博士の愛した数式

博士の愛した数式の画像・ジャケット写真
博士の愛した数式 / 寺尾聰
全体の平均評価点:
(5点満点)

273

  • DVD
ジャンル:

「博士の愛した数式」 の解説・あらすじ・ストーリー

 第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを寺尾聰、深津絵里主演で映画化。監督は「雨あがる」の小泉堯史。80分しか記憶が続かない初老の天才数学者と一組の母子の心温まる交流を優しい眼差しで描く。家政婦をするシングルマザーの杏子は、80分しか記憶が持たない天才数学博士のもとに派遣される。そんな博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。一方で、博士の語る数式の神秘的な美しさに魅了されていく杏子。やがて杏子の10歳の息子も博士の家に来るようになると、博士は彼を√(ルート)と呼び、かわいがるようになる。

「博士の愛した数式」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「博士の愛した数式」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

博士の愛した数式の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル//日本語
2:ドルビーデジタル//日(視覚障害者用)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ACBR10377 2006年07月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
82枚 3人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:273件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

261〜265件 / 全273件

数学の魅力。

投稿日:2006/09/01 レビュアー:Nakadai

私は数学どころか算数の頃から数が苦手で
数学の先生なんて天敵でさえありました。

この作品で初めて素数の持つ哲学的魅力や
果てしない満天の星空のような数の魅力をしった私。
√のような子供の頃に教授の様な先生と出会いたかったな。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ルート

投稿日:2006/08/30 レビュアー:あっちゃん

文庫本を読んでからみました。ほんわかしていて暖かい気持ちになれました。キャストもいい感じでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心、ゆたかな人に!

投稿日:2006/08/27 レビュアー:リュウ&トーイ&カイ

同じ話を何度されると怒れますか?あなたはどれぐらい他人のことを心配できますか?博士は自分のことも満足にできないのに、子供が一人で留守番していることなどには本当に早い対応が取れる心優しい人、そして、その心優しい博士と親密になれたのは、この親子が何度同じ話をされても平気で聞いていられた心ゆたかな親子だったからでしょう。明日からの目標「心ゆたかな人になる」以上

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やさしい映画だなぁ。

投稿日:2006/08/27 レビュアー:ラストシアター

80分しか記憶が続かない数学博士と家政婦とその子供のお話。

孤独だけど数学を通じて愛を語るやさしい博士に、愛を忘れていたそして愛に飢えていた家政婦の杏子は、博士のやさしさ思いやりに心が満たされていく、そして、自分の子供まで、無償の愛を博士は与える。

たとえ、博士の記憶が、80分で消えてしまっても、「今」を大事にして楽しく生きがいを感じれば、それ以上は望まない博士と杏子と息子のルート。

博士は、過去に何かあったのかとか何も問わないで、杏子とルートを優しく包んでくれる。
初めて、杏子とルートは、2人のこころの居場所を見つけたと思う。

本当に、やさしい気持ちのしてくれるので、見ている間、ずーと目頭が熱くなっていた。

寺尾聡、深津絵里の二人の演技に、安心して観ていられた、そして子供のルートが、とても可愛くて、良かったね。

とてもいい短編小説を読んだ感じだね。


★★★☆  <最高5★>

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

原作とは違った良さ

投稿日:2006/08/27 レビュアー:ありゃま

原作を読んだとき、透明感があって本当に静かなゆったりとした時間が博士の周りに流れて、久しぶり自分がにきれいな気持ちになりました。
実際に映像になるとどうなのかな、と思っていましたが、もし私の感動が汚されてしまうようだったら、そこで止めよう、と思って見ました。
映画でもそれはちゃんと表現されていて、私は十分満足できました。

原作は主人公の視点で書かれているので、イマイチ母屋のお姉さんがいじわるな訳がわかりませんでしたが、浅岡ルリ子さんが演じたお姉さんは、すごく悲しさとか孤独感が漂っていてて、単なるいじわるじゃなかったのね、とよく分かりました。
広いお屋敷も、孤独感がいっぱい伝わってきました。

桜の景色も、素直で賢いルート君も、博士とお姉さんの孤独も、前向きで明るい杏子さんも、みんな良かったです。

記憶障害の映画は最近とても多いですね。
それだけ増えているのかもしれないし、ドラマにしやすいテーマなのかもしれないですね。
もし私がそうなったとき、私も近くで愛すべき誰に見守ってもらいたいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

261〜265件 / 全273件

博士の愛した数式

月額課金で借りる

都度課金で借りる