1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. SFのDVDレンタル
  5. ブレードランナー クロニクル

ブレードランナー クロニクル

ブレードランナー クロニクルの画像・ジャケット写真

ブレードランナー クロニクル / ハリソン・フォード

全体の平均評価点:(5点満点)

35

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

「ブレードランナー クロニクル」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

P・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に、近未来を舞台に展開するアンドロイドたちの物語を描いたSFサスペンスで、その卓越した近未来描写により、多くのファンを持つカルト作品。植民惑星から4体の人造人間=レプリカントが脱走した。彼らの捕獲を依頼された“ブレードランナー”デッカードは、地球に潜入したレプリカントたちを追うが……。<BR>オリジナル劇場版 「ブレードランナー」(1982)、インターナショナル劇場版 「ブレードランナー 完全版」(1982)、「ディレクターズカット/ブレードランナー最終版」(1992) (※ディレクターズカット版には日本語音声、日本語字幕<吹替用>は収録されていません。)

「ブレードランナー クロニクル」 の作品情報

作品情報

製作年:

1982年

製作国:

アメリカ/香港

原題:

BLADE RUNNER

受賞記録:

1982年 LA批評家協会賞 撮影賞

「ブレードランナー クロニクル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

クライムチアーズ

カンフー・キングダム

ナイトホークス

デクスター シーズン6

アホリックス リローデッド

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全35件

アメリカ人にもこんな作品が撮れるんだ! ネタバレ

投稿日:2009/02/16 レビュアー:ぎら

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

SFの名作として名高い本作品であるが、期待通り、時間を忘れて見入ってしまった。。。
舞台は環境悪化によって人類のほとんどが宇宙に移住してしまった近未来の地球。宇宙開拓をするために開発された感情を持たず肉体を強化された人造人間「レプリカント」が、徐々に感情を持ちはじめ人間に対して反旗を翻し始める。そして、そうしたレプリカントを処刑する「ブレードランナー」との対決が行われる。

こんなストーリーだけを読めば、米国映画の当然の展開として、ヒーローであるブレードランナーが悪者・レプリカントを退治する・・・という、いかにも勧善懲悪で、馬鹿馬鹿しいほどにハッピーエンドな結末が予想されるが、ストーリーの展開は全く異なった。
確かに、レプリカントは人間を平気で殺め、その目的も良く分からずに破壊的な行動に走る。しかし、自分達のルーツが分からないが故の悲哀や、生きられる時間が限られていることによる焦燥が分かると、どこか切なくなるような気分になった。
どこかで、こんな気持ちを感じたことがあるなあと思い、よく考えてみると子供の頃再放送で見た「妖怪人間ベム」の「早く人間になりたい!」と叫ぶ姿と、自らの運命に苦悩するレプリカントの姿がどこか似ているのだ。
レプリカントも、妖怪人間も、人間よりも遥かに強い能力を持っているし、人間の汚い部分を散々見ているにも関わらず、人間になりたいと願う。。。それは、人間が「神」になりたいと願いバベルの塔を積んだことなどにも通じる、創造主への回帰願望なのだろうか。

そして、このレプリカントと対決するブレードランナーも深い悩みを抱えている。
人間そっくりなレプリカント、放っておいても短い命しか持たないレプリカント・・・それを追い詰め、殺すことが本当に正しいことなのか。
この映画は、自ら混乱の種を巻き、自分自身のみを正義と決め付け、他国に対して戦争をしかける母国に対する疑問や煩悶を示しているようにも思える。

その象徴的なシーンが最後の場面だろう。レプリカントの圧倒的な力に追い詰められ、ただ逃げるだけのブレードランナー。しかし、最後の場面ではレプリカントは「命の大切さ」に気付き、建物から転落しそうになったブレードランナーを助け、その短い命を終えていく。
人間ではない「レプリカント」でさえ、「大切な命」に気付くことができるのだから、人間だったら尚更、尊い命を無差別に蹂躙する「戦争」を止めるべきだ。そんな主張を強く感じたい。

正直、「こんな秀逸なSF映画をアメリカ人が撮ることが出来たんだ!」と驚愕を覚えた。
ストーリーだけでなく映像についても、当然現代のような精巧なVFXやCGが使われている訳ではないが、一つ一つのシーンが丁寧に作られており、今から20年以上前に作られたとは思えないほど、臨場感に溢れ、味のある場面が続いている。

Wikipediaによれば、「1982年夏の公開時は大ヒット作『E.T』の陰に隠れて興業成績は全く振るわなかった。」とのことである。そういえば私もE.Tを見たなあ・・・まさに米国映画の真髄とも言えるE.Tの陰でこんな名作が埋もれていたなんて、なんてもったいない。
もちろん、E.T自体も私は秀作であるとは思うが、米国の馬鹿馬鹿しい大作の陰で、こうして埋もれてしまっている名作も跡を絶たないのだろう。まさに偉大なる才能の浪費といえるだろう。。。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

肌になじむ映画です。 ネタバレ

投稿日:2008/11/18 レビュアー:ゴールドハンター

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オープニングの映像と音楽がいいです。

2019年のロサンゼルスの夜景
その上空を飛ぶパイロットの目には、
ときどき吹き上がる炎が映じる。

宇宙の辺境で働かされていたレプリカント男女3匹ずつが
スペースシャトルを乗っ取り、地球にやってくる。

彼らはレプリカントの製造元であるタイレル社に
侵入しようとして1匹が殺される。
残りのロイ、プリス、リオン、ゾーラともう一匹。
このもう一匹がどうなったのか、それが謎。

それから、デッカードが屋台のオヤジと、
「4つだ!」「2つで十分ですよ!」と
争そっっていたのは何なのだ?
きつねか、卵か、それともチャーシューか?

レプリカントを見破るVKテストで、
ノートパソコンみたいな装置の横で
何かに空気でも送り込んでいるようなものがあったが
あれは何か?

一番分からなかったのが、リオンのアパートで見つけた写真に
写っていた腕輪のある女。
あれは誰なのだ?あの写真が手がかりとなって、
蛇踊りのゾーラを見つけたようだったが・・・
もしかして、あれはサロメの絵だったのかな?

「天使も焼け落ち、雷鳴とどろく海辺・・・」
これは、ダンテかミルトンか?

そしてエンディングでロイはつぶやく
「俺はお前達、人間には信じられないようなものを見てきた。
  オリオン座の近くで燃える宇宙船・・・
  タンホイザーゲートのオーロラ・・・
 そんな思い出も時が来れば消えていく。
  涙のように・・・」

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

SFフィルムノワール

投稿日:2018/04/01 レビュアー:趣味は洋画

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

思っていた以上に近未来だった

投稿日:2018/10/27 レビュアー:Yohey

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

人間ドラマ ネタバレ

投稿日:2011/09/02 レビュアー:やまやま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今までSFには興味がなかったので、長い間ずっと無視していたジャンルです。でも、いろんな作品のレビューを読んでいると、この作品がよく引き合いに出て、しかも高評価なので借りてみました。結果、面白い! SFもなかなか良いじゃないですか! わたしのSF嫌いを解消してくれた作品です。

つくづく考えさせられましたね。ロボットといえども人間のキモチを持てば、人を愛するし、愛されたいと思うし、寿命を知ればもっと長く生きたいと願うのです。「生きる」ことが希望になるのです。その希望が絶たれた時の絶望感の深さは人間もロボットも同じなのです。死の間際、最後は善人になりたい、天国に行きたいと願うのも同じなのです。それがラストのブレードランナーとレプリカントの戦いのシーンです。グッと来ましたね。これはSF作品だけど、要は人間ドラマなんだと思いました。
人間には過去も思い出も人を愛する気持ちも愛されたい気持ちも生きたいと思う気持もある。だから人間なんだと。

退廃したロスの街並みが面白かったです。ナゼか日本語の看板と日本の屋台のような店がとっても元気でしたね。この映画が作られた約30年前はジャパンマネーが世界を席巻していて、今のチャイナマネーのような勢いと力があった頃ですね。だからやたらと日本語の電飾ハデハデの看板があり、日本の店が繁盛して、日本語が飛び交っているのでしょう。今この手の撮影をしたら、日本語はすべて中国語に変るんだろうなあ…。そんなことをふと思ったりしました。

約30年前、原作者や監督は近未来をこんな風に想像していたのですね。さすがに空を飛ぶ車はありませんが、テレビ電話は可能になったし、ロボットも2足歩行できるし、癒しのペットロボットも出来たし、人間のための介護用ロボットも開発が進んでいるしで、結構近い部分もあるんですよね。そして、ロスのあの暗い、閉塞感の漂う雰囲気はテロや戦争や核の恐怖を抱えた現代に通じるものがあります。
いま、30数年後を想像した作品を作るとしたら、どんな映画になるんだろうと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全35件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:35件

アメリカ人にもこんな作品が撮れるんだ!

投稿日

2009/02/16

レビュアー

ぎら

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

SFの名作として名高い本作品であるが、期待通り、時間を忘れて見入ってしまった。。。
舞台は環境悪化によって人類のほとんどが宇宙に移住してしまった近未来の地球。宇宙開拓をするために開発された感情を持たず肉体を強化された人造人間「レプリカント」が、徐々に感情を持ちはじめ人間に対して反旗を翻し始める。そして、そうしたレプリカントを処刑する「ブレードランナー」との対決が行われる。

こんなストーリーだけを読めば、米国映画の当然の展開として、ヒーローであるブレードランナーが悪者・レプリカントを退治する・・・という、いかにも勧善懲悪で、馬鹿馬鹿しいほどにハッピーエンドな結末が予想されるが、ストーリーの展開は全く異なった。
確かに、レプリカントは人間を平気で殺め、その目的も良く分からずに破壊的な行動に走る。しかし、自分達のルーツが分からないが故の悲哀や、生きられる時間が限られていることによる焦燥が分かると、どこか切なくなるような気分になった。
どこかで、こんな気持ちを感じたことがあるなあと思い、よく考えてみると子供の頃再放送で見た「妖怪人間ベム」の「早く人間になりたい!」と叫ぶ姿と、自らの運命に苦悩するレプリカントの姿がどこか似ているのだ。
レプリカントも、妖怪人間も、人間よりも遥かに強い能力を持っているし、人間の汚い部分を散々見ているにも関わらず、人間になりたいと願う。。。それは、人間が「神」になりたいと願いバベルの塔を積んだことなどにも通じる、創造主への回帰願望なのだろうか。

そして、このレプリカントと対決するブレードランナーも深い悩みを抱えている。
人間そっくりなレプリカント、放っておいても短い命しか持たないレプリカント・・・それを追い詰め、殺すことが本当に正しいことなのか。
この映画は、自ら混乱の種を巻き、自分自身のみを正義と決め付け、他国に対して戦争をしかける母国に対する疑問や煩悶を示しているようにも思える。

その象徴的なシーンが最後の場面だろう。レプリカントの圧倒的な力に追い詰められ、ただ逃げるだけのブレードランナー。しかし、最後の場面ではレプリカントは「命の大切さ」に気付き、建物から転落しそうになったブレードランナーを助け、その短い命を終えていく。
人間ではない「レプリカント」でさえ、「大切な命」に気付くことができるのだから、人間だったら尚更、尊い命を無差別に蹂躙する「戦争」を止めるべきだ。そんな主張を強く感じたい。

正直、「こんな秀逸なSF映画をアメリカ人が撮ることが出来たんだ!」と驚愕を覚えた。
ストーリーだけでなく映像についても、当然現代のような精巧なVFXやCGが使われている訳ではないが、一つ一つのシーンが丁寧に作られており、今から20年以上前に作られたとは思えないほど、臨場感に溢れ、味のある場面が続いている。

Wikipediaによれば、「1982年夏の公開時は大ヒット作『E.T』の陰に隠れて興業成績は全く振るわなかった。」とのことである。そういえば私もE.Tを見たなあ・・・まさに米国映画の真髄とも言えるE.Tの陰でこんな名作が埋もれていたなんて、なんてもったいない。
もちろん、E.T自体も私は秀作であるとは思うが、米国の馬鹿馬鹿しい大作の陰で、こうして埋もれてしまっている名作も跡を絶たないのだろう。まさに偉大なる才能の浪費といえるだろう。。。

肌になじむ映画です。

投稿日

2008/11/18

レビュアー

ゴールドハンター

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オープニングの映像と音楽がいいです。

2019年のロサンゼルスの夜景
その上空を飛ぶパイロットの目には、
ときどき吹き上がる炎が映じる。

宇宙の辺境で働かされていたレプリカント男女3匹ずつが
スペースシャトルを乗っ取り、地球にやってくる。

彼らはレプリカントの製造元であるタイレル社に
侵入しようとして1匹が殺される。
残りのロイ、プリス、リオン、ゾーラともう一匹。
このもう一匹がどうなったのか、それが謎。

それから、デッカードが屋台のオヤジと、
「4つだ!」「2つで十分ですよ!」と
争そっっていたのは何なのだ?
きつねか、卵か、それともチャーシューか?

レプリカントを見破るVKテストで、
ノートパソコンみたいな装置の横で
何かに空気でも送り込んでいるようなものがあったが
あれは何か?

一番分からなかったのが、リオンのアパートで見つけた写真に
写っていた腕輪のある女。
あれは誰なのだ?あの写真が手がかりとなって、
蛇踊りのゾーラを見つけたようだったが・・・
もしかして、あれはサロメの絵だったのかな?

「天使も焼け落ち、雷鳴とどろく海辺・・・」
これは、ダンテかミルトンか?

そしてエンディングでロイはつぶやく
「俺はお前達、人間には信じられないようなものを見てきた。
  オリオン座の近くで燃える宇宙船・・・
  タンホイザーゲートのオーロラ・・・
 そんな思い出も時が来れば消えていく。
  涙のように・・・」

SFフィルムノワール

投稿日

2018/04/01

レビュアー

趣味は洋画

思っていた以上に近未来だった

投稿日

2018/10/27

レビュアー

Yohey

人間ドラマ

投稿日

2011/09/02

レビュアー

やまやま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今までSFには興味がなかったので、長い間ずっと無視していたジャンルです。でも、いろんな作品のレビューを読んでいると、この作品がよく引き合いに出て、しかも高評価なので借りてみました。結果、面白い! SFもなかなか良いじゃないですか! わたしのSF嫌いを解消してくれた作品です。

つくづく考えさせられましたね。ロボットといえども人間のキモチを持てば、人を愛するし、愛されたいと思うし、寿命を知ればもっと長く生きたいと願うのです。「生きる」ことが希望になるのです。その希望が絶たれた時の絶望感の深さは人間もロボットも同じなのです。死の間際、最後は善人になりたい、天国に行きたいと願うのも同じなのです。それがラストのブレードランナーとレプリカントの戦いのシーンです。グッと来ましたね。これはSF作品だけど、要は人間ドラマなんだと思いました。
人間には過去も思い出も人を愛する気持ちも愛されたい気持ちも生きたいと思う気持もある。だから人間なんだと。

退廃したロスの街並みが面白かったです。ナゼか日本語の看板と日本の屋台のような店がとっても元気でしたね。この映画が作られた約30年前はジャパンマネーが世界を席巻していて、今のチャイナマネーのような勢いと力があった頃ですね。だからやたらと日本語の電飾ハデハデの看板があり、日本の店が繁盛して、日本語が飛び交っているのでしょう。今この手の撮影をしたら、日本語はすべて中国語に変るんだろうなあ…。そんなことをふと思ったりしました。

約30年前、原作者や監督は近未来をこんな風に想像していたのですね。さすがに空を飛ぶ車はありませんが、テレビ電話は可能になったし、ロボットも2足歩行できるし、癒しのペットロボットも出来たし、人間のための介護用ロボットも開発が進んでいるしで、結構近い部分もあるんですよね。そして、ロスのあの暗い、閉塞感の漂う雰囲気はテロや戦争や核の恐怖を抱えた現代に通じるものがあります。
いま、30数年後を想像した作品を作るとしたら、どんな映画になるんだろうと思いました。

21〜 25件 / 全35件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ブレードランナー クロニクル