情婦の画像・ジャケット写真

情婦 / マレーネ・ディートリッヒ

全体の平均評価点: (5点満点)

114

情婦 /ビリー・ワイルダー

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「情婦」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

アガサ・クリスティが自身の短編小説を基に戯曲化した『検察側の証人』の映画化。金持ちの未亡人を殺した容疑をかけられたレナード(パワー)は、老齢ながらロンドンきっての敏腕弁護士ロバーツ(ロートン)に弁護を依頼。だが“検察側の証人”として法廷に立ったレナードの妻クリスティーネ(ディートリッヒ)から、思いもかけない証言が発せられた……。

「情婦」 の作品情報

作品情報

製作年:

1957年

製作国:

アメリカ

原題:

WITNESS FOR THE PROSECUTION

受賞記録:

1957年 ゴールデン・グローブ 助演女優賞

「情婦」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

媚薬

名犬ラッシー/家路

人生模様

アパートの鍵貸します

黒ひげ大旋風

ユーザーレビュー:114件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全114件

秀逸な法廷サスペンス ネタバレ

投稿日:2009/11/10 レビュアー:論駄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

洋画の原題と邦題のギャップに戸惑うことは珍しいことではない。邦題に騙されて観てみたらガックリさせられたり、邦題のために遠ざけていた作品を観たあとで「なんでもっと早くみておかなかったのか」と臍をかむこともある。今回は後者のほうだった。

「情婦」などという単語はATOKでは変換してくれないく。それくらい古めかしくおぞましい表現である。広辞苑では「いろおんな。かくしおんな」、大辞林では「妻以外の愛人である女、内縁関係にある女」などと説明されている。岩波の「日本語表現辞典」には〈情女〉のグループがあり、「側妻・妾、ラシャ洋妾、妾、二号、権妻、お手付き、れこ、色女、思い者、小指、囲い、愛妾、寵妾、寵姫、御部屋様、手懸け、側室 囲い者、籠の鳥、お手付け」などの表現がズラーっと並んでいる。谷崎潤一郎ワールドである。

だがしかし、この映画は三角関係の痴情がもつれた場面がいっさいない、骨太な法廷サスペンスである。なぜなら、原題を直訳すると「検察側証人」なのだから。ウィキペディアでは、「ミステリーの女王アガサ・クリスティが自らの短編小説を戯曲化した同名作品を、巨匠ビリー・ワイルダーが映画化した」と説明されている。

映画の主人公はマレーネ・ディートリッヒ演じるクリスチーネでもなければ、タイロン・パワー演じるレナード・ヴォールでもない。主人公はチャールズ・ロートン演じる老弁護士ウィルフリッド卿で、退院後間もないウィルフリッドは葉巻が吸いたいあまり、ある事件を請け負う。このウィルフリッド弁護士と、彼の健康状態を気遣う女性看護師ミス・プリムソル(エルザ・ランチェスター)との掛け合いが微笑ましい。さすがワイルダー。

シドニー・ルメット監督の『十二人の怒れる男』(12 Angry Men)が、ふつうのひとを陪審員にさせパブリックな問題に触れさせることで、市民としての使命を果たさせることの意義を描いているのだとすれば、『情婦』は陪審員ではなく、法廷弁護士(barrister at law)の使命と、法に先行する人々の自然なルールの大きさが描かれているようで、とても好感が持てた。

もしもわたしに邦題を付け直すことが許されるならば、ディートリッヒを主体にした『証言台の女』とか、『処刑』といった路線でいくか、老弁護士を主体にした『だからバリスターはやめられない』みたいなふうにしたい。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

「情婦」

投稿日:2008/10/18 レビュアー:のぶなが

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

鮮やかな「どんでん返し」、ミステリ映画の傑作 ネタバレ

投稿日:2008/04/26 レビュアー:J.J.マローン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


 この映画に関しては、既に多くの人が指摘しているように、まず邦題のひどさを言っておかねばならない。おかしな邦題がつけられて、損をしている映画はたくさんあるが、これはその代表格だろう。原題通り「検察側の証人」でいいじゃないですか。クリスティの原作も有名なんだし。それを、敢えてこんなポルノ映画みたいなタイトルにする感性は、全く理解できない。この邦題を付けた配給会社の担当者の罪は、万死に値すると言ってよい。

 と、お約束を済ませた上で、内容に関して言うと、ともかくクリスティの原作が、彼女の作品群の中でも上位に来る傑作で、監督がビリー・ワイルダーなのだから、つまらないわけがない。その上、女優がマレーネ・ディートリッヒとくれば、これ以上一体何を望めばいいというのだろうか。

 ビリー・ワイルダーというと、ラブコメの人という印象が強いが、この人のミステリ映画には優れたものが多い。「深夜の告白」とか「サンセット大通り」、「悲愁」などが、その代表だろう。中でも本作は、傑作ミステリを映画化したものであり、彼の作品の中でも、特に評価の高い作品の一つである。

 ただ、以前何かの本で読んだのだが、晩年のワイルダーは、この作品をあまり気に入っていなかったらしい。彼がどのへんに不満を感じていたのかは、推測するしかないのだが、これについて、個人的に思うことは、2段オチの2番目の方は、いらなかったのではないかということだ。1番目のどんでん返しがあまりに見事なので、その後に来る2番目のどんでん返しが、やや蛇足のように感じられるのである。それは、原作を読んだときにも感じたことで、ワイルダーのせいではないのだが、映画化するときに、そこを省くというようなことは、やろうと思えばできたはずである。

 と、最後はややケチをつけるような言い方になったが、それは些細なことで、この作品がミステリ映画の傑作であるという評価は、ゆるがないのであった。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

検察側の証人

投稿日:2008/01/14 レビュアー:まゆまゆ

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

大拍手!!!

投稿日:2006/04/17 レビュアー:サファイア

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全114件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:114件

秀逸な法廷サスペンス

投稿日

2009/11/10

レビュアー

論駄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

洋画の原題と邦題のギャップに戸惑うことは珍しいことではない。邦題に騙されて観てみたらガックリさせられたり、邦題のために遠ざけていた作品を観たあとで「なんでもっと早くみておかなかったのか」と臍をかむこともある。今回は後者のほうだった。

「情婦」などという単語はATOKでは変換してくれないく。それくらい古めかしくおぞましい表現である。広辞苑では「いろおんな。かくしおんな」、大辞林では「妻以外の愛人である女、内縁関係にある女」などと説明されている。岩波の「日本語表現辞典」には〈情女〉のグループがあり、「側妻・妾、ラシャ洋妾、妾、二号、権妻、お手付き、れこ、色女、思い者、小指、囲い、愛妾、寵妾、寵姫、御部屋様、手懸け、側室 囲い者、籠の鳥、お手付け」などの表現がズラーっと並んでいる。谷崎潤一郎ワールドである。

だがしかし、この映画は三角関係の痴情がもつれた場面がいっさいない、骨太な法廷サスペンスである。なぜなら、原題を直訳すると「検察側証人」なのだから。ウィキペディアでは、「ミステリーの女王アガサ・クリスティが自らの短編小説を戯曲化した同名作品を、巨匠ビリー・ワイルダーが映画化した」と説明されている。

映画の主人公はマレーネ・ディートリッヒ演じるクリスチーネでもなければ、タイロン・パワー演じるレナード・ヴォールでもない。主人公はチャールズ・ロートン演じる老弁護士ウィルフリッド卿で、退院後間もないウィルフリッドは葉巻が吸いたいあまり、ある事件を請け負う。このウィルフリッド弁護士と、彼の健康状態を気遣う女性看護師ミス・プリムソル(エルザ・ランチェスター)との掛け合いが微笑ましい。さすがワイルダー。

シドニー・ルメット監督の『十二人の怒れる男』(12 Angry Men)が、ふつうのひとを陪審員にさせパブリックな問題に触れさせることで、市民としての使命を果たさせることの意義を描いているのだとすれば、『情婦』は陪審員ではなく、法廷弁護士(barrister at law)の使命と、法に先行する人々の自然なルールの大きさが描かれているようで、とても好感が持てた。

もしもわたしに邦題を付け直すことが許されるならば、ディートリッヒを主体にした『証言台の女』とか、『処刑』といった路線でいくか、老弁護士を主体にした『だからバリスターはやめられない』みたいなふうにしたい。

「情婦」

投稿日

2008/10/18

レビュアー

のぶなが

鮮やかな「どんでん返し」、ミステリ映画の傑作

投稿日

2008/04/26

レビュアー

J.J.マローン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


 この映画に関しては、既に多くの人が指摘しているように、まず邦題のひどさを言っておかねばならない。おかしな邦題がつけられて、損をしている映画はたくさんあるが、これはその代表格だろう。原題通り「検察側の証人」でいいじゃないですか。クリスティの原作も有名なんだし。それを、敢えてこんなポルノ映画みたいなタイトルにする感性は、全く理解できない。この邦題を付けた配給会社の担当者の罪は、万死に値すると言ってよい。

 と、お約束を済ませた上で、内容に関して言うと、ともかくクリスティの原作が、彼女の作品群の中でも上位に来る傑作で、監督がビリー・ワイルダーなのだから、つまらないわけがない。その上、女優がマレーネ・ディートリッヒとくれば、これ以上一体何を望めばいいというのだろうか。

 ビリー・ワイルダーというと、ラブコメの人という印象が強いが、この人のミステリ映画には優れたものが多い。「深夜の告白」とか「サンセット大通り」、「悲愁」などが、その代表だろう。中でも本作は、傑作ミステリを映画化したものであり、彼の作品の中でも、特に評価の高い作品の一つである。

 ただ、以前何かの本で読んだのだが、晩年のワイルダーは、この作品をあまり気に入っていなかったらしい。彼がどのへんに不満を感じていたのかは、推測するしかないのだが、これについて、個人的に思うことは、2段オチの2番目の方は、いらなかったのではないかということだ。1番目のどんでん返しがあまりに見事なので、その後に来る2番目のどんでん返しが、やや蛇足のように感じられるのである。それは、原作を読んだときにも感じたことで、ワイルダーのせいではないのだが、映画化するときに、そこを省くというようなことは、やろうと思えばできたはずである。

 と、最後はややケチをつけるような言い方になったが、それは些細なことで、この作品がミステリ映画の傑作であるという評価は、ゆるがないのであった。

検察側の証人

投稿日

2008/01/14

レビュアー

まゆまゆ

大拍手!!!

投稿日

2006/04/17

レビュアー

サファイア

26〜 30件 / 全114件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

情婦