ヒートの画像・ジャケット写真

ヒート / アル・パチーノ

全体の平均評価点:(5点満点)

94

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ヒート」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

犯罪のプロフェッショナル、ニール・マッコーリーは、クリス、チェリト等と現金輸送車を襲い有価証券を奪う。捜査にあたるロス市警のヴィンセント・ハナは、少ない手掛かりから次第にマッコーリー達へ近づいていく。マッコーリーは本屋の店員イーディと出逢い、次の銀行強盗を最後に堅気の暮らしに入ろうと決意していた。やがて決行の時、タレ込みを受け現場に駆けつけたハナ達と、マッコーリー一味は、壮絶な銃撃戦を繰り広げるのだった……。

「ヒート」 の作品情報

作品情報

製作年:

1995年

製作国:

アメリカ

原題:

HEAT

「ヒート」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

プリズン

リプレイスメント

ザ・ファン

ユーザーレビュー:94件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全94件

是非ご覧ください。

投稿日:2011/08/13 レビュアー:クレア

10年以上前に見て以来久しぶりに観ましたが、やっぱりデニーロとアルパチーノに憧れてしまいます。
男性・女性年齢問わずに(あんまり小さいお子さんにはおすすめできませんが)楽しめる作品です。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

退屈

投稿日:2011/07/20 レビュアー:ちくわぶ

某ランキング番組のお勧めということでレンタルしましたが期待はずれ。
豪華キャストで3時間の大作なのですが余計なストーリーが多すぎで
2時間程度にまとめられていればまた違ったのかもしれません。
銃撃戦の評価が高いそうですが??です。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

詰め込みすぎの失敗作。(残念だが)

投稿日:2011/06/24 レビュアー:CCR

本作にどれ程期待したことか。出来れば2人がもう少し若い内に共演してくれていたらもっと感激したろう。近作「ボーダー」では既に2人共あまりに老いすぎて峠を越してしまっていた。しかし、期待しすぎた本作は余りに大作を、2人の初対決という事を意識しすぎである。故に監督が張り切りすぎて色々なものを詰め込み過ぎて結果、散漫となり焦点がぼやけてしまった。2人の家庭状況等全く余計で不要である。もっと2人のプロの対決を緻密に絞った方が締まったクールな作品になった筈だ。せっかく街中の銃撃戦は迫力があって良かったのに残念である。このマイケルマンという監督は他の作品でもこういう傾向がある。いくつかいい場面を作るが全体としては失敗というパターンがある。この監督は余り大作とかではなく肩の力の抜けたアクション映画あたりが一番向いていると思う。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

プロがプロを知る

投稿日:2011/06/08 レビュアー:こうさま

評価87点(100点満点)
1995年の作品だからアル・パチーノが55歳ぐらいの時、ロバート・デ・ニーロとゴッドファーザー以来の共演で流石に面白い、3時間近い長編だが時間を感じさせない。
それにしてもあちらの強盗団の手口は派手ですなぁ。超大型トレーラーで体当たりして輸送車ごとひっくり返してしまうという手口、冒頭からパンチ一発みたいな流れ。ニールを頭にする強盗団はまさにプロフエッショナル集団、そしてヤマを計画しきっちり手数料を取る黒幕が存在しているのだ。アメリカの犯罪映画にはよく出てくるパターンだ。対してLA警察ヴィンセント警部補、こちらは犯罪を阻止するプロなのだ。プロ対プロ、虚々実々のせめぎあいが実に面白い。ある意味ではどちらも仕事に憑かれた男達なのだ。ニールは言う「ヤバイ時には30秒フラットで高飛びしなきゃならん、そんな人間が係わり合いを持つ者はいない」「俺はそんな奴らを追っている」とヴィンセント。似たもの同志の二人は立場こそ違え私生活というものを封印しているのだ。そんな男が一人の女性に恋をしたり、義理の娘に愛情をみせたりするところが人間臭くてなかなかよい。しかしやはり彼らはプロ中のプロ、お互いに認め合いながらも追う者と追われる者、ラストの対峙シーンはなかなかの迫力と印象的なエンディング。良い作品はやはりいつ見ても面白いということですなぁ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

久々の骨太映画

投稿日:2011/06/02 レビュアー:plumwood

こんなに面白い映画とは知りませんでした。返却するまで3回みました。ぜひ劇場の大画面でもう一度観たいです。デニーロが超カッコいいです。アルパチーノのキャラクタを150%引き出した演出にも脱帽です。日本ではこういう映画はちょっとムリかな。15年前にこんないい映画を作れる、社会的な土台(ヒトやモノやカネや映画を作れるさまざまな環境など、み〜んなひっくるめた)がある欧米の文化ってやはり一目おきます。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全94件

ヒート

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:94件

是非ご覧ください。

投稿日

2011/08/13

レビュアー

クレア

10年以上前に見て以来久しぶりに観ましたが、やっぱりデニーロとアルパチーノに憧れてしまいます。
男性・女性年齢問わずに(あんまり小さいお子さんにはおすすめできませんが)楽しめる作品です。

退屈

投稿日

2011/07/20

レビュアー

ちくわぶ

某ランキング番組のお勧めということでレンタルしましたが期待はずれ。
豪華キャストで3時間の大作なのですが余計なストーリーが多すぎで
2時間程度にまとめられていればまた違ったのかもしれません。
銃撃戦の評価が高いそうですが??です。

詰め込みすぎの失敗作。(残念だが)

投稿日

2011/06/24

レビュアー

CCR

本作にどれ程期待したことか。出来れば2人がもう少し若い内に共演してくれていたらもっと感激したろう。近作「ボーダー」では既に2人共あまりに老いすぎて峠を越してしまっていた。しかし、期待しすぎた本作は余りに大作を、2人の初対決という事を意識しすぎである。故に監督が張り切りすぎて色々なものを詰め込み過ぎて結果、散漫となり焦点がぼやけてしまった。2人の家庭状況等全く余計で不要である。もっと2人のプロの対決を緻密に絞った方が締まったクールな作品になった筈だ。せっかく街中の銃撃戦は迫力があって良かったのに残念である。このマイケルマンという監督は他の作品でもこういう傾向がある。いくつかいい場面を作るが全体としては失敗というパターンがある。この監督は余り大作とかではなく肩の力の抜けたアクション映画あたりが一番向いていると思う。

プロがプロを知る

投稿日

2011/06/08

レビュアー

こうさま

評価87点(100点満点)
1995年の作品だからアル・パチーノが55歳ぐらいの時、ロバート・デ・ニーロとゴッドファーザー以来の共演で流石に面白い、3時間近い長編だが時間を感じさせない。
それにしてもあちらの強盗団の手口は派手ですなぁ。超大型トレーラーで体当たりして輸送車ごとひっくり返してしまうという手口、冒頭からパンチ一発みたいな流れ。ニールを頭にする強盗団はまさにプロフエッショナル集団、そしてヤマを計画しきっちり手数料を取る黒幕が存在しているのだ。アメリカの犯罪映画にはよく出てくるパターンだ。対してLA警察ヴィンセント警部補、こちらは犯罪を阻止するプロなのだ。プロ対プロ、虚々実々のせめぎあいが実に面白い。ある意味ではどちらも仕事に憑かれた男達なのだ。ニールは言う「ヤバイ時には30秒フラットで高飛びしなきゃならん、そんな人間が係わり合いを持つ者はいない」「俺はそんな奴らを追っている」とヴィンセント。似たもの同志の二人は立場こそ違え私生活というものを封印しているのだ。そんな男が一人の女性に恋をしたり、義理の娘に愛情をみせたりするところが人間臭くてなかなかよい。しかしやはり彼らはプロ中のプロ、お互いに認め合いながらも追う者と追われる者、ラストの対峙シーンはなかなかの迫力と印象的なエンディング。良い作品はやはりいつ見ても面白いということですなぁ。

久々の骨太映画

投稿日

2011/06/02

レビュアー

plumwood

こんなに面白い映画とは知りませんでした。返却するまで3回みました。ぜひ劇場の大画面でもう一度観たいです。デニーロが超カッコいいです。アルパチーノのキャラクタを150%引き出した演出にも脱帽です。日本ではこういう映画はちょっとムリかな。15年前にこんないい映画を作れる、社会的な土台(ヒトやモノやカネや映画を作れるさまざまな環境など、み〜んなひっくるめた)がある欧米の文化ってやはり一目おきます。

21〜 25件 / 全94件