トップをねらえ!

トップをねらえ!の画像・ジャケット写真

トップをねらえ! / 日高のり子

全体の平均評価点:(5点満点)

36

全体の平均評価点:

DVD

「トップをねらえ!」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

GAINAXのOVA作品。宇宙戦争で父を亡くした少女が父の遺志を継ぐため宇宙高校へ入学、宇宙大怪獣の攻撃パイロットに選ばれる。強くなるため特訓を重ねる主人公。宇宙大怪獣との決戦は近づいてゆく…。特殊にみえる美少女ロボットアニメですが、これは楽しめる。 JAN:4934569704375

「トップをねらえ!」 の作品情報

作品情報

製作年: 1988年
製作国: 日本
原題: GUNBUSTER

「トップをねらえ!」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!

それいけ!アンパンマン’93シリーズセレクション

蒼き伝説シュート!

それいけ!アンパンマン’10

ユーザーレビュー:36件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全36件

GAINAX万歳! ネタバレ

投稿日:2004/12/13 レビュアー:大久保商店

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

もともとは80年代終わりの作品ですよね。おまけが増えていてちょっとうれしかったです。私的にもこの作品は、是非押さえておいてほしいです。「艦長、第七ハッチが開いています。なに!」未だに使うフレーズです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

損しません

投稿日:2004/11/15 レビュアー:ikameshi

 だいたいOVAのSFで女の子が主役で巨大ロボが出てくるようなやつって、結局、終わってみれば、なーんだ、となるのですが、
 この作品は違ったよ!
 最後の白黒映像まで見て頂戴。
 遊び方が実にうまい。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

3巻(5〜6話)からでも十分理解できます。3巻だけでも見てください。

投稿日:2020/07/18 レビュアー:GP PROJECT

当時初めて見たのは、レンタルビデオでVHSビデオを借りて見たのが最初でした。確かに1、2巻(1〜4話)のいかにもオタク全開のロボコンアニメに耐え切れず流して仕方なく見ていた記憶があります。しかも主役メカのガンバスターが未完成状態で戦っているので強さを感じるどころか「この機体本当に強いのか?」というのが印象でした。面白さが感じることもなかったので、しばらくたってから3巻(5〜6話は当時劇場版公開してからのレンタル)が出てましたが1〜2巻の面白さ欠ける展開が頭に残っていたため、1年ぐらい続きを見ませんでした。今考えて見ればこの事が各レビュ-で書かれていることで「我慢して全巻必ず見てみて」「1〜2巻我慢して見て」と言う事である。恐らく僕みたいに2巻までで心が折れて3巻まで見ない人達がいるのを恐れての事だったと思う。
3巻(5〜6話)を見て思った事は「何故、今まで続きを見ていなかったのだろう・・」だ。3巻である劇場版は1〜2巻までとはまったくの別物の作品になっていた。未完成状態だったガンバスターは完成無敵状態で敵無しで大暴れしているし、シリアス要素としてはウラシマ効果でずれていく地球との時間差に一人、いや個々に苦悩する人々。特殊相対性理論の時間と空間の歪みを描写したストーリー。そして無敵のガンバスターも2個ある内の1個の縮退炉を利用して起動させるという捨て身の作戦によって機能停止したブラックホール爆弾を再起動させ、自分達を残して人類を救った二人・・・そして地上では既に約12,000年月日が流れて・・エンディングは感動ものです。6話だけカラ-ではなくあえての白黒映像演出、だから令和になった今でも新鮮に見られます。庵野劇場開演です。あの1〜2巻のストーリー展開なんだたのか・・
今まで見たSFアニメの中でも今でも上位ランクの作品だと思います。まあ庵野監督の作品ですから、言わずとも驚く展開やストーリーが待ち受けています。本当に3巻だけは何回も見た記憶があります。恐らく3巻(5〜6話)は劇場版のため5話から見ても話が分かるようにストーリーを作ったのが3巻から見てもストーリーが頭に入りやすいのでは・・31年たった今でも色褪せない作品です。
「トップをねらえ2!」は続きではなく、全く違うものと言うレビュ-がありましたが、僕も最近YouTubeで知ったのですが「トップをねらえ2!」の最後のエンディングは「トップをねらえ!」最終話に繋がります。話がシンクロした時は鳥肌ものでした。「トップをねらえ2!」も一度レンタルしてみようと思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

特殊相対性理論の知識がないと、ついていけないかも

投稿日:2018/07/24 レビュアー:Tレックス

初めて見ました。
1970年代の「エースをねらえ」のスポーツ根性ネタと、1980年代の「うる星やつら」の宇宙SFネタと、機動戦士ガンダムの有人ロボット操縦ネタをベースにして、特殊相対性理論の時間と空間の歪みを描写したストーリーは見事でした。
このアニメと映画の「インターステラー」は、多少なりとも特殊相対性理論の知識がないと見ても意味が分からないと思う。
このアニメの漢字の文字を多用した演出は、後の「エヴァンゲリエン」につながるものを感じる。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

今でこそ面白いですよ

投稿日:2016/07/11 レビュアー:やぁもっ

リアルタイムにレンタルで観た作品で、ふと思い立ちまた観たくなり借りました。やっぱ面白いですね。当時は多かったリアルな設定を好むアニメファンの方のレビューは辛らつなものもありますが、元々活劇的なものが好きな私としては好きですこういうの。色んなものに余裕が出てきた今でこそ楽しめる作品かもしれません。先見性はさすがGINAXというところでしょうか。ユーモアと熱意でお楽しみ下さい。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全36件

トップをねらえ!

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:36件

GAINAX万歳!

投稿日

2004/12/13

レビュアー

大久保商店

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

もともとは80年代終わりの作品ですよね。おまけが増えていてちょっとうれしかったです。私的にもこの作品は、是非押さえておいてほしいです。「艦長、第七ハッチが開いています。なに!」未だに使うフレーズです。

損しません

投稿日

2004/11/15

レビュアー

ikameshi

 だいたいOVAのSFで女の子が主役で巨大ロボが出てくるようなやつって、結局、終わってみれば、なーんだ、となるのですが、
 この作品は違ったよ!
 最後の白黒映像まで見て頂戴。
 遊び方が実にうまい。

3巻(5〜6話)からでも十分理解できます。3巻だけでも見てください。

投稿日

2020/07/18

レビュアー

GP PROJECT

当時初めて見たのは、レンタルビデオでVHSビデオを借りて見たのが最初でした。確かに1、2巻(1〜4話)のいかにもオタク全開のロボコンアニメに耐え切れず流して仕方なく見ていた記憶があります。しかも主役メカのガンバスターが未完成状態で戦っているので強さを感じるどころか「この機体本当に強いのか?」というのが印象でした。面白さが感じることもなかったので、しばらくたってから3巻(5〜6話は当時劇場版公開してからのレンタル)が出てましたが1〜2巻の面白さ欠ける展開が頭に残っていたため、1年ぐらい続きを見ませんでした。今考えて見ればこの事が各レビュ-で書かれていることで「我慢して全巻必ず見てみて」「1〜2巻我慢して見て」と言う事である。恐らく僕みたいに2巻までで心が折れて3巻まで見ない人達がいるのを恐れての事だったと思う。
3巻(5〜6話)を見て思った事は「何故、今まで続きを見ていなかったのだろう・・」だ。3巻である劇場版は1〜2巻までとはまったくの別物の作品になっていた。未完成状態だったガンバスターは完成無敵状態で敵無しで大暴れしているし、シリアス要素としてはウラシマ効果でずれていく地球との時間差に一人、いや個々に苦悩する人々。特殊相対性理論の時間と空間の歪みを描写したストーリー。そして無敵のガンバスターも2個ある内の1個の縮退炉を利用して起動させるという捨て身の作戦によって機能停止したブラックホール爆弾を再起動させ、自分達を残して人類を救った二人・・・そして地上では既に約12,000年月日が流れて・・エンディングは感動ものです。6話だけカラ-ではなくあえての白黒映像演出、だから令和になった今でも新鮮に見られます。庵野劇場開演です。あの1〜2巻のストーリー展開なんだたのか・・
今まで見たSFアニメの中でも今でも上位ランクの作品だと思います。まあ庵野監督の作品ですから、言わずとも驚く展開やストーリーが待ち受けています。本当に3巻だけは何回も見た記憶があります。恐らく3巻(5〜6話)は劇場版のため5話から見ても話が分かるようにストーリーを作ったのが3巻から見てもストーリーが頭に入りやすいのでは・・31年たった今でも色褪せない作品です。
「トップをねらえ2!」は続きではなく、全く違うものと言うレビュ-がありましたが、僕も最近YouTubeで知ったのですが「トップをねらえ2!」の最後のエンディングは「トップをねらえ!」最終話に繋がります。話がシンクロした時は鳥肌ものでした。「トップをねらえ2!」も一度レンタルしてみようと思います。

特殊相対性理論の知識がないと、ついていけないかも

投稿日

2018/07/24

レビュアー

Tレックス

初めて見ました。
1970年代の「エースをねらえ」のスポーツ根性ネタと、1980年代の「うる星やつら」の宇宙SFネタと、機動戦士ガンダムの有人ロボット操縦ネタをベースにして、特殊相対性理論の時間と空間の歪みを描写したストーリーは見事でした。
このアニメと映画の「インターステラー」は、多少なりとも特殊相対性理論の知識がないと見ても意味が分からないと思う。
このアニメの漢字の文字を多用した演出は、後の「エヴァンゲリエン」につながるものを感じる。

今でこそ面白いですよ

投稿日

2016/07/11

レビュアー

やぁもっ

リアルタイムにレンタルで観た作品で、ふと思い立ちまた観たくなり借りました。やっぱ面白いですね。当時は多かったリアルな設定を好むアニメファンの方のレビューは辛らつなものもありますが、元々活劇的なものが好きな私としては好きですこういうの。色んなものに余裕が出てきた今でこそ楽しめる作品かもしれません。先見性はさすがGINAXというところでしょうか。ユーモアと熱意でお楽しみ下さい。

26〜 30件 / 全36件