重力ピエロ

重力ピエロの画像・ジャケット写真

重力ピエロ / 加瀬亮

全体の平均評価点:(5点満点)

154

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「重力ピエロ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件の謎を追う兄弟が、やがて家族にまつわる哀しい過去と向き合っていくさまを家族の愛を軸に描く。泉水と春は、優しい父と今は亡き美しい母の愛情に包まれて育った仲の良い兄弟。兄の泉水は遺伝子の研究をする大学院生。一方、街中で落書き消しの仕事をしている弟の春。彼らが暮らす仙台市内は、頻発する連続放火事件に揺れていた。あるとき春は、放火現場の近くに必ず謎のグラフィティアートが描かれていることに気づく。事件との繋がりを直感した春は、泉水を誘って夜の街で張り込みを開始するが…。

「重力ピエロ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「重力ピエロ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

CASSHERN

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

恋愛小説

めがね

ユーザーレビュー:154件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全154件

すごい作品です。 ネタバレ

投稿日:2009/09/25 レビュアー:KEE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する



いまや、飛ぶ鳥を落とす勢いの伊坂幸太郎原作の小説の映画化。

本も読んでないけど、こんなに心に響く作品は、あまりないのではないかと。
原作の良さもさることながら、役者のうまさに加え、作り手がものすごく丁寧に大事に作品をつくったのではないか?と想像できる。
なんだろう。
愛おしいような気持にさえなる作品です。映像、音楽ともに、記憶に刷り込まれていくような映画でした。

加瀬亮は、もともと好きなんだけど、最近とっても気になっている岡田将生 くん。
このひとは、ほんと、美しいね。
見るたび、美しくなる。演技がうまいとは思えないけど、凄い透明感と、存在感。
なにせ、美しい。

このふたり、割と年が近い兄弟の設定なので、加瀬亮がかなり若づくりな感じなんだけど、実際15歳くらい離れてるもんね。

子供のころのエピソードも、かなり深くって、子役もかなり似ている。

両親役の小日向文世も、 鈴木京香 も、いいです。
小日向文世 においては、加瀬亮の「それでも僕はやってない」の嫌な裁判官があまりに印象的で、「最強の親子」を演じる今回は、不思議な感じがした。

最強の家族なんだけど、つらすぎる過去を抱えている。
みんなが思いやって生きているから、それも、本当に胸を打つのです。

私は、渡部篤郎 大好きなんだけど、今回もやっぱりこんな役(笑)
似合うなあ。

最近、気になる女優、吉高由里子 も実にいいです。
この人、楽しみだなあ。

とにかく、加瀬亮の演技力と、岡田将生 の美しさ。これだけでも観る価値はありますが、作品としても非常に優れていて、本当に引き込まれました。
ピアノの旋律が、胸に染み入ります。

家族って、すごい。
おすすめです。




このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

62pts. 【出演】小日向文世 ネタバレ

投稿日:2010/09/23 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これ、原作を読んでいたので、
見てみると、ああ、そんな感じだったなという感じです。

小説の方も、結構、暗い感じで、
小難しい台詞があったりして、
雰囲気は、よく踏襲できてるのではないかと感じました。

ただ、小説の方は、
正直、細かいところは憶えてないのですが、
根本的に、なぜ、春を産むことにしたのか、
いまいち、釈然としないんですよね。。。

遺伝子とかに絡めるところも、
面白いといえば、面白いのですが、
あっと驚くというほどではないというか・・・

もちろん、細かいところは覚えてないものの、
誰が犯人かは、見始めてすぐに思い出したので、
そういうところで、驚きが小さかったのかもしれません。

やはり、なかなか、小説を読んでいると、
先入観が入って、評価は、難しいものですね。

演技に関しては、、、やはり、
小日向文世さんの、雰囲気が、このお父さんに、
ぴったりな感じで、いい感じだったのと、
整形美人の夏子さん役、
吉高由里子さんも、おどおどした演技が、
なんか、整形したストーカーっぽくて、、、
よかったような気がしますね。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

重力…それは抵抗出来ない引き合う威力^^ ネタバレ

投稿日:2010/04/13 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

それは「悲しみ」だったり「喜び」だったり「性の渇望」だったりするのでしょう。
「遺伝子」で繋がった「根っこ」の牽引力からは一生逃れる事が出来ない。
更にそれは自分の子等にも受け継がれる。
この作品は地上で生きる全てにモノが持つ倫理の刹那と生きる意味を噛み砕いて説明してくれます。
重力は地球が人を引く力では無い。
人「そのもの」が地表を引く力でも有る。
ところが或る日突然「ポン」と弾みがついてフンワリと宙に浮ける時期が有る。
「私たち、そのうち宙に浮けるかもしれない」
その言葉は全てのシガラミからの解脱を意図したのかも知れない。
しかし、人には暗くて重い「核」も有る。
それは己の好むと好まざるとに関わらず意識の影の部分を強く々々引き寄せる。
「春が二階から落ちてくる」
泉水は、これからも弟の全てを支えて生きて行く事が出来るのか?。
無論生きるしかない。
全ては引き合って一つになり、調和する世界なのだから…。

原作とはかなり異なる展開の様ですがミステリと言うよりは一風変った家族物語として楽しめました。
もしも同じ状況になったなら私の泉水の父と同じ行動を取るでしょう。
例え辛くても「半分」は自分の愛した人の化身です。
無下に命を奪う事なんて「絶対に!」出来ません。
生きていれば、やがては全ての確執が溶けて丸く繋がっていく希望も有ります。
何に出ても同じ演技しかしない渡部が今回は「はまり過ぎ」な位に「悪いヤツ」を演じていたのが小気味が良かったです。
アマゾンのマーケットプライス辺りで安い原作本を探して読んでみようと思います。
人によっては泉水の父が取った行動を毛嫌いする様ですね。
自分の愛する物の半身でもない存在を愛する事が出来るのか?。
自分の汚れを知る人達のいる土地から侮蔑の目を浴びながら生きていけるのか?。
私は男なので愛する人の身体から生まれて来る命を愛する事が出来ると断言出来ます。
そして土地から離れなかった理由は単純明快。
妻は「物凄い美人」で有名人だからです。
噂は移る土地で更に広がります。
ゴシップと言う重量の甘さからは人は逃げられないのです。
それよりも見知った人のいる土地で養護してくれる暖かい人がいるコミュニティで暮らした方が利口です。
傷付いた者を更に痛め付ける演出しか劇中の表現が無かったのは残念です。
疲弊した者に手を差し伸べる「お人好し」もいるのが地域の甘さと暖かさです。
取り敢えず、この作品は私の今年度DVD鑑賞作品のベスト5に入るでしょう。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

兄貴としての使命感。家族の絆。

投稿日:2009/12/24 レビュアー:らいちょう

「重力ピエロ」?は?ん?くだらない題名だな〜。
日本の映画は、こんなくだらない題名が多い。内容もグダグダだろうと思いながらも、高評価の星の数を数えながら観てしまった。

いいじゃないか。この映画いいじゃなかい!
春が最終的にやったことは、裁判官や検事がいくら考えても判断できるものじゃないんだよ。

仲がいい兄弟。これからもずーと仲良くして下さい。
エンディングも重くなくサラリと終わって、素晴らしい出来です。

★★★★★5個

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

味わったことのない余韻が残ります

投稿日:2009/11/06 レビュアー:ムービーたろう

好みによって評価が分かれる作品だと思います。

よく出来た推理もの刑事ドラマのような内容と、
衝撃的な内容の家族ドラマの部分と、その両者
のバランスをどうブレンドするか、脚本家が
かなり腐心したあとがうかがえます。

サスペンス・ファンの人からすると、見るべき
ところは前半から中盤の謎解きの盛り上がりで
終わってしまい、終盤では「サビのないポップス
ソング」を聴いたような空虚感を味わうことに
なります。

平日お昼の家族ドラマ好きの方からすると、
後半の「家族のつながり」について明かされる
シーンなどで涙するものの、勧善懲悪になって
いないダーティーな結末に、イマイチ感情移入
できないままラストを迎えることになります。

そのアンバランスさを、強引に「重力、、、」という
作品タイトルに集約して見た人に「まとまった感」を
味わってもらえるようにと、作品のモノローグとエピ
ローグで、あるリフレインの手法が使われています。

ばらばらになりそうな、サスペンスの寿司メシと
家族ドラマの具を、それらのリフレインでギュッと
はさんだ「押し寿司」にしたことで、映像化が難しい
と言われた原作を、すごくあやういバランスながら
かろうじて映画として賞味できるようにしている…、
そんなふうに感じました。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全154件

重力ピエロ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:154件

すごい作品です。

投稿日

2009/09/25

レビュアー

KEE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する



いまや、飛ぶ鳥を落とす勢いの伊坂幸太郎原作の小説の映画化。

本も読んでないけど、こんなに心に響く作品は、あまりないのではないかと。
原作の良さもさることながら、役者のうまさに加え、作り手がものすごく丁寧に大事に作品をつくったのではないか?と想像できる。
なんだろう。
愛おしいような気持にさえなる作品です。映像、音楽ともに、記憶に刷り込まれていくような映画でした。

加瀬亮は、もともと好きなんだけど、最近とっても気になっている岡田将生 くん。
このひとは、ほんと、美しいね。
見るたび、美しくなる。演技がうまいとは思えないけど、凄い透明感と、存在感。
なにせ、美しい。

このふたり、割と年が近い兄弟の設定なので、加瀬亮がかなり若づくりな感じなんだけど、実際15歳くらい離れてるもんね。

子供のころのエピソードも、かなり深くって、子役もかなり似ている。

両親役の小日向文世も、 鈴木京香 も、いいです。
小日向文世 においては、加瀬亮の「それでも僕はやってない」の嫌な裁判官があまりに印象的で、「最強の親子」を演じる今回は、不思議な感じがした。

最強の家族なんだけど、つらすぎる過去を抱えている。
みんなが思いやって生きているから、それも、本当に胸を打つのです。

私は、渡部篤郎 大好きなんだけど、今回もやっぱりこんな役(笑)
似合うなあ。

最近、気になる女優、吉高由里子 も実にいいです。
この人、楽しみだなあ。

とにかく、加瀬亮の演技力と、岡田将生 の美しさ。これだけでも観る価値はありますが、作品としても非常に優れていて、本当に引き込まれました。
ピアノの旋律が、胸に染み入ります。

家族って、すごい。
おすすめです。




62pts. 【出演】小日向文世

投稿日

2010/09/23

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これ、原作を読んでいたので、
見てみると、ああ、そんな感じだったなという感じです。

小説の方も、結構、暗い感じで、
小難しい台詞があったりして、
雰囲気は、よく踏襲できてるのではないかと感じました。

ただ、小説の方は、
正直、細かいところは憶えてないのですが、
根本的に、なぜ、春を産むことにしたのか、
いまいち、釈然としないんですよね。。。

遺伝子とかに絡めるところも、
面白いといえば、面白いのですが、
あっと驚くというほどではないというか・・・

もちろん、細かいところは覚えてないものの、
誰が犯人かは、見始めてすぐに思い出したので、
そういうところで、驚きが小さかったのかもしれません。

やはり、なかなか、小説を読んでいると、
先入観が入って、評価は、難しいものですね。

演技に関しては、、、やはり、
小日向文世さんの、雰囲気が、このお父さんに、
ぴったりな感じで、いい感じだったのと、
整形美人の夏子さん役、
吉高由里子さんも、おどおどした演技が、
なんか、整形したストーカーっぽくて、、、
よかったような気がしますね。

重力…それは抵抗出来ない引き合う威力^^

投稿日

2010/04/13

レビュアー

アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

それは「悲しみ」だったり「喜び」だったり「性の渇望」だったりするのでしょう。
「遺伝子」で繋がった「根っこ」の牽引力からは一生逃れる事が出来ない。
更にそれは自分の子等にも受け継がれる。
この作品は地上で生きる全てにモノが持つ倫理の刹那と生きる意味を噛み砕いて説明してくれます。
重力は地球が人を引く力では無い。
人「そのもの」が地表を引く力でも有る。
ところが或る日突然「ポン」と弾みがついてフンワリと宙に浮ける時期が有る。
「私たち、そのうち宙に浮けるかもしれない」
その言葉は全てのシガラミからの解脱を意図したのかも知れない。
しかし、人には暗くて重い「核」も有る。
それは己の好むと好まざるとに関わらず意識の影の部分を強く々々引き寄せる。
「春が二階から落ちてくる」
泉水は、これからも弟の全てを支えて生きて行く事が出来るのか?。
無論生きるしかない。
全ては引き合って一つになり、調和する世界なのだから…。

原作とはかなり異なる展開の様ですがミステリと言うよりは一風変った家族物語として楽しめました。
もしも同じ状況になったなら私の泉水の父と同じ行動を取るでしょう。
例え辛くても「半分」は自分の愛した人の化身です。
無下に命を奪う事なんて「絶対に!」出来ません。
生きていれば、やがては全ての確執が溶けて丸く繋がっていく希望も有ります。
何に出ても同じ演技しかしない渡部が今回は「はまり過ぎ」な位に「悪いヤツ」を演じていたのが小気味が良かったです。
アマゾンのマーケットプライス辺りで安い原作本を探して読んでみようと思います。
人によっては泉水の父が取った行動を毛嫌いする様ですね。
自分の愛する物の半身でもない存在を愛する事が出来るのか?。
自分の汚れを知る人達のいる土地から侮蔑の目を浴びながら生きていけるのか?。
私は男なので愛する人の身体から生まれて来る命を愛する事が出来ると断言出来ます。
そして土地から離れなかった理由は単純明快。
妻は「物凄い美人」で有名人だからです。
噂は移る土地で更に広がります。
ゴシップと言う重量の甘さからは人は逃げられないのです。
それよりも見知った人のいる土地で養護してくれる暖かい人がいるコミュニティで暮らした方が利口です。
傷付いた者を更に痛め付ける演出しか劇中の表現が無かったのは残念です。
疲弊した者に手を差し伸べる「お人好し」もいるのが地域の甘さと暖かさです。
取り敢えず、この作品は私の今年度DVD鑑賞作品のベスト5に入るでしょう。

兄貴としての使命感。家族の絆。

投稿日

2009/12/24

レビュアー

らいちょう

「重力ピエロ」?は?ん?くだらない題名だな〜。
日本の映画は、こんなくだらない題名が多い。内容もグダグダだろうと思いながらも、高評価の星の数を数えながら観てしまった。

いいじゃないか。この映画いいじゃなかい!
春が最終的にやったことは、裁判官や検事がいくら考えても判断できるものじゃないんだよ。

仲がいい兄弟。これからもずーと仲良くして下さい。
エンディングも重くなくサラリと終わって、素晴らしい出来です。

★★★★★5個

味わったことのない余韻が残ります

投稿日

2009/11/06

レビュアー

ムービーたろう

好みによって評価が分かれる作品だと思います。

よく出来た推理もの刑事ドラマのような内容と、
衝撃的な内容の家族ドラマの部分と、その両者
のバランスをどうブレンドするか、脚本家が
かなり腐心したあとがうかがえます。

サスペンス・ファンの人からすると、見るべき
ところは前半から中盤の謎解きの盛り上がりで
終わってしまい、終盤では「サビのないポップス
ソング」を聴いたような空虚感を味わうことに
なります。

平日お昼の家族ドラマ好きの方からすると、
後半の「家族のつながり」について明かされる
シーンなどで涙するものの、勧善懲悪になって
いないダーティーな結末に、イマイチ感情移入
できないままラストを迎えることになります。

そのアンバランスさを、強引に「重力、、、」という
作品タイトルに集約して見た人に「まとまった感」を
味わってもらえるようにと、作品のモノローグとエピ
ローグで、あるリフレインの手法が使われています。

ばらばらになりそうな、サスペンスの寿司メシと
家族ドラマの具を、それらのリフレインでギュッと
はさんだ「押し寿司」にしたことで、映像化が難しい
と言われた原作を、すごくあやういバランスながら
かろうじて映画として賞味できるようにしている…、
そんなふうに感じました。

21〜 25件 / 全154件