ウルヴァリン X−MEN ZERO

ウルヴァリン X−MEN ZEROの画像・ジャケット写真
ウルヴァリン X−MEN ZERO / ヒュー・ジャックマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

140

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ウルヴァリン X−MEN ZERO」 の解説・あらすじ・ストーリー

ミュータントとして生まれたローガンは、少年時代、その能力が覚醒。以来、人としての幸せを捨て、幾多の戦争に身を投じて生きてきたが、ケイラという女性と出会い、初めて人間として生きる喜びを知る。だが、ある日突然彼女は殺されてしまう。深い絆で結ばれていたはずのローガンの兄ビクターの手によって……。兄を倒すため謎の巨大組織と取引したローガンは、最強の戦士となるべく、超金属アダマンチウムを全身の骨に移植する改造手術をうけ、<ウルヴァリン>という名の人間兵器に生まれ変わる。獣のような闘争本能と人間としての心の間で葛藤するローガンと、野獣と化した兄ビクターとの複雑な関係。巨大組織が仕掛けた恐るべき陰謀と、ウルヴァリンの記憶を失わせた絶望的裏切り。最も過激なヒーローの誕生と、復讐の物語が初めて明かされる!

「ウルヴァリン X−MEN ZERO」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: X−MEN ORIGINS: WOLVERINE

「ウルヴァリン X−MEN ZERO」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウルヴァリン X-MEN ZEROの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR38602 2010年02月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
105枚 2人 4人

【Blu-ray】ウルヴァリン X-MEN ZERO(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR38602*B 2010年01月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 4人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:140件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全140件

シリーズNo1

投稿日:2010/03/28 レビュアー:なおくん

面白かった!!
今までのX-MENシリーズ、実はあまり俺好みで無く^^;
ここまでX-MENをじっくり見たのは初めてかもw
迫力、ストーリー、カッコ良さ・・全てが良かった。
監督は1、2一緒でファイナルとZEROは別々の人なんやね。
同じ作品を4作中3人の監督で作ってるって・・不思議な世界^^;

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ウル爺ネタバレ

投稿日:2010/03/18 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オープニング。
「え!?え!?ウルヴァリンって年取らないの?何歳?」

ウルヴァリンの特殊能力は爪だけではなく、驚異的な回復能力・治癒力もあるので、普通の人間より老化が遅い。
だもんで南北戦争、第一次&第二次世界大戦、ベトナム戦争を経験。
本来ならX-MEN在籍時は「長老的扱いを受けて当然の年齢」である。
ウル爺。

ツメ。
「最初は骨のようなものだったんだねぇ」

アダマンチウムを仮面ライダー的改造手術で体に取り入れる前は、ツメもそれほど強靭ではなく、兄の踏み潰しにもポキっと折れていた。

ラヴ。
「ケイラかわいい。ウルヴァリンの名付け親的存在」

普通の女性を愛したと思っていたウルヴァリン。(この時点ではローガン)
組織を抜けてひっそりと暮らしていた愛に溢れた日々。
自分の特殊能力のことも理解してくれていたケイラ。
ローガンはこれからずっと静かに暮らしていこうと思っていたのだろうか。
先に老いていく愛すべき女性を見つめながら。
ウルヴァリンって「クズリ(熊)」って意味なんですね。
たんなるカッチョイイ名前だとばかり思っていました。

味方・敵。
「うわお!!お前は五右衛門か!!」

刀使いのウェイド。
イイですねぇ。
すんばらしい刀さばき。
銃弾を刀で弾き返す、そして銃弾の一刀両断はまさに五右衛門。
シビレました。
ゼロのガンさばきもカッコ良かった。
でも結局この二人の能力ってふぁふぃ?何?

バトル。
「カッコよくはないんだよねぇ・・・」

ウルヴァリンは入場シーンがカッコイイプロレスラーのようなもの。
あと雰囲気があるレスラーとか。
バトル自体はカッコ良くないんです。
とりあえず突っ走ってツメ、シャキーン!
基本的にはこれだけですからね。
でも咆哮するシーンとか、ただ立ってるシーン、睨んだろとかそういうのはバツグンにカッコイイ。
ツメの応用の仕方も好きです。
ヒュー・ジャックマンだもん、当たり前。
兄ちゃんのほうがもっと「オモシロ」だけど。

ヘアースタイル。
「こっちのほうがイイよ」

こういう感じのほうがイイ。
サリーちゃんのパパスタイルは結構微妙だぞ。

色んなことがわかった今作。
改めて「X-MEN」シリーズを鑑賞したくなります。
そしたら「これはこういうこか・・・」
「これは、あーだったからなんだね」
ってなことになって楽しそう。
プロフェッサーやサイクロップスが登場するのも嬉しいところ。

・ヒュー・ジャックマンのムキムキボデーは「ケープ・フィアー」のロバート・デ・ニーロを参考にしたらしいです。

・ウルヴァリンが組織を抜ける夜。
光る雷光。
あれはストームの仕業らしいです。
あそこはストームの出身地。

・ムキムキボデーのために、出演者はこうタンパク食を食べつづける日々。
だからオナラばっかりしてたそうです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

愛した人はみな殺されていった。

投稿日:2010/02/27 レビュアー:徒然蜜柑白書

 
 心根は優しいのに、突き放したような態度で、感情の起伏が激しく、行動はいささか乱暴。 まるで西部劇か、股旅物にでも出てくるような哀愁感のあるキャラが起ってきたぞぉ! 

   【最強にして虚空のヒーロー・ウルヴァリンの悲哀!】

 ⇒なるほどね、こういう生い立ちだったんですね。 
  バットマンに似通った雰囲気が漂っていたのは。

 「驚異の肉体再生能力と戦闘力を持つ兄ビクターと弟ローガンは、150年以上に渡り共に生きてきたが、ある事件が引き金となり袂を分かつ。 ローガンは自らの体に超金属アダマンチウムを移植し、ウルヴァリンとしてビクター打倒を誓うが・・・」

それにしてもウルヴァリンのファーストネームはジェームス!ってか?!  んでもって宿命の兄貴がビクター?!

 宿命の兄弟対決! 北斗の拳か、はたまたドラゴンボールZか?!


 ※ キライじゃないです。 むしろX−MEN(突然変異によって超人的能力を持って生まれたミュータントの集団)をより深く理解できて、より好きになりました。

  
  

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

米軍の 研究方向 間違いだ

投稿日:2010/02/14 レビュアー:Yの3乗

X−MENのビギニング的な作品なのにあまり注目されていなかったみたいで、油断して鑑賞しましたが、期待以上の面白い出来でした。
レビュアーの皆さんも好評が多い割りには注目度は低いのが残念。

ローガンの恐るべき過去がはっきり語られた作品。
前作までの全ての謎が全て理解できました。
ということは、今後のX−MENシリーズではこのネタは使わないということ?


それにしても米軍はローガンをあんな兵器として使うのではなく、不老不死の秘密をもっと研究すべきだったのではと思います。
そのほうが、もっと世の中の為になると思うのですが・・

そんなことは別として楽しめました。
お勧めします。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

嫉妬ですけど、何か?ネタバレ

投稿日:2010/01/03 レビュアー:モアイ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ZEROだったんで、
シャッキーンと(刃?木?が)出る秘密が分かるのだと・・・

あっ、お兄さんいるんだ。(X−MENシリーズでいたっけ?)
おっ、シャッキーンはシャッキーンのままなのか・・・
元々こんな人(達)がいるという前提なのね。謎は謎のままか。

げっ、ちょっと〜彼女いるんですけどぉ
こんな女に騙されないでよぉ〜
今のボディになったのは女のためかよぉ〜

もっと重みのある過去なのかと思ったら、そうでもねぇぞぉ!
女のために燃える復讐心。
私はどんどん、どん引き。

この作品、私の中ではなかった事にして、
これからもX−MEN楽しみたいと思います。













このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全140件

ウルヴァリン X−MEN ZERO