時をかける少女

時をかける少女の画像・ジャケット写真

時をかける少女
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

274

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「時をかける少女」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

これまでに何度も映像化されてきた筒井康隆の名作ジュブナイルを初のアニメ映画化。あるきっかけで、過去に遡ってやり直せる“タイムリープ”という能力を身につけたヒロインの淡い恋の行方と心の成長を描く。監督は「ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」の細田守。ひょんなことから“タイムリープ”という不思議な能力を身につけた高校2年生の紺野真琴。相談した叔母の芳山和子からは、年頃の女の子にはよくあることだと教えられる。半信半疑の真琴だったが、いつしか使い方を覚えて些細な問題でも簡単にタイムリープで解決するようになるのだったが…。 JAN:4907953210882

「時をかける少女」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年

「時をかける少女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督: 細田守
脚本: 奥寺佐渡子
原作: 筒井康隆
音楽: 吉田潔

関連作品

関連作品

映画 デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!

サマーウォーズ

ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島

プロフェッショナル 仕事の流儀 アニメーション映画監督 細田 守の仕事 希望を灯す、魂の映画

ユーザーレビュー:274件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全274件

草食系男子妄想 ネタバレ

投稿日:2009/09/08 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 評判が良いのは知っていたけれど、原作を愛して原田知世『時かけ』ラストのミュージカルで(よい意味で)ぶっとんだ世代だから、あんまり食指が動かなかった。家人が細田監督の『サマーウォーズ』を観にいって、とても面白い、ついては前作も観たいというので、ご相伴にあずかることになった。先に観た家人の感想は「ふつう」。僕の感想も、「よく出来ているけれど、ふつう」。面白いのだけれど、胸がわくわくすることもなく、ふつうに終了。
 僕的にはとても温度が低い。

 すぐにはその理由が分からないので、家人と話したりしながら、一応画面は躍動しているのに、こちらの胸が躍らないわけを考える。レビューを読むと、真琴のスカートの丈が気になって、そこからロリータ趣味の臭いを感じている人が何人か。これが少しヒントになった。
 僕はこの作品からそういう性的な目線を感じることがなかったのだけれど、そう思う人がいるというのは納得できた(もちろん、そういう目線で作品を観たい人はそう観ることができるだろうし、その余地はたぶん意図的に残されているのだろう)。というのは、あまりにも現実味に乏しいまさに漫画的に理想的な、「ボーイッシュな女の子」が描かれているので、お人形さんぽいのだ。あまりにも一部男子にとって都合の良い、理想的な女の子なので、敏感なひとはここに嫌な臭いをかぎつけても、おかしくないと思うのだ。
 真琴の現代の高校生とはとても思えない、恋愛への鈍感さはどうだろう。男ふたりと毎日キャッチボールをすることを楽しみにしているなんて、三人の関係は小学生レベル。終盤に出てくる恋愛感情も、とても薄くて実感を伴わない。絵にかいたような(アニメだが)ドジっこ、元気っこ(どちらも実に気持ち悪い言葉)、こんな真琴なら、遅刻しそうになってトーストを口に挟んだまま飛び出し、街かどで誰かにぶつかってもおかしくはない。
 最近『トワイライト』について「少女マンガ系女子妄想」だと書いたのだけど、こちらは「草食系男子妄想」。こんな都合のいい子は、2Dの中にしかいやしないのだが、それはそれでかまわない。
 僕にとっての問題は、こういう男子の妄想的な女の子が主人公なので、彼女が何をしようとどこからジャンプしようと、その言動に少しも驚いたりワクワクしたりしないということだ。キャラクターの設定が、物語の跳躍を阻害しているとしか思えない、青春の痛みをリリカルに感じさせることもなく、予定調和に小さくまとまるラスト。この小ささが安心を呼ぶのかなあ?
 芳山君の登場も、物語に積極的な役割を果たさない以上、「ふーん」という程度しか面白みはなかった。もちろん、原作者がほめていたというのもリップサービスの類だろう。
 おじさんや未婚中年男子におおウケだったというのも分かるけど、55点。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

年甲斐もなく感情移入。

投稿日:2009/09/02 レビュアー:みみあて

年甲斐もなく完璧に感情移入しちゃいます。

先日のTV放送で3度目の鑑賞でしたが、毎年夏になると必ず観たくなるんですよね。
特に夏の終わりに観ると切なさ倍増です。
夏ってほんとに短い。
あの頃もほんとに短い。
その瞬く間に通り過ぎていく夏とあの頃が絶妙にリンクしてグイグイ惹きこまれてしまいます。

なんてったって、マコトの性格が好き。ものすごくいい子なんだよね。
マコトの全力疾走にハァハァして、タイムリープの暗闇にドキドキして、聞き覚えのあるセリフで目を覚ます。
そしてあの歌に胸が熱くなっちゃうんだな。
夏の匂いでいっぱいの本作、これからも毎年夏の終わりに観たくなること間違いなしです。

先日、すっかり秋空のうろこ雲があまりにも気持ちが良くて思わずシャッターを切りました。
8月の終わりでした。
もう夏も終わりかぁ・・・。
人肌恋しい季節はもう目の前ですなぁ・・・。
(秋冬のお洋服も恋しいなぁ・・・。)


このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

 

投稿日:2007/07/22 レビュアー:ぴぐぽぐ

昔の原田知世ちゃんのを見てた気がしてたのに、実は全く「時をかける少女」というものを知らなかった自分に気がつきました。
娘と一緒に見るともなく見てましたが、最後まで引き込まれて楽しみました。
絵もお話しもとてもよかったです。
大人も子供も楽しめるいいアニメでしたね。


たたんたさん、ありがとうございます。嬉しいレビューでした。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

85pts/100pts ネタバレ

投稿日:2007/06/30 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

タイムマシンものは、
どうしても、タイムパラドックスの問題を、本来は、
避けて通れないと思う。

しかし、
この作品は、
それを避けなければ、こういった、
すがすがしい雰囲気を作ることは難しい。

本来、これを避けた時点で、大きな減点要因となるはずだが、
これを、脚本の力によって、
小さな減点にすることに成功している作品だと思う。

ラベンダーの香りを出さないことは、
ちょっと違和感があるけど、
でも、それを、お笑い形式に持っていくことによって、
説明したことにしてるのは、
現代っぽくて、
こういうやり方もありだなと、
妙に納得してしまった。

魔女おばさんの声を原田知世にしなかったのは、
ネタばれしにくくするためだったのかなぁ。。。
ちょっと残念。

どちらにしても、
みずみずしい、いい映画だと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

軽やかにジャンプしたくなる青春映画。

投稿日:2007/03/26 レビュアー:AKIRA

小ネタの伏線が,しっかり張られ,
時間が経つにつれ,面白さの加速度アップ。

美しい画面,映像は,観ているだけで気持ち良い。

漫画的な動きのアクションも楽しい。

そして,とにかく元気ハツラツな主人公の真琴が好印象!

感情の描写が細やかで,
息遣いから喜怒哀楽が伝わり,
悲しい時の堪え切れない涙にもらい泣き。。

彼女の心の成長を,追体験させてくれる爽やかなアニメ。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全274件

時をかける少女

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:274件

草食系男子妄想

投稿日

2009/09/08

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 評判が良いのは知っていたけれど、原作を愛して原田知世『時かけ』ラストのミュージカルで(よい意味で)ぶっとんだ世代だから、あんまり食指が動かなかった。家人が細田監督の『サマーウォーズ』を観にいって、とても面白い、ついては前作も観たいというので、ご相伴にあずかることになった。先に観た家人の感想は「ふつう」。僕の感想も、「よく出来ているけれど、ふつう」。面白いのだけれど、胸がわくわくすることもなく、ふつうに終了。
 僕的にはとても温度が低い。

 すぐにはその理由が分からないので、家人と話したりしながら、一応画面は躍動しているのに、こちらの胸が躍らないわけを考える。レビューを読むと、真琴のスカートの丈が気になって、そこからロリータ趣味の臭いを感じている人が何人か。これが少しヒントになった。
 僕はこの作品からそういう性的な目線を感じることがなかったのだけれど、そう思う人がいるというのは納得できた(もちろん、そういう目線で作品を観たい人はそう観ることができるだろうし、その余地はたぶん意図的に残されているのだろう)。というのは、あまりにも現実味に乏しいまさに漫画的に理想的な、「ボーイッシュな女の子」が描かれているので、お人形さんぽいのだ。あまりにも一部男子にとって都合の良い、理想的な女の子なので、敏感なひとはここに嫌な臭いをかぎつけても、おかしくないと思うのだ。
 真琴の現代の高校生とはとても思えない、恋愛への鈍感さはどうだろう。男ふたりと毎日キャッチボールをすることを楽しみにしているなんて、三人の関係は小学生レベル。終盤に出てくる恋愛感情も、とても薄くて実感を伴わない。絵にかいたような(アニメだが)ドジっこ、元気っこ(どちらも実に気持ち悪い言葉)、こんな真琴なら、遅刻しそうになってトーストを口に挟んだまま飛び出し、街かどで誰かにぶつかってもおかしくはない。
 最近『トワイライト』について「少女マンガ系女子妄想」だと書いたのだけど、こちらは「草食系男子妄想」。こんな都合のいい子は、2Dの中にしかいやしないのだが、それはそれでかまわない。
 僕にとっての問題は、こういう男子の妄想的な女の子が主人公なので、彼女が何をしようとどこからジャンプしようと、その言動に少しも驚いたりワクワクしたりしないということだ。キャラクターの設定が、物語の跳躍を阻害しているとしか思えない、青春の痛みをリリカルに感じさせることもなく、予定調和に小さくまとまるラスト。この小ささが安心を呼ぶのかなあ?
 芳山君の登場も、物語に積極的な役割を果たさない以上、「ふーん」という程度しか面白みはなかった。もちろん、原作者がほめていたというのもリップサービスの類だろう。
 おじさんや未婚中年男子におおウケだったというのも分かるけど、55点。

年甲斐もなく感情移入。

投稿日

2009/09/02

レビュアー

みみあて

年甲斐もなく完璧に感情移入しちゃいます。

先日のTV放送で3度目の鑑賞でしたが、毎年夏になると必ず観たくなるんですよね。
特に夏の終わりに観ると切なさ倍増です。
夏ってほんとに短い。
あの頃もほんとに短い。
その瞬く間に通り過ぎていく夏とあの頃が絶妙にリンクしてグイグイ惹きこまれてしまいます。

なんてったって、マコトの性格が好き。ものすごくいい子なんだよね。
マコトの全力疾走にハァハァして、タイムリープの暗闇にドキドキして、聞き覚えのあるセリフで目を覚ます。
そしてあの歌に胸が熱くなっちゃうんだな。
夏の匂いでいっぱいの本作、これからも毎年夏の終わりに観たくなること間違いなしです。

先日、すっかり秋空のうろこ雲があまりにも気持ちが良くて思わずシャッターを切りました。
8月の終わりでした。
もう夏も終わりかぁ・・・。
人肌恋しい季節はもう目の前ですなぁ・・・。
(秋冬のお洋服も恋しいなぁ・・・。)


 

投稿日

2007/07/22

レビュアー

ぴぐぽぐ

昔の原田知世ちゃんのを見てた気がしてたのに、実は全く「時をかける少女」というものを知らなかった自分に気がつきました。
娘と一緒に見るともなく見てましたが、最後まで引き込まれて楽しみました。
絵もお話しもとてもよかったです。
大人も子供も楽しめるいいアニメでしたね。


たたんたさん、ありがとうございます。嬉しいレビューでした。

85pts/100pts

投稿日

2007/06/30

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

タイムマシンものは、
どうしても、タイムパラドックスの問題を、本来は、
避けて通れないと思う。

しかし、
この作品は、
それを避けなければ、こういった、
すがすがしい雰囲気を作ることは難しい。

本来、これを避けた時点で、大きな減点要因となるはずだが、
これを、脚本の力によって、
小さな減点にすることに成功している作品だと思う。

ラベンダーの香りを出さないことは、
ちょっと違和感があるけど、
でも、それを、お笑い形式に持っていくことによって、
説明したことにしてるのは、
現代っぽくて、
こういうやり方もありだなと、
妙に納得してしまった。

魔女おばさんの声を原田知世にしなかったのは、
ネタばれしにくくするためだったのかなぁ。。。
ちょっと残念。

どちらにしても、
みずみずしい、いい映画だと思いました。

軽やかにジャンプしたくなる青春映画。

投稿日

2007/03/26

レビュアー

AKIRA

小ネタの伏線が,しっかり張られ,
時間が経つにつれ,面白さの加速度アップ。

美しい画面,映像は,観ているだけで気持ち良い。

漫画的な動きのアクションも楽しい。

そして,とにかく元気ハツラツな主人公の真琴が好印象!

感情の描写が細やかで,
息遣いから喜怒哀楽が伝わり,
悲しい時の堪え切れない涙にもらい泣き。。

彼女の心の成長を,追体験させてくれる爽やかなアニメ。

21〜 25件 / 全274件