キャリー

キャリーの画像・ジャケット写真
キャリー / ジュリアン・ムーア
全体の平均評価点:
(5点満点)

63

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「キャリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

スティーヴン・キング原作、ブライアン・デ・パルマ監督による76年の傑作学園ホラーを「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ主演で完全リメイク。一人の少女が凄惨なイジメの末に辿る戦慄の顛末を描く。共演は「キッズ・オールライト」のジュリアン・ムーア。監督は「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアース。高校に通う内気な少女キャリー。狂信的な信仰に囚われた母親の過度な束縛によって、まともな友だち付き合いもできずにクラスで陰湿なイジメに遭う辛い日々を送っていた。ある日ついに、キャリーに対するクラスメイトのイジメが一線を越え、関わった女生徒が学校から処分を受ける事態に。そんな中、念じるだけで物を動かす不思議な能力に目覚めていくキャリーだったが…。

「キャリー」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: CARRIE

「キャリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャリーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 MGBR56338 2014年03月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
35枚 1人 1人

【Blu-ray】キャリー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 MGXR56338 2014年03月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:63件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全63件

デ・パルマには手がでない

投稿日:2014/01/22 レビュアー:恋次郎

どんなに鼻の穴が大きくなってもクロエ・グレース・ヒットガール・モレッツは可愛かった。

そこがブライアン・デ・パルマ、シシー・スぺイセクの「キャリー」とは大きく違うものでしょう。

デ・パルマのオリジナル版は超能力の扱いも思春期の少女(初潮がきたばかり)のなせるものか、いじめによるストレスか、はたまた悪霊か、とホラーイメージを巧みに使いながら
キングの原作以上のショックを与えてくれました。

オリジナル版へのリスペクトも随所に感じられ展開もほぼ同じように進みます。タンポンを投げられるシーンは現代風にSNSに映像をアップされたりしますが。

女性監督らしく母親のイメージはこちらが上ですね。
宗教にドンドン逝っちゃってるお母さんが怖かった。あやうい女性の描き方がサイドエピソードでも怖いです。

さてキャリーといえばラストのショッキングシーンですよね。
私もオリジナル版を劇場で見ていた時、大きく劇場がどよめいたのが忘れられません。

わくわくしながらエンドロールを見ていると

あなたも確認してくださいね

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

現代の虐めを上手く表現ネタバレ

投稿日:2015/12/15 レビュアー:mumu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ホラーは嫌だったけどこれはホラーじゃない!!ってレビューで観たからクロエちゃん目当てで観た。
SFスリラーって感じで現代の虐めを上手く表現できてる様に思う。ハンサム男と言っていたがうちからしたらハンサムじゃなく、クロエちゃんだけ一生懸命観れた感じ。
日本劇場版ともう1つのエンディングの両方を観たけど、後者のほうが何か良かった。
あとはメイキングとかもあったけど、メイキングとかを観ると大変だな〜って思ったり…ちょいネタバレだが虐めっ子の1人が火だるまになるシーンを本当にやってるから最近はスタントじゃないのに本当にやるんだな〜って驚いた。
ジュリアン・ムーアも色白だからイイ具合だった。

自分を傷つける母に関しては自分と重なる部分があって少し辛かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

はじける若さ!

投稿日:2014/09/25 レビュアー:コタロウ(!)

いじめられっ子のキャリーには超能力が備わっていた!
S・キングの小説「キャリー」の三度目?の映画化です。

プロムを楽しみにしている高校生たちがたくさん登場、若さがはじけてます!
キャリーはもちろん、イジメ女子グループもキレイな女優ばかり。
見所はやはり、キャリーの超能力が炸裂するシーンだと思うのですが、キャリー役・クロエの演技も、
超能力による破壊シーンも迫力がありました。

時間的には短いエピだけど、高校生たちがプロムの衣装合わせやヘアメイクに興じるシーンは、
若さや楽しさが伝わってきました。
こいつら、キャリーに殺られちまうんだろうなあ…なんて哀れに思ったり。

イジメのリーダー、クリス役が上手かったです。なりきってた。
ブレることのないキャリーへの悪意!怖い…

特異だったのは、キャリーの母。
ヤバい内装の小部屋にキャリーを閉じ込める!
超能力=悪魔の力の気配を感じると、包丁持参でキャリーの部屋を急襲!殺る気満々です!
しかし、母親としてキャリーを愛している部分もあります。ちょっと悲しい…

人間ドラマとしては第一作の方が優れているかもしれませんが、こちらもなかなか面白いので
見て損はしないと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

結局・・・超能力による派手な復讐劇で魅せてるだけ?

投稿日:2014/07/16 レビュアー:ケイ

そりゃもう〜なんだかんだ言ったって比べてしまいますよ〜前作と・・・(苦笑)。とにかく主人公であるキャリーがもう〜・・・タイトル画像でも分かるように、血まみれでも可愛いっていうかキュートっていうか・・・イメージしていたキャリーと全然真逆な感じで・・・う〜ん・・・なんだかなぁ〜(笑)。でも・・・だからといって前作と同じような女優を起用したって結局二番煎じ・・・中途半端に似たようなキャラであればあったで、突っ込んでしまう流れは同じだったような・・・(苦笑)。ただ・・・狂信的な母親キャラは違和感なく演じ切っていたと思います♪・・・娘を愛しながら憎むという苦しみというか葛藤がかわいそうなくらいこちらの心に響いてきましたね・・・残念ながらキャリーより母親の存在感でなんとかホラーテイストを確立させている作品のように感じました。あと、肝心の超能力による復讐シーンですが・・・どっちかというとホラー色が薄く、もはやエンターテインメントに近いのでは?と個人的に感じましたね・・・。まぁ〜あのラストでそれなりにまとまっていたし、前作に拘らなければ普通におもしろい作品なのかもしれないとも思いましたけどねぇ・・・はい・・・

満足感→77%

以上  失礼しました。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

母親役の狂気は演者としての力

投稿日:2014/04/13 レビュアー:serani

クロエちゃん目的で借りたのに、母親役のジュリアン・ムーアの演技のインパクトが凄かった。
ヤバい。
あんな母親嫌過ぎ。

リメイク版はどうしてもオリジナルと比べられちゃうけど、これはこれで面白かったです。
損はしないと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全63件

キャリー

月額課金で借りる

都度課金で借りる