あまちゃん 完全版

あまちゃん 完全版の画像・ジャケット写真

あまちゃん 完全版 / のん

全体の平均評価点:(5点満点)

28

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「あまちゃん 完全版」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

能年玲奈主演によるNHK朝の「連続テレビ小説」シリーズ第11巻。アキと春子の下に、夏が倒れたという連絡が入る。心配するアキを制止し、春子がひとり北三陸に駆け付け、夏は心臓の大手術を受けることに。第21週「おらたちの大逆転」と第22週を収録。

「あまちゃん 完全版」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「あまちゃん 完全版」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

有村架純 カナダ大自然の旅

ジャッジ!

ホットロード

ふきげんな過去

ユーザーレビュー:28件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全28件

あまちゃん  ネタバレ

投稿日:2015/01/12 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 何と言っても主人公の能年玲奈さんの魅力いっぱいで見ること聞くことに目をいっぱい見開いて喜怒哀楽をいっぱいに表現する姿は見ていて楽しいです。
 クドカンさんらしい台詞の軽妙さも笑えるもので楽しい156話でした。

 ただ話の展開としてオカシナところが多くて、それがノイズになって物語に入り込めないという。
 たとえば、主人公が自分の通ってる高校で土木水産科があることを知らないってオカシイな、とか。

 死んでると思っていた祖父が、じつは生きていて、ひょっこり帰ってくるわけですか、ヒロインの母、つまりひょっこり帰還男の娘は、死んでると思ってたのに! と、それはもう大変な驚きのリアクション。で、帰還男の妻は夫が遠洋漁業の船に乗ってる間は、死んだものと思って仏壇に写真を飾っているのだ、ということか明かされるわけです。
 「漁師が海に出たら、死んだと思え」。それが夫婦間の約束事である、と。
 「そういう話、聞いてないから!」と娘はたいへん憤るわけです。1話15分まるごとそれに費やされたり、彼女の混乱と憤りに費やされてた。
 ここまでは別にいい。で、ここで疑問。
 【彼女が家出する前から、両親は同じことをしていたはずではないのか?】ということ。 娘が生まれる前からずっと、母は夫が海に出たら、死んだと思うことにして仏壇に写真を飾っていたんじゃないのか? ならば、そのことを娘が知らないわけはない。
 で、前回、見終わった時、彼女の父親が遠洋漁業の船に乗るようになったのは、彼女が家出した後で、それまでは地元でイカ釣り舟とかに乗っていたんだろう、と思うことにしたわけです。それなら仏壇の写真の意味を娘が知らないのも当然だから。
 ところが、彼女の父親は結婚した時からずっと遠洋漁業の船に乗っていたと語られる。「海に出たら死んだと思え」。と結婚当初から言われていた、と。

 となると、母が海に出ている父の写真を仏壇に飾るようになったのは【娘が家出してからの新しい習慣】ということですか?
 ならば、家出したまま音沙汰のない娘の写真だって、死んだと思うことにして仏壇に飾ってもいいのじゃないか。だって、その行為は、そうとでも思わなければ耐えられない、というひとつの愛の表現てあるはずだから。
 などと、困惑したり。

 岩手編から東京編になってから途端に面白味がなくなってしまったり。その理由も細かいところでじぇじぇじぇ! と見ていてビックリするような登場人物たちの行動。
 とそんなことばかり気になってしまうドラマでした。後はどうでもいいことだけど劇中の書類に「平成24年」と書いてあったり。確か2008年が現在時間のはず……。とか、こういうトコに突っ込んではいけないんだろうけど。

 ヒロインの人物造形が何かに似てる、とずっと思ってて、彼女が何事にも興味深々な目を向けているのを見て、彼女の人物造形、アニメ【アルプスの少女ハイジ】に似てると思いました。
 目新しいものを見ると、好奇心いっぱいの目を輝かせ、大人の難しい話を聞いている時は、どっかボーッとしてる。でも、難しい話はすぐにコロッと忘れて、目の前のものを、「わあ! すごいすごい!」と無邪気にはしゃいでる。
 ノーネンちゃんはハイジ。 とするとこのドラマがハイジのひな形が使われている。
 田舎に連れてこられて、気難しい老人と暮らすことになるけど、その田舎のことをすぐに大好きになって、毎日、楽しそうに遊んでる。そんなハイジ。

 この後、ヒロインが東京に戻ってアイドルグループに入る。それはハイジがフランクフルトに連れて行かれたのと同じ展開かな、と。
 東京でアイドルになるけど、どうしても田舎に帰りたい思いが強くなる。帰りたい帰りたい、という思いが募った頃、311となる。
 故郷に支援に行く。立ち上がることの出来ない田舎の町が彼女にとっての本当のクララ。ヒロインはこの傷ついた田舎に残る、と宣言してグループを脱退。田舎に戻ったヒロインは、歩き出せない田舎(クララ)に向かって、「クララの馬鹿! 歩けるのに!」と涙ながらに訴えたりする。
 で、クララが歩いた! となって、すごいすごい! ステキステキ! とペーターと一緒に喜ぶ。そんなお話になるのかもしれないなあ。と思ってたら、地元に戻ったら能年ちゃんの魅力がほとんど失われて傍観者になってしまって失速でした。
 ラストのほうは、鈴鹿ひろみさんが音痴なのでそれをどうしようかという。ほとんど主人公のドラマでなくなって傍観者になってしまうのが退屈でした。それに何を乗り越えて音痴が大丈夫だったのか謎でした。わざとだ、みたいな展開になってましたが、それはそれでズッコケるという。じゃあ今までの春子さんの影武者でしたというドタバタは一体何だったんだろうという。

 とはいえ楽しい156話でした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

そろそろ登録1年

投稿日:2014/11/15 レビュアー:チョコン

1位登録そろそろ1年 古い順番からくるとかないんですかね。コンビニやファストフードの並びと一緒にしてほしい。ってか返すタイミングでいつもゼロなんですかね。まぁ1年経っても在庫128枚に対し1位登録700人超えているなんてすごい人気です。はやく見たいです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

じぇ

投稿日:2014/02/19 レビュアー:たまちゃん

もうオラ待てねぇ。
実店舗で借りるだ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

あまちゃん

投稿日:2014/02/17 レビュアー:のの

回転悪すぎ 返却してから何も来ないんですけど 何が旧作無料やねん 返却してから最悪翌日には発送しろ!!!!!!!!!!! 

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

その2

投稿日:2013/12/19 レビュアー:カオナシ

Q1:私がリスト1位にリクエストしてから既に相当の時間が経過しています。現在の状況と今後の見通しを教えて下さい。

A1:現在レンタル中の他のお客様のご都合による為、見当がつきかねます。

…続きます。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全28件

あまちゃん 完全版

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:28件

あまちゃん 

投稿日

2015/01/12

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 何と言っても主人公の能年玲奈さんの魅力いっぱいで見ること聞くことに目をいっぱい見開いて喜怒哀楽をいっぱいに表現する姿は見ていて楽しいです。
 クドカンさんらしい台詞の軽妙さも笑えるもので楽しい156話でした。

 ただ話の展開としてオカシナところが多くて、それがノイズになって物語に入り込めないという。
 たとえば、主人公が自分の通ってる高校で土木水産科があることを知らないってオカシイな、とか。

 死んでると思っていた祖父が、じつは生きていて、ひょっこり帰ってくるわけですか、ヒロインの母、つまりひょっこり帰還男の娘は、死んでると思ってたのに! と、それはもう大変な驚きのリアクション。で、帰還男の妻は夫が遠洋漁業の船に乗ってる間は、死んだものと思って仏壇に写真を飾っているのだ、ということか明かされるわけです。
 「漁師が海に出たら、死んだと思え」。それが夫婦間の約束事である、と。
 「そういう話、聞いてないから!」と娘はたいへん憤るわけです。1話15分まるごとそれに費やされたり、彼女の混乱と憤りに費やされてた。
 ここまでは別にいい。で、ここで疑問。
 【彼女が家出する前から、両親は同じことをしていたはずではないのか?】ということ。 娘が生まれる前からずっと、母は夫が海に出たら、死んだと思うことにして仏壇に写真を飾っていたんじゃないのか? ならば、そのことを娘が知らないわけはない。
 で、前回、見終わった時、彼女の父親が遠洋漁業の船に乗るようになったのは、彼女が家出した後で、それまでは地元でイカ釣り舟とかに乗っていたんだろう、と思うことにしたわけです。それなら仏壇の写真の意味を娘が知らないのも当然だから。
 ところが、彼女の父親は結婚した時からずっと遠洋漁業の船に乗っていたと語られる。「海に出たら死んだと思え」。と結婚当初から言われていた、と。

 となると、母が海に出ている父の写真を仏壇に飾るようになったのは【娘が家出してからの新しい習慣】ということですか?
 ならば、家出したまま音沙汰のない娘の写真だって、死んだと思うことにして仏壇に飾ってもいいのじゃないか。だって、その行為は、そうとでも思わなければ耐えられない、というひとつの愛の表現てあるはずだから。
 などと、困惑したり。

 岩手編から東京編になってから途端に面白味がなくなってしまったり。その理由も細かいところでじぇじぇじぇ! と見ていてビックリするような登場人物たちの行動。
 とそんなことばかり気になってしまうドラマでした。後はどうでもいいことだけど劇中の書類に「平成24年」と書いてあったり。確か2008年が現在時間のはず……。とか、こういうトコに突っ込んではいけないんだろうけど。

 ヒロインの人物造形が何かに似てる、とずっと思ってて、彼女が何事にも興味深々な目を向けているのを見て、彼女の人物造形、アニメ【アルプスの少女ハイジ】に似てると思いました。
 目新しいものを見ると、好奇心いっぱいの目を輝かせ、大人の難しい話を聞いている時は、どっかボーッとしてる。でも、難しい話はすぐにコロッと忘れて、目の前のものを、「わあ! すごいすごい!」と無邪気にはしゃいでる。
 ノーネンちゃんはハイジ。 とするとこのドラマがハイジのひな形が使われている。
 田舎に連れてこられて、気難しい老人と暮らすことになるけど、その田舎のことをすぐに大好きになって、毎日、楽しそうに遊んでる。そんなハイジ。

 この後、ヒロインが東京に戻ってアイドルグループに入る。それはハイジがフランクフルトに連れて行かれたのと同じ展開かな、と。
 東京でアイドルになるけど、どうしても田舎に帰りたい思いが強くなる。帰りたい帰りたい、という思いが募った頃、311となる。
 故郷に支援に行く。立ち上がることの出来ない田舎の町が彼女にとっての本当のクララ。ヒロインはこの傷ついた田舎に残る、と宣言してグループを脱退。田舎に戻ったヒロインは、歩き出せない田舎(クララ)に向かって、「クララの馬鹿! 歩けるのに!」と涙ながらに訴えたりする。
 で、クララが歩いた! となって、すごいすごい! ステキステキ! とペーターと一緒に喜ぶ。そんなお話になるのかもしれないなあ。と思ってたら、地元に戻ったら能年ちゃんの魅力がほとんど失われて傍観者になってしまって失速でした。
 ラストのほうは、鈴鹿ひろみさんが音痴なのでそれをどうしようかという。ほとんど主人公のドラマでなくなって傍観者になってしまうのが退屈でした。それに何を乗り越えて音痴が大丈夫だったのか謎でした。わざとだ、みたいな展開になってましたが、それはそれでズッコケるという。じゃあ今までの春子さんの影武者でしたというドタバタは一体何だったんだろうという。

 とはいえ楽しい156話でした。

そろそろ登録1年

投稿日

2014/11/15

レビュアー

チョコン

1位登録そろそろ1年 古い順番からくるとかないんですかね。コンビニやファストフードの並びと一緒にしてほしい。ってか返すタイミングでいつもゼロなんですかね。まぁ1年経っても在庫128枚に対し1位登録700人超えているなんてすごい人気です。はやく見たいです。

じぇ

投稿日

2014/02/19

レビュアー

たまちゃん

もうオラ待てねぇ。
実店舗で借りるだ。

あまちゃん

投稿日

2014/02/17

レビュアー

のの

回転悪すぎ 返却してから何も来ないんですけど 何が旧作無料やねん 返却してから最悪翌日には発送しろ!!!!!!!!!!! 

その2

投稿日

2013/12/19

レビュアー

カオナシ

Q1:私がリスト1位にリクエストしてから既に相当の時間が経過しています。現在の状況と今後の見通しを教えて下さい。

A1:現在レンタル中の他のお客様のご都合による為、見当がつきかねます。

…続きます。

21〜 25件 / 全28件