ステイ・フレンズ

ステイ・フレンズの画像・ジャケット写真
ステイ・フレンズ / ジャスティン・ティンバーレイク
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

33

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ステイ・フレンズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

ジャスティン・ティンバーレイクとミラ・クニスの主演で贈るラブ・コメディ。気の合う友だち関係から、恋愛感情ナシのセックス・フレンドに進展した一組の男女が、恋と友情の狭間で揺れ動くさまをユーモラスに綴る。監督は前作「Easy A」で高い評価を受けた新鋭ウィル・グラック。LAで活躍していた敏腕アート・ディレクター、ディランは、NYでヘッドハンティングの仕事をしているジェイミーの仲介で転職を決意、NYに移り住む。ちょうど2人とも失恋したばかりで、面倒くさい恋愛にウンザリの時期。恋愛感情抜きのセックス・フレンドになろうというディランの提案にすっかり意気投合のジェイミー。それは2人にとって理想的でお得な友だち関係に思われたが…。 JAN:4547462079404

「ステイ・フレンズ」 の作品情報

製作年: 2011年
原題: FRIENDS WITH BENEFITS

「ステイ・フレンズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ステイ・フレンズの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 RDD80206 2012年02月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
31枚 0人 1人

【Blu-ray】ステイ・フレンズ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
2:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 BRR80206 2012年02月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:33件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全33件

最後が中途半端

投稿日:2014/09/16 レビュアー:トマト

ほんとにニューヨークでは
仕事で出会った男女があんなにフランクになれるんでしょうか?
ちがうよねえ?

とりあえずテンポは良いし美男美女なので
飽きずに見れた。

セフレでは終われないってのは予想通りの展開だけど
理由が全然語られてない。
好きになるのに理由というかきっかけがあってもいいもんだと思うけど。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

納得

投稿日:2014/07/20 レビュアー:あん3

予想通りの展開で、安心して楽しめるラブコメです。
疲れている時に丁度良いですね。

男女間の友情はあり得るか?というテーマはよく聞くけど、魅力的な男女間ではあり得ない気がします。

本作を観たらますます実感しました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

予想していたよりもよかったです

投稿日:2013/12/22 レビュアー:risa

ニューヨークを舞台とした、新しめの映画が見たくて選んだけれど、映像もキレイだし、ニューヨークとロスを比較しながらニューヨークの魅力を引き出していて、満足な映画でした。
ストーリーもテンポよく進んで、最後すっきりした気分になるし、ブルーレイには特典映像がたくさんついていて得した気分になりました。
セックスコメディにしてはクオリティーが高い、という感じ。DVDを買おうか悩む。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

性別を通した愛の先に。

投稿日:2013/12/14 レビュアー:F.L.E.M.

これはきっと、僕たちの物語だと
思わず友人に伝えた程、リアルな物語。
大切な気持ちに、性別は関係ないが
それをその他大勢と共有するには性別が関わる。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

臆病な恋のゆくえ

投稿日:2013/09/29 レビュアー:ムーンライト

アートディレクターのディラン(ジャスティン・ティンバーレイク)をヘッドハンティングした縁でジェイミー(ミラ・クリス)は、NYでディランのただ一人の友人となる。
誰も知ってる人がいない初めての土地での唯一という存在自体がもう特別。
たとえSEXがなかったとしても、二人はずっと友人でいられたはずだ。
周囲からみれば充分恋人同士な二人が、本当の恋人になるには、やはり何かのきっかけがなければならない。
金曜の夜だけでなく、土曜も一緒にいたいと思う何かが。

この映画ではそれが家族だ。コメディの中にシリアスなシーンが混在している。
人生も家族も楽しく幸せなだけじゃない。
ジェイミーの母親(パトリシア・クラークソン)は、男を作り男に捨てられ娘のところへ来る。男なしでは生きられないだらしない女。
ディランの父親(リチャード・ジェンキンス)は、アルツハイマーで、忘れっぽいし、外でも平気で下着姿になってしまう。
普通の恋人同士なら、そんな親を隠そうとするかもしれない。
でも恋人でないからこそ、こんななんだってさらけ出せたのかもしれない。
「他人なんか関係ない。あなたがどう見るか」
感情も考え方も生き方もカラダも家族も、みんな受け入れられたら最高のパートナーになれる。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全33件

ステイ・フレンズ