イノセント・ガーデン

イノセント・ガーデンの画像・ジャケット写真
イノセント・ガーデン / ミア・ワシコウスカ
全体の平均評価点:
(5点満点)

32

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「イノセント・ガーデン」 の解説・あらすじ・ストーリー

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌクの記念すべきハリウッド・デビュー作となるミステリー・サスペンス。18歳になったヒロインの前に消息不明だった叔父が突如現われたことをきっかけに、彼女の周りで不可解な事件が次々と発生していくさまをスタイリッシュな映像美でスリリングに描き出す。主演はミア・ワシコウスカ。18歳の誕生日に不審な事故で最愛の父を亡くしたインディア・ストーカー。決して心を通わせたことのない母エヴィと2人きりになってしまったインディアだったが、葬儀の日、長年行方不明だった叔父のチャーリーが姿を現わし、そのままインディアたちと一緒に暮らし始める。そしていつしか、知的でエレガントなチャーリーの魅力に心奪われゆくインディアだったが…。

「イノセント・ガーデン」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: STOKER

「イノセント・ガーデン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

イノセント・ガーデンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR52507 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 1人 1人

【Blu-ray】イノセント・ガーデン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR52507 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:32件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全32件

ニコール・キッドマンに注目

投稿日:2014/01/18 レビュアー:ベルク


ストーリーは大したことないが、米仏映画に馴染んできた向きなら十分に楽しめる内容。

登場人物は少なく、低予算だが、サスペンスは維持されている。

大女優とは言え、今のニコール・キッドマンでは、女子高校生と張り合っても勝ち目はないのは最初から分かりきっている。しかし、あそこまで虚仮にされる役を、この人、よく引き受けたな、と思えるほどの好演だ。

叔父のチャーリーは、悪役の男子高校生をたたきのめすには、体格が不足していて、納得できない。しかし、薄っぺらい感じの悪党としては、適役で、正体を現して退治されるところも楽しめる。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映像100点 ミアの美しさ

投稿日:2014/01/11 レビュアー:ちゅく

インディア(ミア・ワシコウスカ)が、ママ(ニコール・キッドマン)の髪をくしけずると、一本一本の毛の先が、草むらに徐々に、変わっていく……そこは狩場。──ぞくぞくさせられる場面でした。
オープニングからして、凝っている。インディアが左に歩くと、役者の文字「Mia Wasikowska」が、「a k s w …」の順に消えていったり、
風で「はためく」スカートの奥に、「Matthew Goode」(叔父役)の文字が出てきたり……。庭(ガーデン)に大きな丸石がいくつもあり、テニスコートに黄色なテニスボールがばら撒かれる。
ミアの18歳の誕生日の日、謎の死をとげた父、その葬儀の日、突然、現れた叔父(父の弟)
映像にたぶらかされつつ、あとで、その凝った映像が物語の伏線であったと分かります。
冒頭の「ママのブラウスを着て、パパのバンドを締めて、靴は叔父さんのプレゼント。」という独白や、赤い花の意味が、最後に分かります。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんか登場する人物に共感出来ない。特にヒロインに・・"(-""-)"ネタバレ

投稿日:2014/01/04 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

監督は「オ−ルド ボーイ」のパク・チャヌク、主演は「アリス・イン・ワーダーランド」のミア・ワシコウスカ、何と脚本は「プリズン・ブレイク」主演のウエント・ワース・ミラーと言う事なので観てみました。

ヒロインのインディア(ミア・ワシコウスカ)は、18歳の誕生日に最愛の父を事故で亡くした。父からの誕生日プレゼント、今回は何と大きな箱に鍵が1つだけ入っていた。でも、何の鍵なのか・・・。
インディアは真面目で繊細過ぎる性格のせいか、高校では人付き合いが苦手で孤立している。母(ニコール・キッドマン)ともうまくいってない。
父の葬儀の日、行方不明だった叔父のチャーリーが現れ、当分一緒に住むことになった。だが、チャーリーに対しての周囲の人々の様子が変だと感じるインディア。
その後、お手伝いさんはじめ1人2人と姿を消していく・・・。チャーリーは一体何者なのか・・・。不信感を持つインディアだったが、徐々に惹かれていく。そして鍵が語る驚愕の真実とは・・・。

パク監督のハリウッドデビュー作と言う事ですが、イマイチ心に残るものがなく理解不能に陥ってしまった。登場人物のどなたにも共感出来ないような気がしました。2作目に期待したいと思います!!
ちなみに、脚本のウエントワース・ミラー氏ですが、昨年8月にゲイであることをカミングアウトしたそうです。あのマイケルがゲイだったとは・・・。
それと、今作にニコール・キッドマンが出演していますが、ウエントワースとニコールは「白いカラス」で共演しているそうです。初めて知りました^^;

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

さすが、パク・チャヌク監督。ネタバレ

投稿日:2013/12/29 レビュアー:キヨ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なるほど、かくしてサイコ・キラーの誕生ですかぁ〜。
このヌメッとした感覚がいい感じですね〜。

さて、本作、ミア・ワシコウスカのヌードが見れるとあってかなりテンション上げてみたのですが…なんじゃこりゃ?!
ほとんど脱いでないに近いやんけ!(笑)
ても、グラマラスでないのは想像できますので、興味本位ではあったんですけどね。(汗)
非常に残念です。

内容はなかなかだったと思います。
基本、展開は読めるようになっているのですが、映像やら音楽やら、配役やら演技やら、非常にバランスが良く、分かっていても飽きのこない作品に仕上がっておりました。

一見無垢と思われるものは実は危険を帯びている。
それは何色にも染められていないからで、例えばそれが黒だとしたら、あっという間に真っ黒に染まってしまうわけであります。
これは恐ろしい…。

華やかな世界で描かれた「アメリカン・サイコ」と少し共通する概念のようなものを感じました。
欲望を抑えることができなくなったという点で。
ただ、こっちのインディアは、ちょっと垢抜けません。(笑)

実年齢24歳のミアですが、アリスのイメージが強く、18歳でもイケているような気がします。(笑)
ても、黒髪にするとこんなにも地味になるものですかね?
少しだけ役どころも広がったことですし、これからの作品に期待です。

それにしても、パク・チャヌク監督作品はこのテイストを撮ると素晴らしいですな。
決して大作ではありませんが、きっちりと仕事はしていると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

50点(凡作)ネタバレ

投稿日:2013/12/26 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何か不思議な映画じゃった。

エンドクレジットも上から下へ流れるし。

これしか書く事が無いっつうのも珍しい。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全32件

イノセント・ガーデン