アナと雪の女王

アナと雪の女王の画像・ジャケット写真
アナと雪の女王
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

145

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「アナと雪の女王」 の解説・あらすじ・ストーリー

ディズニーアニメーションが配信で観られる2014ポイントキャンペーンの対象外作品です。<br>雪と氷の世界を舞台に、運命に引き裂かれた王家の姉妹を主人公に“真実の愛”を描いた感動アニメ。触れるものを凍らせる力を持つ姉・エルサは、戴冠式の日に王国を冬に変えてしまい、城から逃亡する。妹・アナは姉と王国を救うため、雪山へと旅立つ。

「アナと雪の女王」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: FROZEN

「アナと雪の女王」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アナと雪の女王の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDP5331 2014年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
205枚 15人 11人

【Blu-ray】アナと雪の女王(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/7.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS-HD Master Audio/7.1chサラウンド/日本語/(ロスレス)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBP5331 2014年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
313枚 9人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:145件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全145件

無難な家族向け作品・・・

投稿日:2014/08/02 レビュアー:静かなる海

あのマスコミで評判の作品・・・
映画館に行こうかと思ったんですが。
なんかクライマックスで、観客が歌うとのこと行くのを控えていました。
ゆっくり静かに見たかったから・・・

さてさて見終わった感想ですが・・・
無難に楽しめました。

歌は確かに良かった。
ありの〜ままで〜のところが、観客の心の琴線に触れたのかな?
日ごろストレスで我慢をしているからか・・・

でもテレビでみんなが騒ぐほどの作品では無かったと思います。

話も大味。
エルサの心情の書き込み不足で、あの歌のシーンもったいなかった。
アナと婚約した王子の豹変には笑ってしまった。

ディズニーだけあってCGは素晴らしい。
でも私には少々物足りない作品でした。

ご家族で楽しむには良い作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「Let It Go」だけが一人歩き?

投稿日:2014/07/26 レビュアー:たか

評価 : ☆3つ

「アナ雪」現象で上映中にもかかわらず、DVDが発売されたのにはびっくり。
もっとも最近は、この間上映されていたのにもうDVD発売なの?というケースが
多いですが・・・。

マスコミの取り上げ方もディズニーアニメ史上ダブルヒロインは初めてとかで、
私たちもちょっとマスコミに踊らされてしまった感じがして、特に「Let It Go」だけが一人歩き
している感が否めなかったですね。
話の内容は、皆さんがレビューに書かれているのでそちらを見ていただくとして、
物語としては、可もなく不可もない平凡なミュージカルアニメでした。
しかし、映像は奇麗で素晴らしかったですね。さすがディズニーという感じです。

「Let It Go」というよりは、「ありのままで〜」というほうが有名になってしまった挿入歌ですが、
日本では、エルサの吹き替えを行った松たか子が唄い、エンドロールではMay・Jが唄うという
方法をとっていました。となると聴き比べてしまいます。私は、松たか子の方が好きですね。
この歌はあらゆる言語で唄われており、Blu-rayのボーナスコンテンツのなかにミュージックビデオがありますが、
 デミ・ロヴァートの英語盤、
 マルティナ・ステッセルのスペイン語盤
 マルティナ・ステッセルのイタリア語盤
 マーシャ・ミラン・ロンドーのマレーシア語盤
が収められています。

また、世界25の国の言語でエルサ役を演じた女優が唄った「Let It Go」をメドレーのように1曲につなぎ合わせた
25か国語版のミュージックビデオも制作されているのですが、残念ながらこのBlu-rayにはありませんでした。
オリジナルサウンドトラック盤のCDにはおさめられているのですが、どこまでが何語でどこからが何語だかさっぱりわかりません。
25か国語版のミュージックビデオはこちらで見ることが出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=6Qk5Fc1Vdqk

松たか子の日本語盤は

https://www.youtube.com/watch?v=AoUxjQOQW7A

日本の映画館では、この歌を一緒に唄うというイベントを行ったところもあったようですが、日本人はこういうの苦手じゃないですか。
アメリカでは映画館で、上映後スタンディングオベーションが起こるという話を聞きますが、コンサート・スポーツイベントなどではわかりますが、
ちょっと日本では考えられませんね。

この映画、アカデミー賞で長編アニメ賞を取ったわけですが、残念ながら、宮崎駿の「風立ちぬ」はノミネートされたものの賞を取ることが出来ませんでした。
原作はアンデルセンの童話「雪の女王」だったのですが、これを宮崎駿が制作したらどういう風に作っただろうかと興味が沸きます。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

う〜ん!これもまた無難作?

投稿日:2014/07/20 レビュアー:涼風マヨネーズ

観てみました家族で・・・。やっぱりディズニー映画は無難作。

映像は綺麗です。内容もそこそこ面白いんだと感じた。

万民にうけそうな作品でま〜ま〜子供から大人まで楽しめる作品だと感じたのは事実。

ただ、TVで劇場から出てきた方々のインタビューで「2回目です〜!」「もう一度見ても損はないです〜!」と言っている人たちの気持ちはよくわからなかった。

言うほど凄い?作品とは思えなかったのが少し残念。1回観たら暫くはいいんだけどな〜・・・。

ブルーレイも100万枚を超える売り上げ?これはメディアの影響の凄さにのほうに驚く映画だね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

時間の無駄でした。

投稿日:2014/07/20 レビュアー:Koh

 たまたまゲームネタということで観たシュガーラッシュが面白かったので、話題になってるらしいこっちも観たのですが、まさに時間の無駄でした。
 ミュージカル仕立てっぽいわけですが、単に物語が薄いのを歌で無理やり引き伸ばしているようにしか見えません。また、歌に比重を置いているせいか、登場人物の心情の描き方が足りず、人物に何の魅力も感じられません。あの世界で魔法と言うもののがどういう存在なのかすらまともに説明されていないため、誰に同情すべきなのかもわからない。ミュージカル部分以外はどうでもいいと切り捨てたかのような作りです。
 ミュージカルに慣れている方は違うのでしょうが、私は取り立ててそういったものに興味がないため、ミュージカル部分は単に薄ら寒いだけでした。これは私が吹き替えで観たせいでもあるのかもしれませんが。

 正直言って、これ、ディズニーではなく邦画だったら、どうでもいい駄作として扱われるんじゃないかなあ・・・。少なくとも私は他人に勧めようという気にはならないし、自分でも二度と観ようとは思えません。ミュージカルに興味がない人だったら、同じディズニーならシュガーラッシュの方が千倍は面白いと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

歌と登場人物の表情がいいネタバレ

投稿日:2017/04/05 レビュアー:ノーザンダーク・ボム

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この映画、決して手放しでいい映画とは言えないが、登場人物の表情や歌がいいので、何度でもみてしまう。

とにかくキャラクターの表情がとてもいい。
CGアニメだからこそできたのだと思うが、それはアニメだから大げさに表現できたということではなく、人間の俳優が絶好調で最高の名演技をしたようなよさが出ている、ということだ。

歌もいい。
日本語訳はダメだけど、とにかく英語の歌はいい。
けっこう俺はこの映画、好きかもしれない。

問題はとにかくたくさんある。
世界観はめちゃくちゃだし、メインの登場人物はことごとく生活感がまるでない。
しかしそれらの欠点は大目にみないと損をするほど歌も会話も楽しすぎる。
まあこんな映画もたまにはいいという見本である。

唯一どうしても気になるのが、ラストがまるく収まりすぎていること。
俺の人生哲学に「ものごとはすべて、いいとこどりはできない」というのがある。

例えばこの映画のラスト、こんな感じでもよかったのではなかろうか。
○エルザは魔法の力を失って、オラフも溶けてしまったけど、姉妹一緒の幸せな日々は戻ってきた。毎年、冬になると、姉妹はオラフの雪だるまをつくって、心の中でオラフの声をきく。
○エルザは魔法の力をコントロールできるようになったけど、街の人たちはいつでも氷が手に入るようになり、クリストフは失業。新しい道をアナとともに頑張ってゆく。

子供がこの映画を見て、現実はこんな風にいいとこどりが出来るものだと思い込んだら、教育にも悪いんじゃないかと思うのだが、いらぬ心配だろうか。

ちなみに特典映像に『Let It Go』のスペイン語とマレーシア語とイタリア語バージョンが入ってたが、マレーシア語バージョンが素晴らしいので必聴。
どうか本編だけ見て返してしまわないように。

余談だが、YouTubeで『Let It Go』の44ヶ国語バージョンすべて聴いてみた。
俺のベスト5はこれだ。

1位 トルコ語
2位 マレーシア語
3位 セルビア語
4位 エストニア語
5位 松たか子

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全145件

アナと雪の女王