ヘヴン

ヘヴンの画像・ジャケット写真
ヘヴン / ケイト・ブランシェット
全体の平均評価点:
(5点満点)

64

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ヘヴン」 の解説・あらすじ・ストーリー

イタリア・トリノ。英語教師のフィリッパは高層ビルに忍び込み時限爆弾を仕掛けた。彼女の目的は一人の男を殺すこと。彼女の愛する夫を死に至らしめ、大切な教え子たちを不幸へと導いた麻薬密売人。これまで、男を逮捕するよう警察に訴え続けたが相手にされず、自ら行動に出たのだった。犯行後、彼女は抵抗することもなく警察に逮捕される。ここまでは予定通りのはずだった。ところが、尋問中、彼女は男が死を免れ罪なき4人が犠牲になったことを知らされる。ショックで失神するフィリッパ。その時、刑務官のフィリッポが彼女の身体を優しく受け止めた…。

「ヘヴン」 の作品情報

製作年: 2002年
製作国: ドイツ/イギリス/アメリカ/フランス
原題: HEAVEN

「ヘヴン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ヘヴンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
97分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AEBR10164 2003年11月14日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
7枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:64件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全64件

信じる心をなくした者

投稿日:2010/09/07 レビュアー:はち

ひたすら静かに静かに静かに

冒頭始まるシュミレーションと爆弾以外は、
目立って動的なものが殆ど無く進む。
その静寂な中にすごく芯の強い二人が浮き彫りになる。

フィリッパを逃がそうと二人で緑の敷物の上に寝ている姿、
宗教画みたいにきれい。
フィリッポが助けようとしているところ、「あなたの
庇護を受けても言いなりにはならない」とでも言うかの
ようなフィリッパの見下した視線がすごく印象に残る。

ジョバンニ・リビジという俳優さんすごいね。
丁度この前に「パーフェクトストレンジャー」見た後
だったので、この先がとても楽しみな一人となった。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

破滅と不滅を兼ね備えた恋の物語ネタバレ

投稿日:2009/02/05 レビュアー:"

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画の冒頭の10分間がこれまでにないほど魅惑的です。
ミステリアスな人物設定、
緊張感あふれる事件の過程、
スタイリッシュな映像ショット。
それらが相俟って、この10分間でとにかく
この作品の世界の中にぐいっと引きこまれること
間違いありません。

全編を通じて、ケイト・ブランシェットと
ジョバンニ・リビーシの見事としか形容のしようがない
演技力には脱帽することしきりです。
殊に、かなり早い段階での取調室でのケイトは賞賛に値します。
自らの計画が生み出した予期せぬ結果に
呆然と打ちのめされる主人公のその表情は、
ケイトの女優としての力量をまざまざと見せつけられます。


この映画を一言で言うならば、
痺れるほどの「破滅」的な「不滅」の愛の物語。

エンディングまで一気に見せる
秀作であることは間違いありません。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

So Romantic!!時間を経るごとに深まる愛

投稿日:2008/09/23 レビュアー:kuato

ゆったりとした気持ちで鑑賞しなければ、この繊細でロマンティックな情感を味わうことはできないだろう。

尋問の席で殺人者をひと目見た瞬間に恋する若き憲兵。
この設定だけでマイッてしまう。良い!!
一体この監督は何者?と思いきや、あの大感動に包まれた『パフューム ある人殺しの物語』や『ラン・ローラ・ラン』の監督だった
!この2作品とも大好きで印象深かった。さすがに良いわけだ。他の作品もすべて観ねば!と思う。
観るものは青年と同様にケイト・ブランシェットの美しさに釘付けになる。
人は他者を愛することで強くなり、愛されることでもっと生きようと希望が生まれる。安泰な人生よりも、命がけの恋に賭ける青年の一途な思いは耽美主義であり、かつエロティックへである。
罪を償うよりも、濃厚に愛し合うことこそが素晴らしいことなんだ!と教えてくれる。

最後の青空に溶け込んでいくヘリコプターの光景がたまらなく美しい。
逃亡の焦燥感と、時間を経るごとに深まる愛。
こんな恋をしてみたいものだ。なんともうらやましい。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

疑う余地のない愛ネタバレ

投稿日:2008/08/11 レビュアー:ゆみゆみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ケイト・ブランシェットとジョヴァンニ・リビシ共演の『ギフト』に続き、
二人の演技が観たくて、この作品を借りたのですが、これも良かったです。

夫や教え子を死に至らしめた麻薬を裏で密売している男を時限爆弾によって殺そうと犯行に及ぶが、
罪のない一般人4名の命を奪ってしまったフィリッパ、彼女が罪の意識に押しつぶされる姿を
目の当たりにした刑務官フィリッポは彼女を逃がす。二人の逃避行を描いた物語。
監督自らが特典映像で語っているように、物語の説明部分をなす描写をバッサリと切り捨てているので、
本当にそれぞれの人物描写が希薄に感じますねぇ。特にフィリッポと父の関係とか。
でも、これを感覚的に観ると、あたしには漠然と切ない物語になりました。

出会うべくして出会った二人。二人だからこそ引き寄せられたんでしょうね。
雪見草さんのおっしゃるように、剃髪した二人の姿はあたしの目にも双子のように映りました。
偶然にも同じ日に生まれたこと、そして二人の名のフィリッパとフィリッポという繋がり。
純粋に彼女を愛するフィリッポの眼差しと、全ての終わりを待つフィリッパが彼の愛に信じる心を
取り戻していく過程、そして二人に待ち受けている運命にハッピーエンドなんてないのだけれど、
それでも彼らは寄り添い、そして天国に上ってゆく情景がすごく切なかったです。

二人が触れ合うシーンもきっともっと多く撮ったんだとは思うのですが、
ことごとくカットされてるんぢゃないでしょうか。それが逆に「I Love You」っていう
フィリッポの一言にいろいろな想いが込められている気がして、教会のシーンは印象的でした。
ケイトは勿論のこと、フィリッポを演じられたのはジョヴァンニ・リビシだけだと思います。
二人の表情、演技に因るところの大きい映画なのではないでしょうか。
トスカーナの空撮も本当に美しい風景ですし、詩的な映画が好きな方にはいいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

悪人なおもて往生す、いわんや悪人おや

投稿日:2007/08/22 レビュアー:こやぶ

会社社長をねらい爆弾を仕掛ける女。スタイリッシュで緊迫したオープニングがすばらしい。
現実に絶望し全てを捨てた女、全てなげうち女を救い出す年下の男。
殺那的とも思える行動が迎える結末はとても美しく、天国への階段を登るように飛び立つ2人は、まるで、天使であったかのように思えてくる。

映像の一つ一つが美しく見ごたえがあります。特典映像の映画かららカットされたシーンも非常に美しく完成たシーンばかりです、ぜひ、ご覧ください。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全64件

ヘヴン

月額課金で借りる

都度課金で借りる