バビロンA.D.

バビロンA.D.の画像・ジャケット写真
バビロンA.D. / ヴィン・ディーゼル
  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「バビロンA.D.」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「バビロンA.D.」 の作品情報

製作年: 2008年
原題: BABYLON A.D.

「バビロンA.D.」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

バビロンA.D.の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
101分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR36274 2009年09月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
31枚 0人 1人

【Blu-ray】バビロンA.D.(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
101分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR36274*B 2009年09月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:101件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全101件

結局バビロンって何??

投稿日:2009/09/23 レビュアー:なおくん

無駄な映像盛り沢山、なのに肝心のストーリーは突っ込み所満載、アクションシーンも中途半端。
映像以外は手〜抜いてるなって感じw
戦車から透けて見える森の景色・・そこまでのリアルさこの作品に必要かって!^^;
そこまで頑張るんだったらもう少しストーリーの方頑張って欲しかったなぁ。
ま♪ 出来悪くとも大作作れば適度に売れるっしょっていう典型的な作品やね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

10,000キロの旅はこんなもんじゃない!

投稿日:2009/09/22 レビュアー:アマギン

劇場に突如現れた予告編、映像を見る限りヴィン・ディーゼル起死回生の予感。
近日の007にない、過去の007の匂いがするアクションシークエンスに
期待を寄せ、ワイルドスピード前にヴィン・ディーゼル氏の活躍を見たくて
スクリーンで鑑賞しましたが大失敗。

序盤はなかなか期待がもてる出来で、風景画にしかり登場する小道具にしかり
大作を感じる内容でしたが、エンジンがかかり辛く、やっと出てきた迫力ある映像も
予告編で既に見ている始末。

K-1ファイターレバンナさんの配役は決して間違っていなければ、ヴィンさん
にはもってこいの相手でしょうが、いかんせんカメラ寄りすぎでなんのこっちゃ
わからんまま終わっちゃう・・・。

最終地点であるニューヨークへ到着した時の爽快感は観客には皆無で、
通過地点程度のアクションで終了します。

資金難に見舞われたのか、これぞ失速のお手本ともいうべき華のない終わりを
見せてくれました。

製作中にいったい何人の方が退職されたのでしょうか・・・。

ヴィン・ディーゼルに「ブーブー!」とブーイング。
そして彼に必要な“物”は何か助言しておきましょう。

「ブーブー!」

ワイルド×スピード、応援してます!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヴィン・ディーゼルの一人舞台

投稿日:2009/08/16 レビュアー:カプチーノ

ヴィン・ディーゼルのかっこよさが際立つ映画。
近未来を舞台にテロリストの烙印を押されているナンデモ請負屋が修道女のモンゴルからニューヨークへの移送を頼まれる。
その修道女が不思議な能力を備えていて、旅路の途中で狙われる。
話自体はよくわからないところもありましたが、アクション映画特有のとってつけたような話。
肝心のアクション・シーンは、肉弾戦からスノーモビル、空中からの攻撃やら、なんでもありで、動きが早すぎてよくわからないところもありますが、畳みかけるように続きよかったです。
ラスト近くの車の中で少女を守るヴィン・ディーゼルの格好が決まっていて、これはしびれました。
ヴィンとは逆に女優陣は総崩れ。
少女もダメ、その少女の付き添いのカンフーを操る中国人修道女もカンフーはいいのですが顔がダメ。
シャーロット・ランプリングも出ていますが、こちらもこういう役柄だと皺の目立つ冷酷なのにしょぼいおばあさんになってしまって、「愛の嵐」が嘘のような変わりようで無残でした。ファンの方は見ない方がいいです。
キャスティングのへたさがなんとかならないのかというぐらいオソマツ。
でもヴィンがかっこいいので並の映画にはなっています。
ヴィン・ディーゼルは東欧と相性がいいのか、今回もセルビア、ロシアらしきところで暴れますが、ニューヨークに行ってからよりもこちらの方が似合っていました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

重い

投稿日:2010/02/18 レビュアー:姫宮美羽

なんかストーリーがすごく重苦しいように感じた?かも?

主人公のヴィジュアルが完全なワル的な感じなので、
バッドボーイズみたいな映画かなと思ったら全然違った?かも?

ドンパチなアクションを期待してたんだけど、
そうでもなかったって印象?かも?

最後はちょっと消化不良な感じ?かも?

映像はキレイで、音楽もカッコよかった?かも?

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こんな最後?

投稿日:2010/02/11 レビュアー:Kavi

ちょっと最後がしつこかった。
アクションは見ごたえあるけど、
話の内容はもうわすれちゃった。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全101件

バビロンA.D.