母なる証明

母なる証明の画像・ジャケット写真
母なる証明 / ウォンビン
全体の平均評価点:
(5点満点)

115

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「母なる証明」 の解説・あらすじ・ストーリー

「殺人の追憶」「グエムル −漢江の怪物−」のポン・ジュノ監督がとある寒村を舞台に、息子の無実を信じてたった一人で真犯人探しに奔走する母親の執念の姿をスリリングに描き出した衝撃のヒューマン・サスペンス・ミステリー。息子役に「ブラザーフッド」のウォンビン、母親役にTVドラマを中心に活躍するキム・ヘジャ。静かな田舎町。トジュンは子どものような純粋無垢な心を持った青年。漢方薬店で働く母にとって、トジュンの存在は人生の全てだった。そんなある日、女子高生が無惨に殺される事件が起き、容疑者としてトジュンが逮捕されてしまう。息子の無実を確信する母は、自ら真犯人を探すことを決意し行動を開始するのだったが…。

「母なる証明」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: 韓国
原題: MOTHER

「母なる証明」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

母なる証明の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
129分 日 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 10DRJ20490 2010年04月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 3人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:115件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全115件

あまりにスローなシーンが多くじれったい感じがしました。

投稿日:2010/05/04 レビュアー:mikitty.

感情を繊細に表現しているので長編になったのだとは思いますが、少しイライラしてしまいました。
内容は知能の遅れた子を持つ母親の愛がメインテーマで、殺人事件とその謎解きが始まり真実が明かされるまでを描いています。
物語に矛盾を感じたシーンもありました。例えば警察の取調べが時代錯誤のように遅れています。あれはないと思います。同じポン・ジュノ監督の作品『殺人の追憶』が数10年前の設定なのに、この作品は現在です。なのに警察の取調べは同じような感じです。
ウォンビンの数年振りの映画出演にワクワクしましたが、いまいちの役にちょっとがっかりでした。『秋の童話』『ブラザーフッド』どの作品も素敵なウォンビンにうっとりしたものです。今回はカツラでしょうか、ボサボサ頭で顔もよく見えないし正直似合わない役だと思いました。でも難しい役に挑戦してよく頑張ったと思います。次回作はアクションやラブストーリー物に期待したいです。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

母という名の生き物ネタバレ

投稿日:2010/04/25 レビュアー:ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人はこの世に生まれ落ちると、男と女に分かれる。
男と女は成長し、やがて家庭を持つと、男は父と呼び方が変わるだけなのに、女は母という名の別の生き物に生まれ変わるのではと思わせる作品でした。

韓国映画によく見られる誇張と緩急を付けるためのユーモアに、序盤は興味本位で引き込まれはしたが、延々と続くその泥臭さに半ば辟易としながら見続けると、終盤にぐいっと胸倉を掴まれる勢いに圧倒されました。
母となるものは、守る者ためにはその内に何もかもを受け止め抱え込むのでしょうか。障害を持つと思われる息子の、一挙一動に細心の注意を払い自らの傷に気付かず、味方になると思ったら全てを投げ出し縋りつく。その寛容さを愚鈍にまで貶めて、愛する者のためにこの世の全ての穢れも飲み込もうとする姿はうわばみの様で、あまりに生々しく泥臭い描写には苛立ちが募るほどでした。
盲目的に息子を溺愛する母の姿には、秘めたる過去による二度と過ちを繰り返してはならないという誓いがあったのかもしれません。バカと言われると激昂する息子と同様に、激しい怒りに身を委ねてしまう母の姿には遺伝を感じたりもしました。

普通ではない母と子の関係を単純に愚かしい人達と描くことはない、一筋縄ではいかない物語で、殺される娘の生い立ちもまた生々しく娘の老婆には鬼気迫る光景を見て、与えられた生を過ごすのではなく生き抜くことの辛辣さを感じさせる物語だと思いました。

生きることのあまりの辛さに、それでも生きねばならぬことへの自嘲からなのか、それとも一時の憂さ晴らしに興じようとするのか、自らに鍼を打ち母は踊り狂うのでしょうか。★4−

全国のお母様方、これは本作の母に対する意見で、他意はありませんので不快に思われてもご容赦を。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

胃が痛むような後味の悪さ。これは母の強さ?狂気?ネタバレ

投稿日:2012/04/15 レビュアー:みむさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督ってことで鑑賞。

ウォンビンがオーラ消して出てるのでまったく気づきませんでした。ビックリ!
こんな難しい役もやるんですねー!?


漢方薬局で働く母
息子はちょっと精神だか知能が発達遅れしている感じ。
しかし、母はそんな息子を心配しながらも
愛情を注いでいた。

ある日、女子高生が殺害された事件の犯人として
息子が逮捕されてしまう。

息子がそんなことをするはずがない!と
無実を信じて立ち上がった母。
事件の真相は・・・・?という話。

なんだろう・・・・
見終わったとのこの感じ。
放心状態というか、モヤモヤするというか、
後味が悪いというか・・・・・

母は強し!!!晴れて無実になってよかった!!!
なんて、思えないこの結末。

息子は助けられても、無実になっても
これは胃が痛い・・・・・・(汗
ぜんぜんハッピーじゃない・・・・・・

これは、母の愛情なんだろうか?
狂気なんだろうか?
逞しさなんだろうか?
いずれにせよ、この一応親子はハッピーでしょ!?
という「違和感」を見せつけ
さらに、この親子が味わったことが
この親子の行動の結果また他の人に降りかかる
それでも、親子でハッピーですか?
これで本当にいいのか?
って、問われてる感じ。

その上、冒頭からこの母のヘンなダンスから始まり
牧草?米?をザクザク切る映像
地面を流れる液体
ところどころ異様ながら意味をもつであろう映像で
イヤでもひきつけられる。

いやー・・・・・・
なんか、「凄い」じゃうまい表現になってないけど
また韓国映画の凄みを味わってしまった。

でもね、そんな凄い映画でインパクトも大なんだけど
好きな映画にはならないかもね・・・・・
1度観てみて良かったとは思うけど
もう一度はちょっとキツイし、
なにより、登場人物に共感できなくて、後味も悪い。

まあ、これが監督の狙いなんでしょうね。さすがです・・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

5年ぶりのウォンビン復帰作!ネタバレ

投稿日:2010/05/14 レビュアー:ステファニー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ウォンビンファンの私にとって嬉しいようなでも素直に喜べないこの映画!!
 彼の復帰作は、奇才ポン・ジュノ監督の映画だけに多分また消化不良になるんだろうな。。。となかなかリリースされてから手を付けられずにいました。

 この映画、監督自身「殺人の追憶」が取り終えたすぐに浮かんだもので完全オリジナルだけあり、観ていて似ている部分も感じられます。
 殺人の追憶と同じ時代ならまだしもこの映画は現在と言うところがちょっと違和感がありました。

 ずさんな捜査でよく調べもせずに現場にあったトジュンとかかれたゴルフボールで犯人させられてしまったトジュン。
 そんな彼の無実を晴らさそうと一人で突っ走るとトジュンの母親に最初こそは、応援したい気持ちもありましたがその行動はどんどんエスカレートしていくのを見て、背筋がぞくぞくするほど。

 必死になり、トジュンに事件の手がかりを聞きだそうとする母親に両手でこめかみを押さえながら話し出すトジュンの話は、的が外れているのだが…小鹿のような目から語られるのは、ゾクリと母親が忘れたいと思っている過去!!

 事件の真犯人は誰なのか??トジュンは、助かるのか??出てくる誰もが怪しく思えます。

 最後まで見ても、やっぱり何か消化不良で魚の骨が喉に刺さったような嫌な気分にさせてくれるこの映画。。

 韓国人の映画関係者が選ぶ2009年の映画作品賞に選ばれたこの作品。
  それだけに見る価値はあるかと思います。

 ウォンビンファンの私にとっては、是非若いうちに極上の甘く切ないラブストーリーをやって欲しいと願います!!

 次回は、アクション映画「アジョッシ」これも期待ですけどね。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

イラっ!

投稿日:2010/05/09 レビュアー:なおくん

韓国の日常なのか、たばこのポイ捨て、立ちション、物の投げ捨て等、だらしないマナーにイラっ。
息子の奇抜な行動やだらしなさ、親友の裏切り、母親の行き過ぎた行動にイラっ!イラっ!
最後迄顔をしかめながら見ていたよう。
しかしイライラしながらでも、目は一時も離せない。
韓国映画らしく相変わらず衝撃の展開の数々。
面白い作品では無いものの、一度見たら二度と忘れられないストーリー。
またしても韓国映画のパワーにヤラレタ。
これ系韓国強いなぁ。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全115件

母なる証明

月額課金で借りる

都度課金で借りる