遊星からの物体X

遊星からの物体Xの画像・ジャケット写真
遊星からの物体X / カート・ラッセル
全体の平均評価点:
(5点満点)

122

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
ジャンル:

「遊星からの物体X」 の解説・あらすじ・ストーリー

氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に未知の生命体が侵入した。それは次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる……。

「遊星からの物体X」 の作品情報

製作年: 1982年
製作国: アメリカ
原題: THE THING/JOHN CARPENTER’S THE THING

「遊星からの物体X」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

遊星からの物体Xの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 英語 中国語 韓国語 スペイン語 ポルトガル タイ 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD30363 2003年05月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 2人 0人

【Blu-ray】遊星からの物体X(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日 英 解 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/フランス語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/イタリア語
4:ドルビーデジタル/ステレオ/ドイツ語
5:ドルビーデジタル/ステレオ/スペイン語
6:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1030 2010年04月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:122件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全122件

いい作品です。

投稿日:2005/10/09 レビュアー:sheriff

中弛みのない、いい作品です。
この作品は、「遊星よりの物体X」のリメイク版ですが、オリジナルとオープニングタイトルの出し方が変わらないのに驚きました。

この作品の見所はなんと言っても特撮のすごさ。
とにかくエグイのです。エイリアンの姿は1部、笑ってしまうかもしれませんがそれは流してあげましょうよ。この作品自体が
現代のSFホラーの古典的名作とまでいわれているのですから。そして、なんといっても手作り感がいいじゃありませんか。

また、アメーバーのようにドロドロした液体が出てきますが
このドロドロを恐怖に変えた先駆的作品とも考えられそうです。

実は、本作の音楽をエンニオ・モリコーネが担当しています。
ジョン・カーペンター監督はほとんど自分の作品の音楽も担当してしまうので巨匠と呼ばれるモリコーネに音楽を担当してもらって、監督にとっては「やった〜!ラッキー」なのでは?
ジョン・カーペンター監督のテイストを崩すことなく、自分の仕事をきっちりこなしてしまうモリコーネはやはり凄いです。
でも、ラジー賞のワースト音楽賞ノミネート?どういうこと?

確かに、オリジナルを上回っている作品だと思います。
オリジナルの製作が1951年ですからね。判断は微妙なのかも。
私も血液検査のシーンにはかなり驚かされました。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

『遊星からの物体X』の造形が、衝撃的!

投稿日:2018/03/06 レビュアー:カマンベール

『遊星からの物体X』という題名の1951年作品があります。
この映画はそのリメイクで1982年の本作が二作目です。
2011年には『遊星からの物体X・ファストコンタクト』として再度
リメイクされているのです。

舞台は南極基地。
アメリカ越冬隊の基地です。
晴れ渡る澄み切った青空。永遠に続くような雪原。
飛ぶヘリコプターから、地上の一匹のハスキー犬を執拗に狙う銃声。

これが発端です。
ヘリコプターに乗ったノルウェーの観測隊は、墜落して炎上します。
アメリカ越冬隊員が「ノルウェー基地を偵察に行くと、廃墟となった基地に、異様な焼死体と一匹のハスキー犬が生存していました。

そこから映画はおどろおどろしいSFホラー映画になって行きます。
なんとノルウェー隊が発見したのは、10万年前に飛来したUFOの
残骸だったのです。
その中には『THE THING(生き物・・これが原題です)』
その生き物を起こしてしまったのです。
その造形が生き物というよりナマモノと言った方が分かりやすい。
早く言えば、「皮を剥いだ血の塊」・・そんな生き物だ。
色々の映画を見て来ましたが、これほど気色悪い侵略生物は、
「エイリアン:コヴェナント」で再見しました。
真似してるというより、多くのSF作品に影響を与えたのが本作品なのでしょうか?
そしてソレはさらに擬態して同化していくのだ。
アメリカ越冬隊員は次々と生き物に乗り移られて行く。
それによって同化されたのは一体誰なのか?という疑心暗鬼に陥る。

南極の外へ生き物が増殖するのを恐れた科学者の一人は同化しつつも、
ヘリコプターを破壊!!無線を破棄!!雪上車も破壊する!!
(このあたり「エイリアン・シリーズ」の原点を感じさせます)

隊員に残された手段はあるのか?
徹頭徹尾、空恐ろしい映画でした。
「南極基地」という閉ざされたシチュエーションが、限りなく効果的でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人生初のジョン・カーペンターはこれ

投稿日:2012/04/28 レビュアー:飛べない魔女

冒頭の始まり方、実に惹きこまれますね。
氷原を走る一頭の犬。
それを追いかけるように近づく一機のヘリ。
空から犬を狙って放つライフル。
いったいなぜ?逃げて〜、ワンちゃん!・・・もうここからすでに掴みはオッケーです。

なんと30年前の映画です!
当時の最先端のSFXを駆使して撮影されたエイリアン変身シーン。
確かに古臭いけど、そこには今どきのCGとは違った生生しさがあります。
グロいのに遊び心もあるエイリアンです(笑)
まさに”物体X”に相応しい、予測不能な不思議なエイリアン。
誰がエイリアンに乗っ取られているのか?誰もが怪しくみえ、サスペンスフルな展開はドキドキします。
そして、ちょっと絶望的で思わせ振りなラスト、お見事です。

ああ、そして何よりあのワンちゃん、素晴らしい演技でした。


このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

4月29日 予定通り前章が全米公開されたのかなぁ?

投稿日:2011/04/29 レビュアー:伝衛門

心待ちにしていた全米公開日であることと、私にとって300件目のレビュー作品ということでこの作品を選びました。

もう誕生してから30年近くたつ作品なのですが、古さを全く感じさせません。
ロブ・ボーティンさんの技術も際立っており、私の大好きな作品の一つです。

学生時代に先輩から強制的に観させられその後で自説をあれやこれや語られたことが初見の思い出ですが、
『後は受け取り手が好きなように考えてくれ』というエンディングが見事にハマっている作品で、
『ああでもないこうでもない』と語り合うのは楽しいもので『よくぞ紹介して頂きました』という気分になりました。

当時登場人物の吐く息がキーだとか、主人公がコンピューターに勝ち名乗りをあげたのが伏線とか、
主人公が所持していた酒がキーだとか話を伺った記憶があります。
インターネット上でもその手の話が盛り上がっているようで、思っている以上にファンが多いのだと嬉しくなります。

何はともあれ、前章の日本公開が待ち遠しいです。
(妻は犬のシーンで絶叫し、何の冗談だ!で逃げ出しており、一緒には観てくれないでしょうが。。。)

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

Blu-rayで観る『ざっしぃんぐ』

投稿日:2011/01/12 レビュアー:ぶわつ

■原題:John Carpenter’s The Thing
■1982年■アメリカ■109分
■監督:ジョン・カーペンター
■脚本:ビル・ランカスター
■原作:ジョン・W・キャンベル
■出演:カート・ラッセル/A・ウィルフォード・ブリムリー/キース・デヴィッド 他

■冒頭の雪原の「白」が素晴らしい。また、山の稜線がきれいに描き出されていたり、白一色の風景にすごく奥行きが感じられるのは、それだけ解像度が良いんでしょう。たぶんDVDではこんなところにあまり意識が行かなかったし、普通に観ていてそれに気がつくということはやっぱりBlu-rayってすごい!
 
 さて本作は、すでにDVDのほうでレビューしているのですが、やっぱり何回観ても素敵です。
 もう幾度となく観ているはずなのに、やっぱりドキドキしっぱなし。
 ロブ・ボッティンによるクリーチャーの特殊効果は見事という他はないし、エンニオ・モリコーネの単調だけど観る者の不安を煽りまくるスコアも素晴らしい(なんでラジー賞のワースト音楽賞にノミネートされたのか不思議や)。
 そしてそれにも増して、隊員同士の間に生まれる“もしかしたら、こいつが偽物かも”という疑心暗鬼がスリリング。特に、終盤の血液検査の場面は本当にお気に入りの場面です。
 人間は勝ったのか負けたのか・・・想像するしかないラストシーンも美しい。
 もちろん、あの“犬”の名演技も忘れてはなりません。
 クライマックスはさすがにちょっとサービス精神発揮しすぎ(いや、単に趣味だったのかも)だとは思いますが、それもご愛嬌。
 とにかくBlu-rayの素晴らしいスペックのもと、本作を再見できて、なんかすごくハッピーです。
 またDVDに収録されていたメイキング等の特典映像には日本語字幕がなく、対訳書がついていただけで実質観られない状態だったのですが、Blu-rayの特典映像にはちゃんと日本語字幕がついているみたいです。エライ!!

 なんだか、ますます映画をBlu-rayで観る頻度が上がりそうです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全122件

遊星からの物体X