ダーケストアワー 消滅

ダーケストアワー 消滅の画像・ジャケット写真

ダーケストアワー 消滅 / エミール・ハーシュ

全体の平均評価点:(5点満点)

29

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ダーケストアワー 消滅」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

モスクワを舞台に、姿なきエイリアンの襲来で人類滅亡の危機に直面した5人の若者たちが繰り広げる決死の戦いをエミール・ハーシュの主演で描くSFアクション。監督はこれが長編2作目のクリス・ゴラック。自作のソフトウェアを売り込むべくモスクワにやって来た若き企業家ショーンとベン。2人がナイトクラブで楽しんでいたとき、突然の停電に見舞われる。やがて彼らは、空から降り注ぐ謎の光が、触れた人々を次々と跡形もなく消し去る光景を目撃する。その現象は世界中で同時多発的に発生していた。姿の見えないエイリアンが、地球への侵略を開始したのだ。辛くも逃げ延びたショーンたち5人の若者は、自らの生き残りと人類の存亡を賭けた過酷な戦いに身を投じていく。

「ダーケストアワー 消滅」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: THE DARKEST HOUR

「ダーケストアワー 消滅」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

イントゥ・ザ・ワイルド

アレクサンドリア

ラン・オールナイト

狼たちの報酬

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全29件

★チェック

投稿日:2020/06/03 レビュアー:★チェック

★チェック

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ダーケストアワー 消滅 ネタバレ

投稿日:2014/11/01 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

宇宙からクレジットが始まり、飛行機を真上から映したカットになり飛行機の中でロシアへと向かう主人公たち。ロシアでの仕事が失敗して荒れてクラブにいたら謎のエイリアンに襲撃される。
 ここの襲撃シーンが次々に人間が灰みたいになる映像で、なかなかのショッキングさでした。【宇宙戦争】みたいな映像でした
 
 が、面白かったのは序盤のここまでで。あとは、ロシアの観光名所に誰も人がいないという映像は面白いですが。よくあるエイリアン襲撃もので新鮮味も少なく残念でした。 
 エイリアンの設定とかは見たことないようなものですが、それに対応する主人公たち。この人たちが生意気というかなんというかで、あまりに無茶苦茶な人たちで。
 後半、エイリアンと戦う人たちに救われますが。潜水艦が待っている場所まで行きたいと主張する主人公、それに対して「ここにいた方が安全」と言うゲリラ。主人公は「あんたたちは俺を助けた。だから最後まで助けろ」と無茶苦茶な事を言って、実際、みんなで移動するという。
 お手製の電磁砲で戦いますが、壊れてばかりであまり役に立たなそうですが。それを持って「人類は反撃する」とかってよくわからない決着だし。
 はぐれたヒロインを救うために動く主人公がクライマックスですが、1対のエイリアンをやっつけて終わりってのもイマイチ消化不良でした。

 場面場面は面白いのに、よくあるエイリアン襲撃ものの範疇を超えてないので残念な映画でした。 

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ロシア人の女の子だけ ネタバレ

投稿日:2014/06/13 レビュアー:88888

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

中盤で出てくるロシア人の女の子が可愛かっただけ目の保養となった時間だった。唯一の救い。
序盤はわりと見れたんだが、どんどん粗が目立ち、クライマックスは失笑レベル。宇宙人も正体は妖怪「輪入道」みたいでダサいし。
なんで倒せるのかいまいちハッキリしなかった。主人公が倒せるという確信を持ってカスみたいなのを投げつけるのも不自然だし。
自分はなぜか「この役者たち、出来上がった映画を試写会で観て、どんな反応をするのかなぁ」なんてどうでもいいことを考えながら観ていた。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

分かりやすさは満点!…だけどね。(,, ゚Д゚)

投稿日:2014/03/31 レビュアー:MOMO

『darkest hour』とは、夜明け前の最も暗い時間を指します。
つまりは、もうすぐ夜明けだという前向きな言葉です。

本作品には、電気で出来た姿の見えない敵が登場しますが、
街灯が光ったり、携帯電話が鳴ったりする事で、
見えない敵が近づいていることが分かるというアイデアが面白いです。

街灯が光るのはまだしも、携帯電話が鳴るのはおかしい気もしますが、
馬鹿馬鹿しいまでに分かりやすい表現で笑っちゃいました。(^_^;

美しいモスクワの街が、次々に破壊される映像も圧巻です。
CGに頼り切らず、乗り物などの大きなオブジェをリアルに作ったり、
小物として瓦礫を敷き詰めたり、破壊された町並みを再現した際の苦労が窺い知れます。

ただ、登場人物にはあまり魅力を感じません。
特別、勇気があるというわけでもなく、機転が働くというわけでもない、
単なる一般人の集団に過ぎず、入れ替わりも激しいので、
まるで海外ドラマを見ているような気分になってきます。

ストーリーも色々な作品の様々な場面を繋ぎ合わせたような感じに思えます。
あの映画のあの場面みたいだなー。と思い当たる作品が何十個もある始末で、
○○という映画に似てるといった意見が後を絶たないのではないでしょうか。

次々と舞台が移り変わるので、あまり退屈はしませんが、
ラストも「僕達の戦いはまだこれからだ」的に締めくくられ、満足度は低いです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

恐怖が・・・

投稿日:2014/01/20 レビュアー:rulebook

ゾンビが迫ってくる・・かまれたらおしまいだ!
見えないハンターがやってくる・・つかまったら皮をはがれてつるされる!
恐怖が迫ってくる・・・
痛みを考えると恐怖になるのが触ったら消えちゃうのは・・痛くないからどうだろう
確かにこの世に未練があれば悲しいことかも・・謎が謎のままで今ひとつでした

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全29件

ダーケストアワー 消滅

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:29件

★チェック

投稿日

2020/06/03

レビュアー

★チェック

★チェック

ダーケストアワー 消滅

投稿日

2014/11/01

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

宇宙からクレジットが始まり、飛行機を真上から映したカットになり飛行機の中でロシアへと向かう主人公たち。ロシアでの仕事が失敗して荒れてクラブにいたら謎のエイリアンに襲撃される。
 ここの襲撃シーンが次々に人間が灰みたいになる映像で、なかなかのショッキングさでした。【宇宙戦争】みたいな映像でした
 
 が、面白かったのは序盤のここまでで。あとは、ロシアの観光名所に誰も人がいないという映像は面白いですが。よくあるエイリアン襲撃もので新鮮味も少なく残念でした。 
 エイリアンの設定とかは見たことないようなものですが、それに対応する主人公たち。この人たちが生意気というかなんというかで、あまりに無茶苦茶な人たちで。
 後半、エイリアンと戦う人たちに救われますが。潜水艦が待っている場所まで行きたいと主張する主人公、それに対して「ここにいた方が安全」と言うゲリラ。主人公は「あんたたちは俺を助けた。だから最後まで助けろ」と無茶苦茶な事を言って、実際、みんなで移動するという。
 お手製の電磁砲で戦いますが、壊れてばかりであまり役に立たなそうですが。それを持って「人類は反撃する」とかってよくわからない決着だし。
 はぐれたヒロインを救うために動く主人公がクライマックスですが、1対のエイリアンをやっつけて終わりってのもイマイチ消化不良でした。

 場面場面は面白いのに、よくあるエイリアン襲撃ものの範疇を超えてないので残念な映画でした。 

ロシア人の女の子だけ

投稿日

2014/06/13

レビュアー

88888

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

中盤で出てくるロシア人の女の子が可愛かっただけ目の保養となった時間だった。唯一の救い。
序盤はわりと見れたんだが、どんどん粗が目立ち、クライマックスは失笑レベル。宇宙人も正体は妖怪「輪入道」みたいでダサいし。
なんで倒せるのかいまいちハッキリしなかった。主人公が倒せるという確信を持ってカスみたいなのを投げつけるのも不自然だし。
自分はなぜか「この役者たち、出来上がった映画を試写会で観て、どんな反応をするのかなぁ」なんてどうでもいいことを考えながら観ていた。

分かりやすさは満点!…だけどね。(,, ゚Д゚)

投稿日

2014/03/31

レビュアー

MOMO

『darkest hour』とは、夜明け前の最も暗い時間を指します。
つまりは、もうすぐ夜明けだという前向きな言葉です。

本作品には、電気で出来た姿の見えない敵が登場しますが、
街灯が光ったり、携帯電話が鳴ったりする事で、
見えない敵が近づいていることが分かるというアイデアが面白いです。

街灯が光るのはまだしも、携帯電話が鳴るのはおかしい気もしますが、
馬鹿馬鹿しいまでに分かりやすい表現で笑っちゃいました。(^_^;

美しいモスクワの街が、次々に破壊される映像も圧巻です。
CGに頼り切らず、乗り物などの大きなオブジェをリアルに作ったり、
小物として瓦礫を敷き詰めたり、破壊された町並みを再現した際の苦労が窺い知れます。

ただ、登場人物にはあまり魅力を感じません。
特別、勇気があるというわけでもなく、機転が働くというわけでもない、
単なる一般人の集団に過ぎず、入れ替わりも激しいので、
まるで海外ドラマを見ているような気分になってきます。

ストーリーも色々な作品の様々な場面を繋ぎ合わせたような感じに思えます。
あの映画のあの場面みたいだなー。と思い当たる作品が何十個もある始末で、
○○という映画に似てるといった意見が後を絶たないのではないでしょうか。

次々と舞台が移り変わるので、あまり退屈はしませんが、
ラストも「僕達の戦いはまだこれからだ」的に締めくくられ、満足度は低いです。

恐怖が・・・

投稿日

2014/01/20

レビュアー

rulebook

ゾンビが迫ってくる・・かまれたらおしまいだ!
見えないハンターがやってくる・・つかまったら皮をはがれてつるされる!
恐怖が迫ってくる・・・
痛みを考えると恐怖になるのが触ったら消えちゃうのは・・痛くないからどうだろう
確かにこの世に未練があれば悲しいことかも・・謎が謎のままで今ひとつでした

21〜 25件 / 全29件