No.77 RANKING

リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエルの画像・ジャケット写真
リチャード・ジュエル / サム・ロックウェル
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

29

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リチャード・ジュエル」 の解説・あらすじ・ストーリー

巨匠クリント・イーストウッド監督が、1996年のアトランタ五輪で大会期間中に起きた爆弾テロをめぐる実話を映画化したサスペンス・ドラマ。警備員として多くの命を救ったヒーローから一転、容疑者とされた男リチャード・ジュエルの過酷な運命を描く。主演はポール・ウォルター・ハウザー、共演にサム・ロックウェル、キャシー・ベイツ。1996年、アトランタ。高齢の母と2人暮らしの不器用で実直な男リチャード・ジュエル。警備員をしていた彼は、多くの人でにぎわうイベント会場で不審なリュックを発見し、中身の爆発物に気づいたことで大惨事を未然に防いだ。マスコミはこぞって彼を英雄として報道するも、捜査に当たるFBIは次第に第一発見者のリチャードに疑いの目を向け始めるが…。 JAN:4548967439656

「リチャード・ジュエル」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: RICHARD JEWELL

「リチャード・ジュエル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リチャード・ジュエルの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764282 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
387枚 26人 35人

【Blu-ray】リチャード・ジュエル(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764281 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
142枚 77人 87人

関連作品

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全29件

リチャードジュエルは私だ

投稿日:2020/05/28 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

ボヴァリー夫人は私だみたいなもんか 僕も警備業で リチャードと同じく自分の
判断優先で行動しまくるw これは組織にとっては厄介な相手なんだよね ただし
彼と違うのは リチャードは権威に弱い アベ政権とかには都合が良い人物

どうもクリントの実話路線には乗れないのだが 今作も平凡な題材 いわく「母親
と暮らす醜いデブ」の話 酷い言いようw 昔のクリントならこれを目の付け所が
違うアプローチを この物語ならテロルの凶悪さの方をもっと注目したでしょう
丸くお成りになってますよ 映画の語りの都合上 テロルの省略は普通の選択で
しょうが 最後はフリッツラングの様に強烈な法廷が登場と思ってたのですが
無いんだよね だから弁護士も特に何もやってないじゃん となるよねえw
FBIが何げの自滅 この省略はやっぱ駄目ですよクリント 手を抜いてる

映画の形式的興味から言えば 僕は当然そっちなんだけど 四角いスクリーンの
中にいる 異様な球体の主人公ジュエル この球体が矩形の物との格闘 フレーム
から飛び出んとする運動を描いて欲しかった 例えば彼が取調室で罠の四角い
ボードの契約書にサインするかどうか迷うシーンは 球体が矩形と葛藤してる
わけだよね 「旅のおわり世界の始まり」はフレームとの格闘問題を全面的に
展開してるのよね せっかく今までイーストウッド映画の主人公に無いキャラ
なので 期待したんだけどねえ

ラストの方での キャシーベイツの記者会見 この当時にはFBIにも大統領にも
一般大衆には権威があった感じだね 気に入らんけどね さて我がアベには権威が
あるだろうか アトランタはともかく 東京オリンピックは中止だろう 面目丸潰れ
電通は大損 ざまあみろだにゃあ

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

正直者が馬鹿を見る? ⇒ 見ない!

投稿日:2020/05/27 レビュアー:趣味は洋画

リチャード・ジュエル(2019年・アメリカ、カラー、131分)

この映画で観客のこころを最も惹きつける見せ場(ヤマ場)が2度ある。

リチャード・ジュエルが弁護士と共にFBIの尋問を受ける。捜査官の詰問に対し、逆に問い詰めるのだ。‘(私が)犯人という証拠があるのか? 今後、このような冤罪が起これば、警備員が爆弾をみつけても通報せず、その場から逃げるだろう。リチャード・ジュエルの二の舞は避けたいと思うだろうから’
FBI捜査官は返す言葉がなかった。

リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)という人間性が冒頭に上手く描かれる。
アトランタの中小企業局に新人の備品係として入った彼は、足りない物をすぐキャッチして補充する。正義感が強く、生真面目な性格と大きな体格に、どことなく憎めない部分を感じる。
観客はその「人間性」にすっかり魅了され、感情移入されたうえでリチャードを追い続けるだろう。

自分の好物のスニッカーズを補充されたワトソン(サム・ロックウェル)は、リチャードに ‘レーダー’とあだ名をつけるほど、すっかり彼を気に入り、後年、弁護士となってリチャードを助けるのだ。

もうひとつの ‘見せ場’ は、リチャードの母ボビ(キャシー・ベイツ)のスピーチの場面。これは演じたキャシー・ベイツの上手さが光る。演技ではなく、 彼女はこころの底から泣いていたと思う。

自分の息子は爆弾被害を最小限にとどめたことで英雄視され、誇りに思っていた。それが一転、犯人扱いされたことでボビの生活は一変した。母親として、どうしたら息子を助けられるのか。
やるせない気持ちを、彼女は民主党全国大会の日に合わせて、ビル・クリントン大統領に涙ながらに訴える。‘息子は小さい頃から警察官に憧れ、正直に生きてきた。優しいこころを持つ息子がなぜ犯人にされなければならないのか’ ....思わず熱いものがこみ上げてくる。
観客の心境は、このときもリチャードの「人間性」が下地になっている。

リチャードが大学の警備員を務めていた時、学内の飲酒取締りを強行に行ったことで学長からクビを言い渡される。学長はその後、アトランタ五輪会場近くの爆弾騒ぎに関し、リチャードが怪しいとFBIに密告する。なんとも呆れた学長だが、真に受けた捜査官の浅はかさは救いようがない。
そこに「マスコミ」という悪臭だらけのエゴイストの群れが登場する。
(余談だが、正義感面する司会者が次々と出てくるテレビのワイドショーは見ないことにしている)

事件から11年後、リチャード・ジュエルは44歳の若さで亡くなっている。(心臓疾患)
弁護士のワトソンは助手のナディア(演じたのはニーナ・アリアンダ)と結婚し、2児をもうけた。週末にはリチャードの母ボビが、その子たちの面倒をみているというから微笑ましい。
本作にはワトソンとボビの協力があった。

近年のイーストウッド作品には、実話をもとにした名作が多い。
2016年「ハドソン川の奇跡」、2017年「15時17分、パリ行き」、2018年「運び屋」。
彼は大風呂敷を広げない。
作品にことさら尾ひれをつけることなく、日常のさりげない普通の部分にスポットを当てる。
計算しつくされてはいるだろうが、作品に対する観客の賛同や支持はあまり期待していないと思う。
にも拘わらず、映画はヒットする。
あと4日でイーストウッドは90歳となる。
今後も、多くのファンが彼の作品を待ち望んでいる。



このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

冤罪の渦中に巻き込まれた人物の真実を描くネタバレ

投稿日:2020/05/27 レビュアー:hinakksk

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この映画のモチーフになっている、1996年のアトランタ爆破事件について何も知らず、弁護士の活躍で冤罪で逮捕された主人公が無罪になる話とばかり思っていた。実際は、リチャード・ジュエルは逮捕されたわけではなく、容疑者とみなされ執拗に追及され、メディアの暴虐で平穏な日常生活を破壊された人物だ。映画の主眼はその渦中の彼自身を描くことにある。

 映画は周到に事件の10年前から始まる。弁護士ワトソン・ブライアントとの出会いのエピソードであり、すでに早々に主題が提示されている。法執行官を目指すと言う備品係のリチャードに、ワトソンが「クイド・プロ・クオ(見返り条件)」というラテン語を示すと、リチャードは「公平な交換」だと応じ、彼の賢さと性格が表れている。そしてワトソンは、「ゲス野郎にはなるな。権力は人をモンスターにする」とリチャードにアドバイスを贈る。

 1996年、事件の起きる前、リチャードは大学の警備員をしている。過剰なまでに法と秩序を重んじ、職務熱心のあまり、常識的なバランス感覚を欠き、行き過ぎた取り締まりをしてしまい、学長に解雇される。この2つのエピソードで、リチャードの人物像が明確になると同時に、彼が容疑者とされる伏線にもなっている。そして、観る者もまた、彼に偏見を抱くことなく公平に判断できるのかと、問われている。

 爆破事件の起きた公園でのコンサートで、音響担当の警備員をしていたリチャードは、ここでもやり過ぎなほど仕事熱心で、生真面目で規則に忠実。この場合はそれが幸いして、結果的に被害を最小に抑えることができる。彼は一躍ヒーローともてはやされるが、オリンピック期間中で早期解決を強いられていたFBIは、証拠もないのに、他の人とはちょっと違って性格に偏りがあり、爆破犯のプロフィールに合致するというだけの理由で、密かにリチャードを容疑者として捜査するばかりか、有利になるよう、貪欲にスクープを求めるマスコミに卑劣にもリークする。

 悪夢の日々が始まるが、ここでも賢明だったリチャードは、騙されてミランダ警告の書類に安易にサインしたりせず、唯一信頼できる弁護士のワトソンに連絡を取る。刑事専門ではないにしろ、誠実なワトソンが彼の無罪を信じて、横暴で強大な公権力に対し共に闘ってくれたことは彼にとって最大の幸運だったろう。彼ひとりだったら逮捕され有罪とされていたかもしれない。

 最初は狼狽し憤るだけだった母親のバーバラ(ボビ)も、息子を守ろうと行動し、記者会見を開いて、感動的なスピーチをする。(キャシー・ベイツがさすがの名演。こういった展開はいかにもアメリカ的。日本だと出過ぎた行為だと思われて、逆効果になってしまうかもしれない。)リチャード自身もこの事件を通して成長し、FBIとの最後の審問では、受け身ではなく、明確な証拠はあるのか?と決然と問い返す。だからこそ、6年後の彼があるのだろう。

 リチャード・ジュエルは彼を公平に偏見なく描くこの映画によって救われた。公権力ばかりでなく、SNSで容易に自分の考えを発信することのできる現在、リチャードの時代以上に、誰もが加害者にも被害者にもなり得る。責任ある発言と賢い判断がより一層求められている。公権力の横暴にも、心無い中傷にも、苦しむ人がいないようにと、この映画は、功罪半する今の情報時代に、戒めと警鐘を発しているのかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

冤罪の怖さをひしひしと感じる

投稿日:2020/05/24 レビュアー:チキンハート

感想・総評:ここまでやるかと思う程の強引で卑怯な捜査。冤罪が生まれるはずだ

対象年齢:子供〜大人(多少残酷な場面あり。H場面ほとんどなし)

食事中に見られるか:大丈夫

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

《FBIの見込み捜査》と《メディアの暴力》に憤る

投稿日:2020/05/22 レビュアー:カマンベール

2019年。クリント・イーストウッド監督最新作。

期待通りの感動作でした。
はじめから最後まで映画に釘付け・・・筋運びの巧さとテンポの良さで一気にラストへ
運ばれて、感動とカタルシスに包まれました。

それにしてもFBIとメディアの暴力は酷い。
これはしかも実話なのです。

1996年のアトランタ爆破テロ事件。
五輪開催中のアトランタ。
警備員のリチャード・ジュエルはベンチの下に不審なリュックを発見する。
中身はパイプ爆弾だった。
ジュエルは観客の多くを迅速に避難させて、一時は英雄ともてはやされる。
なのに突然、第一発見者をまず疑え・・・これは操作の鉄則ですが、
やや疑わしい人物でもあった気の良い愛国者のジュエルは、
あれよあれよという間に、犯人に仕立てあげられていくのです。

この映画で、ジュエルがただ一人信頼して頼った人物。
それがやさぐれた弁護士のワトソン(サム・ロックウェル)
本当にジュエルはワトソンの知り合いで良かったです。
お間抜けでFBIの狡猾な誘導にすぐに乗っかるジュエルを、
励まして支え助ける・・・法の番人とはこの人の事。
善玉の弁護士のワトソン。
悪玉はFBI捜査官のトム(ジョン・ハム)
分かりやすい構図も観やすい理由です。
それにしてもアトランタ新聞の記者キャシー(オリビア・ワイルド)も、
本当に悪い。
犯人にでっち上げられる手口。
トムの遣り方に震えるほど怒りを覚えました。
(日本だって有罪率99%の国です。冤罪が恐ろしいです)

おバカだなあ〜お間抜けだなぁ〜と思いながらも、純粋で人を助けることだけを
第一に考えているリチャード・ジュエル。
演じたポール・ウォルター・ハウザー・・・得難い俳優さんだと好きになりました。
それにしてもクリント・イーストウッド監督。
権力に物申す姿勢素晴らしい。尊敬します。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全29件

リチャード・ジュエル