バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャーの画像・ジャケット写真
バック・トゥ・ザ・フューチャー / マイケル・J.フォックス
全体の平均評価点:
(5点満点)

132

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 映画賞受賞作品
  • シリーズ
ジャンル:

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 の解説・あらすじ・ストーリー

友人の科学者ドクの作ったタイムマシン・デロリアンに誤って乗り込んだ高校生マーティが30年前の世界へ。その世界でのドクの協力を得て元の世界へ帰る方法を見つけたマーティだったが、彼には少女の頃の母親に惚れられたために変わりつつある歴史の修復作業が残っていた。 JAN:9999203045370

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 の作品情報

製作年: 1985年
原題: BACK TO THE FUTURE
受賞記録: 1985年 アカデミー賞 音響効果編集賞

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

バック・トゥ・ザ・フューチャーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
116分 日本語・英語 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル4.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD30742 2003年11月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
85枚 4人 4人

【Blu-ray】バック・トゥ・ザ・フューチャー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
116分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1141R 2011年07月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 2人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:132件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全132件

SF映画の最高傑作ですネタバレ

投稿日:2006/05/31 レビュアー:たか

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

よくアメリカ映画の中に日本の製品が出ていることがありますが、この映画もしかり。「パナソニックの目覚ましラジオ」「ビクター(JVC)のビデオカメラ」「トヨタの4WD」。こんなのを映画の中で探すのも楽しみなひとつです。これって邪道?
まず、音楽。マイケル・Jフォックスがトラックの荷台につかまりながらスケボーに乗って家に帰るシーンで流れるロックの曲。ノリノリで最高!。
次は音声。今はサラウンドはあたりまえですが、1985年はまだ珍しかったかも。デロリアンに犬を乗せテストをするシーン。
デロリアンがこちらに向かって来る、そして、後ろへ走りすぎた時、後ろのスピーカーからタイムスリップした時の音が・・・。
そのすごい臨場感に「うあぉー」と思わず叫んでしまいました。
ヒロインについてですが、「リー・トンプソン」かわいかったですね。しかし、最初にマイケル・Jフォックスの母親役で、老けたメイクで出てきた時には、その変身ぶりにびっくりしました。
話は、過去を変えると未来も変わってしまうというよくある話ですが、いやぁー面白い。☆四つ半です。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

伏線を見逃すな!

投稿日:2006/05/04 レビュアー:かづしげ

 これはもう最高のSF映画で、傑作青春コメディで、至る所に伏線が張られていて何度見ても飽きない作品と言っていいでしょう。三部作でどれもめちゃくちゃおもしろいっす。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

USJへ行った

投稿日:2005/10/31 レビュアー:ケイアイ

 ちょっと前にUSJに行きました。2回目にして、やっとこのアトラクションに乗れたんですが、子供はこの映画を見ずに楽しんでいましたが、映画をみてからだと楽しさは2倍、3倍だと思います。
 何回も見ている映画ですが、何回みても面白さが変わらない映画は少ないものです。これはそういう映画です。主演のマイケルJフォックスは、残念ながら病気と闘っていますが、彼のこの3部作はいつの時代になっても観客を楽しませることは間違いありません。
 リートンプソンもかわいいです。タイムスリップものの中でも、SF映画の中でも屈指の傑作。誰が見ても絶対楽しめる作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

過去を舞台にしたSFだから

投稿日:2003/12/23 レビュアー:かんぬき

SFは時間が経つと腐ってしまうものです。しかしこれは過去を舞台にしているので、制作から20年経った今も、ちっとも古くささを感じさせません。息の長い作品です。きっと、何年経っても古くならない、奇跡のSF映画です。
起承転結が本当によく構成されています。これ以上きちんと作られた映画を探すのは難しいくらい。娯楽の要素もたっぷりです。笑わせる、少し泣かせる、ハラハラさせる。印象的な音楽も、有名すぎるくらい有名になってしまいました。
何度もTV放送されているので、もう見たよという方が多いでしょうが、未見の方、これはオススメですよ!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

計算されたSFコメディの傑作

投稿日:2016/04/20 レビュアー:趣味は洋画

タイムスリップものの約束事を踏まえながら、存分に遊び心を発揮したロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルの脚本が見事。本作で消化しきれなかったアイデアをもとにシリーズ化されたのも頷ける。

のどかな住宅街ヒル・バレーに住むマーティ(マイケル・J・フォックス)は、どこにでもいるロック好きの高校生。変わり者のブラウン博士(クリストファー・ロイド)の助手をしているが、タイム・マシーンに改造した車デロリアンの実験に立ち会っていたところ、突然、リビアの過激派に襲撃され、ブラウン博士が射殺されてしまう。慌ててデロリアンに飛び乗ったマーティは、気が付くと30年前、1955年のヒル・バレーにいた。
まだ高校生の両親に出合ったマーティは、2人の仲を取り持ちながら、現代に戻る方法を探す。
そして協力を求めたのは、過去のブラウン博士だった...

ウイング式の開閉ドアを備え、タイム・マシーンに改造された稀少車デロリアンは、プルトニウムを燃料とするため、それが手に入らない過去から現代に戻るためには、落雷のエネルギーを利用しなくてはならない。それがオープニングで現れる場面(時計台に落雷した時間を書いたチラシ)で示されるなど、現代の場面を周到に見ていると、ちゃんと過去で起こることが絶妙の伏線として隠されている。
又、過去へタイムスリップしたマーティ少年のカルチャー・ショックや、レトロ・ディテールも丁寧に作られており、まさに世代を超えて楽しめる娯楽作品だ。

公開年の全米興行成績1位であり、翌年公開された日本でも、その年興業収入ベスト1に輝いたという大ヒット作。

80年代と50年代のギャップからくる笑いが楽しい。
ノスタルジーを盛り込み、随所にSFXを駆使したビジュアルが配されている。
ブラウン博士を演じたC・ロイドの怪演ぶりも素晴らしい。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全132件

バック・トゥ・ザ・フューチャー