トレインスポッティング

トレインスポッティングの画像・ジャケット写真
トレインスポッティング / ユアン・マクレガー
全体の平均評価点:
(5点満点)

90

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「トレインスポッティング」 の解説・あらすじ・ストーリー

ヘロイン中毒のレントンは、仲間たちと愉快ででたらめな日々を過ごしていた。ロンドンで仕事を見つけたものの、仲間たちのせいで結局クビに。そんなところへ、売人から大量のドラッグを売りさばく仕事を持ちかけられて……。イギリスでカルト的な人気を得、舞台にもなったI・ウェルシュの同名小説に、秀作スリラー「シャロウ・グレイブ」のチームが挑んだ話題作。本国はもとより、アメリカ、日本でも大ヒットとなった。 JAN:9999203189562

「トレインスポッティング」 の作品情報

製作年: 1996年
原題: TRAINSPOTTING

「トレインスポッティング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トレインスポッティングの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ACBR10196 2004年03月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 2人 0人

【Blu-ray】トレインスポッティング(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ACXE10196 2011年11月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:90件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全90件

Choose!

投稿日:2007/05/03 レビュアー:tomio

選べる限り未来は選びたい。
それが冷蔵庫でもテレビでも洗濯機でも。
人生は選択の繰り返し。
命ある限り『チョイス』はつきまとう。
この先
何か選択に迫られたとき
数多く観てきた映画が少しでも
その助けになれば幸いかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

薬チュウの話は好きなのでおもしろかった。

投稿日:2006/09/26 レビュアー:かづしげ

 観る人を選ぶでしょうね。薬チュウの話ですから。興味があればこれはおもしろいですよ。ただ、紹介されているようなヘロインじゃなくてLSDだったような気がするのですが……あまり記憶に自信はありません。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

堕ちる所まで堕ちたら?

投稿日:2004/03/19 レビュアー:M&T

ドラッグ、暴力、強盗、死、スコットランドの若者達の最悪な青春の物語ですが なぜかユアン・マクレガーのセリフはリズムをきざむようで少し昔の音楽のテンポとマッチして心なしか楽しくなってきます「時計仕掛けのオレンジ」のダニー・ボイル版とでも言えるでしょうか カメラワークも面白い味付けがしてあって見ていて楽しめます レントンに恋する高校生役のケリー・マクドナルドもとても可愛いです しかしユアン・マクレガーはいろんな映画に見事にハマル上手い役者だと思います

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

時代と寝た映画

投稿日:2018/06/23 レビュアー:ビンス

続編を観るために
20年ぶりぐらいに再鑑賞。
観ると、当時の記憶が蘇ってくる。
本国イギリスでも
アメリカでも日本でも大人気となり
90年代のポップカルチャーの象徴的映画となった今作。
その空気や匂いが蘇ってくる。
間違いなくこの作品は
90年代という時代と寝た映画。
映画は売れたし
サントラも売れたし
Tシャツも売れた
ヴィレッジバンガード的映画(笑)
そしてユアンも売れた
ダニーも売れた
ストーリーは本当にクソ(笑)
クソ人間どものシットな物語
働かない納めない
お金はないが退屈満載
ないなら盗んで奪って
飲んで打ってキマってドープ
ヘロヘロヘロイン
キマってドープ
あー言えば上祐(古ッ!!!)ならぬ
どうしても常習
どーしよーもない若者が文句を垂れ流し
どーしよーもない未来を掴もうとする物語
もう一回だけ、の「もう一回」が
無限にあると思ってる若者たちのクソまみれな日常
イギリスにより
イギリスらしい
イギリス映画

さてさてこんな物語の続編とは・・・
いろんな意味で気になるその後だ

この物語はヘロインが主役と言ってもいいほどだし
その恐怖をまざまざと見せつけるが
作品のことを瞬間的に思い出すときに
いつもパっと頭に浮かぶのは
「走ってる映画」ということだ
そんなに走ってるシーンはないんだけど
あの冒頭のシーンがそれほどインパクトを残している
グッドミュージックと共に

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

個人的には好き。

投稿日:2008/11/26 レビュアー:Silvalatte

ドラッグに溺れた青年たちの生き様を描いた作品。

劇中で見られるようなクソ馬鹿らしい行為を昔実際に見たことがあったが、思い出してイライラしてしまった。途中何度も「もう見るのやめよ」とか思ったけど、ユアン マグレガーたちの好演ぶりのおかげで最後までみた。

ストーリーはお涙頂戴だとか、そういうありきたりなやつじゃなくて、リアリズムに即してジャンキーの日常を描いている。イギリスの若年層に受けた理由もやはりどこか親密的な内容だったんだろうからなーって、勝手に推測中。

とりあえず、言えることはあまり小さい人にはこの映画は見てほしくないって事。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全90件

トレインスポッティング