アメリカン・プレジデント

アメリカン・プレジデントの画像・ジャケット写真

アメリカン・プレジデント / マイケル・ダグラス

全体の平均評価点:(5点満点)

43

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「アメリカン・プレジデント」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

多忙な日々を送るシェファード大統領は、たまたまの空き時間に環境破壊を抗議する弁士シドニーに出会う。ふたりきりで話をした大統領は彼女に一目ぼれしてしまい、フランス大統領就任の祝賀晩餐会に招いて招待客らの前で一緒にダンスを踊った。これをきっかけにふたりの仲は急接近するが、次の大統領選挙の対立候補ラムソンは大統領の恋を格好の攻撃材料として批判。シドニーは大統領を愛するが故、自分から姿を消してしまう。支持率は落ちる一方、対立候補は攻撃をますます強くする……。

「アメリカン・プレジデント」 の作品情報

作品情報

製作年: 1995年
製作国: アメリカ
原題: THE AMERICAN PRESIDENT

「アメリカン・プレジデント」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

張り込みプラス

スイッチ 〜運命のいたずら〜 シーズン1

白いカラス<全米公開版>

アスク・ミー・エニシング 彼女の告白

ユーザーレビュー:43件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全43件

ラブコメディとして秀逸 ネタバレ

投稿日:2005/05/30 レビュアー:やなぎー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ザ・ホワイトハウス」脚本のアーロン・ソーキンが脚本。この映画で描ききれなかったことをテレビドラマで叶えたのが「ザ・ホワイトハウス」らしい。そのことを念頭に置いて観るとびっくるする。蓋を開ければ、色ボケ大統領が繰りなすファンタジックでご都合主義なラブコメディが展開されていたのだから。
なんちゃって政治的なやりとりの中に、もっと突っ込んで書きたいけどやめとくよ、な匂いを感じるのは、わたしが後発の「ザ ホワイトハウス」を知っているからだろう。知らなければ、美男美女のラブラブ展開に辟易して、あまりいい評価は出来なかったかもしれない。
ファンとしては自然、「ザ・ホワイトハウス」に繋がるようなシーンを探してしまうのだが、そのなかでも、首席補佐官(「ザ・ホワイトハウス」で大統領役のマーティン・シーン)と大統領がビリヤードをしながら政治のこと、恋愛のことを話しあうシーンは好き。

大統領「君は一度も選挙に出なかったじゃないか! 選挙に出たのはわたしだ!」
補佐官「わたしがいなければ、あなたは今でも大学で歴史を教えていたでしょう」

このへん台詞うろ覚えだけど、大統領と首席補佐官を唯一無二の親友とする傾向は、この時点で既にあったということか。
ラブコメディとしてはよくできてると思う。観たあとでハッピーな気分になれた。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

あれれ?

投稿日:2005/04/19 レビュアー:レビュアー名未設定

マイケルJフォックス目当てだったので少し残念でした。
でも最後の大統領のスピーチかっこよかったです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

以下の願望ある方にお勧め

投稿日:2004/01/27 レビュアー:レビュアー名未設定

大物願望がある方とシンデレラ願望がある方にはとてもわくわくする映画でしょう。ちなみに私は大物願望が年甲斐もなく残ってしまい〇でした。大物ぶりたい人、是非なりきりでどうぞ。また女性で玉の輿希望の方もなりきりでどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

大統領の威厳 ネタバレ

投稿日:2012/05/17 レビュアー:pine2012

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

テンポの良い展開と、小気味良く頼り甲斐のある大統領象に魅せられる映画です。多少のコメディー要素も良い味を出しているし、政治問題を扱っていても、本筋はラブロマンスです。もちろん、本当のホワイトハウスとはかけ離れているんでしょうが、アメリカの大統領演説を見てると、映画のようなエピソードもあり得るのかな、と思わせる所がすごいですね。(ん?クリントン元大統領のスキャンダルを考えると、実際こういう事もあるえるのかな?)日本のリーダーと比べると、あらゆる面でかけ離れていると思うと悲しくなります・・・日本で総理大臣を扱った映画やドラマって、どうしても滑稽になりますよね。国民の尊敬を集める頼り甲斐のある総理大臣なんてイメージできないからだと思います。

この映画2008年制作ですが「十年後は、ガソリン車は無くなってる」とか「排出ガス20%削減」とか、最後には「銃規制無くして犯罪撲滅はない」と言う発言を見る限り、大げさな部分もあるけど、結構先も見を通してるんだな、という気もします。今のアメリカ人にこの映画をもう一度見て欲しいですね。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

退屈

投稿日:2011/05/01 レビュアー:gold

退屈すぎでした

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全43件

アメリカン・プレジデント

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:43件

ラブコメディとして秀逸

投稿日

2005/05/30

レビュアー

やなぎー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ザ・ホワイトハウス」脚本のアーロン・ソーキンが脚本。この映画で描ききれなかったことをテレビドラマで叶えたのが「ザ・ホワイトハウス」らしい。そのことを念頭に置いて観るとびっくるする。蓋を開ければ、色ボケ大統領が繰りなすファンタジックでご都合主義なラブコメディが展開されていたのだから。
なんちゃって政治的なやりとりの中に、もっと突っ込んで書きたいけどやめとくよ、な匂いを感じるのは、わたしが後発の「ザ ホワイトハウス」を知っているからだろう。知らなければ、美男美女のラブラブ展開に辟易して、あまりいい評価は出来なかったかもしれない。
ファンとしては自然、「ザ・ホワイトハウス」に繋がるようなシーンを探してしまうのだが、そのなかでも、首席補佐官(「ザ・ホワイトハウス」で大統領役のマーティン・シーン)と大統領がビリヤードをしながら政治のこと、恋愛のことを話しあうシーンは好き。

大統領「君は一度も選挙に出なかったじゃないか! 選挙に出たのはわたしだ!」
補佐官「わたしがいなければ、あなたは今でも大学で歴史を教えていたでしょう」

このへん台詞うろ覚えだけど、大統領と首席補佐官を唯一無二の親友とする傾向は、この時点で既にあったということか。
ラブコメディとしてはよくできてると思う。観たあとでハッピーな気分になれた。

あれれ?

投稿日

2005/04/19

レビュアー

レビュアー名未設定

マイケルJフォックス目当てだったので少し残念でした。
でも最後の大統領のスピーチかっこよかったです。

以下の願望ある方にお勧め

投稿日

2004/01/27

レビュアー

レビュアー名未設定

大物願望がある方とシンデレラ願望がある方にはとてもわくわくする映画でしょう。ちなみに私は大物願望が年甲斐もなく残ってしまい〇でした。大物ぶりたい人、是非なりきりでどうぞ。また女性で玉の輿希望の方もなりきりでどうぞ。

大統領の威厳

投稿日

2012/05/17

レビュアー

pine2012

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

テンポの良い展開と、小気味良く頼り甲斐のある大統領象に魅せられる映画です。多少のコメディー要素も良い味を出しているし、政治問題を扱っていても、本筋はラブロマンスです。もちろん、本当のホワイトハウスとはかけ離れているんでしょうが、アメリカの大統領演説を見てると、映画のようなエピソードもあり得るのかな、と思わせる所がすごいですね。(ん?クリントン元大統領のスキャンダルを考えると、実際こういう事もあるえるのかな?)日本のリーダーと比べると、あらゆる面でかけ離れていると思うと悲しくなります・・・日本で総理大臣を扱った映画やドラマって、どうしても滑稽になりますよね。国民の尊敬を集める頼り甲斐のある総理大臣なんてイメージできないからだと思います。

この映画2008年制作ですが「十年後は、ガソリン車は無くなってる」とか「排出ガス20%削減」とか、最後には「銃規制無くして犯罪撲滅はない」と言う発言を見る限り、大げさな部分もあるけど、結構先も見を通してるんだな、という気もします。今のアメリカ人にこの映画をもう一度見て欲しいですね。

退屈

投稿日

2011/05/01

レビュアー

gold

退屈すぎでした

26〜 30件 / 全43件