ビューティフル・マインド

ビューティフル・マインドの画像・ジャケット写真

ビューティフル・マインド / ラッセル・クロウ

全体の平均評価点:(5点満点)

229

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

ジャンル :

「ビューティフル・マインド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

1947年9月、プリンストン大学院の数学科に入学を果たしたジョン・ナッシュ。彼の頭にあるのは「この世のすべてを支配する真理を見つけ出したい」という欲求のみ。ひとり研究に没頭するナッシュは次第にクラスメートからも好奇の目で見られるようになる。しかし、ナッシュはついに画期的な“ゲーム理論”を発見する。やがて希望するMITのウィーラー研究所に採用され、愛する人と結婚もしたナッシュ。しかし、米ソ冷戦下、彼の類い希な頭脳が暗号解読という極秘任務に利用され、彼の精神は次第に大きなプレッシャーに追いつめられていく……。

「ビューティフル・マインド」 の作品情報

作品情報

製作年: 2001年
製作国: アメリカ
原題: A BEAUTIFUL MIND
受賞記録: 2001年 アカデミー賞 作品賞
2001年 ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)

「ビューティフル・マインド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ホワイト・プレジデント 敏腕経営コンサルタント

ドラゴン・タトゥーの女

砂と霧の家

僕が結婚を決めたワケ

ユーザーレビュー:229件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全229件

実話のいい話がさらに良く。 ネタバレ

投稿日:2009/02/24 レビュアー:ゆう天使

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

僕は、この映画の情報を手に入れた時、ストーリーを見てジョン・ナッシュを演じるのが、ラッセルクロウ?と思ったんです。

どうしてもグラディエーターのイメージが強かったもので…
いやいや、ほんとに自分の映画に対する未熟さを痛感しました。


ジョン・ナッシュという人物は、統合失調症という病状にかかり幻覚が見えてしまう。それを幻覚であると認めていく過程がいいです。完全に統合失調症という病気と向き合い共存することができた(病気を克服した)図書館で若者に数学を教えるシーンは、心にきます。
実は、このシーンには監督であるロン・ハワードの思いがあったんですよね。DVDなら特典メニューで未公開シーンの特集があります。観終わった後は、未公開シーンも見ることをお勧めします。ロン・ハワード監督のすごさが倍増します。

ついでに未公開シーンにちょびっと触れると、この映画がよりミステリアスになった感もロン・ハワード監督だからだというのがわかります。


しかし、最後のノーベル賞受賞のナッシュの一言にもあるように、ナッシュを支えた妻アリシアの存在には、心うたれます。

また、エド・ハリスがいいです。ミステリアスな内容にしてくれた点ではかなり大きいと思います。


脚本自体かなり良いのに、ロン・ハワード監督の作成によってさらに良さが倍増され、そして、ラッセル・クロウの演技が、実話と飛び越えたキャラクターを登場させる。

脱帽です。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

実話なんですね

投稿日:2007/09/04 レビュアー:砂時計

天才とは変人と紙一重だといわれますが、まさにそのとおりだなと。

ときどき思います。

この世の出来事はすべて『空想』であり、自分の『イマジネーション』で作られているのではないだろうか?

怒られてる自分、寝ている自分を、自分の想像で作り上げているだけで、本当はナニも存在しない。肉体などなく、『精神』だけが存在するのではないだろうか?

そして、死んだとき、電気が消えたように『あれ?終わった・・』みたいな。

ビューティフルマインド、『美しい心』とでも言うんでしょうか?
ボクはアリシアこそ『ビューティフルマインド』なのかな?と思いました。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

天才と狂人は紙一重というけれど

投稿日:2007/01/02 レビュアー:レビュアー名未設定

 迂闊にも別の映画と間違えて借りました。初めのうち暗号解読とか国家機密とか言う言葉が出てきたので、スパイ映画かと思っていたらぜんぜん違っていて、ヒューマンドラマでした。
 主人公には実在のモデルがあったとか。とはいっても実話そのものではなく(実話そのままだったらドキュメンタリーでいいわけですから)脚色はされているようですが、いい映画だったと思います。
 統合失調症に苦しむ数学の天才と彼を支え続ける妻、大学時代のかつてのライバルの友情、特に後半に入ってからの展開がよかったです。狂いそうになりかけては危うくとどまったり、安定しているかと思うとおかしくなってしまったり、見ている方もひやひやしてしまいましたが、最後近くの場面、ノーベル賞授賞式での挨拶で、妻に向けて語られた感謝の言葉にじーんときました。
 
 

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ビューティフル・マインド

投稿日:2004/03/22 レビュアー:みぃしゃ

美しいこころ!
タイトルの意味が、ホントによくわかる!
ここまで、愛する人を支えることができるなんて・・
愛され受け容れられることで、
人は自分自身も受け容れ、生きていくことができるんだと。
自分を信じてくれる人がいるから、
自分自身も信じて、強くなれる。
そんな夫婦、家族の愛を感じる映画。
ラストは、涙が溢れます。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

何回でもみれるお話!

投稿日:2003/12/10 レビュアー:Pikarin

何度みても泣けてきます。こんな映画に出会ったのは締め手かもしれません。絶対におすすめの一本です。とにかくキャスト全員のいいところが凝縮されていてそれぞれに輝いています。話の内容は、書きません。何も聞かずにそのままのプレーン気持ちのままでみるととてもおもしろいと思います。サスペンス、SF、ヒューマン、いろいろな要素がおり混ざっているのもとてもおもしろいです。みて良かった。最近の一番ヒットでした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全229件

ビューティフル・マインド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:229件

実話のいい話がさらに良く。

投稿日

2009/02/24

レビュアー

ゆう天使

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

僕は、この映画の情報を手に入れた時、ストーリーを見てジョン・ナッシュを演じるのが、ラッセルクロウ?と思ったんです。

どうしてもグラディエーターのイメージが強かったもので…
いやいや、ほんとに自分の映画に対する未熟さを痛感しました。


ジョン・ナッシュという人物は、統合失調症という病状にかかり幻覚が見えてしまう。それを幻覚であると認めていく過程がいいです。完全に統合失調症という病気と向き合い共存することができた(病気を克服した)図書館で若者に数学を教えるシーンは、心にきます。
実は、このシーンには監督であるロン・ハワードの思いがあったんですよね。DVDなら特典メニューで未公開シーンの特集があります。観終わった後は、未公開シーンも見ることをお勧めします。ロン・ハワード監督のすごさが倍増します。

ついでに未公開シーンにちょびっと触れると、この映画がよりミステリアスになった感もロン・ハワード監督だからだというのがわかります。


しかし、最後のノーベル賞受賞のナッシュの一言にもあるように、ナッシュを支えた妻アリシアの存在には、心うたれます。

また、エド・ハリスがいいです。ミステリアスな内容にしてくれた点ではかなり大きいと思います。


脚本自体かなり良いのに、ロン・ハワード監督の作成によってさらに良さが倍増され、そして、ラッセル・クロウの演技が、実話と飛び越えたキャラクターを登場させる。

脱帽です。

実話なんですね

投稿日

2007/09/04

レビュアー

砂時計

天才とは変人と紙一重だといわれますが、まさにそのとおりだなと。

ときどき思います。

この世の出来事はすべて『空想』であり、自分の『イマジネーション』で作られているのではないだろうか?

怒られてる自分、寝ている自分を、自分の想像で作り上げているだけで、本当はナニも存在しない。肉体などなく、『精神』だけが存在するのではないだろうか?

そして、死んだとき、電気が消えたように『あれ?終わった・・』みたいな。

ビューティフルマインド、『美しい心』とでも言うんでしょうか?
ボクはアリシアこそ『ビューティフルマインド』なのかな?と思いました。

天才と狂人は紙一重というけれど

投稿日

2007/01/02

レビュアー

レビュアー名未設定

 迂闊にも別の映画と間違えて借りました。初めのうち暗号解読とか国家機密とか言う言葉が出てきたので、スパイ映画かと思っていたらぜんぜん違っていて、ヒューマンドラマでした。
 主人公には実在のモデルがあったとか。とはいっても実話そのものではなく(実話そのままだったらドキュメンタリーでいいわけですから)脚色はされているようですが、いい映画だったと思います。
 統合失調症に苦しむ数学の天才と彼を支え続ける妻、大学時代のかつてのライバルの友情、特に後半に入ってからの展開がよかったです。狂いそうになりかけては危うくとどまったり、安定しているかと思うとおかしくなってしまったり、見ている方もひやひやしてしまいましたが、最後近くの場面、ノーベル賞授賞式での挨拶で、妻に向けて語られた感謝の言葉にじーんときました。
 
 

ビューティフル・マインド

投稿日

2004/03/22

レビュアー

みぃしゃ

美しいこころ!
タイトルの意味が、ホントによくわかる!
ここまで、愛する人を支えることができるなんて・・
愛され受け容れられることで、
人は自分自身も受け容れ、生きていくことができるんだと。
自分を信じてくれる人がいるから、
自分自身も信じて、強くなれる。
そんな夫婦、家族の愛を感じる映画。
ラストは、涙が溢れます。

何回でもみれるお話!

投稿日

2003/12/10

レビュアー

Pikarin

何度みても泣けてきます。こんな映画に出会ったのは締め手かもしれません。絶対におすすめの一本です。とにかくキャスト全員のいいところが凝縮されていてそれぞれに輝いています。話の内容は、書きません。何も聞かずにそのままのプレーン気持ちのままでみるととてもおもしろいと思います。サスペンス、SF、ヒューマン、いろいろな要素がおり混ざっているのもとてもおもしろいです。みて良かった。最近の一番ヒットでした。

21〜 25件 / 全229件