AKIRA/アキラの画像・ジャケット写真

AKIRA/アキラ

全体の平均評価点:(5点満点)

92

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

「AKIRA/アキラ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

1988年、関東地区に新型爆弾が使用され、第3次世界大戦が勃発した――。2019年、ネオ東京。金田をリーダーとするバイクの一団は進入禁止の高速道を疾走していた。しかし、先頭にいた島鉄雄は突然視界に入った奇妙な小男をよけきれずに転倒、負傷する。小男と鉄雄は直ちに現れたアーミーのヘリに収容され飛び去ってしまった。翌日、鉄雄を捜す金田は、少女ケイと出会う。彼女は反政府ゲリラの一員で“アキラ”という存在を追っていた。その頃、鉄雄はアーミーのラボで強力なクスリを連続投与され、不思議な力を覚醒し始めていた…。 JAN:9999202579927

「AKIRA/アキラ」 の作品情報

作品情報

製作年:

1988年

原題:

Akira

「AKIRA/アキラ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

ユーザーレビュー:92件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全92件

実現されるのか?! 『実写版AKIRA』

投稿日:2007/05/20 レビュアー:徒然蜜柑白書

「NEW LINE SINEMA」によると 話が出ては消えていた名作ジャパニメーション『AKIRA』の実写化が 前進し始めているようです!
(全国300万人?!の『AKIRA』ファンの夢が実現するかも?!)

本作で受けた大友克弘ショ〜〜ック!は尾を引いて『MEMORIES』『スチームボーイ』も拝見しました。
正直なところ私は本作ほどの衝撃は感じませんでした。

なにはともあれ大友克弘!私に影響されて中坊の長男が『蟲師』にハマっていましてコミック本がずらり!
自分のことを棚にあげといて
「たまには小遣いでべんきょ〜の本でも買えよ!」なんてネ!

さて 本題です。

そもそも AKIRAって だれっ?と思っている方
AKIRAは国家が開発したプロパガンダ秘密兵器でして ちなみに1号から27号までは失敗作でAKIRAは28号(つまり 鉄人28号?!なのです)。
AKIRAという名前は大友克弘氏が敬愛する“故黒澤 明御大”から命名されています。

1988年当時の日本映画としては 異例の10億円に及ぶ制作費を投じたことからも分かる通り 緻密な描写や躍動感のある音楽、衝撃的な破壊シーンなどで劇場版アニメ界に革新をもたらしました。

以降の漫画・アニメ作品に少なからずの影響を与え ジャパニメーションでの海外での評価を一変させた。ジャパニメーション躍進のKeyとなった作品です。

語りつくせば 長くなってしまいますので 今宵はこのへんにしとうございます。

 

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

世界に誇れるアニメーション!

投稿日:2007/03/10 レビュアー:たっちゃん

クオリティーの高さ、音楽と他の追随を許さないほど、完璧な映画でした。
なぜかというと自分は大友漫画のファンだったからです。(なぜ過去形かというと親が漫画を勝手に捨ててしまって、もう全然読んでないからです)
『童夢』も大好きですが、『AKIRA』も当然大好きです。(あと短編集とかもあって面白かったです。短編で一番印象にあるのは、アパートで人を殺して食べる話。)
で、映画ですが、とにかく絵が細かく綺麗だし、バイクのテールランプはかっこいいし、『これがアニメの表現か?』と感動しました。
内容的には超能力の話ですが、リアリティーな部分と非現実的な部分とのバランスが良くて、例えば国家機密の超能力者(鉄雄)対ちっぽけなバイク軍団のリーダー(金田)との対決なんてありえるか?って感じだが、全然そう思わせないところとか、とにかく展開が素晴らしくて面白いです。
まさにサイバーパンクアニメーション!という感じで、もしアニメ好きで観ていない人がいたら、ぜひ観て欲しい作品です。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

観てわからない人は漫画をお読みになって!

投稿日:2005/05/22 レビュアー:頑固煎餅

かくいう私も原作から読んだクチだ。
何よりもびっくりしたのはその画力!
繊細すぎて、完璧すぎて、デッサンに一切の狂いがない!(おそらく)
これをヤンマガ(だったかな?)のスペースで発刊していたとは思えないほど。
そういう意味で、彼の漫画のクオリティは凄い。

そして何よりも世界感。
舞台は、東京の未来、、、というか新東京を描いているのだが、時代背景としては昭和(?)の学生暴動やあさま山荘事件なニオイもぷんぷんだ。(そういう意味では、彼がこの時代を生きた(?)ということだろうか)
彼が監督、及び脚本を勤めるというのは必然である。
(彼以外がやるとどうなっていたのか、、)

画像のクオリティは申し分ない!
おみそれしました、だ!
この繊細さを80年代に描いてしまうとは、、、。

映画化するに至り、124分という短さでその全てを表現することは無理に等しい。
漫画と違う設定、ストーリー、あるいは、キャラが全然違っていたり。
もっと表現して欲しいことは沢山、いや山ほどある。
だが、”映画”という意味で観てみる。

よくぞここまで表現できた!!!!!
と、声を大にしていいたい。漫画版アキラの大筋で言いたかったことは全て伝わっているように思える。

とりあえず、分からなかった、という人は漫画を全巻買って休日に読ん欲しい。

追伸、、、、、子供は見てはだめですよーーー
(ちょっとうげぇなとこもあるので)
オマケ、、、、、長くなってすみません

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

別格

投稿日:2005/03/26 レビュアー:neko

 この映画は、すごい!の一言です。アニメあんまり興味ないですが、AKIRAは別格です。初めて見た時そのあまりのスケールの大きさに圧倒され、すごい衝撃を受けたのを覚えています。それから何回も見ましたが、何度見ても飽きないし、色褪せない。
 金田かっこいいし、鉄雄の繊細さもいい。かおりの鉄雄に対する献身さもすごく好き。ほんと台詞覚えるくらい繰り返し見てます。それくらい好きな作品。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

壮大な世界観のど真ん中で、ド派手なケンカ♪ ネタバレ

投稿日:2014/04/09 レビュアー:BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

てっきりアキラが主人公の名前かと思ってたら…
違うのね…。
主人公は、金田なのね (^ ^;)
(結局、下の名前は最後まで出てこなかったよーな…)

古いアニメなのに、今みても、なんかカッコイイ。

たった2時間の中に、
ものスゴくいろんな事が詰め込まれてたよーな…
とてつもなく壮大なアニメ。

でも、そんな壮大な世界観の中、
ド真ん中にあるのが、<少年のケンカ>ってのがイイ♪♪



*****以下ネタバレ*****


金田の弟分のテツオ…、
なんやかんやで、とてつもない能力を身につけたテツオ…
方や、金田は、ふつうの人間のまま……

なのに、
最後まで、対等に戦おうとする金田が、スゲぇ!!!
戦って、助けようとして……。
最後の最後まで、テツオを弟分の人間として…

少年同士のケンカみたいに見えちゃうから不思議♪
(とんでもなくスケールでかいのにね(笑))


カッコ良くも切ないストーリー。

難解なストーリーなだけに、何年後かに、もう一度、見てみたい。
きっと、その時にも、
古くても、なんかカッコイイ……そう思えそう(*^ ^*)


***************
結局、
人間の進化を意図的に行おうとした事による、
悲劇を描いたアニメだったのか、な?

終盤、キヨコが言う…
「私達には無理だったけど、もうそこまで来ている」…と。
つまり、人間の進化は始まったって事??

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全92件

AKIRA/アキラ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:92件

実現されるのか?! 『実写版AKIRA』

投稿日

2007/05/20

レビュアー

徒然蜜柑白書

「NEW LINE SINEMA」によると 話が出ては消えていた名作ジャパニメーション『AKIRA』の実写化が 前進し始めているようです!
(全国300万人?!の『AKIRA』ファンの夢が実現するかも?!)

本作で受けた大友克弘ショ〜〜ック!は尾を引いて『MEMORIES』『スチームボーイ』も拝見しました。
正直なところ私は本作ほどの衝撃は感じませんでした。

なにはともあれ大友克弘!私に影響されて中坊の長男が『蟲師』にハマっていましてコミック本がずらり!
自分のことを棚にあげといて
「たまには小遣いでべんきょ〜の本でも買えよ!」なんてネ!

さて 本題です。

そもそも AKIRAって だれっ?と思っている方
AKIRAは国家が開発したプロパガンダ秘密兵器でして ちなみに1号から27号までは失敗作でAKIRAは28号(つまり 鉄人28号?!なのです)。
AKIRAという名前は大友克弘氏が敬愛する“故黒澤 明御大”から命名されています。

1988年当時の日本映画としては 異例の10億円に及ぶ制作費を投じたことからも分かる通り 緻密な描写や躍動感のある音楽、衝撃的な破壊シーンなどで劇場版アニメ界に革新をもたらしました。

以降の漫画・アニメ作品に少なからずの影響を与え ジャパニメーションでの海外での評価を一変させた。ジャパニメーション躍進のKeyとなった作品です。

語りつくせば 長くなってしまいますので 今宵はこのへんにしとうございます。

 

世界に誇れるアニメーション!

投稿日

2007/03/10

レビュアー

たっちゃん

クオリティーの高さ、音楽と他の追随を許さないほど、完璧な映画でした。
なぜかというと自分は大友漫画のファンだったからです。(なぜ過去形かというと親が漫画を勝手に捨ててしまって、もう全然読んでないからです)
『童夢』も大好きですが、『AKIRA』も当然大好きです。(あと短編集とかもあって面白かったです。短編で一番印象にあるのは、アパートで人を殺して食べる話。)
で、映画ですが、とにかく絵が細かく綺麗だし、バイクのテールランプはかっこいいし、『これがアニメの表現か?』と感動しました。
内容的には超能力の話ですが、リアリティーな部分と非現実的な部分とのバランスが良くて、例えば国家機密の超能力者(鉄雄)対ちっぽけなバイク軍団のリーダー(金田)との対決なんてありえるか?って感じだが、全然そう思わせないところとか、とにかく展開が素晴らしくて面白いです。
まさにサイバーパンクアニメーション!という感じで、もしアニメ好きで観ていない人がいたら、ぜひ観て欲しい作品です。

観てわからない人は漫画をお読みになって!

投稿日

2005/05/22

レビュアー

頑固煎餅

かくいう私も原作から読んだクチだ。
何よりもびっくりしたのはその画力!
繊細すぎて、完璧すぎて、デッサンに一切の狂いがない!(おそらく)
これをヤンマガ(だったかな?)のスペースで発刊していたとは思えないほど。
そういう意味で、彼の漫画のクオリティは凄い。

そして何よりも世界感。
舞台は、東京の未来、、、というか新東京を描いているのだが、時代背景としては昭和(?)の学生暴動やあさま山荘事件なニオイもぷんぷんだ。(そういう意味では、彼がこの時代を生きた(?)ということだろうか)
彼が監督、及び脚本を勤めるというのは必然である。
(彼以外がやるとどうなっていたのか、、)

画像のクオリティは申し分ない!
おみそれしました、だ!
この繊細さを80年代に描いてしまうとは、、、。

映画化するに至り、124分という短さでその全てを表現することは無理に等しい。
漫画と違う設定、ストーリー、あるいは、キャラが全然違っていたり。
もっと表現して欲しいことは沢山、いや山ほどある。
だが、”映画”という意味で観てみる。

よくぞここまで表現できた!!!!!
と、声を大にしていいたい。漫画版アキラの大筋で言いたかったことは全て伝わっているように思える。

とりあえず、分からなかった、という人は漫画を全巻買って休日に読ん欲しい。

追伸、、、、、子供は見てはだめですよーーー
(ちょっとうげぇなとこもあるので)
オマケ、、、、、長くなってすみません

別格

投稿日

2005/03/26

レビュアー

neko

 この映画は、すごい!の一言です。アニメあんまり興味ないですが、AKIRAは別格です。初めて見た時そのあまりのスケールの大きさに圧倒され、すごい衝撃を受けたのを覚えています。それから何回も見ましたが、何度見ても飽きないし、色褪せない。
 金田かっこいいし、鉄雄の繊細さもいい。かおりの鉄雄に対する献身さもすごく好き。ほんと台詞覚えるくらい繰り返し見てます。それくらい好きな作品。

壮大な世界観のど真ん中で、ド派手なケンカ♪

投稿日

2014/04/09

レビュアー

BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

てっきりアキラが主人公の名前かと思ってたら…
違うのね…。
主人公は、金田なのね (^ ^;)
(結局、下の名前は最後まで出てこなかったよーな…)

古いアニメなのに、今みても、なんかカッコイイ。

たった2時間の中に、
ものスゴくいろんな事が詰め込まれてたよーな…
とてつもなく壮大なアニメ。

でも、そんな壮大な世界観の中、
ド真ん中にあるのが、<少年のケンカ>ってのがイイ♪♪



*****以下ネタバレ*****


金田の弟分のテツオ…、
なんやかんやで、とてつもない能力を身につけたテツオ…
方や、金田は、ふつうの人間のまま……

なのに、
最後まで、対等に戦おうとする金田が、スゲぇ!!!
戦って、助けようとして……。
最後の最後まで、テツオを弟分の人間として…

少年同士のケンカみたいに見えちゃうから不思議♪
(とんでもなくスケールでかいのにね(笑))


カッコ良くも切ないストーリー。

難解なストーリーなだけに、何年後かに、もう一度、見てみたい。
きっと、その時にも、
古くても、なんかカッコイイ……そう思えそう(*^ ^*)


***************
結局、
人間の進化を意図的に行おうとした事による、
悲劇を描いたアニメだったのか、な?

終盤、キヨコが言う…
「私達には無理だったけど、もうそこまで来ている」…と。
つまり、人間の進化は始まったって事??

21〜 25件 / 全92件