SPACE BATTLESHIP ヤマト

SPACE BATTLESHIP ヤマトの画像・ジャケット写真
SPACE BATTLESHIP ヤマト / 木村拓哉
全体の平均評価点:
(5点満点)

158

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的アニメ「宇宙戦艦ヤマト」を木村拓哉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督で実写映画化したSFアドベンチャー大作。滅亡の危機に直面した人類最後の希望を背に旅立った宇宙戦艦ヤマトの運命を描く。2199年、正体不明の異星人ガミラスの突然の侵攻で人類の大半が死滅した地球。わずかな生存者たちは、放射能の汚染から逃れるべく地下での生活を余儀なくされていた。そんなある日、14万8千光年彼方の惑星イスカンダルに放射能除去装置があることが判明。そこに最後の希望を託した人類は、宇宙戦艦ヤマトのイスカンダルへの派遣を決定。一方、失意の中で一線を退いていたかつてのエースパイロット古代進も戦場への復帰を決意し、ヤマトへの乗艦を志願するのだが…。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

SPACE BATTLESHIP ヤマトの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 日(ガイド) 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV21209R 2011年06月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
24枚 2人 1人

【Blu-ray】SPACE BATTLESHIP ヤマト(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR21208R 2011年06月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 1人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:158件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全158件

ひどい、オレは否定的なことは書かない方だが・・それにしても

投稿日:2011/09/22 レビュアー:大社長

いや、これはかなりひどい・・・。こんな否定的なレヴューは書かない方だし、どんな作品にもなんかしらの評価すべきところはある・・・。しかし、この作品は・・・。
キムタクは好きでも嫌いでもなかった、というかまぁ悪くは無いくらいの感じだったけど、完全に嫌いになった。なんだあの演技、大根か?
だれだこの脚本書いたヤツ!薄っぺらい、不気味なまでの体育会系ノリ、有名ドコロ、有名キャラを殺せば盛り上がるとでも思ってんのか?
ひどい!ひどすぎる!
ドラゴンボール実写版を観て、鳥山先生に対する冒涜だ、謝れ!と言ったヤツ!観てみろこれを!
松本先生に謝れ!

(唯一評価できるとすれば、メカの造形、あとエンディングのスティーヴンタイラーの歌声、それだけはよかった。)

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なぜ宇宙戦艦が大和でなくてはならなかったのか。ネタバレ

投稿日:2011/06/22 レビュアー:フォローの飛龍

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アニメ版のヤマトで、なぜ宇宙戦艦が大和でなくてはならなかったのか。なぜガミラスがナチス風でデスラーがヒトラー風なのか。
それは、この筋立て自体が西崎プロデューサーの考える太平洋戦争の理想的なやり直しであり、もし、世界がまた太平洋戦争当時のような未曾有の事態となれば、日本だけとなってもナチスと戦いますよ。というテーマであったと思う。
だからこその、旧日本海軍の象徴であり日本そのものの別名を冠したヤマトである必然性があり、当然、敵はナチス風・ヒトラー風となる。
その肝心の敵があんな代物では、ヤマトが大和である必要がない。その「話の肝」を押さえて初めて、CGのレベルがどうか。役者の演技がどうか。セットの作り込みがどうか。という話ができるのではないかと思う。
「いまさら、宇宙人が青塗りの外人では…」という気持ちは良くわかる。しかし、それをやれなければ単純につくらなければ良いだけの話だ。
悲しいかな、この映画をつくる意味として私は、その原作のネームバリューによって見込まれる興行的価値のみしか見いだせない。
これの前に見た西崎プロデューサーの遺作となった「宇宙戦艦ヤマト復活編」は、この映画よりグダグダな仕上がりで酷いものではあったが、テーマとしてはヤマトによって実現される、西崎プロデューサーが考える、宇宙での大東亜共栄圏であったことを考えれば、その思想的には全く同意しかねるが、作家的には全くブレのない彼的には創る理由も価値もあったと思う。
とにかく、これ以上。志もなくただの経済活動の為のみに過去の作品をリメイクするのはやめてほしい。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

14pts. 【主演】木村拓哉ネタバレ

投稿日:2012/10/02 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なぜ、ターゲットスコープがななめ?
森雪、うざいよ。
相原、女だよ。
山崎さん、しゃべり方、沖田艦長より、軽いよ。
古代が、いないよ、木村しかいないよ。

佐渡先生が女なのは、
意外といいかも。

ま、いろいろ、ありますが、
もう、これに挑戦するって精神だけは、
敬意を払います。

これだけ、いろんな人に、
それぞれに、イメージが固定してしまっている作品は、
どんな作品を作っても、成功するのは難しい。

最近、原作のあるアニメの内容の精度が
あがり、
昔より、不発な作品が減っているようには思う。

ただ、じゃ、たとえば、ハルヒが成功として、
これも、同じように成功できるかというと、
レベルが違う。

確かに、ハルヒも原作人気な作品ではあったし、
こういう作品はほかにもある。

ただ、少なくとも私が子供の頃から、
いろんなイメージを植え付けられてきた、
この宇宙戦艦ヤマトは、
ある意味、そんなレベルではない。

何十年というイメージ、
しかも、本ではなく、アニメ、
映像としての固定なイメージがあって、
しかも、2時間に作りこむのは、至難の業だろう。

そういう意味で、
本作、宇宙戦艦ヤマトではなく、
あくまで、
スペースバトルシップ・ヤマトなんだろう。

それなら、ヤマトにしなければよかったのに、
と、素直には思うのだが、
興業的に、新作より、
あきらかに、営業戦略的にも楽だろうし、
これだけのCG班を抱えれるのも、
ヤマトだからこそだろう。

だから、営業として、
これを選択するのは、しかたないのだろう。

でも、、、、、
いろいろ、前提は書いたが。

結論。
宇宙戦艦ヤマトファンとしては、
くそ。
それしか、いいようがないね。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人類滅亡の危機にはスティーブン・タイラーネタバレ

投稿日:2011/10/23 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アニメのヤマトは、子供のときに観たことあります。
きっと再放送か何かでしょう。
細かなストーリーは忘れてしまいましたが、
波動砲が物凄い。
ワープを観た時の何ともいえない感覚。
デスラー。
艦長と古代の対立?
などを覚えています。
実写化の報を聞いたとき、よぎった「大丈夫か?」という不安。
冒頭いきなりの宇宙でのバトルで、その不安は確信へ。
やっぱり、しょぼいよなぁ・・・・
それでも最後までとりあえず観れるという不思議。
そこそこ面白いところもあるという喜び。
やっぱりウルウルきちゃうぜ、ベタでも自己犠牲。
観て、そんなに「損したなぁ」って気にはなりません。
きっとアニメに対する思い入れが少ないってのも大きいでしょう。
でも、納得できないところは、激しく納得できない。

まず「デスラーの描き方」。
あれはナイでしょう・・・・
それ以外に言いようがない。

次「沖田艦長」。
個人的に山崎さんの演技が好みじゃないってのもありますが。
艦長は恰幅がいいガタイだったような。
だったら折角西田さん出演してるんだから、艦長は西田さんにして欲しかった。

「森雪」
完全なミスキャスト。
黒木メイサは違うでしょう。
結構遠いところにいるでしょう。
あんなに気持ちの強さが顔面に表れるようなキャラじゃなかった気がします。
ヒロインに感情移入できないってのはキツイ。

「ラストあたり」
長いです。
あそこは一刻を争うところでしょうよ。
なんでチンタラしてるんですか・・・
熱も時間が経てば経つほど冷めまっせ。
ガミラスもなんで攻撃しないのだ・・・・・
時代劇で主人公がセリフ言い終わるまで待っている悪人か・・・・

音楽も、もっとオリジナルのものを活かせばいいのに。
あの聴くだけで気持ちを鼓舞するような魂熱くなる名曲をバンバン使えばいいのに・・・
佐々木さんの唄う「ヤマト」が聴きたかったなぁ・・・・
そして♪あ〜あ〜って女性が唄うヤツももっと聴きたかったなぁ・・・
そんな音楽の最後を締めるのはエアロスミスのスティーブン・タイラーが歌う「LOVE LIVES」。
アルマゲドンといい。
今回のヤマトといい。
人類滅亡の危機にはスティーブン・タイラーにおまかせってことでしょうか。
確かにイイ曲。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヤマト世代の・・・・・・

投稿日:2011/10/21 レビュアー:エロエロ大魔神

やっちまったな〜
今回、この作品の企画を聞いた段階であのヤマトが実写で復活!?期待を膨らませ、いざイスカンダルへ!えええええええええ〜
なんじゃ〜最初から・・・・・ヤマトが飛び立つときガミラスにきずかれてミサイル攻撃を受けてアニメ版とは違ったストーりーで?いきなり伝家の宝刀の波動を発射!なんとも・・・・・と思いながら、アニメみたいに展開は艦隊決戦で撃ちまくると思いきやバカの一つ覚えで波動砲ばかり頼り肝心の主砲での艦隊決戦を期待していた俺にとってはがっかりした!一番失望したのがガミラス人!デスラー総統やドメル将軍の登場を期待したのだが、ガミラスてエイリアン?みたいな・・・・・なんじゃそりゃ〜
しかもイスカンダルに登場してなんだかどこかで見た展開・・・・これはもしかして映画「スターシップトゥルーパーズ」みたいな地上戦、しかもエイリアンのボス?声だけはデスラー!伊武さん声だけの出演・・・御苦労さまでした。<m(__)m>そして雪と古代の艦内でのからみ!あんた〜キスして押し倒してるシーンで切れたが、あんたその後は絶対にやってるね!そんなことしてる暇あるの?と突っ込みたくなった(それは俺が???笑)
しかも最後は敵に向かって神風特攻隊!涙がでた!(エンディングだけ)
まああ〜展開が早すぎ・・・・やはり365日を2時間では無理がある!???
総合得点48点かな!前半10点

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全158件

SPACE BATTLESHIP ヤマト

月額課金で借りる

都度課金で借りる