1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. 最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方の画像・ジャケット写真

最高の人生の見つけ方 / ジャック・ニコルソン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

472

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「最高の人生の見つけ方」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという名優2人の共演で贈るハートフル・ストーリー。監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー。家族を愛するまじめで心優しい自動車整備士のカーターと、一代で莫大な富を築いた傲慢で孤独な実業家のエドワード。そんな対照的な初老の男2人は、ひょんなことから同じ病室に入院、揃って余命6ヵ月の宣告を受けてしまう。そんな時、カーターはかつて恩師から教わった死ぬまでに叶えたいリスト“バケット(棺桶)リスト”を書き出してみるのだった。それを見たエドワードはこのアイデアを気に入り、バケットリストを実行しようと、2人で病院を抜け出し人生最後の旅に出るのだが…。

「最高の人生の見つけ方」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

原題:

THE BUCKET LIST

「最高の人生の見つけ方」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

F.R.A.T/戦慄の武装警察

めぐり逢えたら

ドリームキャッチャー

トータル・フィアーズ

ユーザーレビュー:472件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全472件

イイ顔のじじぃ

投稿日:2009/06/21 レビュアー:シロー

映画が進むにつれ、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの顔がどんどんとイイ顔になっていく。
特にジャック・ニコルソンの顔の変化はいい。

映画の序盤で、ジャックがモーガンに「その顔のしみ、味があっていいな」と言うところに感銘を受けました。

私のしみは、味があると言ってくれる人いないだろうな。
美白しよ。。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

いい映画だとは思うが、ぼくにはだめでした。 ネタバレ

投稿日:2009/03/05 レビュアー:ロキュータス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いい映画だとは思います。 

ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマンはさすがで、キャラクターも魅力的。予告CMでも使われていたスカイ・ダイブなど拍手ものです。
秘書もまたいいキャラクターです。

またやりたいことリストの意外な実現など、ストーリーもひねりが効いていて面白い。
暗くなりがちなテーマをさわやかに仕上げていて、ロブ・ライナー監督ならではでしょう。

しかし、どうしても釈然としないところがあって、最後まで、また、日を置いてもう一度見てもノリ切れませんでした。

(以下重大なネタばれ)


二人ともどうしても末期ガン患者に見えない。
旅行に行くにしても、痛み止めの処置をしてくれる医師や看護師の同行なくしては無理だと思う。

また10億ドルも稼ぎ、いざとなれば世界中豪遊できるほど財力があるのに、自分の決めたルールとはいえ、個室に入らず相部屋でがまんするのはどうしてか。 
経営的にも、万人に平等なサービスを提供するより、裕福な相手から個室のサービス料金で稼ぐほうが現実的だ。

召使を置かず気楽な一人暮らしがいいとしても、わびしく冷凍食品を食べるなどしなくても、ホテル暮らしをすればいい。
コーヒー通で、あの豆の秘密を知らないということがあるだろうか。わりと有名なのに。

これはリアルな映画ではなく、寓話的な映画で、テーマのための設定に過ぎない。
不自然だ、リアルではないと言ってもしかたがないし、意味がない。

そのことは頭ではわかってはいるのですが、そこそこ楽しめたものの、ぼくにはだめでした。どうしても感動はできませんでした。
映画の出来ではなく、好みや人生観の問題だろうと思います。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

笑って泣けるイイ映画。

投稿日:2009/10/30 レビュアー:MM3

余命短い2人の最後のお楽しみの話。

やりたいことをリストに書いて実行するわけですが、
その中の
「見ず知らずの人に親切にする」
「世界一の女性とキスをする」
「世界一の絶景を見る」
は、あーそういうことだったんだ、と思うと同時に泣けました。

エドワードの秘書も病気のことをあえて言わずに
忠実に仕え、引き継いでいるあたりもものすごい好感が持てます。


自分も同じ立場だったらあんな風に余生を楽しみたい。
(ただ、お金持ちじゃないとあそこまで豪快にはできない・・・。)

久しぶりに「直球」のいい映画をみた。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

THE BUCKET LIST

投稿日:2009/05/03 レビュアー:ねこのしっぽ

どうせ死ぬなら好きなことやっちゃえ!
ということで、いろいろ豪華なことや奇抜なことをして
結局最後は、なにが一番大切か気づくという話。

ありきたりな話だけれど、感動してしまう。

泣くまで笑ったり、見知らぬ人に親切にしたり、世界一の美女にキスしたり
そういったことが、死ぬまでにやるべきなんでしょうね

THE BUCKET LIST
自分も作ってみようか

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

72pts/100pts ネタバレ

投稿日:2008/11/22 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

病院をいくつも経営する富豪で傲慢な実業家を
ジャック・ニコルソンが、
自動車整備士をモーガン・フリーマンを演じ、
死を前にした、この二人が、わがままに世界を旅し、
心を通わせていく。

フリーマンが結局、妻の元に戻ることになる、
美女の誘惑のさまが、結構良いね。
魅力的な美女の誘い故に、妻に惚れている自分に気付くというか、
どうやって、元の家に戻すのかという問題で、
結構、こういう手があったかと、
納得させられた。

私自身、今、興味を持つ内容ではないものの、
でも、脚本は、良くできていて、
演技も、当然だけど、安定していて、
そつのない作りの映画に仕上がっているね。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全472件

最高の人生の見つけ方

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:472件

イイ顔のじじぃ

投稿日

2009/06/21

レビュアー

シロー

映画が進むにつれ、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの顔がどんどんとイイ顔になっていく。
特にジャック・ニコルソンの顔の変化はいい。

映画の序盤で、ジャックがモーガンに「その顔のしみ、味があっていいな」と言うところに感銘を受けました。

私のしみは、味があると言ってくれる人いないだろうな。
美白しよ。。

いい映画だとは思うが、ぼくにはだめでした。

投稿日

2009/03/05

レビュアー

ロキュータス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いい映画だとは思います。 

ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマンはさすがで、キャラクターも魅力的。予告CMでも使われていたスカイ・ダイブなど拍手ものです。
秘書もまたいいキャラクターです。

またやりたいことリストの意外な実現など、ストーリーもひねりが効いていて面白い。
暗くなりがちなテーマをさわやかに仕上げていて、ロブ・ライナー監督ならではでしょう。

しかし、どうしても釈然としないところがあって、最後まで、また、日を置いてもう一度見てもノリ切れませんでした。

(以下重大なネタばれ)


二人ともどうしても末期ガン患者に見えない。
旅行に行くにしても、痛み止めの処置をしてくれる医師や看護師の同行なくしては無理だと思う。

また10億ドルも稼ぎ、いざとなれば世界中豪遊できるほど財力があるのに、自分の決めたルールとはいえ、個室に入らず相部屋でがまんするのはどうしてか。 
経営的にも、万人に平等なサービスを提供するより、裕福な相手から個室のサービス料金で稼ぐほうが現実的だ。

召使を置かず気楽な一人暮らしがいいとしても、わびしく冷凍食品を食べるなどしなくても、ホテル暮らしをすればいい。
コーヒー通で、あの豆の秘密を知らないということがあるだろうか。わりと有名なのに。

これはリアルな映画ではなく、寓話的な映画で、テーマのための設定に過ぎない。
不自然だ、リアルではないと言ってもしかたがないし、意味がない。

そのことは頭ではわかってはいるのですが、そこそこ楽しめたものの、ぼくにはだめでした。どうしても感動はできませんでした。
映画の出来ではなく、好みや人生観の問題だろうと思います。

笑って泣けるイイ映画。

投稿日

2009/10/30

レビュアー

MM3

余命短い2人の最後のお楽しみの話。

やりたいことをリストに書いて実行するわけですが、
その中の
「見ず知らずの人に親切にする」
「世界一の女性とキスをする」
「世界一の絶景を見る」
は、あーそういうことだったんだ、と思うと同時に泣けました。

エドワードの秘書も病気のことをあえて言わずに
忠実に仕え、引き継いでいるあたりもものすごい好感が持てます。


自分も同じ立場だったらあんな風に余生を楽しみたい。
(ただ、お金持ちじゃないとあそこまで豪快にはできない・・・。)

久しぶりに「直球」のいい映画をみた。

THE BUCKET LIST

投稿日

2009/05/03

レビュアー

ねこのしっぽ

どうせ死ぬなら好きなことやっちゃえ!
ということで、いろいろ豪華なことや奇抜なことをして
結局最後は、なにが一番大切か気づくという話。

ありきたりな話だけれど、感動してしまう。

泣くまで笑ったり、見知らぬ人に親切にしたり、世界一の美女にキスしたり
そういったことが、死ぬまでにやるべきなんでしょうね

THE BUCKET LIST
自分も作ってみようか

72pts/100pts

投稿日

2008/11/22

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

病院をいくつも経営する富豪で傲慢な実業家を
ジャック・ニコルソンが、
自動車整備士をモーガン・フリーマンを演じ、
死を前にした、この二人が、わがままに世界を旅し、
心を通わせていく。

フリーマンが結局、妻の元に戻ることになる、
美女の誘惑のさまが、結構良いね。
魅力的な美女の誘い故に、妻に惚れている自分に気付くというか、
どうやって、元の家に戻すのかという問題で、
結構、こういう手があったかと、
納得させられた。

私自身、今、興味を持つ内容ではないものの、
でも、脚本は、良くできていて、
演技も、当然だけど、安定していて、
そつのない作りの映画に仕上がっているね。

21〜 25件 / 全472件