キングダム・オブ・ヘブン

キングダム・オブ・ヘブンの画像・ジャケット写真

キングダム・オブ・ヘブン / オーランド・ブルーム

全体の平均評価点:(5点満点)

182

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「キングダム・オブ・ヘブン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

12世紀のフランス。妻子を失い悲しみに暮れる若き鍛冶屋の青年バリアン。そんな彼の前に、ある日騎士ゴッドフリーが現われ、バリアンが自分の実の息子であると衝撃の事実を告白する。勇敢で高潔なゴッドフリーは十字軍の騎士としてエルサレムへと赴く途上にあった。彼は、キリスト教徒とイスラム教徒が奇跡的に共存している“天国の王国”エルサレムを守るため命を捧げる覚悟だった。バリアンは、そんなゴッドフリーの説得を受け入れ、自らも十字軍に参加する。長い旅の道中でたくましい戦士へと成長していくバリアンは、ついにエルサレム王国へと辿り着くが…。

「キングダム・オブ・ヘブン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2005年
製作国: アメリカ
原題: KINGDOM OF HEAVEN

「キングダム・オブ・ヘブン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

28日後...

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち

スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス

ストーン

ユーザーレビュー:182件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全182件

一連の歴史スペクタクルとしては一押し

投稿日:2006/06/17 レビュアー:Tsugu

同時期に次々と製作、公開された史劇超大作の一本だが、他の作品に今一つ馴染めなかった私でも、この作品はラストまで一気に引き込まれてしまった。
イスラムと西洋文化の対立なんて今や一般常識だし、それが理解できないから楽しめないとか・・・。たった一本の映画の中でそんなもん説明する必要無いし説明出来る訳無い、それでなくても宗教論争なんて今の日本人には興味薄い話だろ?。それはもう鑑賞する側の問題ですね。
普通にスペクタクルとして、娯楽映画として充分に楽しめる物語だと思うし、リドリー・スコットの演出の狙いも分かりやすさに重きを置いているように思える。

戦闘シーンの臨場感は「ブラックホークダウン」と甲乙つけ難い凄まじさ。戦争だの平和だの無理して能書き垂れなくても単純に楽しめば良い。それで何か興味が沸いてきたら少しづつ勉強してみたらどうでしょう、大きなお世話ですけど。

エヴァ・グリーンの妖しい美しさ光ってました。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

突き放して見てしまう映画でした ネタバレ

投稿日:2006/04/13 レビュアー:silver fish

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ゴッドフリーは何をしにエルサレムに行くところなのか、真の赦しを得られるのはエルサレムだけだからと、人を殺しながらエルサレムに向かバリアンはどういうつもりなのか、感情移入ができないままに戦闘シーンを見ることになるので、挫折しそうになりました。
 「自分の良心に恥じない行動」がテーマのひとつですが、「エルサレムの民を殺し合いに巻き込まないため、次代の王を退けるからお前が王女と結婚して王になれ」というリクエストには「良心がとがめるからNO」なのに、その王女と密かに寝ることはOKらしい・・・と、バリアンの「良心」もかなり中途半端。熱いはずの映画ですが、醒めた目で見てしまいました。
 ところで、見終わったあとの私の疑問は、「あのエルサレム王って何人?」
 答えはフランス人だそうです。当時はフランス人がエルサレムの王をやっていたのかー。最後の最後に出てくる、「千年後の今、エルサレムにまだ平和は来ない」という字幕がずしーんと響いてしまいました。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

オーランドの次回作に期待します。・・・

投稿日:2005/11/16 レビュアー:mokoさん

言いたいことはわかります。今も昔も同じことが繰り返されている世の中。でもこの映画からぐっと来るような感動は伝わりませんでした。こういう歴史ものでは美談や勇者をを求めてしまうからでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

歴史を知らない為分かり難いが、バリアンの生き方は共感できる

投稿日:2007/05/01 レビュアー:かづしげ

 戦闘シーンの連続で血しぶきが目に付き過ぎる。暴力、戦闘が苦手な人にはお勧めできない。
 オーランド・ブルームは一貫して考え深く勇敢な良い男として描かれ、ファンにとってはたまらないかも。
 人の命を大切にする為戦うバリアンは本来の意味のナイトそのものかも知れない。これは伝説上のお話なのか、歴史認識の無い私には全く判断できないが、映画全体から受ける印象は良作。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

十字軍の時代を舞台にしたドラマ

投稿日:2006/12/20 レビュアー:Bading


リドリー・スコット監督が得意とする映像美が遺憾なく発揮さ
れてます。

また、キリスト教=善、イスラム教=悪というよくある構図で
なく、むしろ十字軍の正義の名の下の蛮行を暴いて、キリスト
教側を批判的に描いている点には驚かされました。

基本的には、歴史映画ではなく十字軍の時代を舞台にしたドラ
マとして観たほうが良いと思います。


このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

21〜 25件 / 全182件

キングダム・オブ・ヘブン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:182件

一連の歴史スペクタクルとしては一押し

投稿日

2006/06/17

レビュアー

Tsugu

同時期に次々と製作、公開された史劇超大作の一本だが、他の作品に今一つ馴染めなかった私でも、この作品はラストまで一気に引き込まれてしまった。
イスラムと西洋文化の対立なんて今や一般常識だし、それが理解できないから楽しめないとか・・・。たった一本の映画の中でそんなもん説明する必要無いし説明出来る訳無い、それでなくても宗教論争なんて今の日本人には興味薄い話だろ?。それはもう鑑賞する側の問題ですね。
普通にスペクタクルとして、娯楽映画として充分に楽しめる物語だと思うし、リドリー・スコットの演出の狙いも分かりやすさに重きを置いているように思える。

戦闘シーンの臨場感は「ブラックホークダウン」と甲乙つけ難い凄まじさ。戦争だの平和だの無理して能書き垂れなくても単純に楽しめば良い。それで何か興味が沸いてきたら少しづつ勉強してみたらどうでしょう、大きなお世話ですけど。

エヴァ・グリーンの妖しい美しさ光ってました。

突き放して見てしまう映画でした

投稿日

2006/04/13

レビュアー

silver fish

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ゴッドフリーは何をしにエルサレムに行くところなのか、真の赦しを得られるのはエルサレムだけだからと、人を殺しながらエルサレムに向かバリアンはどういうつもりなのか、感情移入ができないままに戦闘シーンを見ることになるので、挫折しそうになりました。
 「自分の良心に恥じない行動」がテーマのひとつですが、「エルサレムの民を殺し合いに巻き込まないため、次代の王を退けるからお前が王女と結婚して王になれ」というリクエストには「良心がとがめるからNO」なのに、その王女と密かに寝ることはOKらしい・・・と、バリアンの「良心」もかなり中途半端。熱いはずの映画ですが、醒めた目で見てしまいました。
 ところで、見終わったあとの私の疑問は、「あのエルサレム王って何人?」
 答えはフランス人だそうです。当時はフランス人がエルサレムの王をやっていたのかー。最後の最後に出てくる、「千年後の今、エルサレムにまだ平和は来ない」という字幕がずしーんと響いてしまいました。

オーランドの次回作に期待します。・・・

投稿日

2005/11/16

レビュアー

mokoさん

言いたいことはわかります。今も昔も同じことが繰り返されている世の中。でもこの映画からぐっと来るような感動は伝わりませんでした。こういう歴史ものでは美談や勇者をを求めてしまうからでしょうか?

歴史を知らない為分かり難いが、バリアンの生き方は共感できる

投稿日

2007/05/01

レビュアー

かづしげ

 戦闘シーンの連続で血しぶきが目に付き過ぎる。暴力、戦闘が苦手な人にはお勧めできない。
 オーランド・ブルームは一貫して考え深く勇敢な良い男として描かれ、ファンにとってはたまらないかも。
 人の命を大切にする為戦うバリアンは本来の意味のナイトそのものかも知れない。これは伝説上のお話なのか、歴史認識の無い私には全く判断できないが、映画全体から受ける印象は良作。

十字軍の時代を舞台にしたドラマ

投稿日

2006/12/20

レビュアー

Bading


リドリー・スコット監督が得意とする映像美が遺憾なく発揮さ
れてます。

また、キリスト教=善、イスラム教=悪というよくある構図で
なく、むしろ十字軍の正義の名の下の蛮行を暴いて、キリスト
教側を批判的に描いている点には驚かされました。

基本的には、歴史映画ではなく十字軍の時代を舞台にしたドラ
マとして観たほうが良いと思います。


21〜 25件 / 全182件