ドント・ブリーズ

ドント・ブリーズの画像・ジャケット写真

ドント・ブリーズ / ジェーン・レヴィ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

39

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「ドント・ブリーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

リメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督が再びサム・ライミ製作の下で撮り上げた戦慄のサスペンス・スリラー。盲目の老人の家に盗みに入った若者3人が、相手の思わぬ反撃に遭い、想像を絶する恐怖に見舞われるさまを緊張感あふれる筆致で描き出す。主演はジェーン・レヴィ、共演にスティーヴン・ラング。荒廃した街デトロイトで、少女ロッキーと恋人のマニー、友人のアレックスの3人は重罪にならない程度の空き巣を繰り返していた。自堕落な親を見限り、幼い妹を連れてここを出て行こうと考えていたロッキーにはまとまった金が必要だったが、そこへマニーがある強盗話を持ちかけてきた。ターゲットは孤独な盲目の老人で、娘を事故で失った彼は、賠償で得た大金を自宅の地下室に隠し持っているらしいというのだった…。 JAN:4547462110749

「ドント・ブリーズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: DON’T BREATHE

「ドント・ブリーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

パブリック・エネミーズ

ワイルド・マックス

ギルティ 罪深き罪

ブライド・ウエポン

ユーザーレビュー:39件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全39件

飽きはしなかったけど ネタバレ

投稿日:2017/04/18 レビュアー:CLIMBER

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

全米で大ヒット!ということなので、どんなもんかと鑑賞。

うん、確かに飽きさせない。88分というコンパクトさも良し。
けれど、お話にのめり込むまではいかなかったなぁ......

そもそも主人公がコソ泥で感情移入できず。

(この罪悪感希薄な若造どもを懲らしめてやっててくれよ退役軍人じいさん!)
 
序盤はそんな気持ちで見てた。ところが、この被害者であるはずのじいさんが不気味に強すぎる。おまけに、とんでもない鬼畜野郎だということが中盤で判明!

 あぁ、どっちも応援できない(≧◇≦).......

(ちなみに、ワンちゃんはなんにも悪くないですよ。自身の番犬という職務に忠実なだけですからねー)

昔、「暗くなるまで待って」というサスペンス映画の佳作がありました。
オードリー・へプバーン演じる盲目の主婦が、彼女を始末しようと自宅に侵入してきた殺人鬼を撃退する、っていうお話。盲目というハンデを、暗闇という舞台を用意することで、逆に武器にして戦う。

この映画のアイディアは、多分「暗くなるまで待って」から思いついたんじゃないかな。違ってたらゴメン。

続編も作られるそうだけど、それまでは観たくはないかな。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

露わになった老人の異常性に、同情心が薄れてしまう…

投稿日:2017/04/18 レビュアー:コタロウ(!)

空き巣常習犯のヒロイン・ロッキーと仲間たち。
大金を隠し持っている盲目の老人の家に楽勝とばかりに侵入するが、
老人は凄腕の退役軍人、しかも異常者だった!

人っ子一人いない荒廃した通りに上からズームしていくオープニングが怖かったです。
サスペンスの予感。

自宅に侵入した若者3人を相手に、目の見えない退役軍人が牙を剥きます。
「暗くなるまで待って」退役軍人バージョン…ではなかった。
人の気配に敏感な面はありましたが、老人はわりとマッスルな感じで襲ってくる!
ほぼ老人の家の中だけという空間で、息詰まる場面の連続。

あきらかになった老人の異常性に、最初に感じていた同情心が薄れてしまいました。
これはエロ目的じゃないんですーとか言ってたけど、十二分に変態過ぎていた…

ロッキーたちの住むミシガン州の荒廃っぷりが酷い。
ラストベルト丸出しです。
先の見えない暮らしから抜け出したいロッキーたちの気持ちはわからんではないが、
そこから抜け出す方法として、なぜ「盲人から大金を盗む」をチョイスするのかね…
その大金って一人娘が事故死した時の賠償金ですよ。クズじゃん。
最初のうちは「爺さん、がんばれ!!!」な気持ちで見ていました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ホラーではなくスリラー

投稿日:2017/04/16 レビュアー:強すぎワロタ

元々はホラーの、それも生理的嫌悪に訴えかけてくる系の作品を作っていた監督のはずだが、ホラーというよりはスリラーで、内容もえげつないものはなかった。
ハリウッドで作るような巨額の予算を投じている作品ではなく、メインの登場人物は数名、全体的にもお金はほとんどかかっていないように見える。その中でストーリーの展開がよく考えられており、監督の腕がよいと感じさせる作品となっている。
ひたすらお金にものを言わせた作品が多い中、こうした作品も見てみたい、という人にオススメできる。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

女性鑑賞注意!!息をさせてくれ!!!

投稿日:2017/04/16 レビュアー:ひゅう助

期待通りのハラハラドキドキたっぷりのスリラー。

文句なく楽しめるけど、盲目の退役老人の「ある秘密」が相当気持ち悪く、後味悪すぎ。

女性が見るのは絶対おすすめしない。

☆5つ!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

あそこまではすごく怖かったんだけど ネタバレ

投稿日:2017/04/11 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アメリカで大ヒットしていたので楽しみにしてました。

3人(男2人、女1人)の若者が、盲目の老人宅に強盗に入る話。
導入部のドラマ部分は安っぽいけど、3人の関係や人物像がわかりやすく描かれている。
強盗に入ってからのシーンはかなりスリリングだし、老人が一切しゃべらないので不気味。

でも老人がペラペラしゃべるようになると怖くなくなる。
そして、ヒロインにも強盗しなければならない家庭の事情があったが、この老人にも事情があった!
それがわかった時点で、私はドン引き〜!「注入」しようとするあのシーンは怖いというよりもキモ過ぎた…

ヒロインの家庭はひどかったけど、どんな事情があっても強盗は許されないし同情もできない。
それに男友達の気持ちを利用しているあざとさも感じて、好きになれなかったなあ…

だけど終盤も犬との格闘もド迫力だったし、全体的には楽しめたと思う。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全39件

ドント・ブリーズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:39件

飽きはしなかったけど

投稿日

2017/04/18

レビュアー

CLIMBER

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

全米で大ヒット!ということなので、どんなもんかと鑑賞。

うん、確かに飽きさせない。88分というコンパクトさも良し。
けれど、お話にのめり込むまではいかなかったなぁ......

そもそも主人公がコソ泥で感情移入できず。

(この罪悪感希薄な若造どもを懲らしめてやっててくれよ退役軍人じいさん!)
 
序盤はそんな気持ちで見てた。ところが、この被害者であるはずのじいさんが不気味に強すぎる。おまけに、とんでもない鬼畜野郎だということが中盤で判明!

 あぁ、どっちも応援できない(≧◇≦).......

(ちなみに、ワンちゃんはなんにも悪くないですよ。自身の番犬という職務に忠実なだけですからねー)

昔、「暗くなるまで待って」というサスペンス映画の佳作がありました。
オードリー・へプバーン演じる盲目の主婦が、彼女を始末しようと自宅に侵入してきた殺人鬼を撃退する、っていうお話。盲目というハンデを、暗闇という舞台を用意することで、逆に武器にして戦う。

この映画のアイディアは、多分「暗くなるまで待って」から思いついたんじゃないかな。違ってたらゴメン。

続編も作られるそうだけど、それまでは観たくはないかな。

露わになった老人の異常性に、同情心が薄れてしまう…

投稿日

2017/04/18

レビュアー

コタロウ(!)

空き巣常習犯のヒロイン・ロッキーと仲間たち。
大金を隠し持っている盲目の老人の家に楽勝とばかりに侵入するが、
老人は凄腕の退役軍人、しかも異常者だった!

人っ子一人いない荒廃した通りに上からズームしていくオープニングが怖かったです。
サスペンスの予感。

自宅に侵入した若者3人を相手に、目の見えない退役軍人が牙を剥きます。
「暗くなるまで待って」退役軍人バージョン…ではなかった。
人の気配に敏感な面はありましたが、老人はわりとマッスルな感じで襲ってくる!
ほぼ老人の家の中だけという空間で、息詰まる場面の連続。

あきらかになった老人の異常性に、最初に感じていた同情心が薄れてしまいました。
これはエロ目的じゃないんですーとか言ってたけど、十二分に変態過ぎていた…

ロッキーたちの住むミシガン州の荒廃っぷりが酷い。
ラストベルト丸出しです。
先の見えない暮らしから抜け出したいロッキーたちの気持ちはわからんではないが、
そこから抜け出す方法として、なぜ「盲人から大金を盗む」をチョイスするのかね…
その大金って一人娘が事故死した時の賠償金ですよ。クズじゃん。
最初のうちは「爺さん、がんばれ!!!」な気持ちで見ていました。

ホラーではなくスリラー

投稿日

2017/04/16

レビュアー

強すぎワロタ

元々はホラーの、それも生理的嫌悪に訴えかけてくる系の作品を作っていた監督のはずだが、ホラーというよりはスリラーで、内容もえげつないものはなかった。
ハリウッドで作るような巨額の予算を投じている作品ではなく、メインの登場人物は数名、全体的にもお金はほとんどかかっていないように見える。その中でストーリーの展開がよく考えられており、監督の腕がよいと感じさせる作品となっている。
ひたすらお金にものを言わせた作品が多い中、こうした作品も見てみたい、という人にオススメできる。

女性鑑賞注意!!息をさせてくれ!!!

投稿日

2017/04/16

レビュアー

ひゅう助

期待通りのハラハラドキドキたっぷりのスリラー。

文句なく楽しめるけど、盲目の退役老人の「ある秘密」が相当気持ち悪く、後味悪すぎ。

女性が見るのは絶対おすすめしない。

☆5つ!

あそこまではすごく怖かったんだけど

投稿日

2017/04/11

レビュアー

みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アメリカで大ヒットしていたので楽しみにしてました。

3人(男2人、女1人)の若者が、盲目の老人宅に強盗に入る話。
導入部のドラマ部分は安っぽいけど、3人の関係や人物像がわかりやすく描かれている。
強盗に入ってからのシーンはかなりスリリングだし、老人が一切しゃべらないので不気味。

でも老人がペラペラしゃべるようになると怖くなくなる。
そして、ヒロインにも強盗しなければならない家庭の事情があったが、この老人にも事情があった!
それがわかった時点で、私はドン引き〜!「注入」しようとするあのシーンは怖いというよりもキモ過ぎた…

ヒロインの家庭はひどかったけど、どんな事情があっても強盗は許されないし同情もできない。
それに男友達の気持ちを利用しているあざとさも感じて、好きになれなかったなあ…

だけど終盤も犬との格闘もド迫力だったし、全体的には楽しめたと思う。

21〜 25件 / 全39件

同シリーズ作品を借りる