ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュの画像・ジャケット写真
ビッグ・フィッシュ / ユアン・マクレガー
全体の平均評価点:
(5点満点)

225

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ビッグ・フィッシュ」 の解説・あらすじ・ストーリー

出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワードは自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚式で喧嘩して以来、父とは不和が続いていた。そんなある日、母から父の病状が悪化したとの報せを受け、ウィルは妻を連れて実家へと向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたいと願う息子の溝はなかなか埋まらなかった…。

「ビッグ・フィッシュ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: BIG FISH

「ビッグ・フィッシュ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD34933 2004年10月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
83枚 2人 3人

【Blu-ray】ビッグ・フィッシュ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR34933*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 1人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:225件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全225件

つまらなかった

投稿日:2006/02/10 レビュアー:勝王

ティム・バートンのおとぎ話の世界は楽しいんですけど、なんかつまらないのは、話がハリウッド的にまとまりすぎているからでしょうか。幻想世界も中途半端ではじけておりません。そんな悪い映画じゃないんですけどね。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これぞ映画!

投稿日:2005/11/21 レビュアー:レモンの樹

 映画が好きな人必見です。これが映画ではないでしょうか?真実、歴史、何がいいたいか。こうしたものを楽しいホラ話で語るものこそ映画です。リアルではないとか、ここがおかしいとかアラさがしするより、このホラ話を楽しめる人が映画ファンだと思います。神話・伝説・おとぎ話にも共通ですが、これを映像化し音楽等の効果を加えて・・・これぞ映画の原点であり、未来だと言っても過言ではないと思います。大男も詩人もサーカスの芸人も、魔女さえもこの世界では仲間です。そして妻への家族へのホラもむしろ真実の愛を語っているのではないでしょうか。この楽しさを持って、この父親のように歳をとりたいものです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

日本のお父さんに捧げマス。

投稿日:2005/07/04 レビュアー:hinahinahina

ウソかマコトか?お父さんの話す物語は夢があって素敵です。
日本のお父さんには無いユーモアだと思う。
父と息子の関係、結局はお父さんの人生のストーリーでした。
めちゃくちゃファンタジーな内容です。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大人のための、優しいおとぎ話。

投稿日:2004/11/04 レビュアー:Shibako

愛するティムバートン監督最新作。彼の作品にや、心が病んでいたり身体に障害があったりと、いわゆる マイナーな人がたくさんでてきす。でも、その特徴をマイナスに捉えず、ユニークで魅力的な個性として描くところに、彼の人に対する限りない優しさを感じます。とはいうものの、相変わらずブラックユーモアに溢れた持ち味も健在。この絶妙の匙加減が、ティムバートンらしい。

父親の昔話を描く映像は、おとぎ話のように美しく、ほんとうに夢を見ているよう。若き日の父親を演じるユアン君の澄んだ瞳を見ていると、かくも夢のような人生も有り得るのではないかという気になります。
哀しいニュースが多く、現実の世界に失望しがちな昨今、こういうおとぎ話が必要なのは、子どもではなく大人なのかもしれません。

余談ですが、我が愛しのSブシェーミ様が、胡散臭い詩人役で相変わらず不気味可愛い、いい味だしてます。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最後にして父の気持ちが分かったウィル。ネタバレ

投稿日:2009/10/29 レビュアー:みむさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ウィルはずっと父の作り話を気に入らなかったのですが、
皮肉にも病床で死を間近にした父を前にやっと理解する。

「わしの人生最後を語ってくれ」という父に
ウィルは父の話を作って聞かせる。

ウィルは自分が創作話をすることにより、
やっと父の気持ちが分かったんでしょう。


そして、父の葬儀では、
父の作り話に出てきたような人々(背の高い男、魔女のような女など)
が参列していたことから、
父の話はまったくの作り話ではなく、
ゆかりのある人々をモチーフにした楽しい話であったことがわかる。

だから周りの人々も父の話を楽しく聞いていたんですね。

それも父が亡くなって分かったという皮肉な結末。

切ない父子愛です。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全225件

ビッグ・フィッシュ