パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉の画像・ジャケット写真

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉 / ジョニー・デップ

全体の平均評価点:(5点満点)

99

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

シリーズ

ジャンル :

「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

シリーズ

解説・ストーリー

※【Blu-ray 3D】は、「ブルーレイ」タブから選択してください。<br>ジョニー・デップ主演のアクション・アドヴェンチャー・シリーズ第4作。永遠の生命をもたらすといわれる“生命(いのち)の泉”。黒ひげ、アンジェリカ、バルボッサら最強の海賊たちが野望を胸に航海へと旅立つ中、泉への地図を持つジャックが立ち上がる。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES

「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ウーマン・オン・トップ

ドン・ジュアン

ザ・シーカー 光の六つのしるし

ロンドン・バーニング

ユーザーレビュー:99件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全99件

主人公が飄々としすぎるし、それぞれの対立構造がすっきりしない

投稿日:2011/11/23 レビュアー:aiai

初回作がいまだに累計レビューのトップにあるのは別に作品自体が素晴らしいわけではなく、
レビューの広場が黎明期の頃にうまく乗っかっちゃったというだけの話し(笑)

毎回そうだけど主人公のジャックがあまりにもへらへらしすぎていて、ぴしっとこない分、
しまりがない。例えば、海賊漫画ワンピースなんかは決めるときは決めるぞという
ある種の不文律があってそれが物語を引き締めているし、ルパンなんかもそう。

で、主だった登場人物らがそれぞれの思惑をもっているのだが、その方向性が
いまいち収束していかないし、ジャックとの関係性もいまいち希薄。
元海賊で政府側にたった奴(ワンピースでいうところの七武海)、
黒髭(ワンピースでいうところのヤミヤミの実の能力者(笑))、
神父、
人魚
なんか、バラバラがバラバラで終わる。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

がっかりだ・・・

投稿日:2011/11/06 レビュアー:Kenichi

出ている人に罪は無いけど、「もういいじゃん」って思う。
普通に笑えるけど、面白くない。悪く言えばダラダラ惰性で続いているだけ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

とうぜん面白い

投稿日:2011/11/05 レビュアー:デジコン

何も考えずに見ても、前3部作より地味な感じは否めません。
まぁ元の発想がスピンオフだったと云うこともあるかも知れませんが、ドル箱タイトルに乗じてもう一儲けしようと考えたのは間違いない(笑)

ワールド・エンドでのオーランド・ブルーム演じるウィル・ターナーの悲愴で壮大な運命の幕切れがあまりにもドラマティックだった為に、
あの余韻のままで終わっていれば・・・とは思うものの、見終わってみればやっぱり面白かったのも事実。

制作費の減った分、以前ほどのド派手なVFXは抑えられており終盤はちょっと間延びした感もありますがキチンと集中して見れば楽しいはず。
また前作同様、ジャック・スパロウの父親キャプテン・ティーグ・スパロウ役でロックバンド、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズも公演。

ちょっとコンパクトな印象にはなったけど、エンタメ大作としては上物です。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

とうぜん面白い

投稿日:2011/11/05 レビュアー:デジコン

何も考えずに見ても、前3部作より地味な感じは否めません。
まぁ元の発想がスピンオフだったと云うこともあるかも知れませんが、ドル箱タイトルに乗じてもう一儲けしようと考えたのは間違いない(笑)

ワールド・エンドでのオーランド・ブルーム演じるウィル・ターナーの悲愴で壮大な運命の幕切れがあまりにもドラマティックだった為に、
あの余韻のままで終わっていれば・・・とは思うものの、見終わってみればやっぱり面白かったのも事実。

制作費の減った分、以前ほどのド派手なVFXは抑えられており終盤はちょっと間延びした感もありますがキチンと集中して見れば楽しいはず。
また前作同様、ジャック・スパロウの父親キャプテン・ティーグ・スパロウ役でロックバンド、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズも公演。

ちょっとコンパクトな印象にはなったけど、エンタメ大作としては上物です。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

7点満点中

投稿日:2011/11/02 レビュアー:ビリケン

5点

シリーズの中ではわかりやすく面白かったと思う。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全99件

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:99件

主人公が飄々としすぎるし、それぞれの対立構造がすっきりしない

投稿日

2011/11/23

レビュアー

aiai

初回作がいまだに累計レビューのトップにあるのは別に作品自体が素晴らしいわけではなく、
レビューの広場が黎明期の頃にうまく乗っかっちゃったというだけの話し(笑)

毎回そうだけど主人公のジャックがあまりにもへらへらしすぎていて、ぴしっとこない分、
しまりがない。例えば、海賊漫画ワンピースなんかは決めるときは決めるぞという
ある種の不文律があってそれが物語を引き締めているし、ルパンなんかもそう。

で、主だった登場人物らがそれぞれの思惑をもっているのだが、その方向性が
いまいち収束していかないし、ジャックとの関係性もいまいち希薄。
元海賊で政府側にたった奴(ワンピースでいうところの七武海)、
黒髭(ワンピースでいうところのヤミヤミの実の能力者(笑))、
神父、
人魚
なんか、バラバラがバラバラで終わる。

がっかりだ・・・

投稿日

2011/11/06

レビュアー

Kenichi

出ている人に罪は無いけど、「もういいじゃん」って思う。
普通に笑えるけど、面白くない。悪く言えばダラダラ惰性で続いているだけ。

とうぜん面白い

投稿日

2011/11/05

レビュアー

デジコン

何も考えずに見ても、前3部作より地味な感じは否めません。
まぁ元の発想がスピンオフだったと云うこともあるかも知れませんが、ドル箱タイトルに乗じてもう一儲けしようと考えたのは間違いない(笑)

ワールド・エンドでのオーランド・ブルーム演じるウィル・ターナーの悲愴で壮大な運命の幕切れがあまりにもドラマティックだった為に、
あの余韻のままで終わっていれば・・・とは思うものの、見終わってみればやっぱり面白かったのも事実。

制作費の減った分、以前ほどのド派手なVFXは抑えられており終盤はちょっと間延びした感もありますがキチンと集中して見れば楽しいはず。
また前作同様、ジャック・スパロウの父親キャプテン・ティーグ・スパロウ役でロックバンド、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズも公演。

ちょっとコンパクトな印象にはなったけど、エンタメ大作としては上物です。

とうぜん面白い

投稿日

2011/11/05

レビュアー

デジコン

何も考えずに見ても、前3部作より地味な感じは否めません。
まぁ元の発想がスピンオフだったと云うこともあるかも知れませんが、ドル箱タイトルに乗じてもう一儲けしようと考えたのは間違いない(笑)

ワールド・エンドでのオーランド・ブルーム演じるウィル・ターナーの悲愴で壮大な運命の幕切れがあまりにもドラマティックだった為に、
あの余韻のままで終わっていれば・・・とは思うものの、見終わってみればやっぱり面白かったのも事実。

制作費の減った分、以前ほどのド派手なVFXは抑えられており終盤はちょっと間延びした感もありますがキチンと集中して見れば楽しいはず。
また前作同様、ジャック・スパロウの父親キャプテン・ティーグ・スパロウ役でロックバンド、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズも公演。

ちょっとコンパクトな印象にはなったけど、エンタメ大作としては上物です。

7点満点中

投稿日

2011/11/02

レビュアー

ビリケン

5点

シリーズの中ではわかりやすく面白かったと思う。

21〜 25件 / 全99件