インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルクの画像・ジャケット写真
インクレディブル・ハルク / エドワード・ノートン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

126

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「インクレディブル・ハルク」 の解説・あらすじ・ストーリー

米マーベル・コミックから生まれた人気キャラクターを、演技派エドワード・ノートンを主演に迎え装いも新たに再映画化したヒーロー・アクション。怒りの感情によって緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう主人公ブルース・バナーが、葛藤を乗り越え自らの運命に立ち向かう姿を、迫力のアクション・シーン満載で描き出す。監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ。実験中の事故で緑色の巨人“ハルク”に変身する体質となってしまった科学者ブルース。以来、軍の追跡を逃れ、また愛する恋人ベティとも別れてブラジルで隠遁生活を送っていた。だが、ある出来事がきっかけで、ついに彼の居場所が軍に知れてしまい…。

「インクレディブル・ハルク」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE INCREDIBLE HULK

「インクレディブル・ハルク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

インクレディブル・ハルクの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日 英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD48133 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
86枚 9人 10人

【Blu-ray】インクレディブル・ハルク(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日本語・英語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR48133*B 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
47枚 10人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:126件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全126件

ハルク・スマーッシュ!って、原作でも叫んでいるの?

投稿日:2010/12/28 レビュアー:kazupon

2003年のハルクに続けて観ました。
これってリメイクなんだろうか?
どちらかというと、別物として観た方がいいのかも知れません。
というのも、ブルース・バナーが、ハルクに変身してしまうきっかけが、前作とは違うからです。
今回のハルクは「怒り」が変身を誘発するのではなく、心拍数が200を超えると超人ハルクに変身してしまうという設定です。
ですから、怒りだけではなく、興奮するのもよくない。
恋人とのHもNGです。お気の毒。

ストーリーとしては、とても分かり易く、軍の命令により人体への放射線抵抗の研究をしていたところ、その実験中の事故により多量のガンマ線を浴びてしまったブルースは、ハルクに変身する特異体質になってしまった、という訳です。
ある協力者を得て、原因究明と治療薬開発に打ち込むブルース。
変身後のハルクを武器としたい軍と、ハルクの強さ・パワーを我が身にも欲しいと願う特殊部隊のブロンスキー。
ハルクに変身したブルースと、これまたモンスターとなったブロンスキーのガチンコ対決は、かなりの迫力。
ハルクが雄たけびとともに繰り出した「ハルク・スマッシュ」には、正直ウケました!やっぱり、漫画だあ〜(笑)


このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

思ったよりフツー。

投稿日:2009/12/31 レビュアー:みむさん

もう少し「怒りを感じると怪物に変わってしまう主人公の苦悩」
がじっくり描かれているのかと勝手に思ったが、
その部分はそんなに深くない気がした。

でもまあ、いかにもアメコミっぽくて、
その点は期待を裏切ってないと思う。

序盤のブラジルだかメキシコの街中でブルースが
追っ手から逃げるシーンは
「ボーンアルティメイタム」のシーンと非常に似ていた。
バックに流れる音楽まで似ていたので
ながら見していた私は「もしかしてパクリ!?」と
思ってしまうほど。

最後にアイアンマンのトニースターク(ロバートダウニーJr)が出てきたのはちょっと嬉しかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

生身から鉄へ 改

投稿日:2009/10/21 レビュアー:ビンス

この「ハルク」、そして「アイアンマン」のどちらも観たいと思ってる方。
「ハルク」から観ることをオススメします。
ラストで「アイアンマン」とリンクするシーンが出てくるので。
なんでも「アイアンマン」にもセリフで「ハルク」関連のことが登場するらしいです。
これらのリンクは2010年だったか11年公開のマーベルコミックヒーロ大集合の映画「アベンジャーズ」への布石らしいのです。
アメコミ映画ファンとしては非常に嬉しい展開です。
2003年版の「ハルク」ももちろん観ましたがイマイチだったので、最初は鑑賞しようか迷いましたが、ノートン主演ということで観る事に決定。
結果はやはりこちらのノートン版のほうが好きです。
ストーリーもこっちのほうが面白いし、映像的にも見応え充分。
冒頭のブラジルの街並みでの追いかけっこはかなりスルルがあって楽しいです。
なんでも新しい撮影方法を駆使して、あの臨場感たっぷりの映像をフィルムに納めたのだとか。
スタッフさんが大変そうですね。
掴みはオーケーです。
さらにさらに格闘技&プロレス好きには素通りできない人物もチョイと登場。
その名はヒクソン・グレイシー。
ブルース(ノートン)が心拍数や怒りを制御するためにヨガの火の呼吸を習う人物がヒクソンです。
実際にヒクソンはヨガを行っていて、火の呼吸も体得してるので説得力充分です。
火の呼吸はホントに凄くて、冬の極寒の海に入ってても火の呼吸をしたあとなら体から湯気が出るくらい、熱やエネルギーを体の内側から作り出すことが出来ます。
因みに若返り効果もあるらしいので、女性にオススメかもしれません。
以前、プロレスラーの船木誠勝がこの火の呼吸を習得して実験したら、やる前と、やった後ではあきらかにアフターのほうが若かったです。
顔も肉体も若返ってました(即効果はあらわれません)。
では映画のお話に戻って・・・
ハルクのバトルシーンも良く出来ていて、手に汗握ります。
敵のバケモノとの対決は興奮間違いなし。
この敵のバケモノのキャラデザインが凄く好きですね。
ゲーム「バイオ・ハザード」に出てきてもおかしくない、素晴らしいデザインでした。
そのバケモノになってしまう、ティム・ロスは最強の兵士ってことなんですが、体がそう見えない。
最強っぽさが感じられませんでした。
改造手術を受けたあたりからの体はCGでしょうね。
かなりムキムキです。
最初からそのくらいの体じゃないと最強の兵士には見えません。
第一、ティム・ロスが最強の兵士を演じるってことにそもそも無理がある。
リブ・タイラーは良かったし、ブルースの苦悩をノートンは上手く表していたと思います。
続編もあり?な終わり方ですが、アリならボクは歓迎します。
他のヒーローよりも悲しみや、やりきれなさが現れるハルク。
だって自分が別の人間に変身してしまうんですからね。
その辺も注目ですね。
ノートンには「苦悩する青年」が良く似合う。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

初ハルク♪ネタバレ

投稿日:2009/05/10 レビュアー:manma

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

分かるか心配でしたが大丈夫でした。
エドワード・ノートン、こういう影のある役似合いますね。
とても良かった!
相手役のリブ・タイラーも久しぶりに観た気がしましたが、綺麗さは相変わらず。
声も優しくて可愛かったです。
映像的には、冒頭のブラジル、ファベーラの場面がゾクゾクするほど気に入りました。
あれ、ちょっといじってあるのかな?
本当にあんな感じなのかな?
あのファベーラの場面の他にも、結構気に入った場面がいくつかあっって見ごたえがありました。
「ハルクスマッシュ」はヒーロー物とかのお決まりの必殺技みたいなものでしょうね。
あれもいいんじゃないでしょうか。
ティム・ロスは、小さくて(ごめんなさい)最初違和感がありましたが、最後、ハルクに対する異様な執着が、演技とは思えず、さすがだな〜と思いました。
そんな訳で、初ハルクでも十分楽しめました。
「アイアンマン」も楽しみです♪

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一番映像的に強いインパクトがあったのは冒頭のブラジルの貧民窟

投稿日:2009/04/16 レビュアー:bokensdorf

固定ファンがいるらしいこのハルク。まったく知識なし。もちろんリブ・タイラー狙いである。

この主人公は自分の姿に葛藤があるところはスパイダーマンと似ているが、見せるシーンはまったく違って、こちらはアクション中心、戦って壊してはいさようなら。それで観客はすっきりする。そういう映画だ。リブ・タイラーはキルスティン・ダンストの役回りに比べたら遥かにストーリーの貢献度は低い。キルスティン・ダンストはあれで大ブレイクしたが、リブ・タイラーがこの映画で再度ブレイクする事はないだろう。ファンとしてはブレイクしようがしまいがどうでも良いが。

やっぱりストーリーに惹かれる映画が欲しい私にはアクションばっかりというのは耳が痛くなるだけだ。一度観たら結構。一番映像的に強いインパクトがあったのはオープニングのブラジルの貧民窟だな。車の入れる道が無い。火事になったら全部終わりだろう。あんな所に暮らす人もいるんだなぁ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全126件

インクレディブル・ハルク