きみに読む物語

きみに読む物語の画像・ジャケット写真

きみに読む物語 / ライアン・ゴズリング
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

299

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「きみに読む物語」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女のもとへデュークと名乗る初老の男が定期的に通い、ある物語を読み聞かせている。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物語だった――。1940年、ノース・カロライナ州シーブルック。裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来た少女アリーは、そこで地元の青年ノアと出会う。その時、青年のほうは彼女こそ運命の人と直感、一方のアリーもまたノアに強く惹かれていくのだった。こうして2人の恋は次第に熱く燃え上がっていくのだが…。

「きみに読む物語」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: アメリカ
原題: THE NOTEBOOK

「きみに読む物語」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ハムレット

ラブ・アゲイン

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

ディフェンスレス/密会

ユーザーレビュー:299件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

291〜295件 / 全299件

純愛です

投稿日:2006/03/18 レビュアー:ayase46

ほんとうに純愛ですね。こんな恋ができたらいいなぁ、なんて思ってしまいます。
愛ってすごいですね・・・

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

普通に良かった。

投稿日:2006/03/07 レビュアー:ミッチー

泣くほど感動はしなかったけど、まあまあ良かったと思います。
でも若い頃の2人の印象が強すぎて、老後の2人に感情移入ができなかったのが残念でした。
アリー役のレイチェル・マクアダムスを初めてみましたが、可愛い人だなぁと思いました!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっと残念

投稿日:2006/03/01 レビュアー:alice

公開当時から「観たい!!」と思って、ようやく今回観ることができましたが…。

全体的には「あれ??」という印象でした。アリーとノアの恋は純真そのものですが、正直あまりリアルに感じられない。恋することが楽しい!という雰囲気が感じられるので、「若い恋ってパワフルでいいな」と言う感想でした。古き良き時代のアメリカで一直線な恋が弾けてる感じなので、その点では楽しめます。

ただ勢いに乗った恋愛が生涯続くとなると、無理があるかなあ、と。設定だけでは感動できそうなのですが、恋愛そのものがあまり一途なものではなかった点で、「それはないだろう…」と考えながらラストを観ました。

あまり過度な期待をせずに純粋に「若い恋」を楽しむのに徹する映画だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

わかっていても感動する寓話 ネタバレ

投稿日:2006/02/27 レビュアー:レビュアー名未設定

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

伝統的なロミオとジュリエット的ストーリーに、現代的な認知症を組み合わせるという展開。わかっていても泣かされる話です。
ノアがアリーに読んで聞かせる話は、実はノアが書いたのではなく……というところが、個人的には切なかった。
ジェームズ・ガーナーとジーナ・ローランズの演技がすばらしかったと思う。特に、ジェームズ・ガーナーは「大脱走」や「ロック・フォードの事件メモ」で印象に残っている俳優さんだったので、久しぶりに見れてうれしかった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

なんかいい感じ

投稿日:2006/02/03 レビュアー:フミフミ

本は読んでないが、イントロのシーンで何となく想像がついた。 それでも、画像もきれいで設定も面白い。 個人的にはアメリカの南部でしかも 1950年以前の設定となると、とても青春、恋愛ドラマが似合うように思える。 日本映画だと逆にしっくりこないように思える。 この映画で作者が本当に表現したいのはなんなんだろう。 そんなことを考えながら見るととても深く入りこめる。 秀作である。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

291〜295件 / 全299件

きみに読む物語

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:299件

純愛です

投稿日

2006/03/18

レビュアー

ayase46

ほんとうに純愛ですね。こんな恋ができたらいいなぁ、なんて思ってしまいます。
愛ってすごいですね・・・

普通に良かった。

投稿日

2006/03/07

レビュアー

ミッチー

泣くほど感動はしなかったけど、まあまあ良かったと思います。
でも若い頃の2人の印象が強すぎて、老後の2人に感情移入ができなかったのが残念でした。
アリー役のレイチェル・マクアダムスを初めてみましたが、可愛い人だなぁと思いました!

ちょっと残念

投稿日

2006/03/01

レビュアー

alice

公開当時から「観たい!!」と思って、ようやく今回観ることができましたが…。

全体的には「あれ??」という印象でした。アリーとノアの恋は純真そのものですが、正直あまりリアルに感じられない。恋することが楽しい!という雰囲気が感じられるので、「若い恋ってパワフルでいいな」と言う感想でした。古き良き時代のアメリカで一直線な恋が弾けてる感じなので、その点では楽しめます。

ただ勢いに乗った恋愛が生涯続くとなると、無理があるかなあ、と。設定だけでは感動できそうなのですが、恋愛そのものがあまり一途なものではなかった点で、「それはないだろう…」と考えながらラストを観ました。

あまり過度な期待をせずに純粋に「若い恋」を楽しむのに徹する映画だと思います。

わかっていても感動する寓話

投稿日

2006/02/27

レビュアー

レビュアー名未設定

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

伝統的なロミオとジュリエット的ストーリーに、現代的な認知症を組み合わせるという展開。わかっていても泣かされる話です。
ノアがアリーに読んで聞かせる話は、実はノアが書いたのではなく……というところが、個人的には切なかった。
ジェームズ・ガーナーとジーナ・ローランズの演技がすばらしかったと思う。特に、ジェームズ・ガーナーは「大脱走」や「ロック・フォードの事件メモ」で印象に残っている俳優さんだったので、久しぶりに見れてうれしかった。

なんかいい感じ

投稿日

2006/02/03

レビュアー

フミフミ

本は読んでないが、イントロのシーンで何となく想像がついた。 それでも、画像もきれいで設定も面白い。 個人的にはアメリカの南部でしかも 1950年以前の設定となると、とても青春、恋愛ドラマが似合うように思える。 日本映画だと逆にしっくりこないように思える。 この映画で作者が本当に表現したいのはなんなんだろう。 そんなことを考えながら見るととても深く入りこめる。 秀作である。

291〜295件 / 全299件