きみに読む物語

きみに読む物語の画像・ジャケット写真

きみに読む物語 / ライアン・ゴズリング
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

299

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「きみに読む物語」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女のもとへデュークと名乗る初老の男が定期的に通い、ある物語を読み聞かせている。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物語だった――。1940年、ノース・カロライナ州シーブルック。裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来た少女アリーは、そこで地元の青年ノアと出会う。その時、青年のほうは彼女こそ運命の人と直感、一方のアリーもまたノアに強く惹かれていくのだった。こうして2人の恋は次第に熱く燃え上がっていくのだが…。

「きみに読む物語」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: アメリカ
原題: THE NOTEBOOK

「きみに読む物語」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

大脱走

ミーン・ガールズ

2ガンズ

私の中のあなた

ユーザーレビュー:299件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

271〜275件 / 全299件

不思議な・・・

投稿日:2007/02/05 レビュアー:TOMTOM

途中で何となく結末が見えてしまう・・・
それなのに、じわ〜っとくる不思議な物語でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

いかに死を迎えるか

投稿日:2007/01/15 レビュアー:chisaizumi

一生をかけて一人の人を愛するストーリー
この2人はとっても幸せだと思います
私がこの作品を観ながら考えていたのは
「周りから若いときは立派でもこうなると哀れね」なんて思われて死にたくないなぁということ
実際この作品の中でもアリーは認知症だからと子供達に切り離そうとされてるし・・・
亡くなる直前にお互いを確認しあい、同時に亡くなるなんて幸せだなあ

若い2人の恋愛エピソードは結構な時間を取っているけど、とりわけ珍しいものではないので、老いた2人に注目して観るべきだと思います

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

恋愛映画だと思ってください。 ネタバレ

投稿日:2007/01/01 レビュアー:maki姫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「想い出が君からこぼれていく…だから君が思い出すまで読む」というフレーズが素敵で、観ようと思いました。

今も愛する認知症の妻へ、二人の愛の物語を聞かせる、という内容はすごく良かったんだけど、
映画の殆どが二人の愛の物語の再現フィルム。
つまり、二人の恋愛映画でしかない。

しかも、彼女が思い出す瞬間は唐突で、しかも忘れる時も唐突。
泣けるシーンのはずがちょっと噴出しちゃいました。。
しかも同時に亡くなっていく二人。
愛の深さを表現したかったのだろうけど、そこまでの愛の深さを語るには物語に深みがなかった。

どうも不完全燃焼な映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ないた

投稿日:2006/12/23 レビュアー:poko

見て後悔はしません。良いです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ラストに嗚咽

投稿日:2006/10/13 レビュアー:らくてんち

始まってすぐにストーリーが
読めてきてしまったのですが、
ラストにはどうにもせつなくて嗚咽でした。
これって予定調和なのかな。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

271〜275件 / 全299件

きみに読む物語

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:299件

不思議な・・・

投稿日

2007/02/05

レビュアー

TOMTOM

途中で何となく結末が見えてしまう・・・
それなのに、じわ〜っとくる不思議な物語でした。

いかに死を迎えるか

投稿日

2007/01/15

レビュアー

chisaizumi

一生をかけて一人の人を愛するストーリー
この2人はとっても幸せだと思います
私がこの作品を観ながら考えていたのは
「周りから若いときは立派でもこうなると哀れね」なんて思われて死にたくないなぁということ
実際この作品の中でもアリーは認知症だからと子供達に切り離そうとされてるし・・・
亡くなる直前にお互いを確認しあい、同時に亡くなるなんて幸せだなあ

若い2人の恋愛エピソードは結構な時間を取っているけど、とりわけ珍しいものではないので、老いた2人に注目して観るべきだと思います

恋愛映画だと思ってください。

投稿日

2007/01/01

レビュアー

maki姫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「想い出が君からこぼれていく…だから君が思い出すまで読む」というフレーズが素敵で、観ようと思いました。

今も愛する認知症の妻へ、二人の愛の物語を聞かせる、という内容はすごく良かったんだけど、
映画の殆どが二人の愛の物語の再現フィルム。
つまり、二人の恋愛映画でしかない。

しかも、彼女が思い出す瞬間は唐突で、しかも忘れる時も唐突。
泣けるシーンのはずがちょっと噴出しちゃいました。。
しかも同時に亡くなっていく二人。
愛の深さを表現したかったのだろうけど、そこまでの愛の深さを語るには物語に深みがなかった。

どうも不完全燃焼な映画でした。

ないた

投稿日

2006/12/23

レビュアー

poko

見て後悔はしません。良いです。

ラストに嗚咽

投稿日

2006/10/13

レビュアー

らくてんち

始まってすぐにストーリーが
読めてきてしまったのですが、
ラストにはどうにもせつなくて嗚咽でした。
これって予定調和なのかな。

271〜275件 / 全299件