寄生獣 完結編

寄生獣 完結編の画像・ジャケット写真
寄生獣 完結編 / 染谷将太
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

35

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「寄生獣 完結編」 の解説・あらすじ・ストーリー

岩明均の人気コミックを映画化したSFサスペンスの完結編。右手に寄生生物・ミギーを宿した泉新一は、要注意人物として人間からもパラサイトからもマークされていた。そんな中、パラサイト・田宮良子は、新一とミギーの存在に可能性を見出す。

「寄生獣 完結編」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「寄生獣 完結編」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

寄生獣 完結編の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 TDV25404R 2015年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 6人 6人

【Blu-ray】寄生獣 完結編(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 TBR25403R 2015年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 1人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全35件

80年代を懐かしむ

投稿日:2016/03/03 レビュアー:ken_ken

当時、単行本が待ち切れず、百科事典なみのブ厚いマニアックな月刊誌「アフタヌーン」を、通勤電車の中で広げて読んだものです。
漫画の欄外に、びっしり書かれた読者の思い、投稿欄を読むのも楽しみでした。

寄生獣(パラサイト)達が人間の体をのっとり、高い知能はあるんだけど、感情といったものがない。
“喰い殺せ!”という本能のまま、異種生命体である地球人を殺戮し続ける。

「ターミネーター2」はこの頃かな?手足が鋭利な刃物に変わるアイデアはどっちが先?なんてことも思ったかな。
そうだ、当時は、ウィキペディアどころか一般人がパソコンで簡単に調べられる時代ではなかった?

映画は割と漫画に忠実で、決して、パニック、恐怖を前面に押し出したものではなかったし、後で観た、ブリトーを食べるように喰い殺しシーンだらけの「進撃の巨人」風ではないです。

寄生獣の幼虫が人間の体内に入ると、数秒で成長してしまうので、体を支配するためには成長する前に脳に辿りつかないといけない。
これに失敗したのが、普通の高校生、真一の抵抗にあってしまって、右手場所で大人になってしまった、通商ミギー。右手で成長したものは他の人間に移動しても右手にしか行けない。

映画には出てきませんが、脳には達せず、顎に宿ったジョーというとても陽気な、寄生獣もいました。
脳以外で成長した寄生獣は、人間とうまくやっているんだよね。

優れた知能の持ち主、田宮玲子は人間に興味を持ってしまい、自分たち(寄生獣)とは?とは?とは?と、超哲学的に考えてしまい、共存の道を探ろうとする。

両手・両足に宿る仲間を支配する5匹一体型超人・後藤は、スーパーマンみたいな能力に、リーダーとなりうるカリスマもあるのに、なんで人間を喰うことをやめないんだろう?
自分たちの正体をバラしているようなものだろう…本能第一主義?それって、まるで、イスラム過激派みたい。

宿った人間の性格が明らかに寄生獣に反映されている。

ラストをああいう形で閉めたということは、すべては人間次第なんだよ!?と言っているような・・

とにかく、25年前、とっても懐かしく思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ガッカリ

投稿日:2016/02/16 レビュアー:なお

橋本愛って演技下手なんだってのを再確認出来た。
特にエッチシーンは冷めた。
なんだあれ、サイボーグか?ってくらい表情が乏しすぎ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

きれいにまとまっていて良かったです

投稿日:2016/02/14 レビュアー:スヌーピー

ラストまであきることなく楽しめました。最後の終わり方もすごく素敵でした。パラサイトの田宮良子さんが人間の子供を産んだことで変わっていく姿が印象的でした。最後までわが子を守る姿も素敵でした。映像が気持ち悪いところもあったけど、迫力もスピードもあって良かったです。

ミギーとの友情も良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

完結編か

投稿日:2016/02/07 レビュアー:ゆか坊

完結というか、前作で終わっておいた方がよかったですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

世界観を広げられない日本映画の限界か? Hシーンは要らなかった!

投稿日:2015/12/02 レビュアー:テレビマン

いきなり完結編を観る人もいないだろうから、
詳しい解説は割愛。

原作漫画・アニメは未見。
完結編を観る前にTV放送を録画した前篇と続けて観た。
「ストレイヤーズ・クロニクル」とかもそうだけど、
壮大な設定のわりに世界観が広がらない。
わりと近場で展開して行かなければ、
登場人物同士に繋がりが無い。
その上戦闘シーンなんかもスケールが大きくなり過ぎて、
予算上、描き切れないんだろうなぁ。と思う。

本作も「寄生生物たちは政治の世界にも潜入して、
自分たちに都合の良い世の中に変えようとしている。」
的な展開になるのだが、国会ではなく市長だった。
SATの特殊部隊がせん滅作戦を展開するが、
これも市役所制圧ていど。
他の街・市には寄生生物はいないのかな?

ただ、キャスティングの説得力っては、それなりに合って、
深津絵里・浅野忠信・大森南朋・北村一輝・豊原功補・国村隼など、
説明しなさすぎは否めないが、それだけの説得力はある。

ただ、この手の作品に過剰なロマンスは必要だろうか?
追い詰められた主人公に「私がいるよ」と幼馴染と抱き合うのだが…
キスはするかもしれんが、そのまま最後までする?
絶体絶命、最強の敵に命を奪われようとしているのに?
なんだかよく分からない山小屋の中で…
しかも彼女は初体験であるかのように、
痛みを我慢する演出まで…いる?

無駄をもっとそぎ落として、
1本の映画にした方が楽しめたと思うけど…。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全35件

寄生獣 完結編