シカゴの画像・ジャケット写真

シカゴ / レニー・ゼルウィガー

全体の平均評価点:(5点満点)

319

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

ジャンル :

「シカゴ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

映画賞受賞作品

旧作

解説・ストーリー

1920年代のシカゴ。スターを夢見るロキシーは、キャバレーの専属歌手ヴェルマのステージを羨望の眼差しで見入っていた。そんなロキシーはある日、ショーに売り込むとの約束を守らなかった愛人と諍いを起こし、ついに彼を撃ち殺してしまう。そして逮捕され留置所に送られたロキシーは、驚くことにあのヴェルマと出会った。彼女は不倫した夫と妹を殺した罪に問われていた。しかし、マスコミ操作に長けた辣腕弁護士ビリーのおかげで、巷では一躍スター扱い。ロキシーも同じ手段でヴェルマ以上の注目を浴びようとビリーを雇うのだが…。

「シカゴ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2002年

製作国:

アメリカ

原題:

CHICAGO

受賞記録:

2002年 アカデミー賞 作品賞
2002年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)

「シカゴ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

タイタス

グッド・ワイフ 彼女の評決 シーズン3

フェイス・オフ

グッド・ワイフ 彼女の評決 ファイナル・シーズン

ユーザーレビュー:319件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全319件

レニーセルヴィガーはカワイイね。

投稿日:2009/11/26 レビュアー:MM3

正直私はストーリーはフツーだった。

けど、こういう
これぞミュージカル!!っていう
非現実的な見せ方と
歌と異常なテンションで
結構楽しめちゃいました。

あと、レニーセルヴィガーはほんとカワイらしいです。

で、ミュージカルあまり見ない人は
「ムーランルージュ」とか「スウィニートッド」
のほうが楽しめるのかも。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

舞台に負けない映像

投稿日:2008/11/22 レビュアー:"

元ミュージカル女優で、主役もはっていた
キャサリン・ゼタ・ジョーンズが上手いのは当たり前だが、
それに負けない位、レニー・セルヴェガーも熱演。
どれほど大変だったか想像すると
彼女にオスカーを与えても良かったと思う位。

そしてこの二人の魅力を甘い甘いリチャード・ギア他の
出演者が余すことなく引き出している。

映像化したものでも舞台なみの感激を味わえてしまう、
こういう映画は大好きです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

映画好きなら必見でしょう★4つ

投稿日:2008/09/20 レビュアー:SAKURA

予備知識なく、普通にダラスとかベガスとかのショータイムを描いた作品と思って観たら…なんとなんと、まったく違うじゃないですか! 作品としての作りも面白いし、ミュージカル仕立てとは! キャサリン・ゼタ・ジョーンズをはじめ、脇役さんもピカピカして見える作品です。出てくるキャラクターが、それぞれに強烈な個性を持っていて、夢中で観てしまいます。

えー!ミュージカル苦手だー!などと言わずに、ぜひご観賞下さい。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

セクシーな歌と踊りは圧巻!

投稿日:2007/02/25 レビュアー:ゆみゆみ

『オペラ座の怪人』『ムーラン・ルージュ』、そして『シカゴ』と、
ミュージカル映画を観てきて、一番これが舞台舞台してました。
みんなオンステージって感じで歌ってたけど、でも、これが案外観やすい。

不倫相手を殺害したロキシーと、夫と妹を殺害したヴェルマ。
どんな罪を犯していようとも、無罪にしてしまう敏腕弁護士ビリー。
民衆を見方につけ、裁判を有利に進めるヴェルマに習い、ロキシーもまたビリーを雇う。
ビリーの策略に一躍スポットライトを独り占めにしていくロキシーの裁判と、
彼女に光を奪われたヴェルマの復讐、そこに隠された思惑。
そして、ロキシーとヴェルマの行く末。

ストーリー展開が面白く、飽きずに観られる。
マスコミの話題性をうまく利用していくビリーのやり方と、
それに踊らされ、あっち行ったりこっち行ったりの記者の動きがなんとも滑稽。
スポットライトをいかに自分に当てようとするか演技の上手いロキシーにも舌を巻く。

ミュージカル的要素は、セクシーな衣装で歌い踊る6人の囚人の場面、
“パチン・6人・グサッ・いいえ・シセロ・リプシッツ”がかなりお気に入り!!
一人ずつ、なぜ殺したのか語って「自業自得よ」って捨て台詞も軽快で好き。
ビリーがロキシーを腹話術の人形に見立てる場面も、素晴らしかったけど、
やっぱり、レニーよりもキャサリンの方が歌も踊りも素敵だから、
キャサリンのミュージカルシーンの方がオススメです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

舞台もこんな感じかな、と思える雰囲気が出ています

投稿日:2007/02/04 レビュアー:はぴちゃ

 まず、作品の登場するみんなが踊って歌って見事です。
 特にレニー・ゼルウィガーとキャサリン・ゼダ=ジョーンズはじ〜と見てしまいました。踊っているシーンも体のしまり具合とかに関心してしまい、すごいレッスンしたんだろうなぁと思わせられます。
 後、キャサリン・ゼダ=ジョーンズ演じるヴェルマが、他の女囚人達と歌って踊るシーン「セル・ブロック・タンゴ」があるんですが、そのシーンは、一人ひとりの動きが素敵で、迫力があり大好きなシーンです。出演者達、実際の「シカゴ」の舞台に立つミュージカル女優さん達みたいなんですが、それだけに本物だ〜〜と思ってみてしまいますね。

 ミュージカルシーンはさておいてストーリーだけ追っていくと、派手な社会なだけに、人間達の欲望がストレートに出てきます。自分の欲望のためにどんな嘘も平気でつくし、人も利用する。よく考えたら、ひどい話なんだよねぇ(笑)

 結論は、女はたくましい・・・だったような気がします。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全319件

シカゴ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:319件

レニーセルヴィガーはカワイイね。

投稿日

2009/11/26

レビュアー

MM3

正直私はストーリーはフツーだった。

けど、こういう
これぞミュージカル!!っていう
非現実的な見せ方と
歌と異常なテンションで
結構楽しめちゃいました。

あと、レニーセルヴィガーはほんとカワイらしいです。

で、ミュージカルあまり見ない人は
「ムーランルージュ」とか「スウィニートッド」
のほうが楽しめるのかも。

舞台に負けない映像

投稿日

2008/11/22

レビュアー

"

元ミュージカル女優で、主役もはっていた
キャサリン・ゼタ・ジョーンズが上手いのは当たり前だが、
それに負けない位、レニー・セルヴェガーも熱演。
どれほど大変だったか想像すると
彼女にオスカーを与えても良かったと思う位。

そしてこの二人の魅力を甘い甘いリチャード・ギア他の
出演者が余すことなく引き出している。

映像化したものでも舞台なみの感激を味わえてしまう、
こういう映画は大好きです。

映画好きなら必見でしょう★4つ

投稿日

2008/09/20

レビュアー

SAKURA

予備知識なく、普通にダラスとかベガスとかのショータイムを描いた作品と思って観たら…なんとなんと、まったく違うじゃないですか! 作品としての作りも面白いし、ミュージカル仕立てとは! キャサリン・ゼタ・ジョーンズをはじめ、脇役さんもピカピカして見える作品です。出てくるキャラクターが、それぞれに強烈な個性を持っていて、夢中で観てしまいます。

えー!ミュージカル苦手だー!などと言わずに、ぜひご観賞下さい。

セクシーな歌と踊りは圧巻!

投稿日

2007/02/25

レビュアー

ゆみゆみ

『オペラ座の怪人』『ムーラン・ルージュ』、そして『シカゴ』と、
ミュージカル映画を観てきて、一番これが舞台舞台してました。
みんなオンステージって感じで歌ってたけど、でも、これが案外観やすい。

不倫相手を殺害したロキシーと、夫と妹を殺害したヴェルマ。
どんな罪を犯していようとも、無罪にしてしまう敏腕弁護士ビリー。
民衆を見方につけ、裁判を有利に進めるヴェルマに習い、ロキシーもまたビリーを雇う。
ビリーの策略に一躍スポットライトを独り占めにしていくロキシーの裁判と、
彼女に光を奪われたヴェルマの復讐、そこに隠された思惑。
そして、ロキシーとヴェルマの行く末。

ストーリー展開が面白く、飽きずに観られる。
マスコミの話題性をうまく利用していくビリーのやり方と、
それに踊らされ、あっち行ったりこっち行ったりの記者の動きがなんとも滑稽。
スポットライトをいかに自分に当てようとするか演技の上手いロキシーにも舌を巻く。

ミュージカル的要素は、セクシーな衣装で歌い踊る6人の囚人の場面、
“パチン・6人・グサッ・いいえ・シセロ・リプシッツ”がかなりお気に入り!!
一人ずつ、なぜ殺したのか語って「自業自得よ」って捨て台詞も軽快で好き。
ビリーがロキシーを腹話術の人形に見立てる場面も、素晴らしかったけど、
やっぱり、レニーよりもキャサリンの方が歌も踊りも素敵だから、
キャサリンのミュージカルシーンの方がオススメです。

舞台もこんな感じかな、と思える雰囲気が出ています

投稿日

2007/02/04

レビュアー

はぴちゃ

 まず、作品の登場するみんなが踊って歌って見事です。
 特にレニー・ゼルウィガーとキャサリン・ゼダ=ジョーンズはじ〜と見てしまいました。踊っているシーンも体のしまり具合とかに関心してしまい、すごいレッスンしたんだろうなぁと思わせられます。
 後、キャサリン・ゼダ=ジョーンズ演じるヴェルマが、他の女囚人達と歌って踊るシーン「セル・ブロック・タンゴ」があるんですが、そのシーンは、一人ひとりの動きが素敵で、迫力があり大好きなシーンです。出演者達、実際の「シカゴ」の舞台に立つミュージカル女優さん達みたいなんですが、それだけに本物だ〜〜と思ってみてしまいますね。

 ミュージカルシーンはさておいてストーリーだけ追っていくと、派手な社会なだけに、人間達の欲望がストレートに出てきます。自分の欲望のためにどんな嘘も平気でつくし、人も利用する。よく考えたら、ひどい話なんだよねぇ(笑)

 結論は、女はたくましい・・・だったような気がします。

26〜 30件 / 全319件