ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの画像・ジャケット写真

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド / ダニエル・デイ=ルイス

全体の平均評価点:(5点満点)

117

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

ジャンル :

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

「マグノリア」のポール・トーマス・アンダーソン監督が名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、石油を掘り当てアメリカンドリームを実現した男の欲望と裏切りの人生模様を骨太に描く一大叙事詩。原作は、社会派作家アプトン・シンクレアが27年に発表した『石油!』。20世紀初頭。一攫千金を夢見る山師の男ダニエル・プレインヴュー。孤児を自分の息子H.W.として連れ歩く彼は、ある日ポールという青年から自分の故郷の土地に油田があるはずだとの情報を得て、西部の町リトル・ボストンへと向かう。そして、すぐさま土地の買い占めに乗り出す。そんな中、ポールの双子の兄弟でカリスマ牧師のイーライが、ダニエルへの警戒を強めていく。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: THERE WILL BE BLOOD
受賞記録: 2007年 アカデミー賞 主演男優賞
2008年 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督賞)
2007年 ゴールデン・グローブ 男優賞(ドラマ)
2007年 NY批評家協会賞 男優賞
2007年 LA批評家協会賞 作品賞

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

トゥームレイダー2

ラスト・オブ・モヒカン ディレクターズカット

眺めのいい部屋

ジョン・カーター

ユーザーレビュー:117件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全117件

本当は心が血を流していた頃

投稿日:2008/09/03 レビュアー:momo-eime

 偽善家神父の欺瞞と、がむしゃら石油王の傲慢と。これは遠い世界のがむしゃら経済のことではなくて、一時期の私の心の中を拡大したかのような情景です。
 企画を立てて強引に通して、人に指示を出して人を納得させるだけの成績を上げる。そんな課題に追いまくられていた時の私の中には売上と自分の成績を計算して心地よい言葉で人に説明する、イーライ神父のような偽善と、何がなんでも企画を通して成績を上げようとする山師ダニエルのようながむしゃらと、傲慢とが混沌となって私を支配していました。
 そして皆さんおっしゃるようにこの音楽が素晴らしい。眠れない夜に私の耳の中でなり続けた不協和音のビブラート。焦燥感をあおる不快な鼓動そのままのドラム。

  私は私の王になるはずだったのに、
  なぜ私の奴隷になってしまたんだ。
  いったいどうして?
  いったいいつから?
  早くしなくては・・・
  急がなくては・・・
  私の王になるはずの私自身を取り戻さなくては・・・。

 あのまま走り続けていたら、ダニエルのようにはならなくても、きっと寂しい成功をしたでしょうね。日本経済が冷え込んだおかげで自分を取り戻せた人も大勢いるような気がします。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

永い神々の不在の幕開け ネタバレ

投稿日:2008/09/01 レビュアー:ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

油井採掘風景を描写する導入部の件が、セリフもなく弦楽器の不協和音をBGMに、屹立するやぐらの周囲で立ち働く労働者が「2001年宇宙の旅」の類人猿に見えたのはリナパパさんと同じ。後に彼等が地中深くから掘り上げ天に届くかに噴出する原油とその炎は、動物の骨となり宇宙船とも変化する凄まじい力の源なのでしょう。

だたの油井採掘者であったダニエルが、石油の持つ底なしの力に憑りつかれて身を持ち崩してしまうお話。
当初のダニエルの目的は富であり、同じく一切れのパンを食すのが贅沢であった貧しき寒村の庶民の心情を捉え、明日の糧を恐れることのない豊かな生活を望む者、単なる物欲にまみれただけの男であった。
しかし、ダニエルの虚栄心に陰りを差すイーライの登場に、彼が普遍的に持ち神の存在を否定する根拠ともなる支配欲を刺激される。ダニエルはオイルマネーでもって貧しき者達を跪かせるが、イーライは彼の言葉と存在のみで、それは神の姿を借りた偽物ではあるのだが、民衆を従わせるのである。ダニエルの言葉、オイルマネーに従わない地主も、イーライの偽物の説教に耳を貸す。イーライの周囲には彼を信頼し敬う信者が取り囲むが、ダニエルにはオイルの臭気に引き寄せられた偽物の縁者しか寄り付かない。誰もがひれ伏す絶大なる力を得たと確信したダニエルの前に立ち塞がるのは、怪しげなるまがい物然とした宗教であった。

絶大なる力、権力を手にしたとさえ思ったダニエルは、彼の言葉に耳を貸さない者からは搾取し、偉大さに敬意を払わない者は追い払おうとする。そしてダニエルは、血縁を持たぬが唯一の自分の理解者ともいえる存在を遠ざけてしまう。これによりダニエルは世界で唯一の存在となる神に成り代わろうとし、我こそが世界の支配者足る存在であると認めさせようと足掻き続ける、アメリカ国家の礎となるのではあるまいか。

ダニエル(デイ=ルイス)とポールの名演技に惹き込まれます。またBGMが、す〜ごく良いです。素晴らしいです。
先日観た「ノーカントリー」では、失くし見失った喪失感の強調のみでしたが、本作ではその理由がキッチリと描かれてまして、それが勝王さんの仰る“対になる”作品と得心しました。
中盤から終盤にかけての描写に少しダレを感じたのですが、ラストのセリフの重さに圧倒されました、の★4.6個。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

人を憎むことをもって世界を切り開くエンジン

投稿日:2008/09/01 レビュアー:number 6

この映画が最高にいいところは教条的じゃないところ。
どれ一つのエピソードをとっても教えられるところがない。
誰一人として理想的な美しい人間ではないんですよ。

イノセントで美しい人間であるイーライのお父さんは息子に虐げられる。
イノセントな人間は搾取される弱い存在でしかない。
現実がそうであるようにね。

「どういう人間が権力を持っていくのか」
ということに個人的にすごく興味があるんですが、
この映画でそのへんがわかったような気がします。

「人間を憎むこと」がキーなんですね。
強烈な権力をドライブしていくには、
強力な感情的エンジンが必要なんです。

それが「人を憎むこと」なんですね。
そのエネルギーをもって世界を切り開く。
我々の世界の多くの部分はそうやって成り立っている。

「産業はゆがんだ感情の発現」なんですよ。
そういう視点を持つことができる映画。

我々の生活は多くの人の死と悲しみの上に成り立っており、
逃れることはできない。受け入れていくしかない。

日常的にそのへんにいる乱暴でエネルギッシュな人が世界の原動力なのかもしれない。
彼らと彼らの流す血が我々を生かす、または殺す。
人間社会のダイナミズムを見たような気がします。
火と共に歩み、火と共に滅ぶ。
人間の宿命ですね。
楽しいです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

音楽の使い方に引き込まれました。 ネタバレ

投稿日:2008/09/01 レビュアー:コクリコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ダニエル・デイ・ルイス演ずるある男の半生が主軸ですが、これはまさしく‘石油’そのものを描いた物語のように思えます。

プレンビューという男は、アメリカで石油を堀あて石油王になった。
その生き様は、人を信じることはなく、成功への野心と執着、さらに全ての物への妬みで、湧き上がる原油のごとくどす黒い。
脈のある土地を奪うかのように買占め、利益のためには立ちはだかる信仰へも迎合する。
やがては、石油という富の象徴に囲まれながら愛する者を失い、宗教者の皮をかぶり欲の権化と化した男を葬って、流れる血の中で破滅する。

ポール・トーマス・アンダーソンという人は、「ブギーナイツ」「マグノリア」「パンチドランクラブ」でもそうでしたが、人間をとりまく普遍的な事柄を、象徴的にまた摩訶不思議に描くことに長けた人で、ここでも石油が欲望と破滅の象徴として描かれ、さらには滑稽な道化のようにも見えました。

ダニエル・デイ・ルイスは鬼気迫る演技で、アカデミー主演男優賞など小さく見えるほどの怪演。
そして受けて立つポール・ダノの抑えた演技。
この人、隠し切れない卑しさを、不敵な表情ににじませてダニエル・デイ・ルイスにひけをとらない名演でした。

かなりダークで骨太、奥行きの深い傑作と思います。


このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

んーなんじゃーこのオッサンは!

投稿日:2008/08/31 レビュアー:カニ

誰も信じない。通常の”情”は持ち合わせていない。わが道をいく、誰にも何も言わせないし、誰にも邪魔させない。超ーワイルドである。
宗教の名を借りた仕返しを受ける。辱めを受ける。このシーンはすごい。エモーショナルである。葛藤である。
骨太いドラマを久しぶりに見せてもらいましたでぇー、うん。

これはものすごい心の、フィジカルの暴力映画だ。
ダニエル・デイ・ルイスの映画は初めてだ。なんじゃ、このオッサンは

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全117件

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:117件

本当は心が血を流していた頃

投稿日

2008/09/03

レビュアー

momo-eime

 偽善家神父の欺瞞と、がむしゃら石油王の傲慢と。これは遠い世界のがむしゃら経済のことではなくて、一時期の私の心の中を拡大したかのような情景です。
 企画を立てて強引に通して、人に指示を出して人を納得させるだけの成績を上げる。そんな課題に追いまくられていた時の私の中には売上と自分の成績を計算して心地よい言葉で人に説明する、イーライ神父のような偽善と、何がなんでも企画を通して成績を上げようとする山師ダニエルのようながむしゃらと、傲慢とが混沌となって私を支配していました。
 そして皆さんおっしゃるようにこの音楽が素晴らしい。眠れない夜に私の耳の中でなり続けた不協和音のビブラート。焦燥感をあおる不快な鼓動そのままのドラム。

  私は私の王になるはずだったのに、
  なぜ私の奴隷になってしまたんだ。
  いったいどうして?
  いったいいつから?
  早くしなくては・・・
  急がなくては・・・
  私の王になるはずの私自身を取り戻さなくては・・・。

 あのまま走り続けていたら、ダニエルのようにはならなくても、きっと寂しい成功をしたでしょうね。日本経済が冷え込んだおかげで自分を取り戻せた人も大勢いるような気がします。

永い神々の不在の幕開け

投稿日

2008/09/01

レビュアー

ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

油井採掘風景を描写する導入部の件が、セリフもなく弦楽器の不協和音をBGMに、屹立するやぐらの周囲で立ち働く労働者が「2001年宇宙の旅」の類人猿に見えたのはリナパパさんと同じ。後に彼等が地中深くから掘り上げ天に届くかに噴出する原油とその炎は、動物の骨となり宇宙船とも変化する凄まじい力の源なのでしょう。

だたの油井採掘者であったダニエルが、石油の持つ底なしの力に憑りつかれて身を持ち崩してしまうお話。
当初のダニエルの目的は富であり、同じく一切れのパンを食すのが贅沢であった貧しき寒村の庶民の心情を捉え、明日の糧を恐れることのない豊かな生活を望む者、単なる物欲にまみれただけの男であった。
しかし、ダニエルの虚栄心に陰りを差すイーライの登場に、彼が普遍的に持ち神の存在を否定する根拠ともなる支配欲を刺激される。ダニエルはオイルマネーでもって貧しき者達を跪かせるが、イーライは彼の言葉と存在のみで、それは神の姿を借りた偽物ではあるのだが、民衆を従わせるのである。ダニエルの言葉、オイルマネーに従わない地主も、イーライの偽物の説教に耳を貸す。イーライの周囲には彼を信頼し敬う信者が取り囲むが、ダニエルにはオイルの臭気に引き寄せられた偽物の縁者しか寄り付かない。誰もがひれ伏す絶大なる力を得たと確信したダニエルの前に立ち塞がるのは、怪しげなるまがい物然とした宗教であった。

絶大なる力、権力を手にしたとさえ思ったダニエルは、彼の言葉に耳を貸さない者からは搾取し、偉大さに敬意を払わない者は追い払おうとする。そしてダニエルは、血縁を持たぬが唯一の自分の理解者ともいえる存在を遠ざけてしまう。これによりダニエルは世界で唯一の存在となる神に成り代わろうとし、我こそが世界の支配者足る存在であると認めさせようと足掻き続ける、アメリカ国家の礎となるのではあるまいか。

ダニエル(デイ=ルイス)とポールの名演技に惹き込まれます。またBGMが、す〜ごく良いです。素晴らしいです。
先日観た「ノーカントリー」では、失くし見失った喪失感の強調のみでしたが、本作ではその理由がキッチリと描かれてまして、それが勝王さんの仰る“対になる”作品と得心しました。
中盤から終盤にかけての描写に少しダレを感じたのですが、ラストのセリフの重さに圧倒されました、の★4.6個。

人を憎むことをもって世界を切り開くエンジン

投稿日

2008/09/01

レビュアー

number 6

この映画が最高にいいところは教条的じゃないところ。
どれ一つのエピソードをとっても教えられるところがない。
誰一人として理想的な美しい人間ではないんですよ。

イノセントで美しい人間であるイーライのお父さんは息子に虐げられる。
イノセントな人間は搾取される弱い存在でしかない。
現実がそうであるようにね。

「どういう人間が権力を持っていくのか」
ということに個人的にすごく興味があるんですが、
この映画でそのへんがわかったような気がします。

「人間を憎むこと」がキーなんですね。
強烈な権力をドライブしていくには、
強力な感情的エンジンが必要なんです。

それが「人を憎むこと」なんですね。
そのエネルギーをもって世界を切り開く。
我々の世界の多くの部分はそうやって成り立っている。

「産業はゆがんだ感情の発現」なんですよ。
そういう視点を持つことができる映画。

我々の生活は多くの人の死と悲しみの上に成り立っており、
逃れることはできない。受け入れていくしかない。

日常的にそのへんにいる乱暴でエネルギッシュな人が世界の原動力なのかもしれない。
彼らと彼らの流す血が我々を生かす、または殺す。
人間社会のダイナミズムを見たような気がします。
火と共に歩み、火と共に滅ぶ。
人間の宿命ですね。
楽しいです。

音楽の使い方に引き込まれました。

投稿日

2008/09/01

レビュアー

コクリコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ダニエル・デイ・ルイス演ずるある男の半生が主軸ですが、これはまさしく‘石油’そのものを描いた物語のように思えます。

プレンビューという男は、アメリカで石油を堀あて石油王になった。
その生き様は、人を信じることはなく、成功への野心と執着、さらに全ての物への妬みで、湧き上がる原油のごとくどす黒い。
脈のある土地を奪うかのように買占め、利益のためには立ちはだかる信仰へも迎合する。
やがては、石油という富の象徴に囲まれながら愛する者を失い、宗教者の皮をかぶり欲の権化と化した男を葬って、流れる血の中で破滅する。

ポール・トーマス・アンダーソンという人は、「ブギーナイツ」「マグノリア」「パンチドランクラブ」でもそうでしたが、人間をとりまく普遍的な事柄を、象徴的にまた摩訶不思議に描くことに長けた人で、ここでも石油が欲望と破滅の象徴として描かれ、さらには滑稽な道化のようにも見えました。

ダニエル・デイ・ルイスは鬼気迫る演技で、アカデミー主演男優賞など小さく見えるほどの怪演。
そして受けて立つポール・ダノの抑えた演技。
この人、隠し切れない卑しさを、不敵な表情ににじませてダニエル・デイ・ルイスにひけをとらない名演でした。

かなりダークで骨太、奥行きの深い傑作と思います。


んーなんじゃーこのオッサンは!

投稿日

2008/08/31

レビュアー

カニ

誰も信じない。通常の”情”は持ち合わせていない。わが道をいく、誰にも何も言わせないし、誰にも邪魔させない。超ーワイルドである。
宗教の名を借りた仕返しを受ける。辱めを受ける。このシーンはすごい。エモーショナルである。葛藤である。
骨太いドラマを久しぶりに見せてもらいましたでぇー、うん。

これはものすごい心の、フィジカルの暴力映画だ。
ダニエル・デイ・ルイスの映画は初めてだ。なんじゃ、このオッサンは

21〜 25件 / 全117件