ダメージ シーズン2の画像・ジャケット写真

ダメージ シーズン2 / グレン・クローズ

全体の平均評価点:(5点満点)

50

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「ダメージ シーズン2」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

女性弁護士の背後に潜む陰謀を描いた、グレン・クローズ主演のサスペンスドラマシリーズの第2シーズン第4巻。パティのテレビでの発言でUNRの株価は下落。一方パティを捕まえようと躍起になるエレンは、彼女の友人に目を付け…。第7話と第8話を収録。

「ダメージ シーズン2」 の作品情報

作品情報

製作年:

2009年

製作国:

アメリカ

原題:

DAMAGES

「ダメージ シーズン2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ポロック 2人だけのアトリエ

CSI:マイアミ シーズン1

オレンジ・イズ・ニュー・ブラック シーズン2

母の眠り

ユーザーレビュー:50件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全50件

パティの行動

投稿日:2010/06/18 レビュアー:ぽんぽん玉

今回、珍しく個人的理由で行動している感があるパティ。
損得勘定抜きの行動が吉と出るか凶と出るか。。。
今作品は【裏切り】がテーマともいえるだけに誰も信用できない。
エレンに近づく人間すべてが怪しく見えてくる^^;
それはそうと、エレン役のローズ・バーンの顔が覚えられない(>_<)
ありふれた美人とでもいうのか、シーズン1から続けて見たにも関わらず同一人物に見えないのです。
一体、どこが違うんだろう。。。。
髪型か?!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

今回はどこに向かうのか

投稿日:2010/06/18 レビュアー:ぽんぽん玉

久々の【ダメージ】で内容をまるで覚えていなかった私。。。
そこでシーズン1を再視聴。そのまま、シーズン2に突入!
細部を覚えていない人は↑をオススメ。
良くできた作品なので細部の伏線がカギになっていますので。
そしてシーズン2は、どこに向かうのか。。。
相変わらず怪しいパティの行動。
そして実はキーパーソンのピート。
最終地点がはっきりしないのも【ダメージ】の特徴でしょうか。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

パーフェクト・ストーム ネタバレ

投稿日:2010/05/13 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シーズンフィナーレは最大級の衝撃と共に。
驚きに次ぐ驚きの連続。
不可解なシーンが一つに繋がっていく快感。
予想を遥かに上回る展開。
このドラマに踊らされる幸せ。
圧倒的なパティの存在感に平伏すしかない。
その人間力に気圧されるしかない。

感情を抑制出来ないのは恥。
そんなパティから響く怒号。
それはまるで海底火山の噴火のように全てを黙らせる。
そのマグマで凍らせる。
パティは凪を得るために。
全てを消し去るために。
噴火した海底火山から吹き上がった火山灰は空を覆い。
天空からの光を遮り。
嵐を呼ぶ。
欲望も嘘も何もかも。
全ての渦を飲み込むパーフェクトスト−ム。
自らの代償も厭わない。
この海を支配できるのはパティだけ。
そう・・パティだけ。
静まりかえった嵐の後。
そしてパティは海を眺める。
パティの海を眺める。

エレンとパティ。
この海で対峙。
パティがリードされる空間。
パティが気圧される空間。
エレンが奪ったパティの真実。
対岸は見えた。
海を泳ぎきったエレン。
その胸に去来するものは、思いを成し遂げた到達感か。
それとも改めて知るパティの海の果てしない広さか。
エレンは泳ぎきったのか。
それともパティに泳ぎきらせてもらったのか。
きっとエレンは感じている。
パティの海を泳ぎきった者として、その答えを感じている。
奪った真実と心地良い疲労が体を大地に沈めていく。
・・今は休息のとき。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

海を裂く ネタバレ

投稿日:2010/05/07 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

その絆。
なんて強い絆。
裏切る事のない絆。
パティとピート。
ピートが生きていられること。
それはパティと生きていること。
そのあまりにも強靭な絆に悲しみと切なさが押し寄せる。
愛する重病の妻との天秤にも揺るがないパティとの絆。
それを理解しているピートの妻。
この重さは当人にしかわからない。
裏切らないとわかっているから。
だから罠にかかるつもりだったパティ。
その涙はやがて川になり、海へと流れ着く。
抗う者に容赦しない無情の海へと流れ着く。
編集の順番をチェンジして、一瞬だがさもピート殺しはパティの差し金?と思わせる展開が憎い。
嗚呼、やっぱり嵐はやってくる。
エレン。
パティの海に挑むエレン。
潜ってみたり、顔を出したり。
高波にものまれず。
渦にものみこまれず。
果てしない海を泳ぎ続ける。
「ダメージ」史上最大級の衝撃。
エレンの悲しみがパティの海を裂く。
エレンの憎しみがパティの海を裂く。
その2発。
海を切り裂いたエレンは何処へ。
対岸の景色は見えたのか・・

フロビシャー。
滑稽極まりなし。
想像以上に底の浅〜い人物。
スピリチュアル〜な方向へ活路を見出したときも失笑もんだったけど、今回は輪をかけて底の浅さを露呈してしまう。
もう一段階深く地獄へ墜ちてみよう。

パティの夫。
積み上げる裏切り。
それ、パティに隠しとおせる?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

対岸は見えない

投稿日:2010/05/06 レビュアー:ビンス

泳ぎきれると思ったか。
楽に泳ぎきれると思ったか。
対岸に渡れると思ったか。
パティは海。
対岸など遥か彼方で見えるはずもない。
泳ぎだしたが最後。
あとは疲れ果て、沈むだけ。
足が攣り。
体温を奪われて。
深い海に沈んでいくだけ。
どこまでも。
どこまでも。
パティは海。
嘘と嘘と嘘を飲み込みまくる深くて広い海。

罠をかわす。
罠をかわしたつもり。
罠のあるところから飛び退いたその地点に。
本当の罠が待ち受けている。
ガグワッシャ。
えぐり、めりこむ罠の牙。
血が溢れる。
そこは血の広場となる。

ケンカ相手を捕まえたパティ。
身の程を知らない憐れなエゴマン。
沈む準備はできてるかい?
パティがきる切り札は最強で最凶のカード。
エレン。
一世一代の大勝負中。
海に挑むエレン。
泳ぎきれる確率は?
彼女に対岸は見えているのだろうか・・
後ろから嵐が迫る。

過去に現在、さらには未来まで見え出したシーズン2。
張り巡らされた伏線。
興味をそそりまくる展開と謎。
そして沈黙の黒。
あの時折挿まれる黒い沈黙の画面。
あれが心をざわめかせます。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全50件

ダメージ シーズン2

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:50件

パティの行動

投稿日

2010/06/18

レビュアー

ぽんぽん玉

今回、珍しく個人的理由で行動している感があるパティ。
損得勘定抜きの行動が吉と出るか凶と出るか。。。
今作品は【裏切り】がテーマともいえるだけに誰も信用できない。
エレンに近づく人間すべてが怪しく見えてくる^^;
それはそうと、エレン役のローズ・バーンの顔が覚えられない(>_<)
ありふれた美人とでもいうのか、シーズン1から続けて見たにも関わらず同一人物に見えないのです。
一体、どこが違うんだろう。。。。
髪型か?!

今回はどこに向かうのか

投稿日

2010/06/18

レビュアー

ぽんぽん玉

久々の【ダメージ】で内容をまるで覚えていなかった私。。。
そこでシーズン1を再視聴。そのまま、シーズン2に突入!
細部を覚えていない人は↑をオススメ。
良くできた作品なので細部の伏線がカギになっていますので。
そしてシーズン2は、どこに向かうのか。。。
相変わらず怪しいパティの行動。
そして実はキーパーソンのピート。
最終地点がはっきりしないのも【ダメージ】の特徴でしょうか。

パーフェクト・ストーム

投稿日

2010/05/13

レビュアー

ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シーズンフィナーレは最大級の衝撃と共に。
驚きに次ぐ驚きの連続。
不可解なシーンが一つに繋がっていく快感。
予想を遥かに上回る展開。
このドラマに踊らされる幸せ。
圧倒的なパティの存在感に平伏すしかない。
その人間力に気圧されるしかない。

感情を抑制出来ないのは恥。
そんなパティから響く怒号。
それはまるで海底火山の噴火のように全てを黙らせる。
そのマグマで凍らせる。
パティは凪を得るために。
全てを消し去るために。
噴火した海底火山から吹き上がった火山灰は空を覆い。
天空からの光を遮り。
嵐を呼ぶ。
欲望も嘘も何もかも。
全ての渦を飲み込むパーフェクトスト−ム。
自らの代償も厭わない。
この海を支配できるのはパティだけ。
そう・・パティだけ。
静まりかえった嵐の後。
そしてパティは海を眺める。
パティの海を眺める。

エレンとパティ。
この海で対峙。
パティがリードされる空間。
パティが気圧される空間。
エレンが奪ったパティの真実。
対岸は見えた。
海を泳ぎきったエレン。
その胸に去来するものは、思いを成し遂げた到達感か。
それとも改めて知るパティの海の果てしない広さか。
エレンは泳ぎきったのか。
それともパティに泳ぎきらせてもらったのか。
きっとエレンは感じている。
パティの海を泳ぎきった者として、その答えを感じている。
奪った真実と心地良い疲労が体を大地に沈めていく。
・・今は休息のとき。

海を裂く

投稿日

2010/05/07

レビュアー

ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

その絆。
なんて強い絆。
裏切る事のない絆。
パティとピート。
ピートが生きていられること。
それはパティと生きていること。
そのあまりにも強靭な絆に悲しみと切なさが押し寄せる。
愛する重病の妻との天秤にも揺るがないパティとの絆。
それを理解しているピートの妻。
この重さは当人にしかわからない。
裏切らないとわかっているから。
だから罠にかかるつもりだったパティ。
その涙はやがて川になり、海へと流れ着く。
抗う者に容赦しない無情の海へと流れ着く。
編集の順番をチェンジして、一瞬だがさもピート殺しはパティの差し金?と思わせる展開が憎い。
嗚呼、やっぱり嵐はやってくる。
エレン。
パティの海に挑むエレン。
潜ってみたり、顔を出したり。
高波にものまれず。
渦にものみこまれず。
果てしない海を泳ぎ続ける。
「ダメージ」史上最大級の衝撃。
エレンの悲しみがパティの海を裂く。
エレンの憎しみがパティの海を裂く。
その2発。
海を切り裂いたエレンは何処へ。
対岸の景色は見えたのか・・

フロビシャー。
滑稽極まりなし。
想像以上に底の浅〜い人物。
スピリチュアル〜な方向へ活路を見出したときも失笑もんだったけど、今回は輪をかけて底の浅さを露呈してしまう。
もう一段階深く地獄へ墜ちてみよう。

パティの夫。
積み上げる裏切り。
それ、パティに隠しとおせる?

対岸は見えない

投稿日

2010/05/06

レビュアー

ビンス

泳ぎきれると思ったか。
楽に泳ぎきれると思ったか。
対岸に渡れると思ったか。
パティは海。
対岸など遥か彼方で見えるはずもない。
泳ぎだしたが最後。
あとは疲れ果て、沈むだけ。
足が攣り。
体温を奪われて。
深い海に沈んでいくだけ。
どこまでも。
どこまでも。
パティは海。
嘘と嘘と嘘を飲み込みまくる深くて広い海。

罠をかわす。
罠をかわしたつもり。
罠のあるところから飛び退いたその地点に。
本当の罠が待ち受けている。
ガグワッシャ。
えぐり、めりこむ罠の牙。
血が溢れる。
そこは血の広場となる。

ケンカ相手を捕まえたパティ。
身の程を知らない憐れなエゴマン。
沈む準備はできてるかい?
パティがきる切り札は最強で最凶のカード。
エレン。
一世一代の大勝負中。
海に挑むエレン。
泳ぎきれる確率は?
彼女に対岸は見えているのだろうか・・
後ろから嵐が迫る。

過去に現在、さらには未来まで見え出したシーズン2。
張り巡らされた伏線。
興味をそそりまくる展開と謎。
そして沈黙の黒。
あの時折挿まれる黒い沈黙の画面。
あれが心をざわめかせます。

21〜 25件 / 全50件