Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4の画像・ジャケット写真

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 / ヒュー・ローリー

全体の平均評価点:(5点満点)

51

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

無愛想でアウトローな天才医師、グレゴリー・ハウスが難病に挑む医療ドラマのフォースシーズン第7巻。看護師によるストライキで病院は大混乱。そんな中、ある患者の検査をきっかけに、ハウスが性病だったことが判明する。第13話と第14話を収録。※一般告知解禁日:6月17日

「Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

原題:

HOUSE M.D./HOUSE

「Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

俺たちスーパーマジシャン

スーパーマン リターンズ

アメリカン・ゴシック 偽りの一族

モッド・スクワッド

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全51件

フォアマンの苦悩

投稿日:2010/11/04 レビュアー:ぽんぽん玉

ハウス不在の中、チームを任されたフォアマン。
力を誇示する為に自分の診断を押し通すフォアマンだったが、その診断はことごとく外れ患者の信用を失ってしまう。
ある意味、フォアマンらしさが戻ってきたともいえる。
キャメロンも言っていたが、結局はハウスと似たもの同士。
ただ単に、法を犯し症例をゲームにするハウスが気に入らないだけで、【病気を治したい】という思いはハウスもフォアマンも一緒なのです。
強いて言えば、フォアマンは【患者を治したい】で、ハウスは【病気を治したい】の違いでしょうか。
その為、しばしば患者を無視した治療をするハウスに嫌悪感を持つフォアマン。
でもこの2人の衝突こそが病名解明のカギとなる事も多い。
新人の中にこうした素質を持った者がいないからこその復活なのか?
どちらにしても少しずつ新人の個性が出てきて面白くなってきました。

ちなみに26番ことヘンリー・ドブソンは【スターゲイト SG−1】の紅一点サマンサ・カーターの父親役で出演しています。
優しい笑顔が好きですwww
できればたまーにでも出てほしいものです( *^艸^)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

悲しい結末…

投稿日:2010/10/10 レビュアー:わしえもん

vol.8では1話完結ではなく、2話がつながった話で、
次のシーズン5で人物関係がどのようになっているのか
楽しみになり、なんとも悲しい終わり方でした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

新しいチームへ。。。

投稿日:2010/09/04 レビュアー:3児のママ

とうとうハウスのエゴについていけずに、新しいメンバーになるんだよね。。。でも他の3人も結局は同じ病院で働くわけでちょこちょこずっと出てくれるので、何気によかったです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

自分たちを見つめる転機へ

投稿日:2010/09/04 レビュアー:とことこ

 バスの事故に遭うハウス。
記憶と妄想が錯綜する中、患者の病気をしるため、事故当時の自分の記憶をたどる。
一見散文的な展開がやがて一つになりながら、
アンバー、ハウス、サーティーンが自分の境遇と直面する。
最後に妄想のバスの中で、ハウスがアンバーに言っていたのは本心であり、今後の展開に期待。

妄想という通常はあり得ない姿で登場するキャストたちや2回に渡る話のつながりが、意外な方向に導く切れの良さが"らしい"仕上がりです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ようやく部下決定

投稿日:2010/09/04 レビュアー:(み)

長々と続いていたハウスのスタッフ選抜試験も、
ついにこの巻で終了。
誰が残って誰が落とされたのか……は、各自ご確認ください^^;;

医療ドラマである以上、
時に重いテーマが取り上げられることはもちろんですが、
今回の「母と娘」は斬新(?)でした。
健全すぎる関係があまりにも不自然で痛々しくて、
ちょっと目を背けたくなる母娘でした。
彼女たちは幸せなんですかねぇ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全51件

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:51件

フォアマンの苦悩

投稿日

2010/11/04

レビュアー

ぽんぽん玉

ハウス不在の中、チームを任されたフォアマン。
力を誇示する為に自分の診断を押し通すフォアマンだったが、その診断はことごとく外れ患者の信用を失ってしまう。
ある意味、フォアマンらしさが戻ってきたともいえる。
キャメロンも言っていたが、結局はハウスと似たもの同士。
ただ単に、法を犯し症例をゲームにするハウスが気に入らないだけで、【病気を治したい】という思いはハウスもフォアマンも一緒なのです。
強いて言えば、フォアマンは【患者を治したい】で、ハウスは【病気を治したい】の違いでしょうか。
その為、しばしば患者を無視した治療をするハウスに嫌悪感を持つフォアマン。
でもこの2人の衝突こそが病名解明のカギとなる事も多い。
新人の中にこうした素質を持った者がいないからこその復活なのか?
どちらにしても少しずつ新人の個性が出てきて面白くなってきました。

ちなみに26番ことヘンリー・ドブソンは【スターゲイト SG−1】の紅一点サマンサ・カーターの父親役で出演しています。
優しい笑顔が好きですwww
できればたまーにでも出てほしいものです( *^艸^)

悲しい結末…

投稿日

2010/10/10

レビュアー

わしえもん

vol.8では1話完結ではなく、2話がつながった話で、
次のシーズン5で人物関係がどのようになっているのか
楽しみになり、なんとも悲しい終わり方でした。

新しいチームへ。。。

投稿日

2010/09/04

レビュアー

3児のママ

とうとうハウスのエゴについていけずに、新しいメンバーになるんだよね。。。でも他の3人も結局は同じ病院で働くわけでちょこちょこずっと出てくれるので、何気によかったです。

自分たちを見つめる転機へ

投稿日

2010/09/04

レビュアー

とことこ

 バスの事故に遭うハウス。
記憶と妄想が錯綜する中、患者の病気をしるため、事故当時の自分の記憶をたどる。
一見散文的な展開がやがて一つになりながら、
アンバー、ハウス、サーティーンが自分の境遇と直面する。
最後に妄想のバスの中で、ハウスがアンバーに言っていたのは本心であり、今後の展開に期待。

妄想という通常はあり得ない姿で登場するキャストたちや2回に渡る話のつながりが、意外な方向に導く切れの良さが"らしい"仕上がりです。

ようやく部下決定

投稿日

2010/09/04

レビュアー

(み)

長々と続いていたハウスのスタッフ選抜試験も、
ついにこの巻で終了。
誰が残って誰が落とされたのか……は、各自ご確認ください^^;;

医療ドラマである以上、
時に重いテーマが取り上げられることはもちろんですが、
今回の「母と娘」は斬新(?)でした。
健全すぎる関係があまりにも不自然で痛々しくて、
ちょっと目を背けたくなる母娘でした。
彼女たちは幸せなんですかねぇ。

21〜 25件 / 全51件