1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 海外TVドラマのDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. CSI:NY シーズン5

CSI:NY シーズン5

CSI:NY シーズン5の画像・ジャケット写真

CSI:NY シーズン5 / ゲイリー・シニーズ

全体の平均評価点:(5点満点)

45

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「CSI:NY シーズン5」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

N.Y.を舞台に、科学捜査班のメンバーが犯罪現場の物的証拠を分析し、謎めいた事件の真相を推理する人気サスペンスドラマ第5シーズン。パーティー会場で、N.Y.市の副市長が階上から落下して死亡し…。

「CSI:NY シーズン5」 の作品情報

作品情報

製作年:

2008年

製作国:

アメリカ

原題:

CSI: NY

「CSI:NY シーズン5」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

サバイバー

マクガイバー シーズン2

GOTHAM/ゴッサム <セカンド・シーズン>

CSI:マイアミ シーズン8

ユーザーレビュー:45件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全45件

またまた登場! ネタバレ

投稿日:2010/10/28 レビュアー:ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「現在、過去、そして殺人」
ビルから誰かが落ちた!!
おっと、あの新聞屋(=メディア王)のボスじゃないですか!
そして、ビルから転落死した男が消えた・・・
そんでもって、侵入したのは死んだはずの女性・・・
侵入したのは・・・

一見複雑に見えた事件でしたが、結局、あのメモリーが欲しかっただけか。
しかもあのメモリーを使って、新聞を売ろうとは・・・
もっと込み入った事情があったかと思いきや。

終わってみればなんてことのない事件でした。
そしてあのメモリーの行方は・・・もう誰も見つけることのできないことに。
メモリーの破棄方法がいかにもNYらしいですが・・・


「父への祈り」
オークションの鑑定人が射殺された。
話はどんどん違う方向へ。

ナチの遺物って、えげつない・・・

最後のマックとおばあちゃんのシーンは感動的。



「大いなる善」
あれ??
リンジーは里帰りしたんじゃないの?
で、ダニーは2週間の無給停職処分で・・・
あらら??

流れはなんだかコールド・ケース。
迷宮入りではなく、事故を起こした犯人は現行犯で逮捕され、裁判が行われ、刑期を終えて出所。
ところが、マックのふとしたことで、「この事件はおかしい」とわかって再捜査。
この事件については、既に犯人の刑期が終わり、完全に終了したものだけど・・・

遺族にとっては、犯人が逃亡しようと、捕まろうと、刑期を全うしようと、結局何も変わらない。
仮に犯人が死刑になっても、やはり変わらない。

ヒットマンが出頭するなんてね。





さて、ダニーとリンジーの子供は、女の子でした。
みんなで名前を考えたり・・・いい職場です。

さて、あと2話でシーズン5も終わり。
どうなる!?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

間違った!? ネタバレ

投稿日:2010/10/25 レビュアー:ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「その先は闇」
「FRINGE」かと思いました。



【注意!!】
ものすごいネタバレですが、
ジャンキーの内臓から麻薬を取り出すなんて、本気でやるなんて・・・
FRINGEだけの世界だと思っていたよ。

いえね、想像しなかったことはないです。
特にoverdoseで死んだら、抽出すればできないことはないんじゃないかと・・・
しかし、抽出した場所のえげつないこと・・・


昔の同僚がこんな事件を起こすなんて、誰が想像できただろうか。
シド、泣いちゃうのかと思ったよ・・・



「断絶」
ネイティブアメリカンの男性が、電車内で射殺された。
犯人は?

実は、射殺される前に死んでいた。
その死因は、びっくりするようなもの・・・
そして、生前、彼は突如として、土地をめぐってもめていたインド系の女性、アイリッシュ系の男性と和解。
なんで??


人種の坩堝のNYらしい、いい作品でした。



「追いつめられて」
苦しいお話でした。
ボイストレーナーの先生が射殺。
そこには、太平洋系の火山灰、タイの磁器、ヤクの毛・・・

こんなの、イヤだなぁ。
後味、悪い。

犯人を確保した時、ホークスが、「完ぺきな自供がなければ起訴は難しい」って。
ホークスの元彼女も、被害者だからね。

この被害者が殺された原因が解明されても、何の同情もできなかった・・・

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

アダム〜〜〜!! ネタバレ

投稿日:2010/10/25 レビュアー:ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「パーティーの裏側で」
悲しいお話でした。
チャリティーパーティで、風船と一緒に副市長が・・・
え〜!!

ステラと一緒に来ていた消防士さんは彼氏??・・・
え〜!!

さて、証拠のジャケットを回収し、ラボに届けたステラ。
それをシドが、「その衣装に似合わないバッグだ」って。
いちいち、おもしろいおっちゃんだ。

このシーズンに入って、きっと世の中を反映しているのだろうけど、NYは財政難で、しょっぱなからアダムの首が危ない。
給与の支払いが遅れ、警察はスト。
・・・日本では絶対ないな・・・

そこへ手を差し伸べたのが、新聞会社社長(?メディア王)のダンブルック。
むかつくおっさんだ。
このおっさんのエピは続くので、このエピは要チェック!!


「都会のハゲタカ」
なんというタイミングなんだろうか・・・
ひどい遺体もいっぱいあったけど、ステラのコーヒーの中に、とんでもない落し物・・・

いろんな種類の医者がいるようで。
こんなの、ありかいな??

ラストの都市伝説の話、ややウケです。



「正義のかけら」
これまた悲しいお話でした。

路上ホッケーを楽しむ、アダムたち。
そこでバンが、ドカ〜〜〜ン!!

いや〜、アダム、死んじゃうの!?
・・・そんなわけはありません。
はぁ〜〜〜。

環境を守ろうという団体ですか・・・
過激になっていくってどうなんでしょう?
環境破壊をしている団体に、デモ行動を行うって、何か違う気がするんですよね。
レアメタルを取り出すために、環境が汚染され、ガンになったり、障害を持った子供が生まれたり。
でも、どうせやるなら、根本的に!
環境を破壊するようなものに頼らない技術を生み出すべきじゃないのでしょうか?
車だって、石油を燃やして、二酸化炭素を出すし、携帯電話やTV、PCには山ほどレアメタルが使われている。
なんだか、ちょっとね〜。

バンが爆発し、女性が巻き添えを食ってしまったけど、彼女の行動は、ちょっと泣けた。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

うえっ! ネタバレ

投稿日:2010/09/30 レビュアー:ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ヘルプ」
ウエディングドレスのバーゲン会場とちょっと離れた場所にある自宅のバスタブの事件が繋がった!

CSIベガスでは、1話に2、3個の事件を同時に処理するけど、マイアミ、NYでは大抵1個。
複数の事件を扱っても、大抵繋がることはないと思いつつ、同時に2コは珍しい・・・
で、やっぱり繋がった。

そして被害者は8年前のレイプ事件で繋がるなんて。
ホークスのこと、意外と知らないな・・・と思ったけど、案外NYチームのプライベートってあんまり出てこないよな。
独身が多いから?いや、でも、マイアミの人たちもほぼ独身だけど、
アル中のお父さんがいるカリー、ホレイショとエリックは義兄弟だし・・・??


いや〜、あの「にょろっ」としたやつ、アイツのおかげでつながりが分かって、事件が解決したけど、キモイ・・・



「誤審」
ジェシカとドンが高校生を署に連行、署内ではしょっ引かれた男が暴れ、
ジェシカは対応し、ドンはその高校生を取調室に連れて行くが、その高校生は急死し・・・

かわいそうな事件だったなぁ。
熱血ゆえ??

子供が大人に対し、恨みを晴らす為のいたずらが、とんでもない方向に向かってしまった。
リンジーが白いバラの花束を贈ったのはちょっと泣けた。



「探し続けて」
なんだか精神的にきつい事件だった。
イヤリングをはずし、口紅をこすって落とすとことか。

ラストまで見ると、最初のシーンの重さに驚く。

それにしても、娘を探してウクライナからNYへ。
強盗に遭い、そして・・・このお父さん、かわいそう過ぎる!!


今回はギリシャコインと、コンサルタントのメモリー紛失、予算カット、ストーカーの件はなし。

それにしても、リンジーのお腹、急激に大きくなった気がする・・・リアルでも妊婦さんだったっけ?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

告白 ネタバレ

投稿日:2010/09/30 レビュアー:ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「新しい命」
まずはダニーのインタビュー(?)から。
インタビューといっても、背景が汚いので、どこか控え室のようなところ。
通称「モンタナ」こと、リンジーとのことを、誰かに喋っている・・・

で、時間は遡る・・・

スクラップされた車の中から発見された女性は妊娠をしていたが、子供の形跡はない。
そして、身元不明の女性は、リンジーの知り合いだった。

母体の危険に際し、胎児を取り出すことは、素人にはできんだろう・・・

で、あれやこれやで、ダニーとリンジーはマックに事実を伝えにいくわけで・・・
結婚しないのかな?



「マンハッタン・トライアングル」
背筋がぞくぞくするシーンが・・・わざわざそんなところで会話しなくても、
異常が発見できなかったら、すぐに地上に戻りなさい!!



「禁断の果実」
以前デパ地下の高級食品売り場で見かけたときは、1粒1000円ほどで売られていた、マジック・フルーツ。
うわ〜、あんなにたくさん・・・
一度は試してみたい!

マジック・フルーツを食べると、レモンでもボリボリ食べることができるらしいけど、
水酸化ナトリウム(=パイプクリーナーなどに使われる、漂白洗剤)ですら、ゴクゴク飲めちゃうってことなんだろうか?
内臓が溶けていたから、BONESで体が溶ける遺体事件を思い出した。

ステラのギリシャ・コインの件は、ますます泥沼化?
マックに怒られても、刑事のジェシカと組んで、おとり捜査を開始。
予算を減らされたことと、内部に怪しい動きがあること・・・もろもろで、最近、怒りっぽいマック。

バッグデザイナーが送ったと思われたカードは、実は「地下室の死体」の娘・エラがマックの気を惹こうとした、自作自演。
なんだか怪しいと思ったら・・・いや〜、ストーカーチックで怖かったですね、ハイ。
いい人マックさん、時として優しさは罪なんですよ!!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全45件

CSI:NY シーズン5

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:45件

またまた登場!

投稿日

2010/10/28

レビュアー

ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「現在、過去、そして殺人」
ビルから誰かが落ちた!!
おっと、あの新聞屋(=メディア王)のボスじゃないですか!
そして、ビルから転落死した男が消えた・・・
そんでもって、侵入したのは死んだはずの女性・・・
侵入したのは・・・

一見複雑に見えた事件でしたが、結局、あのメモリーが欲しかっただけか。
しかもあのメモリーを使って、新聞を売ろうとは・・・
もっと込み入った事情があったかと思いきや。

終わってみればなんてことのない事件でした。
そしてあのメモリーの行方は・・・もう誰も見つけることのできないことに。
メモリーの破棄方法がいかにもNYらしいですが・・・


「父への祈り」
オークションの鑑定人が射殺された。
話はどんどん違う方向へ。

ナチの遺物って、えげつない・・・

最後のマックとおばあちゃんのシーンは感動的。



「大いなる善」
あれ??
リンジーは里帰りしたんじゃないの?
で、ダニーは2週間の無給停職処分で・・・
あらら??

流れはなんだかコールド・ケース。
迷宮入りではなく、事故を起こした犯人は現行犯で逮捕され、裁判が行われ、刑期を終えて出所。
ところが、マックのふとしたことで、「この事件はおかしい」とわかって再捜査。
この事件については、既に犯人の刑期が終わり、完全に終了したものだけど・・・

遺族にとっては、犯人が逃亡しようと、捕まろうと、刑期を全うしようと、結局何も変わらない。
仮に犯人が死刑になっても、やはり変わらない。

ヒットマンが出頭するなんてね。





さて、ダニーとリンジーの子供は、女の子でした。
みんなで名前を考えたり・・・いい職場です。

さて、あと2話でシーズン5も終わり。
どうなる!?

間違った!?

投稿日

2010/10/25

レビュアー

ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「その先は闇」
「FRINGE」かと思いました。



【注意!!】
ものすごいネタバレですが、
ジャンキーの内臓から麻薬を取り出すなんて、本気でやるなんて・・・
FRINGEだけの世界だと思っていたよ。

いえね、想像しなかったことはないです。
特にoverdoseで死んだら、抽出すればできないことはないんじゃないかと・・・
しかし、抽出した場所のえげつないこと・・・


昔の同僚がこんな事件を起こすなんて、誰が想像できただろうか。
シド、泣いちゃうのかと思ったよ・・・



「断絶」
ネイティブアメリカンの男性が、電車内で射殺された。
犯人は?

実は、射殺される前に死んでいた。
その死因は、びっくりするようなもの・・・
そして、生前、彼は突如として、土地をめぐってもめていたインド系の女性、アイリッシュ系の男性と和解。
なんで??


人種の坩堝のNYらしい、いい作品でした。



「追いつめられて」
苦しいお話でした。
ボイストレーナーの先生が射殺。
そこには、太平洋系の火山灰、タイの磁器、ヤクの毛・・・

こんなの、イヤだなぁ。
後味、悪い。

犯人を確保した時、ホークスが、「完ぺきな自供がなければ起訴は難しい」って。
ホークスの元彼女も、被害者だからね。

この被害者が殺された原因が解明されても、何の同情もできなかった・・・

アダム〜〜〜!!

投稿日

2010/10/25

レビュアー

ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「パーティーの裏側で」
悲しいお話でした。
チャリティーパーティで、風船と一緒に副市長が・・・
え〜!!

ステラと一緒に来ていた消防士さんは彼氏??・・・
え〜!!

さて、証拠のジャケットを回収し、ラボに届けたステラ。
それをシドが、「その衣装に似合わないバッグだ」って。
いちいち、おもしろいおっちゃんだ。

このシーズンに入って、きっと世の中を反映しているのだろうけど、NYは財政難で、しょっぱなからアダムの首が危ない。
給与の支払いが遅れ、警察はスト。
・・・日本では絶対ないな・・・

そこへ手を差し伸べたのが、新聞会社社長(?メディア王)のダンブルック。
むかつくおっさんだ。
このおっさんのエピは続くので、このエピは要チェック!!


「都会のハゲタカ」
なんというタイミングなんだろうか・・・
ひどい遺体もいっぱいあったけど、ステラのコーヒーの中に、とんでもない落し物・・・

いろんな種類の医者がいるようで。
こんなの、ありかいな??

ラストの都市伝説の話、ややウケです。



「正義のかけら」
これまた悲しいお話でした。

路上ホッケーを楽しむ、アダムたち。
そこでバンが、ドカ〜〜〜ン!!

いや〜、アダム、死んじゃうの!?
・・・そんなわけはありません。
はぁ〜〜〜。

環境を守ろうという団体ですか・・・
過激になっていくってどうなんでしょう?
環境破壊をしている団体に、デモ行動を行うって、何か違う気がするんですよね。
レアメタルを取り出すために、環境が汚染され、ガンになったり、障害を持った子供が生まれたり。
でも、どうせやるなら、根本的に!
環境を破壊するようなものに頼らない技術を生み出すべきじゃないのでしょうか?
車だって、石油を燃やして、二酸化炭素を出すし、携帯電話やTV、PCには山ほどレアメタルが使われている。
なんだか、ちょっとね〜。

バンが爆発し、女性が巻き添えを食ってしまったけど、彼女の行動は、ちょっと泣けた。

うえっ!

投稿日

2010/09/30

レビュアー

ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ヘルプ」
ウエディングドレスのバーゲン会場とちょっと離れた場所にある自宅のバスタブの事件が繋がった!

CSIベガスでは、1話に2、3個の事件を同時に処理するけど、マイアミ、NYでは大抵1個。
複数の事件を扱っても、大抵繋がることはないと思いつつ、同時に2コは珍しい・・・
で、やっぱり繋がった。

そして被害者は8年前のレイプ事件で繋がるなんて。
ホークスのこと、意外と知らないな・・・と思ったけど、案外NYチームのプライベートってあんまり出てこないよな。
独身が多いから?いや、でも、マイアミの人たちもほぼ独身だけど、
アル中のお父さんがいるカリー、ホレイショとエリックは義兄弟だし・・・??


いや〜、あの「にょろっ」としたやつ、アイツのおかげでつながりが分かって、事件が解決したけど、キモイ・・・



「誤審」
ジェシカとドンが高校生を署に連行、署内ではしょっ引かれた男が暴れ、
ジェシカは対応し、ドンはその高校生を取調室に連れて行くが、その高校生は急死し・・・

かわいそうな事件だったなぁ。
熱血ゆえ??

子供が大人に対し、恨みを晴らす為のいたずらが、とんでもない方向に向かってしまった。
リンジーが白いバラの花束を贈ったのはちょっと泣けた。



「探し続けて」
なんだか精神的にきつい事件だった。
イヤリングをはずし、口紅をこすって落とすとことか。

ラストまで見ると、最初のシーンの重さに驚く。

それにしても、娘を探してウクライナからNYへ。
強盗に遭い、そして・・・このお父さん、かわいそう過ぎる!!


今回はギリシャコインと、コンサルタントのメモリー紛失、予算カット、ストーカーの件はなし。

それにしても、リンジーのお腹、急激に大きくなった気がする・・・リアルでも妊婦さんだったっけ?

告白

投稿日

2010/09/30

レビュアー

ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「新しい命」
まずはダニーのインタビュー(?)から。
インタビューといっても、背景が汚いので、どこか控え室のようなところ。
通称「モンタナ」こと、リンジーとのことを、誰かに喋っている・・・

で、時間は遡る・・・

スクラップされた車の中から発見された女性は妊娠をしていたが、子供の形跡はない。
そして、身元不明の女性は、リンジーの知り合いだった。

母体の危険に際し、胎児を取り出すことは、素人にはできんだろう・・・

で、あれやこれやで、ダニーとリンジーはマックに事実を伝えにいくわけで・・・
結婚しないのかな?



「マンハッタン・トライアングル」
背筋がぞくぞくするシーンが・・・わざわざそんなところで会話しなくても、
異常が発見できなかったら、すぐに地上に戻りなさい!!



「禁断の果実」
以前デパ地下の高級食品売り場で見かけたときは、1粒1000円ほどで売られていた、マジック・フルーツ。
うわ〜、あんなにたくさん・・・
一度は試してみたい!

マジック・フルーツを食べると、レモンでもボリボリ食べることができるらしいけど、
水酸化ナトリウム(=パイプクリーナーなどに使われる、漂白洗剤)ですら、ゴクゴク飲めちゃうってことなんだろうか?
内臓が溶けていたから、BONESで体が溶ける遺体事件を思い出した。

ステラのギリシャ・コインの件は、ますます泥沼化?
マックに怒られても、刑事のジェシカと組んで、おとり捜査を開始。
予算を減らされたことと、内部に怪しい動きがあること・・・もろもろで、最近、怒りっぽいマック。

バッグデザイナーが送ったと思われたカードは、実は「地下室の死体」の娘・エラがマックの気を惹こうとした、自作自演。
なんだか怪しいと思ったら・・・いや〜、ストーカーチックで怖かったですね、ハイ。
いい人マックさん、時として優しさは罪なんですよ!!

21〜 25件 / 全45件