博士の愛した数式

博士の愛した数式の画像・ジャケット写真
博士の愛した数式 / 寺尾聰
全体の平均評価点:
(5点満点)

273

  • DVD
ジャンル:

「博士の愛した数式」 の解説・あらすじ・ストーリー

 第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを寺尾聰、深津絵里主演で映画化。監督は「雨あがる」の小泉堯史。80分しか記憶が続かない初老の天才数学者と一組の母子の心温まる交流を優しい眼差しで描く。家政婦をするシングルマザーの杏子は、80分しか記憶が持たない天才数学博士のもとに派遣される。そんな博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。一方で、博士の語る数式の神秘的な美しさに魅了されていく杏子。やがて杏子の10歳の息子も博士の家に来るようになると、博士は彼を√(ルート)と呼び、かわいがるようになる。

「博士の愛した数式」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「博士の愛した数式」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

博士の愛した数式の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル//日本語
2:ドルビーデジタル//日(視覚障害者用)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ACBR10377 2006年07月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
82枚 3人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:273件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

256〜260件 / 全273件

暖かいキモチになりました…

投稿日:2006/09/20 レビュアー:Яeina

博士と家政婦、√と呼ばれる息子の3人の生活が描かれていて
終始のんびりした暖かいキモチになりました……★

博士が考える数学の世界にとても興味が湧きましたo
とてもキレイで美しい数学の世界でした☆

でてくる人たちのいろいろな愛を感じさせてくれる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心が洗われました

投稿日:2006/09/18 レビュアー:ネムイ

とても素敵な映画でした。登場人物がどの人も魅力的でしたし、話も面白かったです。まさに心が洗われるといった表現がぴったりの映画です。特に深津絵里さんが演じた杏子さんが好きでした。私もあんな母になれたら、うちの子ももっといい子になるのかしら?なんて思いました。それから、ルート君の数学の授業を受けてみたいです。小難しいと思っていた数学も、好きになれるような気がしました。あんな先生いないかしら?

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

美しく

投稿日:2006/09/18 レビュアー:創奏

とても透明感のある映画だった。これは小泉監督の映画3作ともに通じると思う。
数字には生活にもまれていない変わらない美しさがある。博士が無(0)で生きていくという数式を差し出した時、永遠を感じることができた。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

良かったのですが・・・。

投稿日:2006/09/11 レビュアー:ゆうり

原作は読んでいません。

寺尾さん深津さん吉岡さん(10才のコも)の3人の絡みのストーリーは良かったです。
でも残念なのが、「80分しか記憶がもたない」その境目が曖昧な感じがし、終わり方が「えっ?これで終わり…?」と思っちゃいました。

洋画「50回目のファースト・キス」の方がリアルな感じがしました。回りの人の大変さや、本人が24時間しか記憶がもたないという事実を知る苦悩な毎日やなど。「こんな大変な人が世の中にいるのだ…」とリアルに感じましたが、「博士の愛した数式」ではその辺の苦労さが伝わって来ませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

とてもきれいなものがたり

投稿日:2006/09/01 レビュアー:ゆり

透明感のあるとてもきれいな物語でした。役者もよかったし♪
博士の寺尾さんも、子役の斉藤君も、語り(?)の吉岡秀隆も。
まっすぐで、だけど押し付けがましくなく、人の心根の美しさが描かれてました。もちろんきれいなだけではない個人の事情や感情もあって、美しいだけではないのがちょっと残念。
描き方次第では、そういったところを逆手にとってもう少し透明感を出せたのではないかな?と思うので。
ラストもちょっと不満足。いかにも映画的な作りで終わってしまった気がします。

それでも寺尾さんと吉岡さんの静かな透明感と、浅丘さんのやはり静かな情念とは、鑑賞後数ヶ月を経た今でも忘れられないものです。美しいセットや情景、秀作の原作、練られた脚本、深津さんや脇を固める役者さんたち。魅力はいくつもありますが、やはり最大の屋台骨は寺尾さん演じる博士の無垢で愛情深い人柄でしょうね。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

256〜260件 / 全273件

博士の愛した数式

月額課金で借りる

都度課金で借りる