ゴースト ニューヨークの幻

ゴースト ニューヨークの幻の画像・ジャケット写真

ゴースト ニューヨークの幻 / パトリック・スウェイジ

全体の平均評価点:(5点満点)

96

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

ジャンル :

「ゴースト ニューヨークの幻」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

強盗に襲われ命を落とした男は、幽霊となって恋人の側に現れるが、彼女には彼の存在がまるで伝わらない。やがて自分を殺した強盗が彼女にも迫っている事を知った男は、彼の声を聞く事の出来る霊媒師の力を借りて危険を知らせようとするが……。サスペンスとロマンスがほどよくブレンドされ日本でも大ヒットした作品。D・ムーアも本作でブレイクした。 JAN:9999203189558

「ゴースト ニューヨークの幻」 の作品情報

作品情報

製作年: 1990年
原題: GHOST
受賞記録: 1990年 アカデミー賞 助演女優賞
1990年 ゴールデン・グローブ 助演女優賞

「ゴースト ニューヨークの幻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

Lの世界 シーズン2

キング・ソロモンの秘宝

ノートルダムの鐘

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

ユーザーレビュー:96件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全96件

「死んでも君を守りたい」

投稿日:2007/04/02 レビュアー:徒然蜜柑白書

という真にベタなキャッチフレーズで1990年公開当時カップルが上映館に殺到した大ヒット作。

ストーリーは単純かつ明快なラブ・ストーリーで深い意味はありません。ただし、ロマンスにファンタジーという要素を取り入れた新境地を開拓した先駆的作品であったことと今なおこの分野では興行収入1位である点は大いに評価するべきだと思います。

デミ・ムーアが息のあった恋人役モリー・ジェンセンを好演してボーイッシュでキュートな魅力を印象付けたこととインチキ霊媒師オダ・メイを演じたウーピー・ゴールドバーグの真に迫った胡散臭さとコミカルさを世に知らしめたことは特筆できると思います。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

何でこの映画人気あるの?

投稿日:2006/09/20 レビュアー:エイちゃん

この映画途中でウーピーゴールドバーグ扮するオダメイが出なかったら全くの凡作面白いのは彼女だけまさに天才後は大根ばっかり

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

美しい映像

投稿日:2005/09/20 レビュアー:ケイ

霊媒師を演じたウーピー・ゴールドバーグの名演技が、ロマンチックに埋もれてしまいそうなこの映画を引き締めていると思う。
陶芸をする二人のシーンを含め、全体を通して美しい映像で魅せてくれる。ケチをつけるところがないくらいの良い映画です。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

100万ドルの涙は今もなお

投稿日:2021/07/09 レビュアー:ビンス

はじめてこの作品を観た時
「なんて美しい涙なんだ」
と思いました。
デミ・ムーアの流す涙
そのひとしずく
100万ドルの涙だ
そう思いました。
その思いは
以後何度この作品を観ても
変わることなく
何度目かわからない再鑑賞でも
その美しさを1ドル分すら
1セント分すら損なうことなく
100万ドルの涙は今もなお
100万ドルの涙でした。
時代を超えていくラブストーリー
時間を超えていくラブストーリー
ボクの中でこの作品は
そう言い切るに値する大切な作品です。
デミ・ムーア史上最高傑作であり
彼女が最も美しく輝いている作品である。
これまで観てきた映画の中で
100万ドルに値する涙のシーンを
思い浮かべた時
瞬間で頭に浮かぶのがこの作品
そして「ボルベール」の
ペネロペ・クルスの涙です。
キリよく3つ挙げたいのですが
パっと浮かぶのはその2つです。
で、思い入れを加味すれば
やはりナンバー1はデミ・ムーアになります。
彼女はボクの涙のクイーンであり
ショートカットのクイーンでもあります。
印象的なシーンに
印象的なセリフ
そして
切ないデミ・ムーアの助けを呼ぶ声と
珠玉の名曲たる「アンチェイドメロディ」が
深く心に刻まれる名作です。

「アンチェイドメロディ」は
はじめて歌詞を全部暗記した外国語曲かもしれません。
よ〜〜く口ずさんでました。
非の打ちどころのない名曲中の名曲ですね。

「とんねるずのみなさんのおかげです」で
タカさんと牧瀬里穂でパロディしてましたね。
牧瀬里穂の可愛らしさと
タカさんがジーンズのチャック全開で演技してたのを思い出します。

あ、もうひとつ
ヴィデオテープで購入し
DVDでも購入し
現在はデータでも保持している
唯一の作品です。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

悲喜交々

投稿日:2010/11/28 レビュアー:はち

改めて見ると初めて見たときとはずいぶん感想が違うが、
やっぱり名作だとは思った。
何より、1つの作品の中に色々な要素が詰まっている。
恋愛を楽しみたい人にも、笑いを求めている人にも、ハラハラしたい人にも、
ちょっとぞっとしたい人にも何か琴線に触れる部分があるのではないだろうか。
(まぁ、多少の時代感は目をつぶって)
それにしてもデミ・ムーアの長い首と半開きの口が魅力的。
愛する人を待ち続ける老夫、守り抜くサム・・・、私も生きている間に
人のために何か良いことのできる人にならなくてはと戒めも感じられた。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全96件

ゴースト ニューヨークの幻

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:96件

「死んでも君を守りたい」

投稿日

2007/04/02

レビュアー

徒然蜜柑白書

という真にベタなキャッチフレーズで1990年公開当時カップルが上映館に殺到した大ヒット作。

ストーリーは単純かつ明快なラブ・ストーリーで深い意味はありません。ただし、ロマンスにファンタジーという要素を取り入れた新境地を開拓した先駆的作品であったことと今なおこの分野では興行収入1位である点は大いに評価するべきだと思います。

デミ・ムーアが息のあった恋人役モリー・ジェンセンを好演してボーイッシュでキュートな魅力を印象付けたこととインチキ霊媒師オダ・メイを演じたウーピー・ゴールドバーグの真に迫った胡散臭さとコミカルさを世に知らしめたことは特筆できると思います。

何でこの映画人気あるの?

投稿日

2006/09/20

レビュアー

エイちゃん

この映画途中でウーピーゴールドバーグ扮するオダメイが出なかったら全くの凡作面白いのは彼女だけまさに天才後は大根ばっかり

美しい映像

投稿日

2005/09/20

レビュアー

ケイ

霊媒師を演じたウーピー・ゴールドバーグの名演技が、ロマンチックに埋もれてしまいそうなこの映画を引き締めていると思う。
陶芸をする二人のシーンを含め、全体を通して美しい映像で魅せてくれる。ケチをつけるところがないくらいの良い映画です。

100万ドルの涙は今もなお

投稿日

2021/07/09

レビュアー

ビンス

はじめてこの作品を観た時
「なんて美しい涙なんだ」
と思いました。
デミ・ムーアの流す涙
そのひとしずく
100万ドルの涙だ
そう思いました。
その思いは
以後何度この作品を観ても
変わることなく
何度目かわからない再鑑賞でも
その美しさを1ドル分すら
1セント分すら損なうことなく
100万ドルの涙は今もなお
100万ドルの涙でした。
時代を超えていくラブストーリー
時間を超えていくラブストーリー
ボクの中でこの作品は
そう言い切るに値する大切な作品です。
デミ・ムーア史上最高傑作であり
彼女が最も美しく輝いている作品である。
これまで観てきた映画の中で
100万ドルに値する涙のシーンを
思い浮かべた時
瞬間で頭に浮かぶのがこの作品
そして「ボルベール」の
ペネロペ・クルスの涙です。
キリよく3つ挙げたいのですが
パっと浮かぶのはその2つです。
で、思い入れを加味すれば
やはりナンバー1はデミ・ムーアになります。
彼女はボクの涙のクイーンであり
ショートカットのクイーンでもあります。
印象的なシーンに
印象的なセリフ
そして
切ないデミ・ムーアの助けを呼ぶ声と
珠玉の名曲たる「アンチェイドメロディ」が
深く心に刻まれる名作です。

「アンチェイドメロディ」は
はじめて歌詞を全部暗記した外国語曲かもしれません。
よ〜〜く口ずさんでました。
非の打ちどころのない名曲中の名曲ですね。

「とんねるずのみなさんのおかげです」で
タカさんと牧瀬里穂でパロディしてましたね。
牧瀬里穂の可愛らしさと
タカさんがジーンズのチャック全開で演技してたのを思い出します。

あ、もうひとつ
ヴィデオテープで購入し
DVDでも購入し
現在はデータでも保持している
唯一の作品です。

悲喜交々

投稿日

2010/11/28

レビュアー

はち

改めて見ると初めて見たときとはずいぶん感想が違うが、
やっぱり名作だとは思った。
何より、1つの作品の中に色々な要素が詰まっている。
恋愛を楽しみたい人にも、笑いを求めている人にも、ハラハラしたい人にも、
ちょっとぞっとしたい人にも何か琴線に触れる部分があるのではないだろうか。
(まぁ、多少の時代感は目をつぶって)
それにしてもデミ・ムーアの長い首と半開きの口が魅力的。
愛する人を待ち続ける老夫、守り抜くサム・・・、私も生きている間に
人のために何か良いことのできる人にならなくてはと戒めも感じられた。

21〜 25件 / 全96件