほんとかなあ。

魂の重さって エクトプラズムのことか?

投稿日

2004/12/22

レビュアー

レビュアー名未設定

・・・・

投稿日

2010/12/03

レビュアー

エロエロ大魔神

それぞれの重さ

投稿日

2008/03/10

レビュアー

tyler

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

普通の映画と違い、視点をばらばらにするだけではなく、時系列までもごちゃごちゃになって進行する今作の完成度には驚いた。監督の名前を初めて聞いたときくらいびっくりした。ストレートに作っても決して簡単なストーリーではなく、深遠なるテーマを内包するだろう今作を更なる工夫を施し完成させた監督に映画に対しての親愛を感じた。

キャストもまた主演のみならず共に出演者全員が素晴らしかったように感じた。特筆すべきは二コール・キッドマンの親友であるナオミ・ワッツの躍進であろうか。「マルホランド・ドライブ」を見たときに名前を覚えた彼女がここまでメジャーな存在になろうとは。

音響においても臨機応変に場面場面にあったものを使っていて言うことなしだ。

この映画の構成をみて思い出したのは、かの有名なロシア映画の巨匠セルゲイ・エイゼンシュタインの「フィルム・フォーム」で述べられた、モンタージュ理論である。今作では3種類のものが使われているよう感じた。つまり、リズミック・モンタージュ、トナル・モンタージュ、インテレクチュアル・モンタージュである。この映画における画期的なアイデアを完璧なまでに使い込んでいる監督は数少ないのではないかと思った。残念ながら、監督の前作をみてないのでそちらの作品はどういう構成か知らないが見てみる価値は十分にありそうだと感じた。

最後に題名の21グラムについて。人が絶対に失う重さとされているもの。誰もが1度は考えるものであろう世界と時間。永遠を準拠として不可逆的に世界を考え、時間を考えてしまう人間にとって自分の存在極限において矮小にみえ、虚しくならざるを得ないものである。それでも人は存在している、それだからには喪失もつき物だ。だが同じ費えてしまうものでもその価値は、他人の命と知っているものの命では全く違うと考えてしまう

ひきこまれました

投稿日

2007/03/04

レビュアー

woody

26〜 30件 / 全173件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

21グラム