猿の惑星:創世記(ジェネシス)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の画像・ジャケット写真
猿の惑星:創世記(ジェネシス) / ジェームズ・フランコ
全体の平均評価点:
(5点満点)

149

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 の解説・あらすじ・ストーリー

記番:FXBB50196,FXWC50196,FDR50196の収録内容は同じです。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: RISE OF THE PLANET OF THE APES

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 1.日本語字幕 2.英語字幕 1.英語5.1chサラウンド
2.日本語5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBB50196 2012年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
152枚 10人 3人

【Blu-ray】猿の惑星:創世記(ジェネシス)(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 1.日本語字幕 2.英語字幕 1.英語5.1ch DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス)
2.日本語5.1ch DTS
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR50196 2012年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
72枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:149件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全149件

B+ エピソード0の物語としておもしろいネタバレ

投稿日:2012/03/24 レビュアー:かづしげ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 単体だったら一ランク落とす所だが、つながりのある話として前段を埋める作品になった。シリーズファンにとってはそこが嬉しい。
 脳の欠損を回復させる劇的効果を持つウィルスが、サルには副作用がなくヒトには致命的という点が安易過ぎると思う。新作単体ならまたかと思う設定だが、シリーズの創世記ということなら利用価値のある設定かな。
 高い知能を持ったサル=シーザーが、他のサルやヒトの迫害に立ち向かう姿勢は共感を呼ぶ。研究者ウィル(ジェイムズ・フランコ)との愛情関係も、ペットに対する愛と人間に対する愛との違いを感じさせて好かった。シーザーは命を賭けてウィルの父を救ったが捕らわれた。それに対する救済行動はペットに対する範疇を超えなかった。信頼を失っても仕方がないと思う。ラストシーンで出発を理解した時、初めてウィルはシーザーを自分達と同レベルの感情と知性を併せ持つ人間?と認めたのだ。ここも好かった。


※レーティングは、A+,A,A->B+,B,B->C+,C,C- の9段階。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

薬が欲しいっ(汗)

投稿日:2013/11/15 レビュアー:みなさん

本作品のレビューもUPしたような気になっていた。物忘れもヒドいが、思い込みの強さにはビックリしてしまう。未だに「いや、レビューは書いたはずだ」「UPしたはずだ」と納得していない。
それにしても、同じようなことを最近は何度も経験している。私にも、アルツハイマー用の薬が必要だ。(笑)

化学者のウィルは、父のアルツハイマー型認知症を治したい一心で新薬を開発する。しかし、製品化を急ぐあまり、その薬を雌のチンパンジーに投与してしまう。ところが、その実験は失敗し、雌は死亡。ウィルは、生まれたばかりの赤ん坊を引き取り、“シーザー”と名付けて育てることになる。
シーザーは成長するにつれ、驚くべき知能を発揮するようになる。明らかに新薬の影響だった。
……というお話し。
やがて、或る出来事を境に、事態は坂道を転げ落ちるように悪化して行く。これをカタストロフィと呼んでいいのか分からないが、映画は猿たちの蜂起というカタチで描かれる。そのため、結末がない。
『〜:創世記』というタイトルからも知れるように、“壮大な叙事詩の第一章”というポジションにスッポリと落ち着いてしまう。うーん、意気込みはかうけど、「ちょっとズルくないか?」と思ってしまった。
続編が製作されれば狙いは的中、いいポジションにつけたなと高評価だ。けれど、そうでない場合は単なるマヌケ。でも、評価は後世に委ねることになるから、いまは痛くもカユくもない。そういう姿勢はビンボーくさくて好きじゃない。もっと真剣に熱い情熱を見せて欲しかった。

シーザーをはじめとする猿たちは、ほとんどCGで描かれている。そのライティングに合わせるように実写映像の照明を調整したのか、スクリーンが無闇に明るくなっている。上手いこと考えたものだ。
俳優よりも、猿たちの存在感に、評価が左右される作品だ。それはオリジナルのシリーズからもうかがい知れる。自明のことだったに違いない。
CGのキャラクタに違和感を持たせないようにするためには、ぜーんぶCGっぽくしてしまえばいい。そういう発想の作品は、これまでにもあったが、本作品が一番成功していたように思う。

そういう意味では、CGキャラクタの出来映えは、ドキュメンタリーのようなリアリティを追求したものでなかったことも高く評価したい。言ってみれば、漫画のようなものだ。アニメが日常的に見られる現代だからこそのセンスだろう。
もし、これがBBCアースのカメラがとらえたチンパンジーやオラウータンのようだったら、本作品はSFではなく、ホラー映画になっていたに違いない。或いは、ヤコペッティの『残酷物語』か……。(笑)

主人公ウィルを演じたのは、ジェームズ・フランコ。二枚目なのか“ちょっとザンネン”なのか、よく分からない顔立ちをしている。(笑) 本作品がシリーズ化されたなら、彼が歴史の目撃者であり、証言者となるのだろう。
その父親役は、ジョン・リスゴー。私たちの世代には、ひとのいい父親役から殺人鬼まで幅広く演じられる方として記憶されている。本作品でも、認知症の老人を演じてうまかった。(ちょっと心が痛かった)
ウィルの恋人役は、フリーダ・ピント。美形だが、いまひとつ華やかさに欠けるような気がする。顔も名前も直ぐに忘れてしまう。思い出せない。(ちょっとアルツハイマー気味なので、ご勘弁を)

キレイにまとまった作品だった。ただ、キレイな分、重量感に欠けていたことは否めない。スピード感とシャープさが優先されるからだろう。
個人的には泥臭くてもいいから、大地を両の足で踏みしめた男たちの戦いが観たい。ジョン・フォード監督作品か黒澤明監督作品でも観るかなぁ。

デジタル世代の『猿の惑星』シリーズが続くことを祈って――。オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

NOOOOO!!!(“劇場で観たけど未レビュー”シリーズ)ネタバレ

投稿日:2013/10/29 レビュアー:パンケーキレンズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

劇場で観て、レビューしてなかった作品たちを、もう一回観てみようかなと・・・♪

久しぶりに鑑賞しましたが
やっぱり、隣の家のおっちゃん(パイロット)が気の毒過ぎるwww

そりゃ、サルが自分の家に乱入してきたら、バットで撃退するし
自分の車があんなことになったら、キレる気持ちも分からんでもないw
しかも、運の悪いことに(映画的には吉w)
病原菌の運び屋に抜擢されるというwww

人間と猿の立場の逆転が、一体どうゆうふうに起こったのか・・・っていう前日譚なんですけど
これ
サル(シーザー)目線で観ると、結構、ようできてる
なのに
人間(J・フランコ)目線で観ると、腑に落ちない(軽い)部分が多いんですよね・・・

そもそも、サルと主人公の関係性(絆)を物語る、決定的なエピソードがないというか
たとえば、最後の森のシーンで、主人公が「分かった」と言って
あっさり、シーザーを自由の身にさせてやることに対して
観客を納得させるものが見当たらないんですよね
それまで、動物をああいう風に扱ってきたことに対しての、葛藤とか
人間のエゴだって、もうちょっと濃い目にあってもいいし
なんといっても、この映画の世界が、ちょっと狭いっていうのも・・・・

主人公はシーザーだと言われれば、それまでなんですけどw

シーザーの表情は、抜群ですね♪
パーフェクトでした☆!!
不安や憤りや失望といった感情が、素晴らしい
アンディ・サーキス、やるぅ!!w
「NO!」っていうセリフの、響くこと、響くこと♪

エンタメとしは、上出来だとは思うのですが
サルが地球を支配するその裏側で
人間が滅びの一途を辿った、その道筋が、安易すぎて
もう少し、多面的な世界観を期待してしまった自分としては

J・フランコだったから、こんなにペラいのかっ!?

という疑問を、抱きながらも、認めたくない自分もいるわけで(←?)

いや、でもしかし
フランコの白衣姿は、よろしいですな〜♪
っていう、結局、いつものような〆ですw

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待以上でした

投稿日:2012/05/21 レビュアー:さむこ

思ってたより面白かった!
あの猿くんの表情、素晴らしかったです。
ウィルとシーザーの微妙な関係が物語を面白くしてくれたと思います。
はっきりとした友情とか、ウィルが完璧に善の人間だったらこんなに面白くなかったかも。
ある一定の線を越えようとすると、シーザーが仲間を抑えるところが泣ける。
徐々に知能があがっていくから違和感もなかったし。

ただ、何も考えずに娯楽映画として見れば面白いけど、深い意味とか求めたり、前作と比較したりしたらダメかな・・。
主人公は未来を考えてないし、ペット飼う資格がなさすぎ。
その場しのぎで対処していて、あれではシーザーがかわいそう。

フリーダ・ピントは、スラムドッグ以来やっと見れたけどきれいだったなあ。
借りて損はない1本だと思います☆

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

身近に猿がいない

投稿日:2012/03/10 レビュアー:aiai

オリジナルの「猿の惑星」は、相対性理論でいわれてるように、光速に近い速度で進む宇宙船内では時間の進みが遅く、
それに対して、地球ではとんでもない時間の経過があり、乗組員が戻ったら地球は猿が支配していたと。
1968年当初は遺伝子の研究も今ほど進んでなかったから、猿と人間はニアリーイコールということで、こういった
話しが生まれたんだろうけど、ここんところのめざましいゲノム分析結果なんか聞くと、どうも猿と人間は遺伝子的に
近くて遠いということで、つまりは平たくいうと、
「猿はそう簡単に人間になれない」
らしい。
人間が核とか戦争とかで滅びる世界はあっても、猿は猿、イルカはイルカのままであって、生物の1種族が惑星を
支配している姿は考えづらい。
そういう科学の進歩を丸無視したストーリーが作成された主旨がいまいちわからんけれど、突然変異という一言で
片付く問題であるのかもしれない(笑)

昔、スタートレックかアニメか忘れましたが、クジラが支配している惑星があって、地球人は捕鯨しているということで
クジラのリーダー達がお怒りになるという設定のSFドラマがありました。
ほ乳類とはいえ、クジラも支配せんよなぁ(笑)

陸や海より圧倒的に空を飛べるほうがアドバンテージあると思うので、進化のはてにあるのは、
鳥系だと思うんだけどなぁ。。。

映画自体はなんか後半眠くなってしまって。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全149件

猿の惑星:創世記(ジェネシス)