楽園の画像・ジャケット写真

楽園 / 綾野剛
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

25

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「楽園」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

「64-ロクヨン-」「友罪」の瀬々敬久監督が吉田修一の短編集『犯罪小説集』を映画化したサスペンス・ドラマ。閉塞した田舎町を舞台に、12年の時を経て同じY字路で起こった2つの事件によって人生を大きく狂わされた3人の男女の過酷な運命を描く。主演は綾野剛、杉咲花、佐藤浩市。田園が広がるとある地方都市。ある日、地域の顔役である藤木五郎の孫娘・愛華がY字路でこつ然と姿を消す事件が起きる。必死の捜索もむなしく、愛華が発見されることはなかった。それから12年後、愛華の親友でY字路で別れる直前まで一緒だった湯川紡は、いまだに罪悪感を拭えずにいた。彼女はひょんなことから地元の青年・中村豪士と知り合い、心を通わせていくが…。 JAN:4907953215900

「楽園」 の作品情報

作品情報

製作年:

2019年

製作国:

日本

「楽園」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

レイクサイドマーダーケース

雨鱒の川 ファースト・ラブ

99.9−刑事専門弁護士−THE MOVIE

八つ墓村

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全25件

飯山市もよくロケ地を引き受けたなあ

投稿日:2020/04/29 レビュアー:マネキ・ネコ

近隣市に住む長野県人としては、いくらなんでも演出が酷すぎと感じました。
田舎者は、陰湿で排他的でなんだっていう表現ばかり。
都会から見ると、田舎は怖いよーって描き方でかなり不愉快。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

文学

投稿日:2020/04/14 レビュアー:シュン

娯楽としては楽しめない。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

投稿日:2020/04/13 レビュアー:綾奈

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

怖いよぉ

投稿日:2020/04/09 レビュアー:すいそ

俳優陣は素晴らしいです。
内容は、精神的に怖い
あるだろうな、こういう事。
だから怖い。
今、見るべきでは無いかな。
引きこもり中には暗くなってしまうね

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

まあ文芸作品なので

投稿日:2020/04/02 レビュアー:オッドジョブ

サスペンスでもミステリーでもないけど、ドラマというよりは文芸作品な映画。「悪人」「怒り」に比べてもあんまり映画向きじゃない原作だったような気がします。

なんというか設定や人物造形が類型的だったりやり過ぎ感があったり、キャスティングもあんまり合ってるような気がしない。

全体の流れはしっかり作ってあるので造り自体の不満は少ないんだけど、クライマックスのスローモーション(withピアノソロ)とかの興ざめする箇所もあり。

ハッキリ駄作ではない分むしろ印象に残らない感じの作品。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全25件

楽園

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

飯山市もよくロケ地を引き受けたなあ

投稿日

2020/04/29

レビュアー

マネキ・ネコ

近隣市に住む長野県人としては、いくらなんでも演出が酷すぎと感じました。
田舎者は、陰湿で排他的でなんだっていう表現ばかり。
都会から見ると、田舎は怖いよーって描き方でかなり不愉快。

文学

投稿日

2020/04/14

レビュアー

シュン

娯楽としては楽しめない。

投稿日

2020/04/13

レビュアー

綾奈

怖いよぉ

投稿日

2020/04/09

レビュアー

すいそ

俳優陣は素晴らしいです。
内容は、精神的に怖い
あるだろうな、こういう事。
だから怖い。
今、見るべきでは無いかな。
引きこもり中には暗くなってしまうね

まあ文芸作品なので

投稿日

2020/04/02

レビュアー

オッドジョブ

サスペンスでもミステリーでもないけど、ドラマというよりは文芸作品な映画。「悪人」「怒り」に比べてもあんまり映画向きじゃない原作だったような気がします。

なんというか設定や人物造形が類型的だったりやり過ぎ感があったり、キャスティングもあんまり合ってるような気がしない。

全体の流れはしっかり作ってあるので造り自体の不満は少ないんだけど、クライマックスのスローモーション(withピアノソロ)とかの興ざめする箇所もあり。

ハッキリ駄作ではない分むしろ印象に残らない感じの作品。

21〜 25件 / 全25件