墨攻

墨攻の画像・ジャケット写真
墨攻 / アンディ・ラウ
全体の平均評価点:
(5点満点)

163

  • DVD
ジャンル:

「墨攻」 の解説・あらすじ・ストーリー

 戦乱の中国を舞台に、“墨守”という故事で知られる戦闘集団“墨家”の天才戦術家・革離(かくり)の活躍を描いた森秀樹の同名コミックを、中国・日本・香港・韓国の合作で映画化した歴史アクション超大作。主演は「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ。監督は「流星」のジェィコブ・チャン。紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離ただ1人だった…。

「墨攻」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 中国/日本/香港/韓国
原題: A BATTLE OF WITS

「墨攻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

墨攻の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX3866 2007年07月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:163件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全163件

無常の世に人が生きる理由。

投稿日:2007/08/03 レビュアー:spider

「10万人の敵に1人で挑む、天才戦術家」「知略の応酬」といった看板に偽りはありません。そういったエンタテインメント部分も、スケール感をもってしっかり描かれていて楽しませてくれます。

しかし、この作品の主題はどうやら別のところにあるようです。

革離の目を通して、観客は歴史の傍観者として、人の世の無常をいやおうなく見せつけられます。

革離が梁国のために払った努力はなんだったのか、彼がいようといまいと長い戦乱の歴史の中では何の意味もなかったのではないか、所詮、彼の説く理想は絵空事に過ぎなかったのではないか…いろんな想いが頭を駆け巡ります。

果たしてこの「無常」の世で人が生きる意味は何なのか…実現しかけた自らの理想がもろくも崩れ去る中、革離が最後に見出した答は…。

切なくほろ苦いラストです。作品的にはこれが正解なのでしょうけど、彼女には目を開けてほしかったな。この作品の唯一の救いなのだから。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アンディ・ラウの代表作のひとつになるでしょうネタバレ

投稿日:2007/07/29 レビュアー:ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

多くの死屍累々の場面がみな「結局戦いの後に何が残るの?」と問いかけてきて、それが良かったです。重みがありました。
 
 いつの世も権力闘争があり、足の引っ張り合いがあり、、。
大抵の権力者はふてぶてしくノサバリ、理想を説くものを踏みつけていきます。
志高いものは、その中で、数少ない理解者と手にとを取って、やっぱり信じる道をひたすら生きていくしかないのだなあ。いや、生きていくのだ。とアンディ・ラウは訴えていたようです。
子団役のウー・チーロンが正義の味方で心強く、ドラマ「春のワルツ」テレビ放送ではやたらカットされてたヒロイン弟が王の息子を立派に演じており驚きました。
アン・ソンギの風格は流石です。本人の声に聞こえたのですが、中国語を勉強したのでしょうか?
また終盤の逸悦と革離の絡みが少々間延びした感があり残念。

 見て損のない秀作でした。感動しました。オススメです。
原作も読んでみたいです。

 

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人間の 業が生み出す この悲劇

投稿日:2007/07/29 レビュアー:Yの3乗

原作のコミックは知りませんでしたが非常に感動しました。
本年度でNO1に押しても良いくらい。
中国の歴史は好きで、この戦国時代は特に面白い。
中国の歴史は建国⇒繁栄⇒政治に倦んで衰退⇒君側の奸を除く名目で建国というパターンの繰り返し。
これはまさに人間の業が生み出すもの。
人間は聖人君子ばかりではなく、恨んだり、嫉んだり、疑ったり、遊興にふけったり、エゴの塊だったり。
それがはっきり分かって怖いぐらいです。
この映画もその人間の業の悲しさがわかり本当に辛い。
そういったなかで主人公の変わらぬ兼愛の思想の尊さが、いかに難しいかを教えてくれるのでしょう。
良かったです。
お勧めします。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

意外なキャストも魅力!?

投稿日:2007/07/28 レビュアー:靖王

アンディ・ラウが主演を演じているという理由だけで借りて観てみましたが,面白かったです。

中国の昔の,梁という弱小国の存亡をかけた時代を描いた映画です。
梁が趙という大国から侵略の危機を迎えたとき,知略に優れた「墨家」という集団の一人である革離という人物(アンディ・ラウ)を迎えるという設定の映画です。なお,墨家とは,「平和主義」や「兼愛」といった主張もしていることで有名だと思います(昔,高校の倫理で習った気がします,気のせいかもしれませんが)。
大雑把に言えば,前半は,革離が指揮をとって趙と攻防をするといった展開,後半は,革離が梁の中でどのような存在となっていくかを描いていく展開です。

特に前半の攻防戦では,個々の派手なアクションはないものの,集団対集団としてのダイナミックな演出を楽しむことができました。
後半では,先がどうなるかわからない,ある意味でサスペンスのような楽しみ方ができました。
結局この映画から何のメッセージが読み取れるのか,それは,たぶん,ご覧になった人それぞれが違うことを感じると思います。いろいろなメッセージが多く含まれている,そんな奥が深い話です。
私としては,この映画からは,結局戦争は何も生まない,かといって平和主義も何も生まない,この両者のバランスから世の中は成り立っている,ということを感じさせられました。
革離が,平和主義を説きながら,そのために自らが孤独へと追いやられていき,戦争と平和の狭間で苦悶する,そんなシーンが心に刺さりました。「完璧というものはない。」という革離の言葉がありましたが,まさしくその言葉に悩まされる革離がいた,ということでしょうか,うまくまとまりませんが。
ということで,見どころは,革離の卓越した戦術もさることながら,革離の心的な葛藤が見どころではないかと思います。
(逆に言えば,派手な古代戦争アクションを楽しみたいのなら,この映画よりも「HERO(英雄)」など,もっとすごいのがたくさんあります。)
また,金城武にしか見えない別の人が出てきたり,突然目鼻立ちの良い黒人が出てきたり,私の先輩に似た人まで出てきてそれも結構かっこよかったりしたので,どうでもいいですけれども,結構笑えました。
2時間超ですが,その長さが気にならないくらい集中して観ることができました。

アンディ・ラウのファンにはもちろん,中国古代的歴史アクションが好きな人におすすめできます。また,他と一味違う心理的葛藤を堪能したいという人にもおすすめです。

サービスシーン(お色気シーン)はなく,暴力映像も極力抑えられていますので,お子様が見ても大丈夫だと思われます。

私的評価:★★★☆☆(3点)

※またまた,私をお気に入りレビュアーに入れて下さった方がいらっしゃいました。ありがとうございました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

恋愛模様がジャマ

投稿日:2007/03/15 レビュアー:勝王

 まだDVDになってませんよね?ついこの間劇場で見た作品です。戦国の世にあって非攻や兼愛を説く男、というと、何だかリアリティがないようですが、アンディ・ラウはかなり巧くやっていると思いました。こんな人もいそうだな、と感じさせる佇まいがありますね。絵になるというか。それだけでも大したものだとは思いました。戦闘場面も迫力がありました。大画面で見る価値のある、映画らしい映画だと思います。
 中国らしい残虐さもいいです。とにかく体のパーツを切りたがります。足切ったり、舌切ったり、腕切ったり、もう、いろんな人がいろんな所切られます。ちょっとしたことでどこを切られるか分からないのでスリル?たっぷりです。
 しかし、主人公の人間性を出そうとしたのでしょうか、恋愛を絡めたのは良くなかったのでは。墨家はやっぱり最後まで冷静沈着、女などに惑わされない人間でないと、このストーリーは成立しないのではないでしょうか。恋愛模様が感動につながらず、ウソくさいんですよね。なんでも詰め込むのがよいわけではないでしょう。詰め込み過ぎると間のない映画になっちゃって、心に残らないです。それより、もっと墨家というナゾの団体について描いた方が面白かったのでは。マンガは読んでませんけど。
 突出した凄い場面はないけれど、全体的にまあまあよく出来た映画ではあると思います。すぐに忘れそうですけど。
 

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全163件

墨攻

月額課金で借りる

都度課金で借りる