超高速!参勤交代 リターンズ

超高速!参勤交代 リターンズの画像・ジャケット写真

超高速!参勤交代 リターンズ / 佐々木蔵之介
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

33

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「超高速!参勤交代 リターンズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

幕府からの無理難題に意地と知恵で立ち向かった貧乏小藩の奮闘をユーモラスに描いた佐々木蔵之介主演の大ヒット時代劇の続編。前回、辛うじて江戸への参勤を達成した湯長谷藩一行を待ち受けるさらなる過酷な試練を描く。監督は引き続き本木克英。磐城国の湯長谷藩。藩の金山を狙う幕府老中・松平信祝の陰謀にもめげず、無事に“参勤”を果たした藩主・内藤政醇と家臣たち。ほっとしたのも束の間、今度は江戸から国元に帰る“交代”が始まる。とこが帰路についた政醇一行に、湯長谷で一揆が発生したとの知らせが入る。大至急事態収拾に当たるため、彼らは往路の倍の速さで帰るハメに。ところが、命からがら辿り着いた時には、城は乗っ取られた後だった。全ての黒幕は、湯長谷藩への復讐に燃える信祝だったのだが…。 JAN:4988105972247

「超高速!参勤交代 リターンズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「超高速!参勤交代 リターンズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

電車男

首領(ドン)への道 11

侠飯〜おとこめし〜

刑事貴族3

ユーザーレビュー:33件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全33件

超高速!参勤交代リターンズとはいうものの・・・ ネタバレ

投稿日:2017/04/23 レビュアー:takasi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「超高速!参勤交代リターンズ」と言って第二弾ですが、内容は参勤交代の帰り道 「交代」に出た湯長谷藩一行が、宿敵である老中・松平信祝の画策によってさらなるピンチに陥る姿を描かれています。

最初は、江戸に参勤して1ヶ月。
湯長谷で予期せぬ一揆が発生し、藩はお取り潰しの危機に。
大急ぎで戻る行程を描きます。

前半は、行く手を阻むのは関所や刺客を、知恵を絞った奇策とチームワークで乗り切る姿はコミカルで痛快でした。
今作では、剣の達人同士の一騎打ちや、無謀な戦いに挑む合戦と派手なアクション部分も増え、大ピンチの連続に追いやられる藩士たちの苦労がほっこり笑えます。

後半は、奪われた城と藩を、どうやって奪い返すか?というストーリーなので、前作のような痛快さはありませんが、緩い笑いに義理人情と勧善懲悪で、命すら狙われる中、家来や庶民の事を考える藩主内藤の優しさが際立っていました。
特に藩主内藤が、宿敵である老中・松平信祝にさえ、救いの手を差し伸べている所がかんどうてきでした。

今の日本に必要なリーダーとは、藩主内藤のような人物なのでしょう。
実際、某東芝の再建計画には反吐が出るようなものでしたが、藩主内藤ならばもっとマシな解決策を計画・実行できたと思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

超高速!参勤交代 リターンズとはあるけれど… ネタバレ

投稿日:2017/04/23 レビュアー:takasi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前回に続き第二弾「超高速!参勤交代 リターンズ」と謳っていますが内容は、参勤交代の帰り道 「交代」に出た湯長谷藩一行が、宿敵である老中・松平信祝の画策によってさらなるピンチに陥る姿を描かれています。

前半は、江戸に参勤して1ヶ月。
湯長谷で予期せぬ一揆が発生し、藩はお取り潰しの危機に。大急ぎで戻る行程を描きます。
行く手を阻むのは関所や刺客を、知恵を絞った奇策とチームワークで乗り切る姿はコミカルで痛快です。
今作は、剣の達人同士の一騎打ちや、無謀な戦いに挑む合戦と派手なアクション部分も増え、大ピンチの連続に追いやられる藩士たちの苦労がほっこり笑えます。

後半は、奪われた城と藩を、どうやって奪い返すか?というストーリーなので、前作のような痛快さはありませんが、緩い笑いに義理人情と勧善懲悪で、命すら狙われる中、家来や庶民の事を考える藩主内藤の優しさが際立っていました。
特に宿敵である老中・松平信祝にさえ、決闘中に係わらず藩主内藤が救いの手を差し伸べるところが、感動しました。

今の日本に必要なリーダー像とは、藩主内藤のような人物なのではないでしょうか?
某東芝の再建計画には、反吐が出そうですが、もし藩主内藤ならば別の解決策を提示・実行出来たのではないでしょうか?
藩主内藤には「このリーダーの為なら死ねる!」というものを持ち合わせているからです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

リターンと付いているが・・・・ ネタバレ

投稿日:2017/04/23 レビュアー:takasi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今回で第2弾となる「超高速!参勤交代 リターンズ」ですが、参勤交代の帰り道 「交代」に出た湯長谷藩一行が、宿敵である老中・松平信祝の画策によってさらなるピンチに陥る姿を描かれています。

江戸に参勤して1ヶ月。
前半は、湯長谷で予期せぬ一揆が発生し、藩はお取り潰しの危機に。大急ぎで戻る行程を描きます。
行く手を阻むのは関所や刺客を、知恵を絞った奇策とチームワークで乗り切る姿はコミカルで痛快です。
今作は、剣の達人同士の一騎打ちや、無謀な戦いに挑む合戦と派手なアクション部分も増え、大ピンチの連続に追いやられる藩士たちの苦労が笑えます。
後半は、奪われた城と藩を、どうやって奪い返すか?というストーリーなので、前作のような痛快さはありませんが、緩い笑いに義理人情と勧善懲悪で、命すら狙われる中、家来や庶民の事を考える藩主内藤の優しさが際立っていました。
特に決闘の途中で藩主内藤が、宿敵である老中・松平信祝に対してまで、救いの手を差し伸べる姿は、感動的です。
このリーダーの為なら、「死んでもいい!」と思わせる物が無い事が、今の日本に大きく欠けている所だと思います。
某東芝の再建計画のむごさには、憤慨するものですが、藩主内藤のようなリーダーなら、別の結末もあったと思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

またまた 楽しませてくれました。

投稿日:2017/04/19 レビュアー:mokoさん

前作は参勤交代の大変さをユーモアたっぷり痛快に描いて
笑い転げましたが 今作は そこのところはサラッと済ませ
 老中の陰謀によりお城を乗っ取られてしまい 何とか奪い返すまでを
仲間とのチームワーク 村人への人情を織り込みながら
やっぱり 期待を裏切らず 楽しませてくれました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

2作目としては

投稿日:2017/04/09 レビュアー:KEE

うーん、オモシロイけど前作のようなインパクトはなかったなー。
とりあえず佐々木蔵之介はカッコイイということで。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全33件

超高速!参勤交代 リターンズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:33件

超高速!参勤交代リターンズとはいうものの・・・

投稿日

2017/04/23

レビュアー

takasi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「超高速!参勤交代リターンズ」と言って第二弾ですが、内容は参勤交代の帰り道 「交代」に出た湯長谷藩一行が、宿敵である老中・松平信祝の画策によってさらなるピンチに陥る姿を描かれています。

最初は、江戸に参勤して1ヶ月。
湯長谷で予期せぬ一揆が発生し、藩はお取り潰しの危機に。
大急ぎで戻る行程を描きます。

前半は、行く手を阻むのは関所や刺客を、知恵を絞った奇策とチームワークで乗り切る姿はコミカルで痛快でした。
今作では、剣の達人同士の一騎打ちや、無謀な戦いに挑む合戦と派手なアクション部分も増え、大ピンチの連続に追いやられる藩士たちの苦労がほっこり笑えます。

後半は、奪われた城と藩を、どうやって奪い返すか?というストーリーなので、前作のような痛快さはありませんが、緩い笑いに義理人情と勧善懲悪で、命すら狙われる中、家来や庶民の事を考える藩主内藤の優しさが際立っていました。
特に藩主内藤が、宿敵である老中・松平信祝にさえ、救いの手を差し伸べている所がかんどうてきでした。

今の日本に必要なリーダーとは、藩主内藤のような人物なのでしょう。
実際、某東芝の再建計画には反吐が出るようなものでしたが、藩主内藤ならばもっとマシな解決策を計画・実行できたと思います。

超高速!参勤交代 リターンズとはあるけれど…

投稿日

2017/04/23

レビュアー

takasi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前回に続き第二弾「超高速!参勤交代 リターンズ」と謳っていますが内容は、参勤交代の帰り道 「交代」に出た湯長谷藩一行が、宿敵である老中・松平信祝の画策によってさらなるピンチに陥る姿を描かれています。

前半は、江戸に参勤して1ヶ月。
湯長谷で予期せぬ一揆が発生し、藩はお取り潰しの危機に。大急ぎで戻る行程を描きます。
行く手を阻むのは関所や刺客を、知恵を絞った奇策とチームワークで乗り切る姿はコミカルで痛快です。
今作は、剣の達人同士の一騎打ちや、無謀な戦いに挑む合戦と派手なアクション部分も増え、大ピンチの連続に追いやられる藩士たちの苦労がほっこり笑えます。

後半は、奪われた城と藩を、どうやって奪い返すか?というストーリーなので、前作のような痛快さはありませんが、緩い笑いに義理人情と勧善懲悪で、命すら狙われる中、家来や庶民の事を考える藩主内藤の優しさが際立っていました。
特に宿敵である老中・松平信祝にさえ、決闘中に係わらず藩主内藤が救いの手を差し伸べるところが、感動しました。

今の日本に必要なリーダー像とは、藩主内藤のような人物なのではないでしょうか?
某東芝の再建計画には、反吐が出そうですが、もし藩主内藤ならば別の解決策を提示・実行出来たのではないでしょうか?
藩主内藤には「このリーダーの為なら死ねる!」というものを持ち合わせているからです。

リターンと付いているが・・・・

投稿日

2017/04/23

レビュアー

takasi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今回で第2弾となる「超高速!参勤交代 リターンズ」ですが、参勤交代の帰り道 「交代」に出た湯長谷藩一行が、宿敵である老中・松平信祝の画策によってさらなるピンチに陥る姿を描かれています。

江戸に参勤して1ヶ月。
前半は、湯長谷で予期せぬ一揆が発生し、藩はお取り潰しの危機に。大急ぎで戻る行程を描きます。
行く手を阻むのは関所や刺客を、知恵を絞った奇策とチームワークで乗り切る姿はコミカルで痛快です。
今作は、剣の達人同士の一騎打ちや、無謀な戦いに挑む合戦と派手なアクション部分も増え、大ピンチの連続に追いやられる藩士たちの苦労が笑えます。
後半は、奪われた城と藩を、どうやって奪い返すか?というストーリーなので、前作のような痛快さはありませんが、緩い笑いに義理人情と勧善懲悪で、命すら狙われる中、家来や庶民の事を考える藩主内藤の優しさが際立っていました。
特に決闘の途中で藩主内藤が、宿敵である老中・松平信祝に対してまで、救いの手を差し伸べる姿は、感動的です。
このリーダーの為なら、「死んでもいい!」と思わせる物が無い事が、今の日本に大きく欠けている所だと思います。
某東芝の再建計画のむごさには、憤慨するものですが、藩主内藤のようなリーダーなら、別の結末もあったと思います。

またまた 楽しませてくれました。

投稿日

2017/04/19

レビュアー

mokoさん

前作は参勤交代の大変さをユーモアたっぷり痛快に描いて
笑い転げましたが 今作は そこのところはサラッと済ませ
 老中の陰謀によりお城を乗っ取られてしまい 何とか奪い返すまでを
仲間とのチームワーク 村人への人情を織り込みながら
やっぱり 期待を裏切らず 楽しませてくれました。

2作目としては

投稿日

2017/04/09

レビュアー

KEE

うーん、オモシロイけど前作のようなインパクトはなかったなー。
とりあえず佐々木蔵之介はカッコイイということで。

21〜 25件 / 全33件

同シリーズ作品を借りる